人狼物語(瓜科国)


1079 【突発RP村】やがて、世界は闇に沈む【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


毒舌家 セルマ

[少女達の会話に気を取られていると、もう自分の役目は果たしたような落ち着きと居心地の悪さが残った。

ステンドグラスが、鈍く、
その場にいる者たちに、
光を投げかけている。

花はもう、どこにも咲かないだろうに。]

( 68 ) 2013/03/08(金) 23:31:08

人造妖精 エステル

[後から後から涙は零れて。
理由が分からないから、止められなかった。
両肩を掴まれて戸惑うように眸が揺れる。]

 わ、私…………、


   あたし、


[ランスの指が、霞色の眸から零れる涙を掬う。]

 あたし………………、

[───言葉にならなくて。
ランスの胸の中に倒れ込んだ。
傘の持ち手が手から離れる。
零れた涙が、灰色の地面に、ぽたり ぽた 濃い色を作り。]

( 69 ) 2013/03/08(金) 23:34:32

毒舌家 セルマ

[別の男から声を掛けられて我に返る。]

……なにが、…………いや。
あたしにできることなら、やるよ。
説明はあとでいいからさ。

[明らかに、想定されないような事態が起きたあと。
自分を取り戻した女の動きは素早かった。

どんなことがあろうと、最後まで後悔しないと。
決めているのだから。]

………………だから。
あたしは、誰にも祈らない。

[誰にも聞こえない、小さな声で。誓った。]

( 70 ) 2013/03/08(金) 23:34:35

毒舌家 セルマ


[花が咲かずとも、人は祈れるのだ。
生きて、ゆけるのだ。]

( 71 ) 2013/03/08(金) 23:35:21

歌い手 ナデージュは、研究者 トロイ を投票先に選びました。


手紙狂い パースは、毒舌家 セルマ を投票先に選びました。


【独】 毒舌家 セルマ

トロイの除草を試してみるかね。
えいやっ。6

( -32 ) 2013/03/08(金) 23:40:09

研究者 トロイ、歩きながら、遭遇した変異植物に薬品を投与して・・・38

( A11 ) 2013/03/08(金) 23:41:19

小説家 エラリー

[一先ず長椅子に司祭の身体を乗せ、傷の具合を確かめる。少年――ギュルスタンに傷つけられたのか、肩の傷口は割合深い。
血の気を失い、青くなっている。
ようやく、正体を取り戻したのか女が声をかけてきた>>70
数瞬、男の意識に空白が出来る。自ら実際に移す機会は少ない]


――、奥の寝台に運びます。
何があるか詳しくないので――先にいって――、必要な物を、探して。
あと。

お湯を。


[言って男は、衣服を使って、司祭の肩口を締め付けた]

( 72 ) 2013/03/08(金) 23:41:53

【独】 毒舌家 セルマ

パースがヒロイン風だと思うんだ。
そして再開(?)組は若人にお任せして離脱。

東奔西走のセルマであった。

( -33 ) 2013/03/08(金) 23:42:07

【独】 毒舌家 セルマ

艶が良くなったwww

( -34 ) 2013/03/08(金) 23:42:31

【独】 人造妖精 エステル

/*
セルマサンが格好良いですね。
ただこの村の元凶は、神(世界そのもの?)なので、悩ましいかも。

カイン神は見てると維持神ぽいところもありそうかしら。

( -35 ) 2013/03/08(金) 23:42:51

人造妖精 エステル、毒舌家 セルマ>>68が立ち去り、礼拝堂内に入ったのには気付かなかった。

( A12 ) 2013/03/08(金) 23:43:42

毒舌家 セルマ

[司祭に比べれば、助け起こしている男の方はまだ顔色が良いといえた。
勿論、こんなときに調子の良いものなどいないだろうが。]

水は……ああ、これかい。

[井戸水は使えない。
浄化された飲料水は貴重なものだった。
ことに、医療や教会にある水は純度が高い。

村で使われている水の容器はどこも共通だ。
裏口近くにそれを認めて、盥を満たした。]

( 73 ) 2013/03/08(金) 23:49:13

手紙狂い パース

[彼>>66の手が手紙にのびる。
どきどき。
どきどき。
積年の疑問が晴れるのだ

と思ったら、ちょっと怖くなったから。]

やるけど。

[ばっ、と彼のマントをめくって、
目についたポケットにぎゅむりと押し込んだ。]

でも意味は、君の気が向いたら教えてくれよ。

ふふ、待つのはいいねえ。
いつになっても、初体験はいいものだ。

[死を知らせる手紙は、待つ楽しみはないけれど。
こんな「待つ」なら、良い。良いものだ。]

( 74 ) 2013/03/08(金) 23:50:26

司祭 ドワイト



『あなたを愛しています』


[受け取った手紙は大切に、引き出しの奥へしまってある。
それが誰によって綴られたものなのか、
男にはわかってしまっていた。

そして手紙狂いへ向けて、無邪気な笑顔を見せる]


『ありがとう』

『きみとであえて、よかった』


[男のことを示す記号…、
名前はこの村に来てから司祭が付けてくれたもの。
だから、この手紙は、つまり]

( 75 ) 2013/03/08(金) 23:52:13

司祭 ドワイト

[それからは、
手紙狂いがこの村へ来た記念日が来るたびに、
相手の元へ封筒を持っていくようになった]


『私に手紙をくれたひとに、届けてほしい』


[中に宛先を示す記号はなく、手紙すらなく。
押し花でできたしおりが一枚、入っているだけ。
もしも断られたり無理だと言われたとしても、
毎年そうして置いて行く。

…だけど、今年は贈る花がない]

( 76 ) 2013/03/08(金) 23:52:55

研究者 トロイ

[…自衛代わりに変異植物に薬品をかけて見れば、
かけた部分に妙に艶が出て。
活性化したのかワックス効果か、それとも単に濡れたからか。]

・・・理由がどれであれ、試薬01は効果無し。封印、と。

[小瓶に封してぺけ書いて、数歩植物から距離を取る。
変化が無いのを確認し、大きく迂回し足を進めた…]

( 77 ) 2013/03/08(金) 23:53:07

毒舌家 セルマ

[消毒液と、灰の影響を除くとされる――信憑性は極めて低い――聖水の瓶。
包帯を探して引っ張り出す。
湯が沸いたのを別の盥に入れ、司祭のところへ向かう。]

傷を見せな。
縫合する必要があるなら、あたしにやらせとくれ。

[持ち歩いていた裁縫道具の糸と針を、熱湯消毒して持ってきたのだ。]

( 78 ) 2013/03/08(金) 23:53:44

灰色翼人 ランス

 マイダ……。

 生きていてくれたんだな……。

[胸元に感じる熱を、優しく抱きとめ、金色の髪をゆっくり撫でる。

 ずいぶんと昔、そうしていたように。]

( 79 ) 2013/03/08(金) 23:54:57


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (10)

毒舌家 セルマ
13回 残541pt 飴
歌い手 ナデージュ
8回 残546pt 飴
人造妖精 エステル
14回 残505pt 飴
中毒 カイン
11回 残568pt 飴
灰色翼人 ランス
14回 残490pt 飴
司祭 ドワイト
11回 残591pt 飴
小説家 エラリー
8回 残648pt 飴
研究者 トロイ
3回 残859pt 飴
手紙狂い パース
13回 残422pt 飴
がらくた屋さん スー
9回 残641pt 飴

犠牲者 (1)

受信中 ギュル (2d)

処刑者 (1)

占星術師 ヘロイーズ (3d)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■