人狼物語(瓜科国)


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

村の情報 (wiki用簡易データ出力)


村の名前:

【初心者村】 神社で集団合宿 【くさやとドジっ子大量発生!】



村の説明:

初心者村 まとめページ
http://melon-cirrus.sakura.ne....

8/2 00:00開始 (8/1 24:00開始)です。

この村は、初心者さんが「次はF国に参加するぞ!」と思えるような村にする初心者応援村です。
どうしても寡黙がちになってしまう人、普通の村はちょっと…と諦めている人。
そうでなくても、のんびりガチをやりたい、RPも練習したい。
そんな人が集まってF国の練習する村です!

初心者さんはもちろんのこと、熟練者さんも是非参加し、サポートしてくださると嬉しいです。


この村では【寡黙吊りの提案を禁止しています】
情報が落ちないから吊ってしまえ、という意見を私自身よく見るのですが、「吊ってしまえ」ではなく、情報を引き出すよう促していただきたいです。
そうすることにより発言促しになり、初心者さんでも話す内容が生まれるのではないでしょうか。


この村はガチ分離機能を使って進行します。
発言欄のガチ分離、というチェックボックスをチェックすることによって、ガチ発言ができます。
【ガチ15発言。その他RPなどの発言が15発言】という制限をかけていますので、ご了承ください。
また、初心者さんへの用語解説などはその他の発言を使っていただいて構いません。

また、RPに関しては特に禁止はしませんが、
【エログロ表記を村にはしません】ので、
そのようなRPになった場合、極力伏せるようお願いします。


〜言い換え案〜
村人:参加者
 文字通り、参加者です。
占い師:神社のお家の子(家系)
 お世話になる神社の家の子です。
 1日に1人聖別(判別?)することにより、
 その人の正体を見ることが出来ます。
霊能者:神社の巫女の子(家系)
 お世話になる神社の巫女家系の子です。
 幽閉されてしまった人の幽かな声を聞き、
 判別することが出来ます。
狩人:陰陽師
 魔から参加者を守る特殊な能力を持っています。
共有者:巡礼者
 参加者と同じですが、お互いが相手を人だと知り得る
 お守り(鈴など?)を持っています。

人狼:妖怪
 理由は何にしろ、人に害を与える妖怪の類です。
 1日に1人を神隠しに遭わせることが出来ます。
狂人:悪霊憑き
 悪霊に取り付かれています。
 妖怪の手助けをしようと妖怪探しを
 掻き回すかもしれません。

占い:判別・聖別  処刑:地下室に幽閉
襲撃:神隠し(迷ったり、経路を辿る事で地下室へ)
地上:神社  墓下:神社/地下室

ちなみに役職の細かい設定は、ついた人に丸投げですので、よろしくお願いします。



人数:

16人 (ダミーキャラを含む)


更新時間:

00時00分


更新間隔:

24時間


投票方法:

記名投票


役職配分:

いつもの  ( むらびと: 7人 うらないし: 1人 れいのー: 1人 しゅご: 1人 けっしゃ: 2人 ) ( じんろー: 3人 きょーじん: 1人 ) +( やじうま: 10人 )


登場人物:

mtmtスケルトン ぐります


発言制限:

欧州(30回)


発言数上限:

なし


開始方法:

人狼BBS型(更新時間が来たら開始)


文章系:

まったり



屍食鬼化:

OFF


ゲスト化:

ON ★


遅刻見物人:

ON ★


act&メモ:

アクション可、メモ可


突然死:

あり


突然死通知:

なし


発言回復:

あり


墓下閲覧:

墓下から秘密発言閲覧可


村建て発言:

許可


委任:

許可


コミット進行:

許可


狼の共喰い:

不可


促し(飴):

許可


自動放出:

あり


匿名メモ:

不可 ★


遅延メモ:

不可 ★



ランダム:

投票・能力の対象に「ランダム」を含めない


役職希望:

役職希望有効


完全ランダ:

OFF



肩書名前変更:

許可


コミット表示:

フィルタに個別表示しない


ID公開:

公開しない


ID記録:

なし


時刻表示:

完全表示


ガチ分離:

回数制 ★


飴アイコン:

スイカ


中の人:

使用しない



閲覧制限:

推理あり



延長処理:

延長処理は行われていません。



トップページに戻る


(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■