人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


諜報員 シャルロット

>>392>>393
配達員さんって、いつもものすごいスピードでピューって走って行っちゃう人ですよねぇ。
あの人がそんな事言ってたんだぁ。

[『今日の魔王ニュース』が流れるチラリと見て]
この町のこういうところ、私は好きですよ。
何故かこの町にはいろんなところからヒーローや悪の組織が集まって、どちら側の人も『この町を制覇すれば、世界中を制覇したも同然』って状態になっちゃう町なんですよね。

[ティーカップを両手で包み込むように持ってミルクティーをちびちび。]
善だとか悪だとかは、私には良くわからないけど、この町の人達はみんな本気な人達ばかりなのです。
自分の信じることに真っ直ぐ向かって行くのが一番素敵だと思うのです。

[それはいつもは無邪気でノーテンキな少女が思わずポロリとこぼした本音。
背中を向けてぶつくさ文句を言うマスターには、どんな表情だったのかは見えなかっただろう。**]

( 403 ) 2010/04/17(土) 13:11:38

道具屋 真アニュエラ

−アニュエラの道具屋−

[清楚な薄桃の紙に、金箔の蔓模様。濃藤紫のペンで想いを綴る]
[が]
[不調法な客によって中断させられた]

あら、アナタ。
ポーク班長だったかしら。
見とれてないで、用件を言いなさい。あたし忙しいのよ。
え?力が欲しい?
その辺のガラクタでも、探してみればどうかしら。**

( 404 ) 2010/04/17(土) 13:13:01

≪_匿名_≫、匿名メモを貼った。 メモ

( A32 ) 2010/04/17(土) 13:13:09

魔王

―中立亭―
ここか、噂の店は

[外から眺めている者のことなど気にもかけずに、中へと入る、見知った人間もいただろうけれど、とっても今は興味がなくはいった]

店主、海洋深層水をくれ。
後はなにか手軽な食事を頼む

( 405 ) 2010/04/17(土) 13:17:40

花の子 グラジオラス

―現在・中立亭―

[かかっている看板には『喫茶まろん』と可愛らしいデザインで描かれていた。普段滅多と訪れる事がない店、一応覚えておく事にする。
カンナギがおごるからと言って勧めてくれたは良いが、グラジオラスが真っ先に飛んでいったのは席ではなく窓際に置かれている植木鉢達]

ふぅん……ここではとっても大切にしてもらっているのね。お世話をしてくれているのは、あの眼鏡のおじさまかしら?
いっそ町中の花がここに来れば良いのにね?
うふふ、冗談よ。外でしか生きられない子達だっているものね。
…やだ、私まだ誰も『壊して』ないわ?今日はそういう所に遭わないのよ。

[両手を耳にかざし、植木鉢の花達と会話を試みる。
その表情は珍しく穏やかな笑顔であったことだろう。
会話に夢中だった為、その間にドンファンが飛ばされていた事>>357は全く知らない]

( 406 ) 2010/04/17(土) 13:33:58

喫茶店マスター アンクル

>>405
[新たに入ってきた男をじろりと見て、くい、と片眉を跳ね上げる。]

貴様、ガレアスか?
それとも、今はもう、別の名を名乗っているのか?
……未だに、世界を滅ぼすだのなんだのと、世迷い言を言っておるのかね。

[言いながら、とん、と『富山湾の海洋深層水』のボトルとグラスをテーブルに置く。
ついでに、タオルと救急箱も置いた。]

いいから、その怪我をなんとかせんか。
他の客に迷惑じゃ。

( 407 ) 2010/04/17(土) 13:59:31

喫茶店マスター アンクル

>>401
[男に水を出す途中、窓の外から覗く人影に気が付く。
 くいくい、と扉を指さして、声を掛けた。]

まだ席は空いておるぞ。
遠慮せんで入って来なさい。

ただし、勇者だろうが魔王だろうが、ここでの戦闘は御法度じゃからな。

( 408 ) 2010/04/17(土) 14:02:51

プロフェッサー JJ

― 喫茶まろん ―

……面倒とはまた、薄情な言葉じゃな。
ここはそういう町かや?

[機械をいじりながら、ハムカツサンドは胃の中へと消えていった。
一息ついてからのカレーの注文に、マスターの視線>>373が刺さる]

一般人に見えるなら、そうなのじゃろ。

鍛え方じゃと?
……なるほど、そういう御主はなかなか鍛えられとるようじゃが。

なんじゃ、客の注文が通らぬ店かや、ここは。

[厨房から流れ出る音、漂う香りとマスターの格好に慄き、吹っ飛ばされる男を眺めていると、やがて出てきた鮮やかな食事が目の前に置かれた]

( 409 ) 2010/04/17(土) 14:06:29

喫茶店マスター アンクル

>>406
[花に飾られた少女が、席にも着かずに窓際に行くのを見て、目を細める。]

嬢ちゃん、花が好きなのかね。
死んだばあさんも花が好きでなあ。そうやってよく植木鉢の花を愛でていたもんじゃよ。
そりゃもう、子供のように可愛がっておってなぁ。
ワシらには子供がおらんこともあって、毎日毎日水をやっては話しかけて、やれ日当たりが悪いだの、やれ虫が付いただのと大騒ぎで……

[じいさんの昔話は、くどくどと続く。]

( 410 ) 2010/04/17(土) 14:07:14

喫茶店マスター アンクル は、16人目として参加することにしました。


魔王

ほぅ…懐かしい呼び名を聞いたかと思えばあのときの…そういえばもう一人いたはずだが、今は一人なのか、アンクルよ

我は今も昔もただの魔王、いずれまた呼び名をつけるものもいようが、ここではまだない

[『富山湾の海洋深層水』をグラスに注ぎ一口、そして遠慮せず救急箱も借り受ける]

世迷いごととは昔と変わらぬなぁ。
だが変わらぬものがあってもよかろう。

( 411 ) 2010/04/17(土) 14:13:10

プロフェッサー JJ

[ぐつぐつと煮立ち、地獄の池のような様相を呈しているカレーの容器を前に
ポケットから取り出した青と赤の薄い紙を細く切り取ると、先端を触れさせる。
紙の色の変化をつぶさに観察していたが、店に新たな客が来る>>378と]

おお、さっきの調査隊の子じゃな。

[すぺしゃる☆ストロベリーサンデーをぱくつく様子を眺めている]

( 412 ) 2010/04/17(土) 14:18:50

青薔薇の幻影

はっ……
き、気づかれてしまいました……
 
[こちらに視線を送り、扉を指差す亭主>>408
 +グー+パーなら特に危険なものは感じないが、グーかチョキなら何かを感じて逃げ出すだろう。]

( 413 ) 2010/04/17(土) 14:19:48

青薔薇の幻影

――ッッ!!
 
[亭主の顔を見るなり、ばっ、と地を蹴り、空高く舞い上がる。]
 
あの人は、危険……
カレーを頼むと、大変なことになる…… そんな予感がする……
 
その時は、きっと、世界が――――

( 414 ) 2010/04/17(土) 14:22:15

高校生 ユーイチ

……カレー?

[ぐだぐだと会話しているうちに目の前に現れた、溶岩のような物体に顔を引きつらせる。]

……前から頼んでみたかったんだけどさぁ。なんていうか……好奇心は猫を殺すっていうか……。

[ちらりとJJのカレーを見る。そちらのほうが"物凄い"色をしていたので、慌てて目を逸らした。]

まぁ、まずは喰ってみるか。うん。いただきます。

[律儀に手を合わせ、スプーンをコップの水で濡らしてご飯をすくい、カレーの器へと差し込む。覚悟を決めて口に運ぶとその味は……1(3)

1,見た目に違わず辛くて火を噴いた 2,無茶苦茶美味しくて、体力が全回復した 3,非常事態用の名前に違わず非常事態な味だった]

( 415 ) 2010/04/17(土) 14:23:42

高校生 ユーイチ、あまりの辛さに店中に響き渡るような悲鳴を上げた。「ぎゃーーー!! み、水ーーーー!!!」

( A33 ) 2010/04/17(土) 14:26:24

魔王

…お主まだこのカレーをやっていたのか。

[クックと低く笑いながら叫び声をあげる高校生に、ほれと、富山湾の海洋深層水をボトルごと渡す]

( 416 ) 2010/04/17(土) 14:27:53

プロフェッサー JJ

[補聴器の感度を上げて、マスターとシャルロットの会話に耳を傾けようとした所
唐突に劈くユーイチの悲鳴が鼓膜を突き破って]

ぎゃーーーーーー!

[飛び上がった]

( 417 ) 2010/04/17(土) 14:29:52

プロフェッサー JJ

……はふゅー、ああ、もう驚いたわ。
装置が壊れるかと思ったのじゃ。

マスター、どうしたのじゃ?

[マスターが指差していた扉から、視線を窓の外へと]

( 418 ) 2010/04/17(土) 14:35:12

魔王

噂どおり、様々なものが集まる場であるな。
なかなかにぎやかなことだ

[辛さに叫ぶ声に続くようにあがる叫び声に、低く笑いつつ、治療を終えて救急箱を差し出し]

礼を言う。

[短く告げるとしばし客として留まるだろう。
噂を聞いているからか特に騒ぐでも争うでもなく、話されたら答えれることだけは答える
ある意味客としては優等生かもしれない*魔王であった*]

( 419 ) 2010/04/17(土) 14:35:21


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (16)

中堅怪人 ポーク班長
1回 残1000pt 飴
謎の少女 メイアル
30回 残1000pt 飴
初代魔法少女 トメ子
43回 残1000pt 飴
影 メルクリス
31回 残1000pt 飴
国防神父 ギルバート
37回 残1000pt 飴
爆裂正義団 ドンファン
33回 残1000pt 飴
魔砲師 カルロ
14回 残1000pt 飴
喫茶店マスター アンクル
49回 残1000pt 飴
道具屋 真アニュエラ
22回 残1000pt 飴
青薔薇の幻影
12回 残1000pt 飴
魔王
12回 残1000pt 飴
女幹部 エルヴァイラ
6回 残1000pt 飴
プロフェッサー JJ
9回 残1000pt 飴
花の子 グラジオラス
5回 残1000pt 飴
ジャスティス急便 カンナギ
5回 残956pt 飴
諜報員 シャルロット
3回 残1000pt 飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

見物人 (3)

勤め人 アリア
12回 残1000pt 飴
浮いてる何か
11回 残1000pt 飴
高校生 ユーイチ
5回 残1000pt 飴

退去者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■