人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ロラン

聞いたか、――。

[いつしか足を止める。彼の目の前には他と変わりのない無骨な墓石。生者に語りかけるかのように、彼は話しかける]

隣村で騒がれていたあの噂、
この村にも伝播してきていたらしい。

( 3 ) 2010/08/14(土) 03:45:30

ロラン

[白い息と共に淡々とした口調。白い毛皮に隠れたその表情にも感情らしいものは窺えない]

こんな退屈な村は嫌だと旅に出たお前が、
隣村から凍った骸となって戻ってきた今頃になって、だ。

( 4 ) 2010/08/14(土) 03:50:33

ロラン

白い村が嫌いだと、緑のコートを着こなしてたお前はどう思う?
あの噂。気になるんじゃないのか?

[墓石に刻まれた名前はまだ新しく、はっきりと文字と為している]

ああ、そうか。

[暫く黙り続けた後、微かに眉を動かして言葉を続けた]

ここにはまだ、噂は届いていなかったか。

( 5 ) 2010/08/14(土) 03:55:41

ロラン

[村外れの墓地。しかも普段そう人が来る場所でもない。人の気配も、影も、言葉も、まだ何も届いていない]

出たらしい、――が。

[だから彼は報告した。墓石に伝える最初の人間になるべく。]

お前が死んだ原因の、な。**

( 6 ) 2010/08/14(土) 04:26:13

フィグネリア が参加しました。


フィグネリア

― 自宅 ―

[女は昼なお暗い部屋の中、
 ロッキングチェアーの心地好い揺らぎに身を任せている]

 ねむれ、ねむれ……
 ははのみむねに……

[その唇が囀るは子守唄。
 そっと下腹を撫ぜ、愛しげに眸を細めながら。

 キィ…っとなる椅子の調べに合わせて、
 唄を歌う]

( 7 ) 2010/08/14(土) 08:34:23

フィグネリア


 早く早く……。
 逢いに来ておくれ。

 あたいの可愛いあかちゃん……。

[腹を撫ぜる手は、優しく慈しみに富んで。
 この身体に宿る命への愛に溢れている]

( 8 ) 2010/08/14(土) 08:36:07

フィグネリア

[女は村の男と手と手を取り合い、
 この退屈な村を逃げ出したのは何時の事だったか。

 あの頃は、まだ若く。
 愛する人さえいれば、どんな所でも幸せになれると思っていた。

 そう。こんな退屈で辺鄙な村ではなく、
 刺激に富んだ喧噪姦しい街にこそ、
 幸せは有るものだとばかり]

( 9 ) 2010/08/14(土) 08:39:07

フィグネリア

[だけど、逃げ出した先で知ったのは。
 裏切りと絶望。

 ずっと一緒だと誓い合った手は、何時しか他の女へと絡められて。

 帰らぬ男を待ちながら、
 眠れる夜に枕を濡らし続けた事を知る者はいない]

( 10 ) 2010/08/14(土) 08:41:45

フィグネリア

[幾月幾年。
 帰らぬ男を待ち続けて。

 涙が枯れた頃に、女は漸く村へと帰る決意をする]

 幸せは……あの人と共に、街にこそ在るのだと思ってた。
 けれど……。

[眸を縁取る長い睫毛を震わせて]

( 11 ) 2010/08/14(土) 08:45:34

フィグネリア



 幸せは、此処に――――

[いつの間にかこの胎の中、宿っていた命。
 それを育む場所は、街ではなく生まれ育ったこの村だと。

 裏切られ、ぼろぼろになって初めて理解する]

( 12 ) 2010/08/14(土) 08:48:08

フィグネリア

[身勝手な娘だと言いながらも、
 受け入れてくれた両親の優しさに感謝しながら。

 女は産まれてくる命に逢う事だけを夢見て、
 今日もロッキングチェアーに身を揺らす]

 ねむれ、ねむれ……
 ははのみむねに……

[村に忍び寄る噂など知りもせず、
 子供の為の子守唄を口ずさみ*ながら*]

( 13 ) 2010/08/14(土) 08:51:28

フィグネリア、メモを貼った。 メモ

( A0 ) 2010/08/14(土) 09:03:16

オリガ が参加しました。


オリガ

―宿―

[窓から見える湖は、今日も凍っている。
決して溶けない湖と、決して動かない水車。いつもの光景]

そうね、いつもの光景ね。

[何も変わらないわ、と呟いてしまうのは、どこかに嫌な予感を抱え込んでしまっているせいか。その嫌な予感が、『何』とは、はっきりと言えないのだけど]

( 14 ) 2010/08/14(土) 10:14:18

オリガ

[客室の窓を開け放つ。
冷えた空気に、薄い金髪が揺れる。
ベッドを作り直すためにシーツに指をかけて、吹き込んだ風のむこうをしばし見つめていた]

……何も変わらないわ。

[もう一度呟くと、自身の職務へと埋没するべく**]

( 15 ) 2010/08/14(土) 10:18:46

ロラン、メモを貼った。 メモ

( A1 ) 2010/08/14(土) 11:51:00

サーシャ が参加しました。


サーシャ

― 自宅 ―

[弱い体に生まれつき、明日も明後日も知れぬといわれながらも生き延びたのは幸運だったのか。
両親の関心はもっぱら健康な妹へ向き、特にひどい扱いを受けたわけではないけれど、まるで自分は空気の様と自らをあざ笑う毎日。

いつしかあきらめることを覚えた女は、日がな一日2階の窓辺で過ごす。
外から聞こえてくる物音に耳を澄ませ、時には聞き覚えたうたを口ずさんで。

その手にはいつのころからかリネンの布と、まわりに広がる鮮やかな糸の色彩。
幼少期の高熱で半ば視力を失った身では図柄をしかと眺めることは出来なかったけれど、彼女にとって指先こそは眼にも等しく、ひと針ひと針丁寧に刺繍をほどこせば鮮やかな図柄が浮かぶ]

いつまで・・・。

[生き延びるのだろうとつぶやきかけ、この身を気にかけてくれる愛しい妹の姿が眼に浮かぶ。
今は昔ほど頻繁に体調を崩すわけではないけれど、夏でも氷の解けぬ極寒の地ではいつ果てるともしれず]

もう少し・・・もう少し・・・。
あの子が半身を見つけるそのときまで・・・。

[どうか生かしてくださいと、みえることのない相手にすがる様につぶやく**]

( 16 ) 2010/08/14(土) 12:57:05

ミハイル が参加しました。



情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
6回 残1000pt 飴
ロラン
38回 残1000pt 飴
フィグネリア
19回 残1000pt 飴
オリガ
14回 残1000pt 飴
サーシャ
27回 残1000pt 飴
ミハイル
33回 残1000pt 飴
イライダ
25回 残1000pt 飴
イヴァン
11回 残1000pt 飴
ウートラ
1回 残1000pt 飴
ドラガノフ
2回 残1000pt 飴
ナタリー
9回 残1000pt 飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.093 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■