人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


ミハイル

[驚きはしなかったが。]
[僅かに、顔を顰めた。]
 
[中を覗き込んだ従業員が奇声をあげるなり倒れるなりしたようだったが、どうでもいい。]
 
[静かに歩み寄ると。]
[事切れたアナスタシアの。]
[浮かべた、笑みを、じっと見つめ。]
 
 
[振り返り、部屋を出た。]

( 11 ) 2010/08/21(土) 15:07:56

ミハイル

―食堂―
 
[そのうちに。警察なり役場の人間なりが、来るだろう。]
 
[適当な席に着くと。]
[手近にあった紙に、なにかを書きだす。]
[いや、書くというよりは。]
[なにかを、聞き取るような、動作。]
 
……ここに。
 
[そう云って、来た人間に渡したのは。]
[ここではないどこかの住所と、ここにいない誰かの名前。]
 
埋めてやってくれ。
 
[相手がどんな顔をしたか。それもまた、どうでもいい。]

( 12 ) 2010/08/21(土) 15:21:36

ミハイル

[眩暈がした。]
 
[珍しく、付き合ったものだから。]
[どうやら、疲れたらしい。]
 
……はぁ。
 
 
[軽く、頭をおさえながら。]
[ソファまで移動すると。]
[そのまま、横になった。]
 
**

( 13 ) 2010/08/21(土) 15:25:45

サーシャ

―自室→アナスタシアの部屋―

[誰かがあげた奇声に作業を止めて、部屋を出る。

さて、状況はどうなっていたのか、アナスタシアの部屋の前。

止めるまもなく扉を開く]

…アナスタシアさん?

[彼女の目には詳細は映らず、ただ赤と黒の色彩が飛び込んでくる。

ただ一カ所そこだけきれいなままの白いかんばせ]

…おやすみなさい。

[人狼がいることだけは、彼女は疑ってはいなかったから、この村にも確かにいたのだとストンと納得する。

先ほど仕上がったばかりで、おもわず握りしめてきたそれをアナスタシアの顔にそっとかける]

( 14 ) 2010/08/21(土) 15:48:30

サーシャ

[一部は彼女の血に染まる]

ごめんなさい、真っ白なものの方がいいのでしょうけれど。

[未だ彼女がそこにいるかのように語りかける。

アナスタシアの顔を覆うのは暖かな土色の縁取り、緑の葉を茂らせた枝を左上にあしらい、右下には一輪の朱色の花の春の意匠のリネン]

受け取ってほしかったな。

[それは、彼女のために用意したものだった。

なぜと問われたなら曖昧に返しておいただろうけれど。

それほど接点があったわけではないが、どこか寂しげな彼女の印象が、頭を離れない。

――もたらされた死を悼む]

( 15 ) 2010/08/21(土) 15:54:25

サーシャ

[死者のために、自分にできることがあるとは思わない。

積極的に騒ぎに加わろうとも思わない。

ただ、なにも知らずにいることはいやだった。

もしもミハイルが起きてきたなら、アナスタシアの思い出話でも問いかけたかもしれない]

( 16 ) 2010/08/21(土) 16:10:33

サーシャ、ミハイルからはわずかに離れた場所、自室からとってきた道具で次の作品を作りはじめる――。

( A15 ) 2010/08/21(土) 16:14:01

サーシャ

―回想―
[イヴァンが自室に下がるのにあわせて>>1:184上、彼女も腰を上げただろう。

あかされた話には少しも触れぬままに、どかぎここちない会話が交わされる]

ありがとう。

[部屋の前まで送ってくれた相手に礼を言う]

イヴァンも気をつけて、ね。

[一体なにを気をつければいいんだろうとは、彼女自身疑問だったけれど。

パタンと扉が閉まったなら、一つため息をついてベッドに倒れ込む。

しばらくするとのろのろと起きあがり、アナスタシアのための刺繍をほどこしはじめる。

どこか後ろめたさと、彼女の悲しみへの共感を込めて。

夜も更けたなら、眠りへと誘われる]

( 17 ) 2010/08/21(土) 16:32:57

サーシャ

― 昨夜:ロストヴァ家・マリーヤside―
[ダークブラウンの髪に深い蒼の瞳の少女の両親へと詰め寄る声が響く]

姉さんが療養にいったなんて、やっぱり嘘!
昨日みたいにごまかされないんだから。

[宥める母親の言葉をはねのけるように]

…イヴァンもいないし、確かめた訳じゃないけどロラン兄さんの姿も見かけないわ。

[ロランの父親は閉鎖的で、直接確認にいっても相手にされないのは分かっていた]

こんな、人狼の噂が広がってるときに、おかしいじゃない。

ほかにも、姿が見えない人、いる。

[唇を噛みしめて、いらだちを押さえきれないかのようにくしゃくしゃと髪をかき回す]

( 18 ) 2010/08/21(土) 16:47:09

サーシャ

[お前が気にする事じゃないとの父親の言葉には、きっとにらみつける]

…姉さんが心配じゃないの?
それでも親?

[糾弾する響きに懇願が混じる]

ねぇ、お願い、何か知ってるんでしょう?

[口をつぐむ両親の姿に、悔し涙が光る]

もう、いい。

[サーシャの部屋に飛び込むけれど、昨日ひっかき回した姉の部屋に手がかりはなく。

裁縫道具といった愛用の品が持ち出されていることから、自らの意志で出て行ったのだろうと、昨日は無理矢理自分を納得させたのだけれど]

( 19 ) 2010/08/21(土) 16:56:51

サーシャ

[姉の部屋に閉じこもったまま、いつもサーシャのいた窓際から外を眺める。

マーシャと愛しげに呼びかけててくれる、声が、聞こえた気がした――]

姉さん、どこ…。

[いつしかそのまま夜はふけて――]

― 第一幕・了 ―

( 20 ) 2010/08/21(土) 17:02:52

サーシャ、彼女の妹が村長宅へと向かうのは今少し*後の話*

( A16 ) 2010/08/21(土) 17:06:52

イヴァン

―昨日・ミハイルの家 >>1

[ちゃっかり用意して貰ったココアの温かさに目を細めつつ、その日は暗くなるまで兄の家でのんびりとしていたが。
「食事をとったのか」と聞かれれば、返事をする前にお腹が鳴った]


兄さんは?

[照れ隠しをするように頭をかき、宿へと自分を促す姿を振り返る。答えの分かり切った問いかけを一つ]

………………。
それじゃ、行ってくるね。

[けれど、彼を無理に宿まで引っ張っていく気にはなれず。小さく手を振ってから外へと]

マフラーは借りてくよー。

[ニイと笑って、扉を閉めた。
足音は彼の家から、ゆっくり遠ざかっていく―――]

( 21 ) 2010/08/21(土) 17:17:46

イヴァン

―昨日・夜の村道―

[霧がかり暗闇に覆われた村道。けれど歩む足取りは慣れたもので、迷いは無い]

人狼、か……。

[ぼそりと呟く。ミハイルは、確かに「いる」と言っていた。そしてそれは、間違いのないことだと思う。
何故なら]

……………………。

[ふと足をとめた。
いつの間にか青年の周りを取り囲むように、動物の群れが輪をなしている。何かを訴えるように、まるで通せんぼするみたいに、動かない。無数の瞳は、青年の姿をした何かを見つめている]

森におかえり。僕は大丈夫。
人狼なんかに、やられたりはしないから。

[あくまで穏やかに告げる。その言葉に嘘は無い。
冷たい風が吹き抜けて、コートの首元に仕舞っていたマフラーが外れて靡いた]

( 22 ) 2010/08/21(土) 17:19:02

イヴァン

[やがて観念したように、青年を囲んでいた気配が還っていく。其れを何処か遠い目で見守りながら、ぼんやりと思う]


(………別の何かに、殺されてしまうかもしれないけどね)

[一度顔を伏せ、再び歩き出す]

(それでも、「あの子」は宿に居続けるのだろうから)

[やはり足取りに、迷いは無く]

(だったら僕は、彼女のそばに居たい)

[転々とした足跡は、宿へとまっすぐ伸びて行った**]

( 23 ) 2010/08/21(土) 17:19:18

ロラン

― 食堂 ―

ふぅ…。

[明け方の騒ぎ(>>11)から人心地つけば、静かにため息。
その視線の先はソファで眠るミハイルの姿(>>13)]

(どう判断したらいいのだろうな)

[聞いた話では、彼の口から供述らしい話は聞けなかったらしい。
したのはアナスタシアの遺骸の埋葬先への話ぐらいだったとか]

( 24 ) 2010/08/21(土) 18:08:32

ロラン

"居る事になった者"に対して、俺から簡単な話をしておく。

[外からの人が消え、亡骸が運び出され、宿の扉が閉ざされた後、
人が集まれば、...は予め決められていた事のように話し出す]

本当に人狼の襲撃か、それに見せかけた殺人かはわからない。

[実際は"いる"のだろう。最初から老父の様子は
ロランよりも詳しく識っているようだった]

アナスタシアがここで人狼に食べられたように殺された。
俺たちが泊まっているこの宿で。

[虚しさと莫迦らしいを意識の底に沈めながら、口を開く]

( 25 ) 2010/08/21(土) 18:11:30

ロラン

村の方ではこの宿にいた俺たちと、
第一発見者のミハイルの中に人狼がいると看做すことにした。
村の全員を人狼容疑者にする訳にはいかない、そんな判断だろう。

(元々、その為に集められたのだから――)

既に村の者は、俺達を人狼容疑をかけられた
可愛そうな被害者ではなく、
自分達まで容疑者、被害者にしかねない災厄と見ている。

[村人個人個人の内心はどうあれ、
過激で軽率で無責任な声ほど大きくなるし、
煽動する者が存在すれば当然勢いはそちらに流される]

( 26 ) 2010/08/21(土) 18:13:21

ロラン

俺たちの中から人狼を見つけるまでは、
宿の外には出られないと思ってくれていい。

無理に出たら恐らく――
宿の外に居る皆は、昨日までの村の皆とは別人となり、
その者は人狼として扱われ、命はないと覚悟してくれ。

[噂に踊らされ、人が死ぬ。疑う事で、人が死ぬ。
どこにでもある話だった。
それがこの村でも行われるだけに過ぎない]

( 27 ) 2010/08/21(土) 18:14:43

ロラン

俺たちに与えられた時間はあまりないと思ってくれ。

人狼を見つけられずに長引いた場合、
この宿ごと、火をかけることが検討されている。

[判断するのが父だけならば、今日にも火をかけていることだろう。
薪を大量に用意させていたのは、最初からその心算もあったに違いない]

人狼と共に死ぬか、
人狼を見つけて生き残りに賭けるかは、
その方法も含めて、皆で考えて決めてくれ。

( 28 ) 2010/08/21(土) 18:27:32


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

ロラン
28回 残965pt
フィグネリア
14回 残1514pt 飴飴
オリガ
0回 残2000pt 飴飴
サーシャ
34回 残567pt 飴飴
ミハイル
30回 残1172pt 飴
イライダ
18回 残1253pt 飴飴
イヴァン
40回 残232pt 飴飴
ドラガノフ
12回 残1711pt 飴飴
ナタリー
17回 残1418pt 飴飴

犠牲者 (1)

アナスタシア (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (1)

ウートラ (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■