人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ドラガノフ

―酒場―

[そこに宿の使用人のオリガがいれば
酒を持って来させたかもしれない]

( 23 ) 2010/08/18(水) 23:10:23

ドラガノフ

まだ、あれあんのか?
ウォトカに生姜を漬けた酒。

あればそれも持ってきてくれ。

まずこれでいいか。


[そう言ってウォトカを生で呑み始めた..勿論何も食べずに。]

( 24 ) 2010/08/18(水) 23:10:47

ドラガノフ

やっぱ酒はこうでなくちゃな!

腹が空いてる時が一番旨い。

( 25 ) 2010/08/18(水) 23:14:37

ドラガノフ

それにしてもすげぇ霧だな。
こう霧がかかってちゃ猟にも出られねえ・・・

・・・

と言う事は今日はここで呑んでて良いって事だな!

( 26 ) 2010/08/18(水) 23:17:37

ドラガノフ、足をストーヴの方へ投げ出した**

( A3 ) 2010/08/18(水) 23:18:28

ナタリー

 ― 井戸/早朝 ―

[吐く息がことさら白い。

 井戸の縁に手をついて。
 深い、暗い、底を覗き込む]

 ……。

[薄く、目を閉じて、呟きを落とす。
 いつもの、日課]

( 27 ) 2010/08/18(水) 23:19:16

【赤】 ナタリー

[深い、暗い、闇の底に。
 今日もひとつの誓いを落とす]

 私は。

[毎日繰り返すことが。
 毎日繰り返し続けた時間が自分の枷になるように]

 私は、今日も人を食べません。
 食べるときは――

[今日も今日とて、同じ誓いを繰り返す]

( *1 ) 2010/08/18(水) 23:23:28

ドラガノフは、アナスタシア を能力(下駄を蹴上げる)の対象に選びました。


ナタリー

 さて、行かなくちゃ。

[言って、ふと首を傾げた。
 そう言えば、昨日もそんなことを言った気がした]

 まあいいか。

[悩んだのは、ほんの数瞬。
 なんとなく宿の方角へと歩き出した]

( 28 ) 2010/08/18(水) 23:32:19

イヴァン

―宿 回想(夕方〜深夜)―

[その日の夜は、久しぶりに宿で食事をとった。窓を揺らす冷たい風が嘘みたいに、夕食の席は温かな空気が流れていたと思う。
イライダさんとも久しぶりによく話をした。頭はあまり良くないと自負しているので、難しい話は理解できなかったと思うけれど。森や湖の話が出るなら、多分、子供みたいに目を輝かせながら興味深そうに聞いていた。
ちなみに水車小屋の前にいたのを彼女に見られていたことには、まったく気づいていなかったらしい]

それじゃ、お休みなさい。

[あまり遅くなる前に、割り当てられた部屋へと向かう。
作り掛けの細工と木堀ナイフを取り出して]


――――――……よろこんで、くれるかな。

[一人、少しだけ笑って。
その日は夜が更けるまで、木を彫る小さな音が部屋に響いていた]

( 29 ) 2010/08/18(水) 23:35:33

ミハイル

―数分後―
 
えっ
 
 
[ 間。 ]
 
 
…………くし。
さむ。
 
[家に入ろうとして。]
[扉の傍に、薪が積まれているのに気がついた。]

( 30 ) 2010/08/18(水) 23:35:52

イヴァン

―宿 1日目―

ふわぁ。

[眠そうな目を擦りながら、一階へと降りてくる。
揚々と酒を飲む男の姿が一番に目にとまった]

おっちゃん、随分派手にやってるなぁ。

[豪快にストーブへ足を投げ出す姿に、ニイと笑い。
猟師の彼と、樵の父。森で生活を立てる彼らは、親交があったようだ]


僕は朝ご飯をください。……え、もうお昼だって?

[寝ぼけた顔でずれたことを言えば、訂正する誰かの声が挟まれるか。誤魔化すように頭をかくと、席に付いた]

( 31 ) 2010/08/18(水) 23:36:18

ミハイル

[しばらく、じっとそれを見つめたあと。]
[5・6本ほど持って、家の中に入る。]
[暖炉に薪を放り込むと。]
 
[ふと、思い出し。]
[ポケットに入ったままの、ぐちゃぐちゃの封を切ってみる。]
 
[ざらっと目を通し。]
[それから。]
 
 
[ライターの火を灯すと、暖炉に放り込んだ。]

( 32 ) 2010/08/18(水) 23:36:36

オリガ

―使用人部屋―

[胸の奥を、つんとした痛みが襲った。
――多分、それは、身体の調子の悪さからきたものでは、なくて。

両親を失った後のくすんだ世界の中で、唯一と言ってもいいくらいの光があったこと。
それを、久し振りに思い出したから、だろう]

[ゆっくりと給仕服に着替えると、使用人室を出る]

おはようございまーす。

[精一杯の明るい声を、その場に響かせる]

( 33 ) 2010/08/18(水) 23:41:30

イライダ

『――/――.――――。
 早朝から靄がかかっている。
 例年に比べ濃い為、そのうち濃霧になるやも。』

[研究日誌に、まずそれだけを書き込む]

 ………
 他の事は、ここに居ちゃわからないわね。

[日誌にお手製の栞を挟み、ミニデスクから離れる。
ベッドに腰掛けて、編み上げブーツの紐を締めなおした]

( 34 ) 2010/08/18(水) 23:46:24

イライダ

[下にある食堂へと降りて朝食を取った後もその場に居れば。
釣りを終えたドラガノフがやってくる。

来たと同時にオリガへと酒を注文するのを聞けば]

 ふふ
 ドラガノフさんは、相変わらずね。

[オリガと二人で顔を見合わせて、笑ったかもしれない]

( 35 ) 2010/08/18(水) 23:46:56

アナスタシア

[朝の光が射し込むよりも早く、女は定位置に着いた事だろう。]
 
 
 ふふ。よろしいですけど……
 うちの酒蔵を空にされちゃあ、嫌ですよ。
 
[ドラガノフに微笑みかけ]
 
 
 ……あ、イヴァンさん。
 
[――イヴァンの姿が見えたならば、数十枚の硬貨>>0:156を差し出し]
 
 これ、あの子からです。

( 36 ) 2010/08/18(水) 23:52:57

ナタリー

 ― 宿 ―

[宿への道すがら、掌サイズの雪だるまを作りながら。
 振り返れば無数の雪だるまが並んでいる]

 うう、冷たい。

[わずかな雪でも降れば、すぐ埋もれるだろう。
 かじかんだ手で宿の扉を開ける]

 こんにちは。

[宿を覗けば、食堂兼バーには見知った顔がいくつもあっただろうか]

 あらら、みなさん、お揃いで。

[ぱちぱちと瞬きした後、驚いた顔のまま、言う]

( 37 ) 2010/08/18(水) 23:56:38

オリガ

あさからお酒ですか?
寒いですしね。

[イライダと目を合わせて小さく笑う。
視線の先にはイヴァン。少しだけ息を呑んだ後に]

朝でも、お昼でも、
とにかくご飯をもってくればいいのね?準備するわ。

[まずは酒をドラガノフに差し出し、その呑みっぷりにいつもながら感嘆する。
その後はカウンターで軽食を用意し、イヴァンの所へと]

( 38 ) 2010/08/19(木) 00:01:02

オリガが「時間を進める」を選択しました



情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
19回 残2399pt 飴飴飴
ロラン
28回 残2057pt 飴飴
フィグネリア
22回 残2224pt 飴飴飴
オリガ
5回 残2816pt 飴飴飴
サーシャ
15回 残2568pt 飴飴飴
ミハイル
33回 残2096pt
イライダ
25回 残2118pt 飴飴飴
イヴァン
33回 残1751pt 飴飴飴
ウートラ
0回 残3000pt 飴飴飴
ドラガノフ
33回 残2176pt 飴飴飴
ナタリー
34回 残1887pt 飴飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■