人狼物語(瓜科国)


499 【飛び入り歓迎】まっくら森・ふたたび【完全ランダム】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


作家 ヒグラシ は 4にんからうしろゆびさされたみたい。
麦わら フー は 1にんからうしろゆびさされたみたい。
花屋 マーブノレ は 1にんからうしろゆびさされたみたい。
アウトロー ジーマ は 1にんからうしろゆびさされたみたい。
王女 サフィラ は 1にんからうしろゆびさされたみたい。

作家 ヒグラシ は ぎわくをかけられて、なきながらどこかにいっちゃったみたい。


【赤】 パジャマ ジェリコ

ねぇおくさま、ききました?
あそこのアウトロー ジーマさんったら○○なんですって!

[...はいやがらせのうわさをながしまくった。]

2010/07/04(日) 02:00:02

アウトロー ジーマ がどこかにいっちゃったみたい。


照坊主の下駄が、どこからともなく 花屋 マーブノレ の頭に飛んできました。
からんころ〜ん♪…明日は… 彩雲 かなぁ?


のこってるのは、麦わら フー、曲芸師 テッド、花屋 マーブノレ、パジャマ ジェリコ、わがまま娘 サユラ、王女 サフィラの6にんだよ。


王女 サフィラ

[月は清か、暗い空を覆う厚い雲が
心なしか徐々に薄れてきたような気がします。

わたくしは両腕を隠すように、
そっと自らを抱きしめました]

( 0 ) 2010/07/04(日) 02:09:58

王女 サフィラ

 ……彼女も違う。

[森の囁きを聞けば、ぽつり、呟やきました。
在るべきものの無い胸元を通して伝わる、想い。

すみれ色は赤に、そして赤はいつしか黒に。
わたくしの纏うドレスは森と同じ闇の色へと変わっておりました。

それはきっとお姫様の纏う色ではなくて――]

( 1 ) 2010/07/04(日) 02:17:33

花屋 マーブノレ、意識不明の上に頭部打撲。でもなにが当たったのか意識不明中につき不明**

( A0 ) 2010/07/04(日) 02:18:22

わがまま娘 サユラ

ちょっと、貴方大丈夫!?

[話をしていたら突然、頭を抑えて倒れたマーブノレ(>>5:89)に慌てて駆け寄るが昏倒したままの彼は気を失ったままだった]

え、ええと…、え、ええい!

[強く願って、念じてみた。それは今までは苛立ちの八つ当たりだったが、今は素直に彼女の意志と共に]

ガコンッ!

[気付けにしてもあんまりと言えばあんまりだが、天から落ちた下駄は昏倒するマーブノレの額に見事命中]

( 2 ) 2010/07/04(日) 02:19:59

パジャマ ジェリコ

[『光』を探そう、そう言って3人で湖に向かった。]

ほら、ここが湖だよ。

[そう言って振り向いても、そこにはだぁれもいない。]

ジーマさん、ヒグさん?

[名前を呼んでも、その場では返ってこない。]

( 3 ) 2010/07/04(日) 02:22:38

わがまま娘 サユラ

な、なにこの下駄?
これも森のし、仕業…?

[天を見上げるが、無論下駄など他から降ってくることなどなく、ただその代わりに]

あら…


[霧から晴天、そして暗く沈んだ闇が幾らか晴れてきているように思えてきたのは、
ここにきて気分が大分晴れてきた彼女一人の錯覚だろうか。]

( 4 ) 2010/07/04(日) 02:22:49

わがまま娘 サユラ

何か、近づいている気がするわ。

[それは自分にとってどういう意味をもたらすのか。それでも今は悪くないと、少し余裕を持って待てるような気持ちになっていた]

私ってば、案外…
単純だったのね。

[それを気付く余裕がなく、気付かせてくれる場もなかっただけで]

そう言えば…

[最後の記憶。それはどこかの式場を――**]

( 5 ) 2010/07/04(日) 02:23:05

【赤】 パジャマ ジェリコ

…2名様、ごあんなーい。

[それでもまだ『扉』は開かない。]

まだ足りないの?何か間違ってる?

[戸惑う声。]

( *0 ) 2010/07/04(日) 02:25:00

王女 サフィラ

[海の泡になれなかった娘が、
赤い短剣を捨てることが出来なかった娘が、

お姫様になれなかった娘が――

魔女になるしかなかったのは、
それはとてもとても遠い昔のこと。

わたくしはあるべきものない胸元に手を当てて、
黒いドレスを身に纏い、穢れた腕で祈るのでした]

( 6 ) 2010/07/04(日) 02:27:02

わがまま娘 サユラ、メモを貼った。 メモ

( A1 ) 2010/07/04(日) 02:28:53

パジャマ ジェリコ

仕方ないなぁ。大人の人はこれだから。

[そう言って、湖のほとりでしゃがみ込む。]

どうしよう…?

[“わたし”の望みはひとつなのに。]

( 7 ) 2010/07/04(日) 02:29:10

王女 サフィラ

[その祈りは――

泡になりたくない、
といった、青い少女へむけてでしょうか。

お姫様になりたかった、
と呟いた、赤い少女へむけてでしょうか]

( 8 ) 2010/07/04(日) 02:30:05

【赤】 パジャマ ジェリコ

[ジーマの声>>+0が聞こえれば、]

うん、知ってる。…ごめんね?

( *1 ) 2010/07/04(日) 02:31:27

パジャマ ジェリコ

[空を見上げれば、雲がblack色や萱草色、
そして、薄緑色に輝いてる。]

どうして…?

( 9 ) 2010/07/04(日) 02:35:16

パジャマ ジェリコ、枕に顔を埋めて、踞っている**

( A2 ) 2010/07/04(日) 02:38:09

王女 サフィラ

[御伽噺の結末は、ハッピーエンド。
決して絵本には記されることのない悲しみの結末は、
どこへ向かうべきなのでしょう。


そして、わたくしは、
深い森の奥へとまたひとり歩みを進めたのでした**]

( 10 ) 2010/07/04(日) 02:39:16

【赤】 パジャマ ジェリコ

こんな空、はじめて見た。

[森に何が起こっているのだろう?
悪戯っ子がいたずらしてるんだろうか。
“わたし”一人じゃわからない。のに…、
どうしてわたしだけ、なんだろう?]

でも、できる限りのことをしなきゃ…。

[ジーマの声>>+2がまた聞こえて、]

うん、こっちには来ない。
でも、そっち…『檻』には他の人もいるよ。みえない?

( *2 ) 2010/07/04(日) 02:46:18

【赤】 パジャマ ジェリコ

[さっきはもんにゃりしたジーマの無頓着な様子も、
今は何故だかホッとして、口元で小さく笑みを浮かべる。

マーシャとの会話は黙って聞いていた。
>>+9ヒグラシが何か言いたげな様子が伝わってきたので、]

なぁに?[こちらから声をかけてみた。]

( *3 ) 2010/07/04(日) 03:07:33

【赤】 パジャマ ジェリコ

[ヒグラシの問い>>+15に、]

うん、そうよ。

[あっさりと答えた。]

いつ問いつめられるのかなぁって思ってたわ。

あ、でも、“わたし”は“番人”だけど、
“ジェリコ”は“ジェリコ”よ。この子もあなたと同じ迷子ね。
憑巫(よりまし)っていうの?体、借りてるのよ。

( *4 ) 2010/07/04(日) 03:31:05

【赤】 パジャマ ジェリコ

[ジーマ>>+16がヒグラシに話しているのを、
うんうんと頷きながら聞いていただろう*]

( *5 ) 2010/07/04(日) 03:33:37

曲芸師 テッド、自分が寝た場所とおきた場所違うことに気付く。

( A3 ) 2010/07/04(日) 05:11:43

麦わら フー、空を見上げるのをやめて、まっすぐ前を見た

( A4 ) 2010/07/04(日) 08:15:39

麦わら フー

[白い橋は、それは、湖の闇、森の闇とは浮いていた。それを、何かに似ていると感じる。何だっただろう…?]

―――なん、だったかな……

( 11 ) 2010/07/04(日) 08:19:19

曲芸師 テッド

[いつのまにか木の上ではなく、湖の近くの林の中に居たことに、一人で納得し]


そういうことか…いいさ、この世界の中だけなら。

( 12 ) 2010/07/04(日) 08:59:02

曲芸師 テッド、近くでジェリコが枕に顔を沈めているが、そっとしておくことにした。

( A5 ) 2010/07/04(日) 09:17:43

曲芸師 テッド

[また湖へとやって来て]
(こっちはあの赤髪のお嬢さんがいるほうだな)
[と心の中で呟き、サユラを探す]

( 13 ) 2010/07/04(日) 09:28:08

麦わら フー

[いつしか―ココではない、どこか。かつていた場所。今もいる場所。そのことを考えるようになっていた。そうしていると―…]

<目を醒ましなさい>

[そんな声が、聞こえるような気がした。]

…だって。
消えたくないの―…

( 14 ) 2010/07/04(日) 09:36:27

麦わら フー

[だから、ココでなら、消えないでいられると思ったの]

<この闇の中では、消えているのと同じこと>

[…その声は、誰のものだろうか。解らないまま、ゆっくり、ゆっくりと橋をわたりきる。橋は踏み出すたびに、踏んでいた場所が消えていく。後戻りは出来ない。立ち止まれば]

…。

[あれだけキレイだった湖が、真っ暗な墨のような色で]

歩かなきゃ、ダメってことだね…

[まっすぐ前を見て。白い橋を渡っていく。橋は―次々と消えていく。そこには誰がいるのだろうか? 誰かがいれば、首をかしげて、力なく微笑むだろうか**]

( 15 ) 2010/07/04(日) 09:36:58

わがまま娘 サユラ

あら、テッドさん。

[大事なもののように大きなカサブランカの花を胸に抱えながら、近づいてきた人影に声を掛ける。フーと共に湖に入っていった彼が違ったところからやってきた(>>13)のにも、警戒が薄かった]

(不思議。こんなに他人を警戒していないなんて)

[...は彼についてはほぼ何も知らないと言っていい。彼一人に限った事ではないのだが]

マーブノレさんが、急に倒れたまま起きないのだけれど…
どうしたらいいかしら?

[近くに転がっている下駄には言及せず、それでも起きる事も、消えることもなくいる彼に濡れタオルを乗せながら、気安く声を掛けた]

( 16 ) 2010/07/04(日) 09:45:41

わがまま娘 サユラ

(これが誰かの御伽噺であるのなら――きっと私は)

[まだ衰えゆく視力の隅で、微かに見える白い橋は溶けているのだろうか。消えていくのだろうか。]

(式場を遠く眺めていた私は――)

[きっとあの時もいつも通り、
拗ねる材料でしなかいとそれを、
酷く苛立ちながら、

ただ、

見ているだけの人だったに違いない。**]

( 17 ) 2010/07/04(日) 09:50:04

曲芸師 テッド

[サユラがなんだか変わった印象を受ける、表情が違う、そんな気がする]


気絶しているのかな?
[マーブノレに近づき、座る]

( 18 ) 2010/07/04(日) 09:52:34

曲芸師 テッド、花屋 マーブノレをペシペシ叩いた。

( A6 ) 2010/07/04(日) 09:53:27

曲芸師 テッド

[起きないマーブノレを諦め、サユラに視線を戻す]


その花達は、どうしたんだい?

( 19 ) 2010/07/04(日) 09:55:00

わがまま娘 サユラ

この人に頂きましたの。

[この森で手に入れたのではなく、彼が望んで出してきたものだと説明]

フフ、ブーケトスみたいだわ…

[少し浮かれていたのかも知れず、不用意にそんなことを口に出す。白い――だけが共通していただけのそれを]

お礼を言った後あたりから、急に…
目を覚ましてくれればいいんだけど…

[覚ます事がいいことなのか、それは今でもわからない]

( 20 ) 2010/07/04(日) 10:08:29

わがまま娘 サユラ

[未だに私がここにいる理由はわからない。
望んでいたのか、
巻き込まれたのか、

そもそも、やっぱり私という者はここにもいないのかも知れない状況は変わりない。それでも]

ここは嫌い。
けれど――

[嫌いで終わらせないでくれた、そんな事に今更ながらに気付かせてくれていたここは]

嫌いというだけじゃ、ないのよね。

[ジャラリと鳴る鎖の音すら、今は遠く]

( 21 ) 2010/07/04(日) 10:12:33

わがまま娘 サユラ、花屋 マーブノレにそう呟いて微笑んでから、傍にいたテッドを見た。**

( A7 ) 2010/07/04(日) 10:13:58

曲芸師 テッド

気絶も森の意思かな…[マーブノレに目をやり、すぐ視線を戻す]


ブーケか…、そうえばおいら、結婚式の仕事が入ってたんだよなあ…
[それが死者へ送る花だと告げずに]

(森は人を変えるのかな…、単に異常な状況のせいなのか、好き嫌いは関係なく)

( 22 ) 2010/07/04(日) 10:39:00

【赤】 パジャマ ジェリコ

メリーズ>>+18

そうよ、別になんでもわかる、なんて言ってない。
あなたが何をしようと森へ来たのかも、知らないし?

“森”が何故呼んだかも、受け入れたかも…。

( *6 ) 2010/07/04(日) 10:42:21

【赤】 パジャマ ジェリコ

ヒグラシ>>+17

そうね、たぶん帰れるんじゃないかな?
“ジェリコ”が帰りたいと願っていたら。
帰りたくない…とも思ってるみたいだけど?

[少しうんざりした声。]

“わたし”は人間を全て追い返すことができたら、それでいい。
…もしかしたら『檻』に閉じこめられないのは、人じゃないからかしら?

“魔法使い”は人?人じゃない?
まやかしの力しか使えないようだから、人、なのかしら?
[最後は完全に独り言。ちらりとごちそうを見て、肩をすくめた。]

( *7 ) 2010/07/04(日) 10:48:05

パジャマ ジェリコ

−回想?−

[誰かが近くにきた気配がした。
ピクリと身じろぎしたけれど、誰かは何も言わずに離れていった。
顔を上げ、そちらの方を振り向くと、小さくなっていくテッドの後ろ姿がみえた。
ゆっくりと立ち上がって、]

あなたは、ここで一体何をする気なの?
…の、森で…。

[小さな小さな声だったので、テッドには届かなかっただろう。]

( 23 ) 2010/07/04(日) 10:53:42

パジャマ ジェリコ

[立ち上がった時に枕を落としてしまっていたが、拾おうとせずに。
テッドがサユラへと近づいていくのを、ただじっと見つめていた。
マーブノレが倒れているのには気づかなかったかもしれない*]

( 24 ) 2010/07/04(日) 10:59:22

わがまま娘 サユラ

仕事ねぇ…

[あの日も仕事帰りだった。だからこそあの白い景色は殊更忌々しく感じていた]

(戻るときは――あの時に戻るのかしら?)

[だとすればこの白い花など、なかったことになるのか。
いやいや、記憶すらなくなっているのか。]

(ふふ、馬鹿みたい。戻れる――なんて保障もないのに)

[消えると言う事がどういう事なのかすらわからない。
そうなってみないことには。**]

( 25 ) 2010/07/04(日) 12:23:08

花屋 マーブノレ

―――――――――――――――――――――

私、カサブランカが大好きよ。
だって聖母マリア様に捧げる花でしょ?
まっ白で凛として気品があって、飾らないのに美しくて…。

(ああそうか、あれは彼女がいつも言っていた節回しだったっけ。)

教会に行くとね、聖母マリア様に天子さまが百合を差し出している絵があってね。
すっごく素敵なの!だからね、私の結婚式には百合の花を使ってね。
駄目?…あなたもお葬式みたいだって思う?

(わかったよ、君の望むとおりに。花はいつだって美しくそこにあるだけだ。どんな事に使うかは人次第なんだ。

うんと艶やかに華やかに気品あふれる花束を作ってあげるよ。俺の最高傑作だ!)

ありがとう!ああ、楽しみね。ゲホッゲホッ…。
ん、やだ大丈夫よ、ちょっと咳が出ただけよ…。

[ああそうだ、それで俺は花束を届ける為に式の朝、あの丘の上の白い教会に向かったんだ。飾り付ける為の沢山の花を積んだ車で―――]

( 26 ) 2010/07/04(日) 12:50:30

花屋 マーブノレ

…いってぇ…なんだ?眉間がいてぇ。

[頭を振って目を覚ますと、おでこをさすさす撫でながらむくりと起き上がった]

あれ、濡れタオル。

[起き上った拍子に、ぽてっと膝に落ちたタオルを拾うと]

サユラ?これ君がやってくれたの?ありがとう、優しいんだな。

[何故か眉間が痛むのが不思議だったが、そばについててくれただろう少女にお礼を言った]

( 27 ) 2010/07/04(日) 13:05:28

わがまま娘 サユラ

いいえ、どう致しまして。

[胸元に白い花束を抱きながら、起き上がった彼(>>27)に微笑んで見せた]

( 28 ) 2010/07/04(日) 13:17:00

パジャマ ジェリコ、メモを貼った。 メモ

( A8 ) 2010/07/04(日) 13:29:52

花屋 マーブノレ

[白い花が洋服のように胸元を覆っている姿に何かを思い出す。あれは…彼女の病室?]

少し、ここに来る前の事思い出したんだよ。

なんだか、君に前にもあった事があるような気がするんだよね。あの病院で…。
ううん、君って言うか君に似た人?君、看護婦さんとかお医者さんのお姉さんなんて…いる?

[混乱した記憶で誤認したのかも解らないが、一応サユラに聞いてみた]

( 29 ) 2010/07/04(日) 13:36:22

花屋 マーブノレ、メモを貼った。 メモ

( A9 ) 2010/07/04(日) 13:38:15

パジャマ ジェリコ、メモを貼った。 メモ

( A10 ) 2010/07/04(日) 13:49:49

わがまま娘 サユラ

そう…病院。

[仕事続きの毎日で、私は――を見舞う事もろくになく]

看護婦や医者に知り合いはいなかったかしら。
今、覚えている限りは、ですけどね。

[最後に行ったのはそう、あの日…**]

( 30 ) 2010/07/04(日) 14:17:56

麦わら フー、向こう岸にたどり着いた、だろうか

( A11 ) 2010/07/04(日) 14:27:35

麦わら フー

[白い、部屋の中で−…その花を望んだのは、彼女の名を冠したものだったから、だろうか]


…進むしかないんだね。


[橋は、消えた。]

( 31 ) 2010/07/04(日) 14:29:35


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (6)

麦わら フー
コミット済 4回 残868pt 飴
曲芸師 テッド
コミット済 5回 残875pt 飴
花屋 マーブノレ
コミット済 3回 残845pt 飴
パジャマ ジェリコ
コミット済 5回 残854pt 飴
わがまま娘 サユラ
コミット済 10回 残620pt 飴
王女 サフィラ
コミット済 5回 残852pt 飴

犠牲者 (4)

星読み ライザ (2d)
旅人 ルシアス (2d)
黒ずきん マーシャ=ハル (3d)
アウトロー ジーマ (6d)

処刑者 (4)

医者の卵 トレイス (3d)
家庭教師 メリーズ (4d)
牧童 クゥ (5d)
作家 ヒグラシ (6d)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■