人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


諜報員 シャルロット

― 現在 ―

[一人であれこれ考えていたが結論が出たようで]

おねーさん、私がんばるです。
情報戦はお任せ下さいなのです。何かわかった事があったら教えて下さいね。

→喫茶まろんへ

( 255 ) 2010/04/25(日) 19:13:11

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
おっ、メイ殿来ましたか!
すっごい眠そうですが・・・健康大丈夫です?

描写関連纏まったら適当に表いなしてコミポチしますね。

( *31 ) 2010/04/25(日) 19:28:10

高校生 ユーイチ

─市街地─

[廃墟と化して、人が居なくなった市街地を、バイク怪人の肩に乗り進んでゆく。この場所を選んだのは、彼がスクラップ置き場を探していた……と聞いたのを思い出したから。]

おーい、じぇーじぇー!

[名前を呼んでみるけれど、返事が返ってくるはずもなく。当て所なく誰か一人を捜すには、ジンロウ町は少々広すぎる。]

うーん、奇跡探偵かぷりてぃ☆ぷらいべーどあいに連絡とれれば良かったんだけどなぁ。ダウンジング怪人は留学中だし他に誰かいないっけ……。

[人捜しに向いたヒーローや怪人の心当たりを探しつつ、ぴこぴことケータイを弄る。
喫茶まろんに留まるか、アニュエラ様にお願いしたほうが良かったんじゃ……と湧いてくる弱気を振り払って。]

あ、あそことか……トメばーちゃん達戦ってたとこだよな? なんかあるかも。行ってみよう。

[指さしたのは、崩れ落ちたTV局の跡地。]

( 256 ) 2010/04/25(日) 20:06:24

高校生 ユーイチ

─TV局跡地─

うっわー。すっげーぼろぼろ。

[手抜き工事のビルディングは見るも無惨に(見事さすら感じさせる勢いで)崩れ落ちており、壁材に混じって機材やら何やらが粉塵を被り、白くなっている。]

で……。ここに人が来た形跡とか、JJがいるかもしれない可能性とか……わかる?

『……おうなあ殿! 申し訳ございません拙者一介のバイクでありますからして!』

わかんないよなー。あ、土下座しなくて良いから。

[どうしたもんかと悩んでいると、視界の端で何かが光った気がした。]

ありゃ? ちょっとそこの瓦礫のけてくれね? 何か光った気がしたんだ。

[すっかり手慣れた様子でバイク怪人へと指示を出す。怪人の馬力で持ち上げられた瓦礫の下には……淡く輝く、光の球体があった。]

( 257 ) 2010/04/25(日) 20:08:23

高校生 ユーイチ

なんだこれ。

[光の球体へと手を伸ばす。

ユーイチは知らない。このビルの下で、異次元テクノロジーを使おうとした者が居たことなど。
ユーイチは知らない。開放されなかったエネルギーが、この場所で未だ渦巻いていたことなど。
ユーイチは知らない。そのエネルギーが、彼の持つ銃に反応して、暴走したことなど。]

え……?

[ぶわっと光が膨れあがり。]

『おうなあ殿!? おうなあ殿ーーー!!??』

[次の瞬間ユーイチの姿は、跡形もなくかき消えていた。
瓦礫の山に残るのは、主を失い狼狽えるバイク怪人と、弾丸の残った、銃が一丁。**]

( 258 ) 2010/04/25(日) 20:09:12

魔砲師 カルロ

─回想・喫茶まろん─
[ドンファンに声を掛けられれば(>>207)、一緒に外へ出ただろう。
幸い方角は一緒だったし、良いですよ、と即答をして
続く言葉には、『正直だなぁ』なんて思いながら、笑みを浮かべる...]

でも、採石場公園に用があるとか。
また妙な場所に向かうのですね、果たし状でも?

[昔から『決戦の場』として名高い公園である、目的地が其処と知れば、そんな風に尋ねて。
彼はどう返して来ただろう。
笑って『そんな物だ』と言うだろうか、それとも、正直に教えてくれただろうか]

( 259 ) 2010/04/25(日) 20:33:08

魔砲師 カルロ

─回想・採石場公園方面─
[『わさびドリンク』に付いて問われれば、きっと、遠い目をしていた…かもしれない]

町のと言うか。
喫茶まろんの……と言うか。

[言葉を濁らせる]
[──『中立』である事を破った物に与えられし、罰の味。
なんて噂が、常連界隈では流れていたりする…いわば曰く付きのメニューである]

むしろ、あれ飲んで無事なドンファンさんに吃驚ですよ……。

[『飛びそうになった』だけで済んだ彼には、きっとそう返しただろう。
『なった』で済まなかったヒーローを幾人か知っている...からしてみれば、無事な方が珍しい]

[そして、ふと、...は脚を止めた]

( 260 ) 2010/04/25(日) 20:33:38

魔砲師 カルロ

『ジンロウTVビルで、僕が暴走した事を……ドンファンさん、知っているのでしょう?』

[俯いて、搾り出す言葉
『聞いている』と言われれば、肩をびくりと震わせて
…同時に『予想通り』であった事を心の中で嘆いたろうか]

[急に脚を止めた理由は、『知っているであろう彼が、それを話題に出さぬ、事』
気なんて使わず、何時もの様に遠慮なく聞いてくれたら良かったのに]

[彼の振る舞いに、『ああ、気を使ってるんだろうな』なんて考えてしまえば
 ──立ち止まり、言ってしまう他無かった。

いっそ、其処で責めてくれれば、幾分か楽になると信じて]

( 261 ) 2010/04/25(日) 20:34:03

魔砲師 カルロ

[しかし、責められる所か、諭される様に"受け売り"の言葉を投げ掛けられ
思わぬ"励まし"の言葉に、驚いた様に相手をみやる。
"叱咤"とも捉えられるだろう《ソレ》は、しかし、...の心を落ち着けるのには、十分だった]
[それは、"励まし"が、"慰めだけ"の言葉では無かったからだと、まだ気付く事は無いけれど]

…そうですね。
お互い未熟同士、まだまだ先人には遠く及びません、から。
頑張らないと、いけません。

[軽くなった気持ちで、彼の言葉に同意してみせると、背中を思い切り強く叩かれて。
そんなこんなで、そこは既に、採石場公園]

いえいえ、お気になさらず。
何があるか分かりませんから…ドンファンさんも、お気をつけて。

[お互いに声を掛け合えば、中へ走って行く彼を見送り]

さて、僕も行かないと。

[当初の目的地、11支部へと向かうだろう]

( 262 ) 2010/04/25(日) 20:34:47

花の子 グラジオラス

―回想・喫茶まろんへ行く途中―

この町に秘密、なあ。
しかし秘密など3歩歩けばすぐ見つかるような場所であるのに、難しいな。
ほら、そこの電柱の足元だって地底大陸への入り口でな…

[今は然程関係ない場所への入り口を指しながら歩を進める。自分の問いにどこか言い澱んでいる様子>>246のシャルロットに気が付いたらまた頭に触れようと手を伸ばした]

「シャ〜ル〜ロットぉ〜?」

[びくり。
明らかに自分達のでも、いつも頭の中に響く花の王のものとも違う声質に手を引っ込めた]

誰だ!
……シャルロットの同僚?なるほど。ふむ、お説教…。
わかった、付き合おう。

[それで何故か一緒にお説教を食らっている気になって、シャルロットの横でしょげていた。
この所こういう感情を表に出せるようになって、色々やってみたいと思っているらしい]

( 263 ) 2010/04/25(日) 20:59:43

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
ちーとも表で動きがない・・・w
これはさっさとコミして進めるべきかなぁ。

( *32 ) 2010/04/25(日) 21:06:57

花の子 グラジオラス

[トゲヤマと名乗った人物の言う事>>247には素直に頷いていた。先程自分が潰した方が良いと思っていたもの>>227が、研究次第ではその逆にもなり得るという事が解ったからだ]

まあ、元に戻せたら良いというわけではないがな。
どうにか見つけ出してこれ以上の使用を止め、送られた者をこちら側へ戻して始めて『良かった』と言えるのだろう。
その為にはそちらの研究も急いでもらわねばならんが、まあシャルロットの知人というのなら大丈夫だろう。

トゲトゲとやら、こちらはそちらへの助力は惜しまん。いじげんてくのろGとやらを見つけるまでの研究は頼む。

[悲惨な呼び方を残し、通信を終えた。
その後からシャルロットが何かを考え込んでいる様子なのを見ては]

…説教が辛かったのか?

[と的の外れた問いを投げた]

( 264 ) 2010/04/25(日) 21:11:31

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
匿名メモにて本日の襲撃先お知らせサービスしてきますね。
あまりにも動きがないのもちょっと申し訳ない。
流れは以下。

襲撃→魔王 (メイアル殿の襲撃描写?)
投票→店主 (個人世界装置の作動?)

( *33 ) 2010/04/25(日) 21:11:42

≪_匿名_≫、匿名メモを貼った。 メモ

( A36 ) 2010/04/25(日) 21:15:32

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
ちょっとシステム的な詳しいところは・・・
調べてこようかな。

( *34 ) 2010/04/25(日) 21:16:02

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
自分でメモ張っておいてあれだけども、自作自演だなぁ。
ばればれだろうけどもっ!(涙

メイ殿ー、メイ殿ー! 早く帰ってきてくだされー!

( *35 ) 2010/04/25(日) 21:18:36

ジャスティス急便 カンナギ

―回想交えつつ。いま―

……

[超合金チェーンにヒーロー割引>>245。あんまりに魅力的過ぎる言葉に、つい引き返して詳しく話を聞きたくなってしまったが。
――それさえ圧するほどに響く、熱狂的な、信徒の声]
[突っ込んで行って。いなされて。そして質問を返される>>252

………ッ

[周りではおりしも信徒達が倒れ伏したところで>>250。記憶の底に沈めた“いつか”をなぞるようなその光景に、思わず息を呑む]
[けれどドンファンが返してくる言葉は愚直で不器用]

……そう……

[思わず調子が狂ってしまいそうになって。胸元に下げた、藍のお守りを握り、大きく息を吸って。吐き出して。ようやく、少し、落ち着けた]

そう…だね…。
うん、確かに、その説明だけじゃあ納得できないし…ちょうど君に聞きたいこともあったしね。
大将ンとこの流儀に従ってあげるよ。たしか…『聞きたいことは拳に聞け』…だっけ?

( 265 ) 2010/04/25(日) 21:25:19

ジャスティス急便 カンナギ

[本当は。ドンファンが嘘を言っているようにも思えなかったのだけど。いまだ残響として響く『異端』の声が、どうしても頭の中をかき乱して。
一度鎌首をもたげた疑念を、抑えることが出来なかった]

先にこっちの質問に答えてもらったことだし、まずは答えてあげるよ。
ここに来たのは、神父さんから連絡をもらったから。
さっき話せなかったことは、たしかにある。それを今から聞かせてもらうってことで…

[言いつつ、ジャス天号を降りる。いつかみたいに、もう乗らないつもりで降りるわけじゃない。ただ、今から始まるのはたぶん、ジャスティスとは違うただの殴り合いだから。ジャス天号の力を借りたくはなかった]

ンじゃあ質問そのいち。

[言いつつ、とんとんと弾みをつけて]

…魔王から何を聞いた?

[瞬きのうちに問う言葉は、ドンファンの懐から。試すように彼の腹を狙った拳は、物理法則を飛び越えた速度を持って。けれど決してまだ、音速を超えてはいない]

( 266 ) 2010/04/25(日) 21:26:39

魔王、メモを貼った。 メモ

( A37 ) 2010/04/25(日) 21:26:45

諜報員 シャルロット

― 回想〜現在 ―

[>>264 「…説教が辛かったのか?」と問われ、]

そうじゃないですけど、テクノロジィの方はもういろんな人が探してるし、私はテクノロジィを探すよりもおねーさんをお手伝いしたいし…。

[と、答えただろう。
少しの間迷っていたが結論は>>255]

( 267 ) 2010/04/25(日) 21:31:34


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

謎の少女 メイアル
コミット済 2回 残1871pt 飴飴
国防神父 ギルバート
コミット済 23回 残1251pt
爆裂正義団 ドンファン
コミット済 32回 残631pt 飴飴
魔砲師 カルロ
コミット済 14回 残1228pt 飴
喫茶店マスター アンクル
コミット済 23回 残1071pt 飴
道具屋 真アニュエラ
コミット済 26回 残888pt 飴
青薔薇の幻影
コミット済 23回 残1093pt 飴飴
魔王
コミット済 22回 残1296pt 飴
花の子 グラジオラス
コミット済 28回 残637pt 飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 31回 残965pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 35回 残631pt 飴

犠牲者 (3)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)

処刑者 (2)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)

突然死者 (0)

見物人 (3)

勤め人 アリア
0回 残2000pt 飴飴
浮いてる何か
4回 残1872pt 飴飴
高校生 ユーイチ
11回 残1296pt 飴飴

退去者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■