人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


イライダ

[靄の向こう。
誰かが向かってくる気がして。

急いで薄荷煙草を消しては、宿の中へと戻る]

 はぁ……っ。

[両手を胸にあてて、目を閉じてから。
ゆるく首を振った後、深呼吸を数度]

( 82 ) 2010/08/19(木) 17:23:04

イライダ

[再び目を開けた時は、何も無かったかのように。
冷えた身体をさすりながら、食堂へと。

フィグネリア達が部屋には戻らず、暖をとっているのを見れば。
暖炉近くに行って、カーペットにぺたりと座る]

 やっぱり外は寒かったわ
 まだこんな時間だってのに、嫌になっちゃう。

[肩にかけていたストールを、膝掛けのようにしてから。
ボトルの横に伏せてあったグラスを手に取り、ウォッカを注ぐ]

 私も少し頂くわね。

[そしてカツンとグラスを鳴らした**]

( 83 ) 2010/08/19(木) 17:26:08

ドラガノフ

―回想・宿の酒場(昼頃)―

>>31
[ちらりとイヴァンを見て]

んー、だんだん親父に似てきたか・・・?

いや、そうでもないか。
まだまだ坊主だな。

( 84 ) 2010/08/19(木) 19:35:42

ドラガノフ

>>36
アナスタシア、おめぇも飲めよ。俺の奢りだ。

この酒はホント旨いな。
今年も沢山作っといてくれ。


>>38
だってよ。こう冷えちゃ堪んねぇぜ。

オリガも飲むか?


―回想了―

( 85 ) 2010/08/19(木) 19:35:59

ドラガノフ

・・・おっと。ちょっと眠っちまったみてぇだな。

( 86 ) 2010/08/19(木) 19:36:17

ドラガノフ

[まるで東洋の娘みたいに
カーペットにぺたりと座ったイライダをぼんやりとみつめた]


・・・なあ。

こんな深い霧なんて初めてだ。
なんつーか、あまり気分の良い天気じゃねぇな。


お前さんならこういうのは何でだか
解るんじゃねぇのか?**

( 87 ) 2010/08/19(木) 19:38:35

サーシャ

[水車小屋の内部をゆっくりと歩き回ったなら、入ってきたのとは別の扉を見つける]

多分、直接外に出られるのね。

[扉をあけたなら、濃霧がぶわりと身体を這う。

その湿った空気にぶるりと身をすくませる]

・・・さむい。

[急いで扉を閉めたけれど、もしもすぐ近くまで来ていたならミハイルの影が動くさまをちらと目撃したかもしれない]

( 88 ) 2010/08/19(木) 20:48:35

イライダ

 ええ…
 確かにこんなに濃いのは、珍しいわね。

[自分を見るドラガノフを、見つめ返して]

 霧や靄と云えば
 様々な伝承があるけれども

 この村の場合
 近くにある森や湖と言った要素が絡むから…

[あの本に、書いてあった事は、確かなんだったかな。
なんて、そんな事を思えば]

( 89 ) 2010/08/19(木) 20:59:49

サーシャ

[しばらくは気の向くままに宿の中の散策を続ける。

――酒倉の奥に隠された地下牢の存在には気がつかぬまま]

ここ、いつ頃から宿をやってるんでしたっけ。

[隣村出身だったか隣村に嫁いだんったんだか、アナスタシアはずっとこの村にいたわけではないと聞いた気がする。

もしかしたら勘違いだったかもしれないけれど、折を見て問いかけてみただろう、この宿の来歴を]

( 90 ) 2010/08/19(木) 21:03:20

イライダ

 ………
 あ、いえ。

[ウォッカを一口飲み、グラスを両手で抱える]

 こんな「何で」なんてのは
 書籍での知識が中心の私より
 村の人のほうが
 思い当たる節があったりするものなのよね。

[少しだけ眉尻を下げて、笑った]

( 91 ) 2010/08/19(木) 21:04:06

イヴァン、うつらうつらと、食堂隅のソファの上で居眠り中。

( A8 ) 2010/08/19(木) 21:06:22

サーシャ、食堂へと向かう。杖の音を響かせながら。

( A9 ) 2010/08/19(木) 21:10:20

イヴァン

―宿―

[夢を見ていた。少年の両親が亡くなった日の夢を。
あの日も確か今日のように、村は深い霧に覆われていた]


(まだ若いのに)(ああ、やはり)(あの家は―――…)

[一人ぼっちになってしまった寂しさに、囁く村人たちの声に、耐え切れなくなった少年は逃げるように森へと駆けだした。
行くあてなどある筈もない。けれど霧に覆われた森は、何もかもから逃避させてくれる気がして]

[だけど、そんなの幻想だった]

[視界が悪い中、ただでさえ危険な深い森。
小さな少年は、容易に道に迷い、彷徨った揚句、終いには崖から足を踏み外す]



[深い谷に落ちた少年を、助けに来てくれたのは誰だったか]

( 92 ) 2010/08/19(木) 21:21:14

イヴァン

―――――ドサリ。

[静かな暖炉の火が爆ぜる音に、大きな落下音が重なる。
寝ぼけた青年が、ソファから転げ落ちた音だ]

痛たた…。

[首を押さえながら半身を起こす]

へへ。寝相の悪さだけは、しっかり父さん譲りだよ。

[ドラガノフと目が合えば、苦笑を浮かべつつ軽口を。でも、あながち間違ってもいないかもしれない]

( 93 ) 2010/08/19(木) 21:28:00

サーシャ

[ちょうどイヴァンが転げ落ちた時間に食堂に戻ってきたようで、思わず足が止まる]

え、なぁに?

[その後に続く言葉に、イヴァンと知る]

・・・そんなに寝相悪いんですか。

[特に悪気はないつもり]

この宿、4階層なんですね。
おもったよりずっと広いわ。

[誰にともなくつぶやく、他の人々には周知だったのかもしれないけれど]

( 94 ) 2010/08/19(木) 21:38:58

ナタリー

[階段を下りてきたフィグネリアの姿に、やはりぱちぱちと瞬きして]

 フィグネリアも、ですか。

[も、呼ばれた、とも。
 も、朝寝坊さんなのか、とも。とれる呟きを漏らして]

 みんなにおんなじ用件っていうのも、なんだろうなあ。

[疑問というよりは、不安の響きで言って。
 紅茶と共に運ばれていた蜂蜜を一匙すくって、口に運ぶ]

( 95 ) 2010/08/19(木) 21:39:48

【赤】 ナタリー

[姿を現したフィグネリアと共に。
 ふわりと、なにかを嗅いだ気がした。

 ぐるりと臓腑をかき回すような。
 くらりと目を回すような。

 口に含んだ蜂蜜の香りで、なにかはすぐに消えたけれど]

( *7 ) 2010/08/19(木) 21:44:36

ロラン

― 宿・食堂 ―

[紙の束を抱えて、部屋から1Fへと降りてくる]

ん?

[落下音を耳にし、起き上がるイヴァン(>>93)を見れば、一拍間を置いてから]

別に何かあったわけではないみたいだな。

( 96 ) 2010/08/19(木) 21:45:29

イヴァン

…あっ、サーシャさん。
ごめんなさい。驚かせちゃった?

[止まった足音>>94の方へ顔を向けて、申し訳なさそうに声を零す]

僕なんてまだまださ。
精々、週に3回ベッドから転がり落ちるくらいだよ。

[無邪気に笑って見せる。十分酷い寝相であった]

4階……?
そっか。確か地下があるんだっけ。
お酒が沢山置いてあったね。

[まだ幼かったころ、「探検」と称して酒蔵へ忍び込んだことがある。
その時のメンバーには、彼女の妹もいたかもしれない。
けれど、見つけることが出来たのは其処まで。地下牢の存在は知らない]

( 97 ) 2010/08/19(木) 21:52:02

ナタリー

[居眠りしたらしいイヴァンがソファから落ちて。
 サーシャが遠慮無く言うのと。
 ロランがいつもの調子で言うのとを聞いて。
 思わず吹き出して笑った。

 みんな結構酷い、とは言わなかったけれど]

 サーシャお帰りなさい。
 3階から見える景色もけっこう良いですよ。

[彼女がどれほど見えるのか、詳しくは知らなかったから、つい、そんなことを言っていた]

( 98 ) 2010/08/19(木) 21:54:02


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
19回 残2399pt 飴飴飴
ロラン
28回 残2057pt 飴飴
フィグネリア
22回 残2224pt 飴飴飴
オリガ
5回 残2816pt 飴飴飴
サーシャ
15回 残2568pt 飴飴飴
ミハイル
33回 残2096pt
イライダ
25回 残2118pt 飴飴飴
イヴァン
33回 残1751pt 飴飴飴
ウートラ
0回 残3000pt 飴飴飴
ドラガノフ
33回 残2176pt 飴飴飴
ナタリー
34回 残1887pt 飴飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■