人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


花の子 グラジオラス

―ヒーロー協会第11支部―

[出迎えに来た研究員らしい人物の後を付いて行けばやがて辿り着くのは工房。そこには一丁の拳銃の…ようなものが鈍い光を湛えて置かれていた]

…これがカールの手紙とやらにあったものなのか。
ところでカールはどうした、あいつからも直接これについて話を聞きたいのだが、何処かを飛び回っているのか?

[遠慮のない質問を飛ばしているのをシャルロットやドンファンはどう見ているだろう?でも花は気にしない]

行方不明…?これの解析中に姿を消したというのか。ふむ…それで、その後の解析は進んでいるのか?
まあ進んでいるわけがないな、この状況だと。とりあえず解っている事を伝えてもらえると有り難いのだが、如何か。

[銃の扱いに困っている様子の先方に素晴らしいまでの上から目線の態度で臨む花は、結局交渉にいろはについて何も考えてはいなかった]

( 110 ) 2010/04/28(水) 02:37:42

ジャスティス急便 カンナギ

…こんなとこ…かな?

[ざしぁっ]
[甲板を駆け巡っていた自転車が、不意に止まる]
[あるものは撥ね飛ばされ、あるものは轢き倒され、あるものは自転車の後部座席から吹きすさぶ力持つ吹雪に凍りつかされて。甲板からはじき出されたものもいただろう。甲板の上にいた勢力は、およそそのすべてが沈黙していた]

にしてもホント…、お役所仕事っていうか…

[いや、彼らも彼らなりの恐怖や歓心への欲で向かってきていたのだろうから、その言い方には語弊があるけれど。
―――鬼気迫る盲信には程遠い]

うん。これなら。

[怖くない。否、メイアルの実力を思えば、怖くないというのは嘘になる。いつかみたいに、ユーリを目の前で散らされるかと思うと、想像しただけでもぞっとする。けれど]

( 111 ) 2010/04/28(水) 02:41:29

ジャスティス急便 カンナギ

(こんな舟なら)

[異端に牙剥く盲信者もいない。祀り上げられた聖女もいない。動かしているのは、世界なんかじゃなく、ただ膨大な魔力と科学の力があるだけ。
予言の言葉だけをただなぞる、こんな舟なら、怖くない。
だから]

だいじょうぶだからね。ゆー。

[背中に感じる暖かさに、声をかけて。こんなまがい物の箱舟を、さっさと止めてしまおうと。中へと踏み込もうと、ペダルに力が加わりかかり]

…早くしないと、先に行っちゃうよ? あにゅー。

[ふと足を止め。繋ぎとめられた船のその下にいるだろう彼女へ。声をかけて。そしてジャス天号は、箱舟の内部へと、侵入した]

( 112 ) 2010/04/28(水) 02:41:42

【赤】 爆裂正義団 ドンファン

/*
明日でしょうなぁ、それ以前にコピペ描く喉があるかどうか・・・
赤で描く描写あれば好き勝手やるのだけど・・・生憎と雑談用のここで真面目に語ることがないw

なぜか墓勢のがロールを回しているという不思議っぷり。

( *16 ) 2010/04/28(水) 02:47:00

諜報員 シャルロット

― ???? ―


えー、   なんているわけないよ


そんなのいたほうがじゃまだよ


だってさ けっきょく じぶん しか たよりに ならないんだよ。

( 113 ) 2010/04/28(水) 02:50:37

花の子 グラジオラス

[先方から伝えられたものは、カルロが銃の分解を行った後に居なくなったとの事。
また、銃そのものもそうだがどちらかと言うと銃弾の方が異次元テクノロジィに大きく関わっているのでは、という見解だった]

で?

[それだけか?と言いたそうなグラジオラスの促し]

ヒーロー協会という大きな組織に於いて、まさかそれだけしか解っていないというわけではあるまい。
私達は全てを聞き、げkk…じゃなくてアニュエラに伝えねばならんので出来る限りの情報の開示を求める。

[情報の開示を小出しにしているのは、正式なヒーローではないグラジオラスを信用出来ないからだろう。それは当然の事と思いながらも、そこでアニュエラの名前を出せば少しずつではあるが伝えられる話]

…不完全?というのはどういう事だ。
この銃が欠陥品とかそういうものなのか?

[この銃にはまだ何か付属するものがあるらしい。それも、異次元に通ずる何かを完全な形に留めるものとこれまた曖昧な返答]

よく解らん。

[一蹴される返答]

( 114 ) 2010/04/28(水) 02:54:03

青薔薇の幻影

―回想・アニュエラの店―
 
[なにやら取り付けられたジャス天号の後部座席。>>63 乗ってみて、と促されれば、言われたとおり(ただし横向きに)座ってみて。
 それから、アニュエラの鐘>>68をカンナギ伝いに受け取って。>>70
 
 その場で振ってみようとしたら、アニュエラににらまれたりしたかもしれない。]
 
はい。
 
[内ポケットのなか、鯖味噌サンドの隣に詰め込んだ。]
 
 
……はい?
うん、大丈夫。
 
[電話を終えたカンナギ>>80に、1回、撫でてもらうと、少し照れたように微笑んで。]
 
はい!
 
[どーん、と。フライング・バイシクル。]

( 115 ) 2010/04/28(水) 02:54:32

諜報員 シャルロット

―ヒーロー協会第11支部―

………。

[「カルロが行方不明。」手紙が届いた時期やその他状況から察するに、直近の歪み反応がそうだったのだろう。
しかし、この場で迂闊な発言をすることは避けたい。出来るだけ黙って見守っておこう。]

( 116 ) 2010/04/28(水) 03:00:53

花の子 グラジオラス

[異次元と一口に言っても、どこどこに現れるという定義は何処にもない。それを指定・転送・そして帰還させる事が可能になる『絶対的な場所を創り出すもの』がその付属される物ではないかとされている]

???

[いよいよに意味が解らなくなってきたグラジオラス。先方は更に付け加える。
「誰にも干渉されない自分だけの世界を創り出す事」だと先に置き。
この世界に生きている以上、何処に居ても必ず他人から干渉されるわけで…例えばトイレの個室に居てもノックされる、自分だけの家に住んでいてもインターホンで呼ばれるとかそんな「他から自分への呼びかけ」のようなもの。それらを断ち切る事はこの世界、この次元に居る以上不可能。それを完全に遮断し、本当の意味で自分の絶対的な場所を創り出せるものがそうだという。そしてそれは何者かによって開発されてもいるとの事]

(あれがそうなんだろうか?)

よく解ったような解らないような気分だが。
その銃は今後どうするつもりだ?解析出来る人間がおらんのでは進まないだろう。
で、こちら側で解析が出来ると言えばどうする?

[おそらく話の10分の1も理解は出来ていないだろうが、その銃を持ち帰る事を優先する]

( 117 ) 2010/04/28(水) 03:04:58

諜報員 シャルロット

[>>114「付属するもの」に心当たりはある。きっとアレに違いない。
変装が見抜かれていなければ、“ルピナス”としてその存在をにおわせるが、隣には“シャルロット”である事を見抜いたドンファンがいる。
危険を承知でアレの事を切り出すべきか、それとも大きすぎるリスクを懸念して黙っておくべきか。]

う〜ん……

[迷っているうちに、うなり声が出てしまっただろうか]

( 118 ) 2010/04/28(水) 03:07:49

爆裂正義団 ドンファン

>>114グラジオラスが研究員らしき男から説明を受けている様子を黙って見ている。 話が進むにつれ理解が追いつく]
[花の子を背後から軽く押し退ける。その表情は険しい]


要するに「異次元てくのろG」というやつは、次元に干渉する力を人為的に作成したモノ・・・という事か?
戯け者がっ・・・アレは人の手には余るものであるぞ!!


となると、カルロ殿は次元の向こう側に飛ばされてしまった可能性が高いな・・・自力での帰還はおそらくできぬだろう・・・
何故そのような事を・・・!!

[魔砲使いの少年の姿を思い出して悔いる]

( 119 ) 2010/04/28(水) 03:09:58

諜報員 シャルロット

[うんうん唸りながら聞いていたが、研究員の説明とドンファンの言葉の間で、一点違和感を感じた点があり、その疑問を投げかけてみた。]

えっと、「それを指定・転送・そして帰還させる事が可能になる『絶対的な場所を創り出すもの』がその付属される物」(>>114)と言う事は、
その足りない付属品さえあれば、これまでに消えた方――例えばカルロさんを帰還させることも可能、ということなのでしょうか?

( 120 ) 2010/04/28(水) 03:17:29

諜報員 シャルロット花の子 グラジオラスが「???」になっている事に気付いて自ら質問してみた。

( A8 ) 2010/04/28(水) 03:20:27 飴

道具屋 真アニュエラ、メモを貼った。 メモ

( A9 ) 2010/04/28(水) 03:23:59

花の子 グラジオラス

[どうしたものかと考えている所に、背中に軽い力が加わり横へと押し退けられた。話の途中だと抗議しようとしたが、その険しい表情に一瞬、黙る]

…?
(人の手には余るものがあるって、こいつは何か知っているのか)

[研究員はそれからシャルロットの質問に
「向こうとこちらの正確な場所の指定が出来るのであれば帰還も可能ではないかと考えている」との返答があるだろう**]

( 121 ) 2010/04/28(水) 03:25:55

道具屋 真アニュエラ

─市街地跡・箱舟直下─

[ドゴン!ドゴン!]
[鈍い音を立てて、下から跳ね上がった杭が、箱舟に突き刺さる。さすがに音速は突破していないが、並みのモブヒーローに、カンナギみたいな真似は無理なのです]
[杭には、ロープがつながれており、最初の魔法の鉤爪を含めて、5本のロープが、地上と箱舟をつないだ]

『行きたきゃ勝手に行け!俺達の町から出て行け!』
『あの人を帰して!こんなに近くに居て、連絡が取れないのはどういうことなの?!』
『俺は見たぞ!あの中継の女こそ、魔物を呼んで、町を破壊していた張本人じゃないか!』

[巻き上がる叫び声。力なき者たちの、力のこもった声]
[その声に後押しされて、ヒーローや怪人がロープを登る]
[飛べる者たちは、自力で空の船へ押し寄せる]

[箱舟の魔物は、まだ下されない攻撃命令に、手をこまねいている]
[侵入されれば撃退は出来るが、それまでの最も無防備な姿を晒しているヒーローたちを攻撃することができない]

( 122 ) 2010/04/28(水) 03:31:52

青薔薇の幻影

―回想・飛空挺―
 
はい!
 
 凍れる息吹の障壁《プロテクト・オブ・ブリザード》ッッ!!
 
[後部座席に立ち、凍れる障壁を張り巡らせる。>>96
 15が30以下ならその必要はあまりなかったようだが。]
 
[その後、カンナギの爪が48(99)、ユーリの凍気が90(99)、計887(999)ほど蹴散らし。]
 
 
うん。
だいじょうぶ。
 
[紛い物の箱舟。
 否、たとえそれが本物だったとしても。]
 
[予言は。]

( 123 ) 2010/04/28(水) 03:32:32

道具屋 真アニュエラ

[突撃部隊のヒーローや怪人たちには、パラシュートを持たせてある。滞留時間は短くし、『磁石岩』を箱舟にくっつけたら、出来るだけすぐに離れろと言ってある]
[ロープと、磁石岩と。両方に引っ張られて]
[箱舟はゆっくりと、地面に近づいて行く]

中途半端に、正義以上の正義を名乗った。
それがこの結果よ。
無様ね。

[かつての悪以上の悪は、無表情でそう言って]
[ガラスの龍に乗ると、空へと舞い上がった]
[目指すはヒーロー協会、第11支部]

[目的の人物を見つければ、高飛車な声で叫んだ]
ドン君!乗りなさい!

[他にも一緒に行くという者があれば、乗せてゆくだろう]

( 124 ) 2010/04/28(水) 03:42:00

爆裂正義団 ドンファン、メモを貼った。 メモ

( A10 ) 2010/04/28(水) 03:53:17

道具屋 真アニュエラ、冷静を装っているが、本心は、メイア犯人を知って以来ずっと、煮えたぎっている**

( A11 ) 2010/04/28(水) 03:53:49


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (7)

謎の少女 メイアル
コミット済 40回 残523pt
爆裂正義団 ドンファン
コミット済 35回 残389pt
道具屋 真アニュエラ
コミット済 44回 残413pt
青薔薇の幻影
コミット済 29回 残948pt
花の子 グラジオラス
コミット済 28回 残574pt
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 48回 残400pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 32回 残578pt

犠牲者 (5)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)
国防神父 ギルバート (6d)

処刑者 (4)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)
魔砲師 カルロ (6d)

突然死者 (0)

見物人 (1)

勤め人 アリア
0回 残2000pt 飴飴

退去者 (2)

高校生 ユーイチ (5d)
浮いてる何か (6d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■