人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


諜報員 シャルロット

[グラジオラスの「らしくない」と言う言葉には]

二人とも「正義のヒーローさん」だから、いろんなものを背負わなきゃいけなくて、大変なのかも。
あっちもこっちもって、いろんな事を考え過ぎてどっちに行けば良いのか迷ってるのかも。


私はね、グラジィちゃんに護ってもらいながら、二人が一緒にいられる場所があれば何でもいいんだ。
だから、グラジィちゃんがそばにいてくれれば、自分がやるべき事に真っ直ぐ向かって行けるんだよ。


[と、自分なりの感想を述べ、
「少し寒いが大丈夫」との言葉には]

えへへ、良かった。こうしていれば寒くないよね。

( 143 ) 2010/04/30(金) 22:21:14

爆裂正義団 ドンファン

―回想・凍りついた時の中―

[一瞬にして全てのものが凍りつく]
[あれほど激しかった振動も静かになり時が止まったようではあるが、自分とグラジオラスのみが動けるようだ]
[次元の歪みを引き起こしていた力―――次元光も止まる]

これは・・・ユーリ殿の力か?
流石は聖女殿・・・しかし、いつまでも保つわけではないだろう。
なにか対処法を探さねば・・・!



[それは偶然か、もしくは奇跡に分類されるのだろうか]
[時が凍ったその空間で、次元の歪みが固定されている―――その先に見える者達は]

( 144 ) 2010/04/30(金) 22:23:49

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
>墓下の皆様
どなたか表に発言落としてくれる方募集中!

叱咤激励、気勢を吐く等なんでも良いです。
今までの発言を墓下は全て見えていたという事のみを前提として、異次元空間で箱舟を壊そうぜ!的な流れを作りたいのです。

( *26 ) 2010/04/30(金) 22:25:45

爆裂正義団 ドンファン

[最初に見えたのは穏やかな笑みを浮かべながら立ち上がる]
[魔法のステッキを手に持つ初代魔法少女の姿]

『それじゃあここいらで大団円、くるっと解決、しちゃいましょうか?』

トメ子殿・・・!

[次に姿が見えたのは激しい喧騒の中にいながら声を出している]
[魔砲使いの少年]

『──君らに、全部掛かってるんだよ!
だから……皆、頑張れッ!』

カルロ殿も・・・!


[次元の裂け目は、既に次元の向こう側へ飛ばされた者達のいる場所へと繋がっているようで]
[次々と声が溢れ出てくる]

( 145 ) 2010/04/30(金) 22:41:22

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
発言使わせて頂いておりますっ・・・!
ありがとう、感謝!

まだまだ募集中! 墓下の声援は表に届きますぞ!

( *27 ) 2010/04/30(金) 22:43:26

諜報員 シャルロット

[カンナギが「…じゃあ。ここは、任せたから。」と告げながら、こちらにどうするかを聞いてくれば]

私は、逆にこの場を離れる理由が無いので、ここは任せられます。
こちらは私達で何とかするので、カンナギさんは、早く行ってあげて下さい。

[そして、ドンファンに]

二度手間になっちゃいますけど、おねーさんとお話しした事をもう一度聞かせてもらえますか?

[と尋ねて、二人の会話>>142の内容を把握するだろう。]

( 146 ) 2010/04/30(金) 22:49:12

爆裂正義団 ドンファン

[次々に映るジンロウ町の住民の中で一際目立つのは]
[魔法の杖を構え妖艶な姿]

『仕方が無いから……協力してあげましょうか。』

アニュエラ殿っ・・・!

『大丈夫よ。こちらには、魔王に怪人に魔法少女に科学者に……とにかくなんでもかんでも、人材がそろってるんだから!
そこの5人で額を突き合わせてるより、はるかに出来ることは多いわ。 アナタ達だけで何でも背負おうとしなくていいのよ。』

[こちらの様子を全て見ていたかのように語られ、一つの可能性に思い当たる]
[これらの声はグラジオラスにも聞こえているはずで]

グラジ殿・・・ジンロウ町の力を、信じてみませぬか?

( 147 ) 2010/04/30(金) 22:58:43

爆裂正義団 ドンファン

[映る景色には桜が咲き乱れ、立ち上る気迫に揺れる]
[渋い表情ながらも不敵な店主の姿]

『仕方あるまい。
どれ、もうひと仕事するとするかの。』

店主殿・・・かたじけないっ・・・!


[桜が揺れ散る中、静かに杯を煽り置く]
[やる気や気迫を纏わぬ、常時の姿をそのままに存在する]
[魔を統べる王の姿]

『魔が王を動かしたくば相応の道を示してみせよ』


示しましょうぞ・・・魔王殿を動かすに値する答えをっ!
見ていてくだされ・・・そして力を貸してくだされっ!!

[希望はそこに、あった]

( 148 ) 2010/04/30(金) 23:06:14

爆裂正義団 ドンファン

[神父が、影が、一般人が、科学者が、正義が、悪が、]
[全ての者達が揃っていた・・・彼等こそがジンロウ町そのもの]


グラジ殿、対処は決まりましたぞ・・・!
聞いてくださるか?

場所! 
それは次元の向こう側にある異次元空間!

破壊方法!
それはジンロウ町の者達全ての力を一点に集め吹き飛ばす!

手段!
・・・俺の持つ力を全て使って、この箱舟をあの異次元空間へと転移させましょうぞっ!


[希望を見つけたのならば、後は突き進むのみ]

―回想・終わり―

( 149 ) 2010/04/30(金) 23:11:08

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
あぁぁ、神父殿拾えなかった!!
申し訳ない!!!!

( *28 ) 2010/04/30(金) 23:11:36

花の子 グラジオラス

「正義」のヒーローは…背負うものが大きく、また多すぎる。それだけのものを愛しているからなのだろうかな。

[私は…と言い掛けて押し黙る。シャルロットの言葉にも返事はせずにただ黙って抱き締め続け、顔を上げる]

私は、花だけの世界を作ろうとしていた。
正義も悪も全て潰し…人の居ない場所をな。笑えるだろう?
それが今は虚しい事だと、知った。
お前と、多くの人々の居る世界で花達を護り、育てたい。
それが今の私の願いだ。
小さな願いだろうが、ヒーローではないのだからそこは勘弁して欲しい。

[それから、ドンファンの方へと向き直った]

( 150 ) 2010/04/30(金) 23:11:56

爆裂正義団 ドンファン

―現在―

[方針と手段とが決まった折に、カンナギがシャルロットを連れて戻ってくる。迷いの一切ない顔を向けると、襟首を掴まれ目線を合わせられる]

分かっておりまする・・・手段は、方法は決まりました。
手荒で、危険がないとは言えないですが・・・俺はジンロウ町の皆を信じております。
今はまだ思いつきませぬが・・・皆が戻るための手段も必ず確保してみせます。

だから、俺を信じてくだされ・・・頼む!

( 151 ) 2010/04/30(金) 23:19:36

諜報員 シャルロット

[グラジオラスの言葉に]

そんな事を言われたら、花達だけではなく「全て」をなくしてしまおうとしていた私はどうなっちゃうの。
今はお互いに目の前に大事な相手がいて、それぞれにこれまでとは違う願いを抱いて。
小さな願いだけど、幸せな時間がそこにあって。それでいいじゃない。

[そういって、こちらもドンファンの方を向き]

もっと大きな願いは、正義のヒーローさんが何とかしてくれますよ。
ねっ、爆裂正義団のヒーローさん!
おっきな事を成し遂げる事はヒーローさんにお任せしちゃいますよっ!

( 152 ) 2010/04/30(金) 23:23:05

爆裂正義団 ドンファン

愚者ではなく勇者に・・・

[カンナギから唐突な問いを受け唖然とするも、すぐに瞳に力を込めて返す。 そこに被せられる、ジャスティスを象徴する帽子]

約束しましょう。
俺は勇者となり英雄となり・・・この町を護ってみせますぞ!

[カンナギが背を向け立ち去る寸前に向けられた言葉は]

『じゃあね。
がんばんなよヒーロー!』


お任せあれェェェェェェェェェェェ!!!

[吼えて答える]

( 153 ) 2010/04/30(金) 23:23:59

爆裂正義団 ドンファン

[残るは、次元の向こう側へと渡った者の帰る手段]
[その場にいる二人へと、その意見を貰う]


シャル殿、グラジ殿、あの後11支部で何か良い方法は分かったのですか?
次元を渡った者達が戻れる妙案は。

このままでは箱舟を破壊できたとしても、戻れる手段がないのです・・・それではカンナギ殿との約束を果たせない!
力を、貸してくだされっ!


[自分の力だけでは何も為し得ない・・・それを今回の件だけでも痛感している。 ならば人に助けを求め、力を借りる事で為せば良いのだ。]

( 154 ) 2010/04/30(金) 23:29:00

青薔薇の幻影

 ― 記憶という名の華咲く園 ―
 
――いた、っ
 
[幼い日の記憶。
 白い指先に刺さる薔薇の棘。
 茨に滲む紅い雫。]
 
 
……ねえ、おねえちゃん。
 
薔薇にはどうしてトゲがあるか、知ってる?
 
それはね。
 
それは。
 
 
たいせつなものを、まもるため。

( 155 ) 2010/04/30(金) 23:29:23

爆裂正義団 ドンファン、メモを貼った。 メモ

( A26 ) 2010/04/30(金) 23:31:03

花の子 グラジオラス

―回想・シャルロットが戻る少し前―

…ドンファン、お前以外の誰かの声が聞こえるな。
酷く懐かしいようにも思える、皆が其処に居るのか?

[ジンロウ町の人々を信じてみないかと問われれば>>147]

いじげんとやらに居るくせに無茶ばかりしおって、たわけが。
…それならば今日は特別にたわし扱いにしてくれるわ、喜ばしい事だ。
それで、結論は?

[肝心のそこが理解しきれていない部分だった]

……すまん、もう一度。
つまり、箱舟ごといじげんに行って皆の力を借りてどうにかするのだな、そうだな?ならば問題はない。

――シャルロットはどうするの?

(出来れば、一緒に)

( 156 ) 2010/04/30(金) 23:33:57

諜報員 シャルロット

[ドンファンからの呼びかけに]

11支部からこれをいただいてきました。

[と、例の銃を差し出す。]

この装置を使えば、「向こうとこちらの正確な場所の指定が出来るのであれば帰還も可能」だそうです。

[ヒーロー協会で聞いてきた内容をドンファンにも説明する。]

( 157 ) 2010/04/30(金) 23:35:18

爆裂正義団 ドンファン

―少しだけ回想―

[次元の向こう側へ向かって大声を出す]


次元を渡り、そちら側の世界へ辿り着いたジンロウ町の者達!
必ず・・・必ずや、元の世界に戻る方法は探してみせるっ!
だがその前に・・・今一度この町のために―――世界のために力を貸してくださらぬか!?


皆の者、頼むッッッ・・・!!!



[次元の裂け目から見える大勢の人々へ向けて頭を下げる]
[旺盛な返事が、そこには返ってくるだろう]

( 158 ) 2010/04/30(金) 23:35:57


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (5)

爆裂正義団 ドンファン
コミット済 42回 残451pt 飴
青薔薇の幻影
コミット済 33回 残1006pt 飴飴
花の子 グラジオラス
コミット済 22回 残811pt 飴飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 32回 残486pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 37回 残609pt 飴

犠牲者 (6)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)
国防神父 ギルバート (6d)
道具屋 真アニュエラ (7d)

処刑者 (5)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)
魔砲師 カルロ (6d)
謎の少女 メイアル (7d)

突然死者 (0)

見物人 (1)

勤め人 アリア
15回 残1228pt 飴飴

退去者 (2)

高校生 ユーイチ (5d)
浮いてる何か (6d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■