人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


国防神父 ギルバート

[カンナギと共にやってきて、ドンファンの前に立った少女を見やれば、どこか記憶にひっかかるものを感じる。]

なんでしょう、この既視感は。
――彼女は…いったい…

[思い出せないもどかしさ。]

ともあれ、本部に問い合わせた方がいいでしょうね。

[信徒のひとりに青薔薇の顔写真を撮っておくよう指示する。]

( 106 ) 2010/04/26(月) 22:17:30

魔砲師 カルロ

─その少し後・第11支部─
[『次なる指示は詳細と共に追って連絡する』と伝えられれば。
その辺りを皆に伝えるべく、慣れない手紙を書き始めるだろう]

[それは酷くシンプルに、内容だけを綴った手紙だったかもしれないが。
伝われば良いので、細かい事は気にせずに]

──これで、良しっと。

[書き終わると、それを配達員に預けて。
…暫しすると、険しい顔の専務が現れたろうか]

『カルロ君、申し訳無いんだが…君に解明を手伝って貰いたいんだ。
銃器と言う形状を保ってる以上、専門的に扱えるのが君しか居なくてね、他の研究員は首を傾げてしまうし』

そう言う事でしたら、お任せ下さい。
例の銃は、《工房》ですか?

[尋ねれば、肯定を示す様に相手は首を縦に振って。
それを確認すると、真っ直ぐに《工房》へと、向かう]

( 107 ) 2010/04/26(月) 22:22:32

花の子 グラジオラス

―アニュエラの道具屋―

[しばらくの間は黙って2人の話を聞いているだけだったが、ユーイチと連絡が取れない事からのアニュエラの推測>>71に少しばかり口を挟む]

JJか…そういえばあの隕石が落ちてきた日から見かけんな。巻き込まれたとも考えられるかも知れんが万が一つにもそれはないだろう。JJだしな。
何事か他に気を取られているようなものがあったようにも思えるが…どうなんだろうな。

[以前、屋根から落ちて気絶していた時に変装していたシャルロットとJJとばったり逢ったのを思い出す。彼は何も問わず語らず去ってしまったな、と]

( 108 ) 2010/04/26(月) 22:24:16

【独】 諜報員 シャルロット

/* 妄想列車シャルロット号番外編
―――――――――――
[二人でジンロウ町二丁目あたりをお散歩中。『何故お散歩しているのか』とか、その辺のこまけぇ設定は気にしなくていいんだよ。「『《ぐりーんだよー!》』」そこに突然雨が降ってくる。]

[さらにご都合主義的展開でシャルロットの自宅へ。]

「私は花だから恵みの雨で塗れても大丈夫だが、シャルロットはそう言うわけにも行くまい。早く着替えなくては。」

ちゃんと拭けば大丈夫ですよ〜。

「そんな訳にはいかない。風邪をひいたら大変だ。」

だ、大丈夫ですよ〜。

「大丈夫じゃない。こうなったら問答無用だっ!」
(剥きっ)

―――――――――――
……………サーセンw私には難易度が高すぎましたwww
*

( -89 ) 2010/04/26(月) 22:26:40

【墓】 魔王

(ままならぬもまた面白いものよ)

[絶好ともいえるタイミングで予想していた裏切り。
当然のように押されていく状態に自虐的に笑みを浮かべたところで、最期を決めるよに集わせた力に仮面の裏で眉をひそめ――低く、いつものよに笑う。
最も笑む力すら既になかった声は風となって消えてメイアルの魔術に合わせるよに、最後に魔力を放った。
だがメイアルに傷をつけることはなかった。いやそもそもそれが何を意味する魔力だったかは彼女にはわからなかっただろう]

( +72 ) 2010/04/26(月) 22:29:04

【独】 国防神父 ギルバート

/*
目が、目があっっ

今現在、ものもらいで片目がヒドいことになってます。orz

( -90 ) 2010/04/26(月) 22:32:25

魔砲師 カルロ

─そして、工房─
[何時もとは少しだけ内装の違う工房の中、真剣に銃に向き合い、弾の排出をしようと試みる]

─こっちからじゃ駄目か。
かと言って、撃ったら何かしら起こっちゃうだろうし……。

[それは、専門である...にしても、厄介な物だっただろう]

…何が詰まってるんだろう。
強化だとか、直接の攻撃的な魔法ならまだしも。

[と、其処で思い出すのは…《転送》の事象
それだけは、出来れば勘弁したいと、1人、苦笑して見せたか]

[こうなれば、と腹を括り、行動に移すは
『出来る限り、衝撃を与えない様にして、銃を解体していく』事。

グリップ、マガジン、ハンマー…と、徐々に部品を解体《バラ》して行けば
14(20)分程で、無事に、弾丸の排出に成功するだろう]

( 109 ) 2010/04/26(月) 22:37:31

魔砲師 カルロ

[一段落と言わんばかりに、排出した弾丸を机に置いた時、それは起こった]

───嘘 ッ!?

[机に置いた、その小さな衝撃に、弾丸の中の魔力が暴発を起こす。
工房内部は、その薄暗さを一変させ、眩いばかりの光に覆われただろう]

[...は、反射的にその光に目を瞑る、が。

光が収まった時、果たして、其処には…**]

( 110 ) 2010/04/26(月) 22:42:13

【墓】 魔王

慣れぬものよ

[妙な浮遊感。
それを初めてのことだとはいわず、あちらが己の魔力を取り込んだように、こちらもまた、最後の最後で行った魔力…放たれた次元へとわたる術を己に取り込ませる
取り込むというよりも、己の力と同化させるといったほうが正しいか。
現にあちらになんら被害はいかないことであろう。

その移動中にいくつもの魂が器を求めてやってきて、この体を受け皿に治まって行く。]

フンッ…あちらに残ればよかったものを

[最も吸われた魔力では全てを受け入れることはできず、契約を切り、あちらに残ったものとているが、それは仕方のないことだと諦めた]

( +73 ) 2010/04/26(月) 22:43:41

魔砲師 カルロが「時間を進める」を選択しました。


【独】 国防神父 ギルバート

/*
今日の投票デフォルトはメイアルでした。

カルロが異次元行きフラグたててるから、とりあえずカルロ投票セットしましょう。

( -91 ) 2010/04/26(月) 22:46:15

国防神父 ギルバートは、魔砲師 カルロ を投票先に選びました。


【独】 諜報員 シャルロット

/* >>110 ゲッ、ゲルト〜ぉ!!
……じゃなかった。カルロ〜ぉ!!

カルロさんってお弁当さんじゃなかったですか!?
そこで死亡フラグが立つと言う事はわお〜んな展開に持っていくの!? */

( -92 ) 2010/04/26(月) 22:48:56

ジャスティス急便 カンナギ

…っあー…
ごめん神父さん。
そんなつもりじゃ、なくて。

[神父さんの言葉>>95に、つい浮かれて酷い言い方をしてしまった自分に歯噛みする]

ただ、ここに来た、時に、さ。

[信徒達が口々に叫んでいたのは]

ちょっと いやな ことばを

[異端。異端。と]

きいちゃったから さ

[記憶の奥底を引っ掻き回す、とてもとてもいやな言葉]

( 111 ) 2010/04/26(月) 22:49:47

ジャスティス急便 カンナギ

…だから、なんか、誤解か何か。ケンカになるような何かがあったんじゃないかって、思っちゃって…
いやごめん、この話は。

[なかったことにしたい。させてほしいと。目を伏せて。告げる]

…うん、了解。
その辺はアフターサービスってことで。心配な誘うって思えるように一段落するまでは、目を離さないようにしとくよ。

[救いはない>>96という言い回しには、何か引っかかりを感じたけど。気をつけるよう言われれば是非もない。自分もそのつもりだったのだし。頷いて]

…うん。

[大事無いことを。>>97ということは。大事ありえるっていうことを、神父さんは知っているのだろうかと、勘繰ってしまうけど。
たった今無神経な言い方をした手前、そのことをどう聞けばいいかと、戸惑って。けれど、続きとは、何の続きかと>>98。それで話は終わりという意味のことを言われれば、継ぐ言葉も出ない]

…ん。
ンじゃあ神父さん。またね。
ジャスティスが必要なときは是非ジャスティス急便へ。

[別れを告げるけど。いつもの宣伝文句には精彩がかけたかもしれない]

( 112 ) 2010/04/26(月) 22:50:20

ジャスティス急便 カンナギ

神父さん。ここに残るってさ。

[告げて。ドンファンとユーリに合流する。二人がなにごとか話していたことは、まだ知らない]

―喫茶まろん―

ちわーっす。
おっちゃん、今日はアジフライ…で…

[合流して。向かった先、中立亭こと喫茶まろんで、いつもどおりに注文しながら入り口をくぐる。けれど]

(なん で)

[そこに待っていたのは、絶対の恐怖。入ったとたん出迎えるアリアの笑顔はまぶしくて。また新しい人かー、なんて思う間もあればこそ。
―――その手には。死の恐怖さえ凌駕しうる、圧倒的な存在感が、あった。
ちょうど三人前]

( 113 ) 2010/04/26(月) 22:51:15

ジャスティス急便 カンナギ

(    逃げっ…
 無理っ…
         いや、それに…)

[即座に脳内に逃走ルートが行く筋も展開される。その中の一つを選び出し。実行に移そうとして。そして。三人前という数字が。逃げ出すことのできない理由を、何よりも雄弁に、物語っていた。
―――立ち向かわなければならない]

(どうする…どうする?)

[味もさることながら恐るべきはその熱量。珈琲だって淹れてもらってから20分くらい経ってぬるーくして飲むのがちょうどいい自分に、あの熱量はそれだけで脅威。
立ち向かうとするならば…
最大限の速度を持って。味覚も触覚もすべてを感知する以前に口を、喉を通り越し、臓腑へと収めること。それが唯一にして絶対の条件。
そして。自分には、それができるだけの能力が、あるはずだった
 成 し 遂 げ ね ば な ら な い ]

( 114 ) 2010/04/26(月) 22:52:44

魔砲師 カルロは遅延メモを貼りました。


ジャスティス急便 カンナギ

…いただきますッ!

[席につくことを待つことなく、一声を上げ、行動開始]
[コンマ1秒。一枚目の皿を掴み取る]
[コンマ2秒。きっちりとよく冷やされたスプーンを手に取り、皿へと運ぶ]
[コンマ3秒。掬い取ったスプーンを口へ。味覚触覚嗅覚一切の感知を許す間もなく飲み下す]
[コンマ5秒。瞬時にすべての動作を繰り返し、一枚目の皿、完食]
[コンマ8秒。二枚目の皿、完食]
[コンマ9秒。スプーンを皿へとことりと置いて]
[1秒。すべてが。腹の中で。爆発 した]

ごめん、ゆー、あんまりおいしかったから…ゆー…の分…まで…
ゆー…は…ほかの…ほ か の !!好きなの、頼んでいいから…ね…
ドンファンくん…あと…よろし…く…

[すべてを終えて。倒れ行くその顔は、安らかに笑っていた]

( 115 ) 2010/04/26(月) 22:53:30

魔砲師 カルロは遅延メモを貼りました。



情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

謎の少女 メイアル
コミット済 5回 残1700pt 飴飴
国防神父 ギルバート
コミット済 14回 残1510pt 飴飴
爆裂正義団 ドンファン
コミット済 14回 残1329pt 飴飴
魔砲師 カルロ
コミット済 18回 残1137pt 飴飴
道具屋 真アニュエラ
コミット済 20回 残1065pt 飴飴
青薔薇の幻影
コミット済 16回 残1454pt 飴飴
花の子 グラジオラス
コミット済 16回 残1205pt 飴飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 16回 残1013pt 飴飴
諜報員 シャルロット
コミット済 23回 残1064pt 飴飴

犠牲者 (4)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)

処刑者 (3)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)

突然死者 (0)

見物人 (2)

勤め人 アリア
6回 残1723pt 飴飴
浮いてる何か
4回 残1844pt 飴飴

退去者 (1)

高校生 ユーイチ (5d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■