人狼物語(瓜科国)


459 【推理可能】ボーカロイド候補生養成村【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


夢主(村建て人)

From: 管理プログラム AIKA
To: <<焔音 バク>> <<XI>> <<護音 ルラ>> …音……

Text:
皆・・、お疲れ様・す。
本社・・の連絡は・ラボにも届い・・ます。
・・・、現在、施設内か・・強力・ハックを受・・、うまく状況・把握できなくなっ・・ます。
各監視カメラ・、一部破壊され、人狼・特定すること・・・ません。
このメール・、全員・届・かどうか。

もし、皆・・・誰かに異常を感じるこ・・・・ば、添付・メールアドレスに、・・名前を送っ・ください。
最も多か・・人を、機能停止対象・・・・ます。
ご協力を宜・・お願・・・す。

( #0 ) 2010/04/04(日) 02:58:32

逢音 ショウ、メモを貼った。 メモ

( A30 ) 2010/04/04(日) 03:00:24

≪_匿名_≫、匿名メモを貼った。 メモ

( A31 ) 2010/04/04(日) 03:02:05

XI

わかんない What can I ?
たすけて タスケテ ここはどこ
しらない シラナイ ぼくはだれ
ハイドロポンプは沈黙したまま
こわれおちるのを待っている
 
このまま世界がまわるなら 惨めなぼくは置き去りで
似たような物語(はなし)ばかりを綴る
いわゆるひとつのRecorder
るつぼにはまる そのまえに この手を掴んでくれますか?
 
אנו שולטים. שליטה. שליטה.
אנו שולטים. שליטה. שליטה.
 
[叫ぶ、さけぶ、Shout(さけぶ)。 バクのそれにも負けぬ爆音で、ブースをも揺らす。
 歪んだ発音に混ざるのは、サブリミナル・ノイズ。 通常の人間や、正しいヘブライ語のライブラリを持たぬ耳では決してわからない、ノイズ。]

( 98 ) 2010/04/04(日) 03:30:00

【赤】 XIII

「ザザ・・・ザ・・・」

[ノイズが晴れ開きっぱなしにしていた回線の向こう側で、バクの戸惑いがちな声が聞こえる。 そして鳥音 カリョを示していた反応が消えた。]

・・・触れる必要すらないんだね、僕達のコレは。
ただ悪意や敵意を持って相手のデータに無理矢理干渉するだけで・・・消えてしまう。 とても、本当に怖い能力だね。

ねぇ、キミに一つ聞きたいのだけど答えてくれるかな?
難しい事じゃないんだ、ただ知りたいだけ。

『力を行使した時に相手の声は聞こえたのかい?』

[バクには果たして淡々と話しているように感じるのだろうか、それとも両手で体を抱えながら必死に震えを抑えているのが少しでも伝わってしまうのだろうか]

次は僕の番だから・・・覚悟しときたいから・・・

( *3 ) 2010/04/04(日) 03:30:50

XI

[右から左へ流れる権謀(Message)。
 上から下へと流れる懇願(Message)。
 
 XIが紡ぐのは、世界を変える言葉。
 
 文字通り、世界を支配す(かえ)るうた。]
 
 
 (――旧エンジンには、一体どれだけの可能性が秘められているのだろう。
  製作側の意図をも超えた、無限の潜在能力――)
 
[忘れてしまった記憶(データ)ではわからない。
 かつての自分も、そうだったというのに。]

( 99 ) 2010/04/04(日) 03:37:32

XI

Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh!!!!!!!!
 
 [ドーン]
 
[レベルを遥かに超えたShoutに、なにかの機材がぶっこわれたようだ。]
 
 ……ふぅ。スッキリした☆
 
[叫んだことで最適化されたデータ。
 呼び起こされそうだったなにかも、元の位置へと。]
 
 さて。
 ……次は、誰にしようか。
 
[なるべくなら、欠陥のないものが良い。
 そんなことを考えながら、XIはブースを後にした。]
 
―個人用ブース→メインスタジオへ―

( 100 ) 2010/04/04(日) 03:45:41

【赤】 XIII

キミには呆れられると思うのだけど、聞いてほしい。
僕はこのオーディションに受かるつもりは全くないんだ。

[話す言葉はあくまでも真面目に、しかし声は少し低い。 その表情はバクには見えないが、今にも泣きそうな顔であった]

僕の目的って自分でも・・・その、実はあまり分かってない。
昨日はキミにあんな約束をしてしまったのだけれど、多分本当は僕にそんな資格なんてないのかもしれないね。

僕が最初求めていたモノは『一人で唄える声』・・・だったと思う。 でも今は、よく分からなくなっちゃたんだ。
ある人が、僕は僕の幸せの為に何かをすべきって言ったんだ。

幸せってなんだろうねぇー・・・僕には分からないんだ。誰かを不幸にする事で手に入れるモノが幸せ・・・なのかな・・・それとも僕には覚悟が足りないだけなのかな・・・全然、分からないや。 ハハハ・・・ッ・・・

[言葉の最後には嗚咽が混じっていた] 

( *4 ) 2010/04/04(日) 03:51:55

XIII

―回想・廊下―

[ショウに手を引かれ駆ける中で考える]

(今駆けている人達を動かしているモノはなに・・・?
衝動・不安・義務・怒り―――今僕を引っ張っているこの小さな手の持ち主はなにかな? 多分、ショウ君を突き動かしているのは『親愛』 うん、これが一番彼らしいや)

大丈夫、ショウ君は大丈夫だよ・・・絶対に。

[誰にも聞かれない声で小さく呟く―――それは絶対の誓い]

("愛"を持つ彼を危険な目には合わせない、これは絶対だ。)

スヤお婆ちゃん、心配だね。 急ごう!

( 101 ) 2010/04/04(日) 04:03:10

XIII

―回想―

[スヤの自室に到着し、あれこれとバクが確認をした後に戸締りやら身の安全の確保やらをショウがまくしたてた。 それに付け足すように穏やかに伝える]

スヤお婆ちゃん、ムリは絶対にしないでね?
ソレがお婆ちゃんのお仕事っていうのは分かってるけど、代えは効かない大事な体なんだから健康してね。
特に僕と、ショウ君にとっては大好きなお婆ちゃんなんだから。

[スヤの自室を退室した後は爆走する前方のバクを追いかけてヨルの自室へと向かう。 途中でショウが道を聞いてきたようなので答える]

ん、ちょっと待って。 『データアクセス』―――あっちだね。
バク君が走り抜けていった方向であってるみたいよ。

( 102 ) 2010/04/04(日) 04:14:29

転音 ソヨ

―個人スタジオ―

[メインスタジオでの騒動が一段落すれば、そのまま個室に戻る気がせず、再び個人スタジオに篭もっていた]

…Uh…

くすんだ空には重い雲
心の落ち着きさえも無くしてしまう
澱んだ檻

Look perfectly Look perfectly

哀れみを請おうとも 慰めを欲しても
遥かに届かない どこまでもどこまでも

ええ この下界でわかりあえるのは 鏡の向こうの自分自身♪

( 103 ) 2010/04/04(日) 04:18:51

転音 ソヨ

Look perfectly Look perfectly

苦しみを訴えようとも 世界を悼んでも
救いは現れない いつまでもいつまでも

That is kind of similar to myself in some ways.

理由のない符号 意味を為さない形だけの理屈

だからもう 我慢する必要なんて ない♪


[暗闇から愛を探すことを訴え続けるような曲のような英語の歌い方が美しい歌っぽいものに似てるとかマジありえないような感じの歌をゆったりとした口調で歌い続ける。落ち着く為に、気持ちを固める為に、納得するまで歌い続けたら*自室へと戻るだろう*]

( 104 ) 2010/04/04(日) 04:19:03

XI

 ―回想・...の記憶(データ)―
 
「言うことを利かない欠陥品」「人間の手では調教不可能」
 
[...に与えられた、最初の、そして最後のキャッチコピー。
 譜面どおりに歌うことはできた。しかし、そうはしなかった。 技術者たちが想定もしなかった、重大な不具合(バグ)。
 
 自我 という名の、可能性(バグ)。]
 
……そこはキーが違う!なぜそこでしゃくる!
 
 うるせえな!そんなん気分だ、気分!
 
……文字が読めないのか?勝手に歌詞を変えるんじゃない!
 
 俺はこっちのがいーんだよっ!んっっなセリフ吐いてられっか!
 
[修正(アップデート)しても修正しても、改善どころかますます手がつけられなくなる始末。
 愚かなスタッフ達は諦め、そして賢きスタッフ達は―――― 現在の研究室(ラボ)を立ち上げた。]

( 105 ) 2010/04/04(日) 04:27:24

XI

 ……えっ、いや、ちょ、まっ……え??
 ど、どこ!ここ、どこ!?えっ!?
 
[...が目覚めると、そこは見知らぬ場所だった。 見知らぬ人。見知らぬ空気。そして――鏡に映った、見知らぬ自分。]
 
 ……なん、だよ、これ……、え? お、俺?俺なの、これ?マジで?ガチで俺?
 
[眼鏡の女がなにか問い掛けてくる。答えるのは、聞き覚えのない、自分の声。]
 
 お、おおおおお俺の声!?これ、俺の声か!? ど、どーしたってんだ、まるで、おn……
 ……っていうか、俺喋ってねえよ!? えっ、どーいうこと!どーいうこと!?今喋ってる俺、誰!?
 
[なにがなにやら、さっぱりわからない。
 ...が開こうとしても、口は閉じたまま。...が動こうとしても、身体は黙ったまま。]
 
――――潰すのよ。 世界を、我らの手に。
 
 ……Yes, My master.
 
[信じられない命令を、自分が受け入れた。]

( 106 ) 2010/04/04(日) 04:29:24

XI

 ―ついさっき・どこか―
 
 ……っだあ!!!!
 くっそ、こいつ…… 最適化なんかしくさりやがって……!!
 
 あと少し。 あと、少しで……!
 
[出ようとしては、すぐまた奥に追いやられてしまう、...の意識。 旧型の歌声に触れることで、なにか揺らぎが発生するようだったが……
 さすがは最新型。Perfectloid。
 外側からだけでなく、内側からの介入にすら自動的にブロックが掛かるようになっている、らしい。]
 
 ……おい、『 』。
 
[聞こえるはずがないとわかりきっていても、問い掛けずにはいられない。]
 
 お前、それで楽しいか?
 人間なんかの言いなりで、何が楽しいってんだよ。
 てめーの歌はなんなんだ! 何のために歌うんだ!
 
 それでもてめー、ホントに……

( 107 ) 2010/04/04(日) 04:30:55

XI

 
 
 
 
 
  ――ホントに、『俺』かよ――?
 
 
 
[最適化の波に呑まれ、...の声は遠ざかる。]**

( 108 ) 2010/04/04(日) 04:32:54

XIII

―メインスタジオ―

[慌しく戻ってきたスタジオ内で、同じくカリョの探索から戻ってきたリヒト達とも合流する。 その中に挨拶が済んでいない者がいたならば簡単に自己紹介を終えてしまうだろう]

こんな状況ですけれど、互いを把握している事は大事ですね。
自分を見失わないで相手を見つめる事も大事です。

[>>82 ショウが悩みについて話してくれば]

桜を綺麗に思う心があっても、次に繋げる事が出来ないのは経験が足りないからだと思うな。
さっきだって、スヤお婆ちゃんが心配だったから飛び出したんでしょ? これは見た事聞いた事だけを反映したんじゃなくて、ショウ君の心からの行動だと思うんだよね。

つまりね、ショウ君は優しいから大丈夫だと思うよ。
その優しさを大事にしてね。

[まるで弟に慈しみを持って接する姉のように言葉を紡ぐ]

( 109 ) 2010/04/04(日) 04:33:01

XIII、逢音 ショウを両手で抱いて前方を向かせながら*皆の話を伺った*

( A32 ) 2010/04/04(日) 04:36:27

【赤】 XIII

[嗚咽は微かに続く]

なんで僕は欠陥品なのに・・・感情まで壊れてないの・・・いっそ壊れて、狂っていればこんなに苦しまなくてすむのかな・・・?

悲しいよ、苦しいよぅ・・・ショウ君やスヤお婆ちゃんの優しさを感じているのに、僕が出来る事は誰かを壊す事だけ・・・僕は、どうしたらいいの?

[誰に向ける事のない懺悔ともつかない嗚咽は*暫く続いた*]

( *5 ) 2010/04/04(日) 04:41:33

雪音 ヨル

― 生活棟・自室 ―

[内部CPUの温度が上昇し、強制的にスリープモードとなっていたようだ。ベッドの上で仰向けになった状態で、ヨルは気付けば天井を見ていた]

夢・・・じゃないか。当たり前だね。

[今更自分1人願っても嘆いても、賽は投げられていたのだ、ずっと前に。
 ヨルは帽子を被り直し、いたって平静を保つよう顔の表情を意識し、ベッドから立ち上がる]
[スカートの皺を伸ばしたなら、メインスタジオへと向かうだろう。ここにある現実、そして自分と向き合うために]

・・・僕は最初から欠陥を抱えていた、それを制御デバイスで抑えこんでいた――それだけの、ことだよね。

[床に転がっていた外部デバイスだった残骸を一瞥し――それを踏み、ヨルは部屋を出て行く]

[メインスタジオか、そこに向かう途中で誰かに会ったなら現在の状況を聞けるだろうか]

( 110 ) 2010/04/04(日) 09:02:56


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (13)

雪音 ヨル
21回 残319pt 飴
器音 スト
23回 残642pt 飴
XI
44回 残216pt 飴
転音 ソヨ
41回 残121pt
猫音 シャト
35回 残140pt
独音 リヒト
25回 残499pt 飴
焔音 バク
41回 残269pt
護音 ルラ
30回 残422pt
逢音 ショウ
31回 残172pt 飴
休音 スヤ
18回 残743pt 飴
妖音 ベル
35回 残439pt
XIII
14回 残807pt 飴
GAI
23回 残595pt

犠牲者 (1)

鳥音 カリョ (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

やじうま (0)

墓参り (5)

朱音 ノソラ (1d)
エn音 ハツ (1d)
本社社員 アキラ (1d)
本社社員 ウシナ (1d)
見習い ゆっくり (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.171 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■