人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


イヴァン、ドラガノフの傍へ寄り、その言葉>>63に耳を傾ける。

( A23 ) 2010/08/21(土) 22:27:50

ドラガノフ

村長は、多分
俺達を人狼の餌として用意したんだ。

(村長にとって)死んでも構わない人間をな。

( 65 ) 2010/08/21(土) 22:31:48

ドラガノフ

そしてその結果がどうとなろうとも

奴にとっては許容の範囲内だと言う事さ。


・・・全く、理解したいとも思わない発想だがな。

( 66 ) 2010/08/21(土) 22:32:14

ドラガノフ、「少し頭を冷やしてくる」と湖へ*

( A24 ) 2010/08/21(土) 22:35:24

ミハイル

ぃへあ
 
[寝呆けたまま。]
[頬を抓られながら。]
[相手の言葉を、耳に入れる。]
 
 
 
[死なないで。]
[ か。]
 
 
 
…………うん。
 
[生返事をかえしつつ。]
[今度こそ、完璧に]
[寝入った。]
 
**

( 67 ) 2010/08/21(土) 22:46:30

イヴァン

………………っ。

[ここに集められたのは、容疑者であり、人狼の「餌」であると。
自分にもその発想がなかったわけではない。ただ、考えないようにしていた。考えたくは無かった]

で、でも。
ロランさんは、村長の息子だよ。

家族なんだよ…!

[声を潜めながらも、必死にドラガノフへと言い募る。
家族が「死んでも構わない人間」だなんて、哀しすぎるから。否定して、欲しかった]


家族じゃ、なくても。
…死んでも構わない人間なんて、本当はいる筈がないんだ。

[今の状況においては、虚しいだけの言葉かもしれないけれど。呟きと共に溜息が落ちた]

( 68 ) 2010/08/21(土) 22:48:35

【赤】 ナタリー

[夢を、見た。
 昔の夢。

 私は父と旅をする。
 ふたりきりで、旅をする。

 本来群れで行動する人狼の父に。
 どんな理由があったのか、わからないけれど。
 父が死んだら私は一人きりになった。

 似ていても狼とは違う。
 似ていても人とは違う。

 私はひとりで旅をした]

( *8 ) 2010/08/21(土) 23:22:23

【赤】 ナタリー



 私は、ただ――
 
 

( *9 ) 2010/08/21(土) 23:23:06

イライダ

[アナスタシアの遺体が運び出されていく。
その為に来た役人が、自分を見つけて手紙を渡す]

 中央研究所から?
 ……ありがとう。

[はぁ、とため息をついてから、封を切る。
 『人狼の生態及び、発見対処法をレポ―――』
       ぐしゃり。
思わず手紙を握りつぶしたせいか、そこから先は読めない]

 人が死んで…命がけなのに、レポートなんかっ……。

[ロランが彼なりに一生懸命、村の意向を話す(>>25)。
その言葉にかき消され、自分の呟きは誰にも聞こえなかっただろう]

( 69 ) 2010/08/21(土) 23:24:03

ナタリー

 ― 宿の自室/少し前 ―

[くしゃみで、目を覚ます。
 窓際に据えた椅子に腰掛けて外を眺めたまま居眠りしてしまったらしい]

 ――え、?

[うー寒い。自分のうっかりを後悔しかけたところで。
 下階からの、悲鳴を聞いた]

( 70 ) 2010/08/21(土) 23:33:04

ナタリー

[階段を駆け下りて。
 駆けつけた先には]

 あ……

[言葉が喉に詰まった。

 部屋に散る赤の色は、そこでなにがあったのかを想像させるには十分で。

 ゆるりとさまよう視線の先。
 遺骸を覆う布が、美しかったので。
 だから滲む朱色が、余計に生々しく見えた]

( 71 ) 2010/08/21(土) 23:43:02

ナタリー

[何をしようとしたのか。
 中途半端に伸ばした指に。

 アナスタシアからあふれた朱色が移って。
 小さな悲鳴をあげかけて、口元を手で覆う]

 ――っ

[こみ上げてくる何か。
 そのまま洗面所に駆け込んだ**]

( 72 ) 2010/08/21(土) 23:49:16

妖精の呻き(村建て人)

 
  ―JUDGMENT―
 
 
 正午を告げる鐘が鳴る。
 
 運命は+表+を選んだ。
 
 
 {表ならイヴァン/裏ならオリガに投票して下さい。}
 

( #1 ) 2010/08/22(日) 00:03:35

【赤】 ナタリー

[水は貴重なのに。
 その水をざあざあと流しながら。

 口の中に入ったアナスタシアの血を吐き出そうと。
 口をすすぎ]

 ……消えない。

[血の味が。血の香りが。
 恐ろしく甘美な、とろけるような感覚は]

 ……ただの人なのに。

[いつまでもいつまでも、舌に残る]

( *10 ) 2010/08/22(日) 00:32:30

【赤】 ナタリー

[何度も手を洗って口をすすいで。
 ぐったりと床に座り込む頃。

 甘美な誘惑に抗えずに人を食べてしまうかもしれないという恐れの他に。
 ひとつの事実に気が付く]

 誰か、いる。

[自分の他に「人狼」が]

 ――ダレ……ドコ……?

[見ることのなかった「同胞」が]

( *11 ) 2010/08/22(日) 00:40:08

【赤】 ナタリー

[いる。
 確信を持つ。
 胸をよぎるのは不安よりも大きな、期待]

 ――ドコニイルノ?

[幼い頃を思い出す。
 狼の姿でも、自分と父とは「会話」ができた。
 自分はそれがとても下手だったけれど、確か、こう]

 ――キコエル?

[もしかしたら、自分のこの声を聞き取れる者がいるのかもしれないと思えば。
 囁かずには居られなかった**]

( *12 ) 2010/08/22(日) 00:51:06

ミハイル、起きた。

( A31 ) 2010/08/22(日) 01:02:30

ミハイル

[瞼を開ける。]
[そのままじっと、前方を見つめてみる。]
[それから、軽く左右を確認して。]
 
……寝る気はなかった。
 
[明らかに嘘だった。]
 
 
[寝る直前に、誰と何を話していたかすら覚えていなかったが。]
[常にやや貧血気味の体調は、元通りのようだ。]

( 73 ) 2010/08/22(日) 01:07:26

ミハイル

[直前にした会話のせいなのか。]
[それとも意識の底で、薄らと聞いた話のせいなのか。]
[思い出したことが。]
[あった。]
 
[イヴァンがまだいたなら、軽く礼を云って毛布を返し。
 立ち上がる。]
 
 
[向かう先は。]
[地下。]
 
**

( 74 ) 2010/08/22(日) 01:18:54

ロラン

― 食堂 ―

厨房を借りる。

[時計を見れば昼を過ぎていた。
朝から食べていない者もいるだろうと、
ブリヌイをフライパンで焼いていく。
望む者がいればその分もを用意する]

(あの人の使用人嫌いのせいで、こんな事まで仕込まされている訳だが…皮肉だな)

[こんな皮肉な構図に気づくのは自分のみか。
思考を遮断してしばし作業に没頭した]

( 75 ) 2010/08/22(日) 01:36:27


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

ロラン
28回 残965pt
フィグネリア
14回 残1514pt 飴飴
オリガ
0回 残2000pt 飴飴
サーシャ
34回 残567pt 飴飴
ミハイル
30回 残1172pt 飴
イライダ
18回 残1253pt 飴飴
イヴァン
40回 残232pt 飴飴
ドラガノフ
12回 残1711pt 飴飴
ナタリー
17回 残1418pt 飴飴

犠牲者 (1)

アナスタシア (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (1)

ウートラ (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■