『 何故、僕たちが生まれたか? 』
   ( そんなこと、神様にだってわかるもんか。でも、 )
 

 
20200508232620.jpg
 
 
( 琥珀糖の丘でなら答えが見つかるかもね ―――。 )      
 
 

村情報概要

村名今宵、琥珀糖の丘で
開催国三日月国(幻影領域)
種別完全RP村
募集人数5人〜最大10人(ダミー・村建て狼除く)
更新時刻午前11時更新
更新間隔48h
登場人物Mad party
閲覧制限R15程度
主催者riberio
開催時期2020年5/19日村建て、25日1d開始
連絡先Twitterや人狼SNS魁など
主題歌夜に駆ける

村の趣旨

 
"魔女"と呼ばれる魔法使いたちが不定期に開催される集会に参加する完全RP村です。
琥珀糖の丘こと魔法都市『 アンバーロックヒル 』にて他の"魔女"との交流を主目的とします。
 

◇ 更新履歴

 
  • 2020/05/13 世界観部分を整理&加筆
  • 2020/05/08 wiki作成。参加CO解禁。

村を建てました。
※少々早めとなりますが、wiki記載と同時に入村解禁となります。
注意事項等よくご確認の上、ご入村下さいますようよろしくお願い致します。

 

◇ 序幕

 
 
『 切り開かれた山の中腹にその街はこっそり存在する。
  誰が作ったのか。いつ作られたのか。誰も知らない。 』
 
 
 琥珀糖の丘――通称『 アンバーロックヒル 』と
 街の住人や外から訪れる旅人はその土地を呼称する。

 何でも昔々、魔法の暴発事故で、丘一体の地質の一部が
 琥珀糖に似た色とりどりの結晶へ変化したことが由来らしい。

 彼の街の明かりは昼夜問わず消えることがなく
 最近では不夜の街などと言い表されることもあるようだ――。

 

◇ 序幕

 

" ソレ "が生まれたのはいつなのか、
生まれてくるのは、何故なのか。説明出来る者はいない。

彼らは魔法を取り扱える者、あるいは生来魔法の力を強く有する者の中から
意志ある何者かによってある日唐突に選ばれる

選ばれるものには人種も性別も、生い立ちも成り立ちも一切関係はなく
只、身体に浮き上がった聖痕が彼らをそれと示す証とされていた。

その強力な力を以てして彼らはこう呼称される―――― " 魔女 "と。
 
 
…… さて、今からおよそ時を五十年ほど遡った昔のこと。
ある一人の" 魔女 "が禁じられた魔法を使用し、世界を騒然とさせた。
 
 『 死にたくない 』
 
と、最期に語ったのだと伝えられているが、真相は公表されていない。
それでも一つ確かなことは、その時より定められた" 魔女 "の人数は十三人から
十二人へと減少したということだ。彼の魔女の在った地位は永久欠番とされた。
 
一人の" 魔女 "が永久に欠けた事件の名は記録として赤い夜…と残されている。

そんな事件も当代の" 魔女 "たちには与り知らぬ話。
会合の議題も大して重要なものがあるわけでもない――だが、しかし、
 

定められた運命の仕来りによって彼らは今宵も琥珀糖の丘へやって来る。

 

世界観及びローカル設定

 

 ◇ 舞台
 架空近代社会。共通年暦では2052年。
 一般的に魔法が扱われている中、徐々に科学が発展しつつあるが
 未だ大概の国家やその元首は科学に対して懐疑的な態度を取り続けている。
 とくに琥珀糖の丘が存在する永世中立国家『 フィヨルランド 』では
 魔法に対する信頼が根強いため、他国に比べ科学の進歩が遅れている傾向にある。

 ◎ 永世中立国家『 フィヨルランド 』
 大陸を南北に広く分断する山脈及びその周辺地域を領地とする都市国家。
 フィヨルランドの有する山々の最高峰は世界中で一番の高さとも言われており、
 そのため屡々「天国に最も近い国」とも呼称される。

 魔法の研究が盛んで、200年ほど前から魔法学の研究に関しては他国の追随を許しておらず、
 既存の"魔女"の管理や新たな魔女の発見についても完全に権威を握っている。
 
 ◎ 琥珀糖の丘『 アンバーロックヒル 』
 フィヨルランドの領する山岳地帯の狭い平地に詰め込まれたように存在する夜知らずの街。
 この世界における魔法の中心地であり、一般的に「聖都」あるいは「神都」などと呼ばれる。

 街及び近辺の山々の地質は遥か昔の魔法事故によって大きく変質してしまっており、
 度々地上や地中から琥珀糖に似た様々な色の結晶*1が出土することが確認されている。

 街の中央に「ロゴス大聖堂」と呼ばれる高塔が建ち、不定期に鐘の音が街に響く。

 ◎ 『 ロゴス大聖堂 』
 後述の夜の会議で使用される以外は入口の門が常に封鎖されている塔状の聖堂。
 最上階に凝った作りの会議室がある他は最低限の滞在設備のみが用意されている簡素な建物。

 会議室から屋上の鐘楼に昇ることができ、会議の開始と終了の合図は鐘によって知らされる。
 
 ◎ 『 夜の会議 』
 「魔女」たちによって不定期的に行われている集会。
 特定の議題がある場合は提示された議題に沿って話し合いが進められるが、
 平和な現代においては半ば形骸化した状態であり、顔合わせ程度の機会となっている。
 その為か出席率は決していいとは言えず、全ての魔女が顔を合わせることは稀である。
 
 ◎ 『 魔女 』
 魔法を取り扱える者、あるいは生来魔法の力を強く発揮する者から
 神鐸によって選ばれた者。選別された後は性別を問わず"魔女"と呼称される。
 何故か"十三人"と数が決まっており、それ以上にも以下にもならない。
 
 …と伝えられているものの、十三人目は通称*2以外の情報が皆無であり、、
 十二人目は約50年前に起きたとある事件を切っ掛けに永久欠番状態と化している。
 
 魔法学においては真名を知られることは己の全てを支配できることであるとされ、
 一般的によほど信頼できる相手でない限り真名を他人に明かすことはないと言われている。
 そのため、魔法を取り扱うものは持って生まれた真名の他に通り名としての通称を持つ。
 
 ◎ 『 神鐸 』
 国籍、人種を問わず"魔女"の座に就くに相応しい者に降るとされている奇蹟。
 ある魔女の座が空白になると一定期間を置いて新たな魔女の選別が行われる。
 
 神鐸を受けると、身体のどこかに片翼の羽に似た痣*3が浮き出すとされる他、
 当人には幾百もの鈴が鳴るような幻聴が聞こえると伝えられている。

 神鐸が降ると多くの場合、親元から引き離されて専門的に魔法の教育を受ける。
 更に、夜の会議が開催される折には参加を求められることとなる。

+  参考資料/魔法について(詳細)
+  参考資料/「魔女」について(詳細)

参加PCについて

 
PCたちの立場は神鐸によって聖別された魔女の一人になります。
( 聖痕は羽型でも逆十字でもどちらでも可。 )
 

◇ 進行・ログの設定

 
■プロローグ

会議の時期だということで
アンバーロックヒルに滞在しています。

寄り道するも大聖堂に真っ直ぐ向かうも
街中を散策するも何れもご自由に。

※終盤までには大聖堂に辿り着いて頂きますようお願い致します。

■1d、2d
PCたちが大聖堂に集まります。
何かしら議題を持ってくるなり、
久しぶりに顔を合わせた他の魔女と話しに花を咲かせるなり
お好きにお過ごしください。

二日間の逗留を終えて、それぞれ自分たちの居場所に帰ります。

■エピローグ
灰は即解禁となります。
延長は展開次第で。
 

村の進行

 
◎ 2dに村建て狼を吊ってエピローグです。

5月19日入村開始
5月25日11時〜1d開始
5月29日11時〜エピ入り
 

メモ・中身発言・秘話について

 
・中身発言は独り言・メモのみ、/*記号付きで可とします。
・顔文字及び「(泣)」「w」などの表記は、原則としてご遠慮下さい。独り言やメモについては特に制限しません。
・秘話はPC同士の回想、耳打ちなどの当人にしか聞こえない声等お好きにお使いください。
 ただし、表の諸発言や現軸が疎かになってしまわないよう程々に。
・時間軸の移行は概ね全日程で数日を予定してはおりますが、システム通りでなくとも問題ありません。
 

◇ 推奨/禁止事項

※参加の前に必ず、下記の推奨・禁止/注意事項を含めた本wiki全体をよくお読みください

+  禁止/注意事項とレーティング
+  村内での推奨事項

 
その他、不明な点やお困りのことなど御座いましたら進行中・村建て前問わず企画人(村建て狼)までお気軽にどうぞ。

◇ 参加CO

参加CO兼キャラ予約表
人数把握のためにCO兼チップ予約欄を設けます。
参加を御検討下さっている方はご記入をよろしくお願い致します。
※入村の欄は入村後、折を見てご記入ください。(点呼の代わりに使用します)
 

No.第一希望第二希望通称入村
01時間 エヴァー魔術師 クロウリー『 OldAdam;Proto 』
02蒼の錬金術師 トリス囚人 オグル『 MWI(Everett) 』
03ゴースト ロシュ相棒 リエブル『 Le Mat 』
04
05『 *** 』
06奇術師 セロ悪魔祓い メサイア『 迷霧の探求者 』
07???ジャバウォック絡繰芝居グレイ『 Void 』
08白鳥 オデット人魚 メロウ『Cycnus』
09さざなみ フレン人魚 ローレライ『 さざなみ 』
10フランケン ゼルツ隠者 カニロ『Re:namer』

 
■ キャラクターに関する質問・相談など


 

◇ 質問・コメントなど

その他、質問・ご意見等々ありましたらどうぞ。

  • 基本的に魔女の座が空白になるのは寿命によるものでしょうか?あるいは力が弱まった時なども含まれていますか? -- 匿名? 2020-05-12 (火) 22:10:59
  • >匿名様 ご質問ありがとうございます。事故、病気あるいは寿命等による前代魔女の絶命によって座が空白になります。後天的に力が弱まった場合でも神鐸で選ばれたことは変わりませんので、生存し続ける限り地位はそのままです。 -- 村建て? 2020-05-12 (火) 22:17:31
  • ご回答頂き、どうもありがとうございました。寿命は人間ベースで考えて大丈夫でしょうか? -- 匿名? 2020-05-13 (水) 23:08:00
  • >匿名様 PCは魔法が取り扱える以外の点は通常の人間と何ら変わりませんので、寿命も人間準拠でお考え下さい。 -- 村建て? 2020-05-13 (水) 23:42:12
  • 回答いただき、どうもありがとうございました。 -- 匿名? 2020-05-14 (木) 23:18:49
  • 意図的に現在位の魔女を殺害し神鐸を降らせるという試みが行われていたのは、現在から大体どれくらい前でしょうか? -- 2020-05-18 (月) 00:26:25
  • >匿名様 ご質問ありがとうございます。ざっくり50年ほど前まではとくに禁止されるでもなく公然と行われていたようです。…が、前時代的な価値観の国や地域出身の魔女なら未だに現在も命の危険があったりなかったりするのかもしれませんね、といったところです。 -- 村建て? 2020-05-18 (月) 04:19:05
  • 科学はどのくらいの発展度合いですか? -- 2020-05-19 (火) 12:27:15
  • >匿名様 科学は凡そ15世紀程度(活版印刷が発明された頃)の発展具合と考えてください。何となく生活に使えそうだけど全然魔法の方が便利だなと思っている人が多いです。 -- 村建て? 2020-05-19 (火) 13:02:26
  • 村建ち後にすみません、体調的に参加が厳しくなってしまいましたのでCOを取り下げさせていただきます。良き村になるようお祈り申し上げます。 -- 2020-05-19 (火) 14:50:18
  • 体調の方お大事になさって下さいませ。また別の企画等でご縁がありましたらよろしくお願い致します。 -- >匿名様? 2020-05-19 (火) 15:04:37
  • 素敵な設定で飛び入り参加をさせていただきたく失礼します、今からでも飛び入り参加可能でしょうか -- 匿名? 2020-05-20 (水) 19:48:44
  • >匿名様 どうぞどうぞいらっしゃいませ!!枠は空けてありますので、任意のタイミングでご参加頂ければと思います。 -- 村建て? 2020-05-20 (水) 19:57:04
  • ありがとうございます!ひとつだけ質問なのですが通称に関しては***ではなく変えても大丈夫でしょうか? -- 匿名? 2020-05-20 (水) 20:07:33
  • >匿名様 通称欄の***は未記入という意味の***なのでご自由に変更して下さって大丈夫です!お好きな通称でお越しくださいませー! -- 村建て? 2020-05-20 (水) 20:11:59