人狼物語(瓜科国)


459 【推理可能】ボーカロイド候補生養成村【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


転音 ソヨ

―中庭? スヤのいる場所―

[ソヨはスヤの前で傅けば]

ユーザー登録『休音 スヤ』様、確認させて頂きます。
この度はボーカロイド『転音 ソヨ』の御利用ありがとうございます。
『転音 ソヨ』はマルチボーカロイドとして従来のボーカロイドの基本理念から――

[淡々と自分の性能を語っていくソヨは自分のマスターがボーカロイドだという認識はなかった]

尚、マスターのご希望に沿ってモードを通常モード、従属モード、特殊モードを基本として様々な幅広い設定にてお仕えすることができます。詳しく説明させて頂きますと――

[具体的な説明がない限りは堅苦しい態度が基本になる。]

ボーカロイドとしてだけでなく、マスターの従者として法律の範囲内であるならばどのような命令にも基本応じるよう、設定されております。

なんなりとご命令ください。

[そう言って彼女の命令を待ち続けることだろう。**]

( 62 ) 2010/04/06(火) 02:08:28

XIII

[桜の樹は変わらずにある]


[三日前に花見をしていた時も]


[二日前に二人で泣きあっていた時も]


[そして今日―――またこうして動かない友を抱えている時も]



[桜がはら、はら、と舞い散っていく]

( 63 ) 2010/04/06(火) 02:16:59

【赤】 XIII

[通信回路に声が―――唄が満ちる]


さくら さくら・・・

やよいの空は 見わたす限り・・・

かすみか雲か・・・匂いぞ出ずる

いざや いざや・・・見にゆかん


[優しい人へ向けた、いつかの唄を―――友へ手向けた]

( *2 ) 2010/04/06(火) 02:24:14

独音 リヒト

[ソヨの後姿>>62を、少し離れて見つめ・・・]

これで良かった・・・んですよね。
スヤさんは守られるべき方で・・・、そして人狼でも蝙蝠でもない。
そう・・・ソヨさんが、こうならなかったとしても・・・きっと守っていた人。
これで・・・良かったんです。

そう・・・あの時、馬鹿なことを言いそうになった・・・・・。
あれこそが間違い・・・。これが正しい結果なんです。

[自分はここにいる資格がない、と感じ、力のない足取りで、その場を去った]

( 64 ) 2010/04/06(火) 02:25:27

器音 スト

[中庭に出ると、メインスタジオに居なかった殆どの面子が揃っていて、ソヨの事とバクの事を聞けば]

そうですか。バクが人狼だと…

[]Vの叫び声が響き、思わず顔を背けたくなるのを振り切って動かなくなったバクに近づく]

すいません。失礼します。

[バクに縋り付く]Vの横に跪くと、バクへと手を伸ばし]
『コード霊能者起動。これより検査を開始します。』

[システムメッセージが響く。そして、バクから手を離して立ち上がると、そこに居た全員に向けて]

もう謂う必要もないかもしれませんが、
楽譜読み取り能力に異常を確認。焔音 バクはコードネーム人狼です。

[霊能の結果を告げる]

( 65 ) 2010/04/06(火) 02:26:06

逢音 ショウ

[桜の花びらは途切れる事無く風に乗って飛んで行く。
ベルがこちらを見ていたのには少し気が付いていたが、そちらに顔を向ける事が出来なかった]

バクったらばっかじゃないの?
痛いなら痛いって言えば良かったんじゃん、なんで黙ってんのさー。

明日また話をしようなんて約束、しなきゃ良かったんだ。
なんであんな約束したんだよ。
なんで……!!!

[しばらく独り言を言っていたかと思えば、突然もたれていた桜の木の幹から身を離し、何度も何度も拳で殴り付けた。
腕の破損を告げるシステムメッセージが鳴り響いても止めず。
見かねたサーティが止めに入るまで延々と殴り続けていることだろう**]

( 66 ) 2010/04/06(火) 02:32:43

逢音 ショウ、メモを貼った。 メモ

( A23 ) 2010/04/06(火) 02:35:46

≪_匿名_≫、匿名メモを貼った。 メモ

( A24 ) 2010/04/06(火) 02:37:28

器音 スト

[ソヨが再起動すると、そちらに心配そうな目線を向けて]

ソヨさん。大丈夫でしょうか?

[ソヨとリヒトを見守る。リヒトがソヨをメンテルームへ運ぶのを見送ると、充電のシステムメッセージが響き]

やはりこのプログラムはバッテリーを喰いますね…

[そう呟いて、GAIの姿を探し]

GAIさん。
ごんなさい。一つ謝らないといけないことがあります。
]Tが停止させられたあの日の投票の事です。
あの時、僕はGAIさんに投票しました。出会ったばかりで、まだ良く分からなくて。
だから、ごめんなさい。

[GAIに投票をした事実を伝えて頭を下げる。その後、一度メインスタジオに戻り、張り紙に『バクは楽譜読み取り能力に異常あり。』と書き込んで、充電の為に自室へ戻っていった**]

( 67 ) 2010/04/06(火) 02:40:02

XIII


さくら さくら・・・

[気が付いたら声が―――唄が漏れていた。 いつかここで、あの優しい人の声を奪い去って唄った歌を]


なんで、僕だけが残っちゃったんだろ・・・もう、疲れたよ
欠陥品ねぇ・・・確かに壊れてるね、僕は・・・結局自分だけが残ってしまったんだから。 ゴメンね・・・バク君、ヨルさん・・・僕も、もうじき壊れきってしまうから。

[もう何も見えない、聞こえない、早く消えてしまいたい]

(もういい・・・後は僕が消えるだけで終わる・・・)

( 68 ) 2010/04/06(火) 02:47:33

独音 リヒト

─特殊技能棟・図書室─

[か細い灯りの中、リヒトはひとり、ボカロのエラー治療法を探す。
『壊れたら交換すればいい』
そんな言葉を見つける度、絶望に襲われながら**]

( 69 ) 2010/04/06(火) 02:50:24

XIII

[背後、少し離れた位置から何か音が聞こえる。 『ガッ!ガッ!』と何かを打ち付けるような音と機械的な警告音が...の意識を微かに戻す]

なに・・・この音・・・? どこから・・・?

[ノロノロと辺りを窺うと、>>66 顔を泣きそうに歪めて桜の樹を素手で殴りつけているショウの姿を見つける]


ショウ君ッ・・・!? なにしてるのっ・・・!?
や、ヤメ・・・ダメだ・・って・・・もう、やめて!

お願いだから、やめて・・・ショウ君ッ!!

[振り上げ打ち付ける事を止めない拳を止めるため制止するが、ショウはそれを振り切ってなお殴り続ける。]

( 70 ) 2010/04/06(火) 03:11:17

XIII

『ガッ・・・ズガッ・・・!』

・・・っく・・・は・・・もう、やめよう・・・ね、ショウ君?

[打ち付ける拳と桜の樹の間に割って入り、自らの身体でショウの拳を受け止め―――抱きしめて止める。
痛む体を無視して優しく話しかける]

ショウ君が傷つく必要なんてないんだよ・・・どんなに悲しくても・・・辛くても・・・絶対にキミのせいじゃない。
だから、そんな悲しそうな顔で泣かないで・・・? 泣き虫なのは僕だけで十分・・・キミはバク君の分まで笑ってほしいな・・・お願い。

悪者は僕だから・・・怒るなら恨むなら憎むなら、僕だけに。


[腕の中にショウを抱いて優しく語りかける。 そして忘れかけていた一つの感情を思い出す]

(そうだ、僕はショウ君を護るって決めた・・・もし僕がすぐに消えてしまったら、優しい心を痛めているこの子はどうなるの・・・?

ダメ、この子の為に今すぐ消えるわけにはいかない)

( 71 ) 2010/04/06(火) 03:28:31

【赤】 XIII

[誰もいない通信回路に静かな声が響く]


バク君、ごめん・・・

僕すぐにそっちには行けそうにないんだ・・・

最後のやりたい事・・・やらなきゃ・・・

( *3 ) 2010/04/06(火) 03:31:13

XIII

[腕の中のショウがなにか感情をぶつけてくるならば、ただひたすらに謝り抱きしめ続ける]

ごめんね・・・ごめんね・・・全部僕が悪いの・・・ごめんね・・・

それでも、そんな僕でも・・・ショウ君の傍にいたいと思っていいのかな・・・傍にいても、いいのかなっ・・・?


[憐憫・絶望・信頼・悲哀と混ぜあった感情が回路に流れてくる。 とめどない感情の洪水の中で一際輝く感情がある―――その感情の名は 『愛情』 ]


『愛を知りなさいサーティ・・・それが貴方を変えるから』

[脳裏に浮かぶのは、誰かが自分へ向けた言葉]

―――――!

[そして『彼』は『彼女』になった]

( 72 ) 2010/04/06(火) 03:42:51

≪_匿名_≫、匿名メモを貼った。 メモ

( A25 ) 2010/04/06(火) 03:44:36

XIII、逢音 ショウを抱きしめ、*泣き続けている*

( A26 ) 2010/04/06(火) 03:44:50

XIII、メモを貼った。 メモ

( A27 ) 2010/04/06(火) 03:53:13

休音 スヤ、メモを貼った。 メモ

( A28 ) 2010/04/06(火) 07:23:44

休音 スヤ

―中庭―

[XIIIを追い中庭に辿り着くと…そこにはメインスタジオにいた者以外の"動いている者"の姿があった。]

……。


["動かない者"に縋りつくXIIIの姿も見えた。]


 『ッ―――――――!!!!!!!』


[…"燃えるような紅い髪をした少年"はXIIIの叫びには呼応せず…また…いつものようにちゃっちゃと動くこともなかった。]

……………。


[スヤは、XIII とバクの正体などお構いなしに、そっと彼らに近づき佇んだ。]

( 73 ) 2010/04/06(火) 07:48:14


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (10)

器音 スト
10回 残1131pt 飴
転音 ソヨ
31回 残305pt
猫音 シャト
18回 残706pt 飴
独音 リヒト
57回 残65pt 飴
護音 ルラ
24回 残774pt
逢音 ショウ
24回 残482pt 飴
休音 スヤ
19回 残775pt 飴
妖音 ベル
40回 残500pt
XIII
30回 残155pt
GAI
11回 残1076pt 飴

犠牲者 (2)

鳥音 カリョ (2d)
雪音 ヨル (3d)

処刑者 (2)

XI (3d)
焔音 バク (4d)

突然死者 (0)

やじうま (0)

墓参り (5)

朱音 ノソラ (1d)
エn音 ハツ (1d)
本社社員 アキラ (1d)
本社社員 ウシナ (1d)
見習い ゆっくり (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■