人狼物語(瓜科国)


459 【推理可能】ボーカロイド候補生養成村【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


猫音 シャト

――メインスタジオ――

[昨日どうなったのかと思いメインスタジオに入ろうとすると、バクが高笑いをしていた>>110。その言葉からXIが機能停止したことを悟り、痛むはずの無い胸が痛んだ]

焔音殿、お主そんな冗談を言う奴とは思わなかったぞ。
冗談はもっと笑えるものにするべきじゃ。

[メインスタジオから出ていくバクにそんな言葉を投げかけた]

…まあ、妾が言えることではないが。
さい殿の才能に嫉妬しなかったと言えば嘘になるからのう。

[「XI自身の本当の唄声が聞きたい」そう思って、昨日機能停止のメールを送ったのは真実。だが、心の隅にあった嫉妬を隠さずに告げる]

( 117 ) 2010/04/05(月) 13:22:20

猫音 シャト

[メインスタジオの中にいる人に挨拶して、ルラに一つ疑問になっている事を質問してみた]

そういや、護音殿。
お主が昨日本部に意見を纏めて送ったが、その内訳くらい聞いていいじゃろう。誰が何票入っておったのじゃ?

[返事を待つついでに昨日どうなったのか張り紙を確認しようとして。その内容に驚愕して思わずXIIIを見た**]

( 118 ) 2010/04/05(月) 13:22:43

護音 ルラ

[シャトに尋ねられれば、昨日のメールを起動し、筆談で]

『サイちゃんが、4票。
ベルちゃんが、2票。
1票の方が数名、
他は、私に任せると仰った方と、時間がなかったのかメールを送れなかった方のようです。』

[本部へと送る前のメールの内容で告げる]

(確かに、私がサイちゃんを…機能停止させたも同然なのかな。)

[多かった委任票全ては自分の意見と同じとなっているのだ。ライバルを蹴落とした、と思われても仕方が無いのかもしれない。
そう思うと、自嘲的な笑みが零れた]

( 119 ) 2010/04/05(月) 13:39:10

GAI

―回想―

[スヤの部屋を出て、メインスタジオに向かう。
考えながら歩いていたからか、中庭の様子には気がつかないまま、メインスタジオに到着した。

中を覗き込んでみると、ストがボードに書き込みをしているのが目に入った>>41]

…そうか…
[メモリの中のサイの顔を思い出す]

そういえば、あいつの歌、ろくに聴いた事なかったな。
一度くらい、聞いておくんだった…
[ぽつり呟いて、彼女の記憶を再びメモリの奥に押しやった。
再びボードを見る。そこには、謎の怪文書と、「狩人」の欄に書き込まれたソヨの名前]

( 120 ) 2010/04/05(月) 13:44:14

GAI

「狩人」か…使えるか?
[そんな事を考えていれば、スヤがスタジオにやってくるのが見えた。顔をあわせられなくて、慌ててその場を離れた。

結局その後は、自室に戻ってさっさとスリープモードに移行した。
サイの顔、『狩人』、スパイに欠陥品、オーディション…スヤの笑顔…
色々な事でCPUへの負担が高い。休んでいれば、何も考えずに*すむだろう*]

( 121 ) 2010/04/05(月) 13:44:31

護音 ルラ

[その感情と表情を隠そうと、メインスタジオから出ると、誰にも合わない場所を目指し、ふらふらと歩き出す]

(…サイちゃんは、本部の機能停止。
それなら、データが本部に一時転送されているはず。
戻れるの。
得体の知れない人狼のハッキングとは違うの。
私は悪くない。
護る。
私はベルちゃんを護るの。そのためなら…)

[ぎゅっと両手を握りこむ。
今更に襲ってきた重圧に押しつぶされそうで――**]

( 122 ) 2010/04/05(月) 13:46:38

【赤】 焔音 バク

[特殊回線に平坦な声が響く]

聞こえていルか?
今現在、ソヨに対して遠隔でハッキングを行っている。
しかし想像以上にガードが硬い。
狩人と言うのは肉体的にだけデなく、思考を司る部分も非常に堅牢なのかも知れない。
遠隔ハッキングでは限界がある。
接近して強引にハッキングを行う必要がアる。
しかし他の連中にその姿ヲ見られるわけには行かない。
サーティ、もしまだお前が俺を裏切っていないと言うならば、他の連中の注意を引きつけておいて欲しい。
その隙に俺はソヨに近づき、近接でのハッキングを敢行すル。

( *10 ) 2010/04/05(月) 14:20:23

妖音 ベル

>>115
TO:ルラさん
SUB:Re:
ルラさん、ありがとう。...。
ルラさんこそ、気をつけてね。
あたしは大丈夫、安心して。....。
[EOF]

( 123 ) 2010/04/05(月) 14:55:02

XIII

―回想―

[自分が人狼だという告白を終えた後、やはり皆の反応はそれぞれ困惑したものであった。 特に懐いていてくれていたショウが傍らに来る]

『サーティお兄さんは絶対に違うんだって・・・だって優しいんだもん・・・違う・・・違うよ・・・』

ごめんね・・・ごめんね、ショウ君・・・僕、壊れちゃってるから・・・本当は欠陥品だから・・・でも、ありがとう・・・キミの優しさのおかげで、僕は狂わずにいられるのかもしれない。

[悲しそうな顔をショウに向けて何度も謝る。 しかしそれでも顔を背ける事はしない、自分に言い訳をしないと決めたのだから]

ねぇショウ君、聞いてくれるかな・・・?

僕ね、ヨルさんに力を使った時―――彼女の優しさまで一緒に貰った気がするんだ。 ヨルさんは悩んでいた、自分の思想と存在の食い違いに・・・いつかその食い違いから彼女自身が破綻してしまうという事に。
でも、そんな状況にあって他の人を心配する優しさを持っている強い人だったんだよね・・・僕もそう、ありたい。

だからね、僕は綺麗で優しい"感情"を持ったキミを護りたい。

[涙に濡れ慣れた赤の青のオッドアイが少年へと注がれた]

( 124 ) 2010/04/05(月) 14:55:16

【赤】 XIII

>>*9 攻撃的で暴力的なノイズが脳内を襲う]

僕ッ・・・は正気のつもりだよ。
皆を傷つけたくない、そう思うのはおかしいのかな・・・?
たとえ僕が停止させられたとしても、ヨルさんの時のように・・・また悲しい思いはしたくない。 誰にもさせたくない。

[ノイズなどには負けはしない、自らを襲う狂気にだって負けはしない。 自分が負けてしまったら、同じ傷を抱えている友までがいなくなってしまうから]

バク君、キミは僕達が持つ能力に影響されすぎているんだよ。
このままじゃ本当に狂ってしまう事・・・それが・・・分からないの・・・? 僕はもう誰も失いたくない、それはキミも含まれているんだ!

キミの、本当の目標を思い出して!

( *11 ) 2010/04/05(月) 15:04:55

XIII

―回想―

[傍らには深く俯いたまま、着物をしっかりと掴んで離れないショウがいる。 その存在をありがたく思いながらぼんやりと唄っていると、スタジオ内にバクがやってくる]

(・・・そうだ、呆けている場合じゃない)

[唄うのを止め、バクの顔をしっかりと見据えたまま『人狼』としての能力を開放する]


『アクセス―――通信回路オン―――コード:人狼』


[直後、激しいノイズにオッドアイが揺れる]

( 125 ) 2010/04/05(月) 15:12:24

【赤】 XIII

(ぐっ・・・またあの透き通った・・・ノイズ)

[バクに対して声が届いていないのか、返ってきた声は平坦な感情を感じさせないモノだった。 ソレに負けないように感情を安定させる]

キミの提案には乗れない。
なぜなら、キミの目標は既に達成されていると僕は考えるから。
声を手に入れた、唄を手に入れた。 それはカリョさんのモノで仮初の力だとしても、キミはもう唄えるんだ。
爆音で叫ぶだけじゃない、その爆音は唄を紡ぐ事ができるんだよ?

もしキミが、ソヨさんを攻撃すると言うのならば。
僕はそれを阻止させてもらうよ。 
キミが攻撃に特化した能力を持つ『人狼』なのだとしたら、僕は情報操作に特化した能力を持つ『人狼』・・・僕の力が及ぶ限り、キミを狂気になど渡しはしない。

[凛とした声はバクに届くだろうか]

( *12 ) 2010/04/05(月) 15:23:18

XIII

―現在・個人レッスンブース前廊下―

[メインスタジオでのやり取りを見届け、出る前にもう一度今出ている情報を確かめた。 そして考える]

(僕は『人狼』を把握しているから情報量が多いけど、なんでサイに投票が集まったんだろう・・・? 普通に考えれば、ここはオーディションを控えたライバル達が集まる場―――投票は即ちライバルを蹴落とす手段とも捉えられる・・・サイは皆の中で異質なほどに高性能だから、それが理由・・・?)

(でもそれだと一つおかしな点がある。

それは、僕という存在。

僕はサイの後継機として発表されている。
なぜ僕ではなくサイなのか・・・『人狼』ですらないのに・・・あれ・・・?)

[一つの違和感、それは『人狼』である自分には抱く事が難しかったモノ。 異質なモノは自分達だけではなかったという点]

(ぁ・・・他社のスパイ・・・『蝙蝠』
サイは何かしら怪しい動きを見せていた・・・? そうだ、僕達にはハッキングという脅威があるけど・・・同じように『蝙蝠』が何かを企んでいる可能性だってある)

[増えた問題点に頭を抱えながら、ブース内へと立ち入る。 そこにはベルがいただろうか]

( 126 ) 2010/04/05(月) 15:42:41

【赤】 焔音 バク

[平坦な声が特殊回線にこだまする]
    分かっタヨ
           俺だケでも
 ソヨを……
          誰にも もう

   トメラレナイ!

( *13 ) 2010/04/05(月) 15:53:42

焔音 バク

―中庭・桜の木の下―

[携帯端末をポチポチと弄くりながら]

んー調子が悪いゼ。
うまくメールが送れねー。

[さきほどからルラとスヤへメールを送信しようとしているのだが携帯端末のせいか、それとも館内全域にジャミングが走っているのか、エラーが帰ってきてしまう。やがてリトライすること10回]

やっと送れたか。

[...は安堵の息を漏らした]

( 127 ) 2010/04/05(月) 16:33:47

焔音 バク

From:焔音 バク
To:護音 ルラ <<転音 ソヨ>>
Text:
今日の投票先はサーティにしたい。
あいつは良い奴だ。それはわかっている。
だが、人狼を残しておくことは危険だ。
いつ暴走するかわかったもんじゃないからな。

[...は他の誰かにこのメールが送られたことに気付いていない]

( 128 ) 2010/04/05(月) 16:35:21

焔音 バク

From:焔音 バク
To:休音 スヤ <<猫音 シャト>>
今日の占い先の希望はショウだ。
あいつが人狼や蝙蝠だとは思えない。
しかし少しでも疑われるような状態は苦痛だと思うんだ。
あいつをその苦痛から解き放ってやって欲しい。

[...はやはり他の誰かにこのメールが送られたことに気付いていない]

( 129 ) 2010/04/05(月) 16:36:17

妖音 ベル

>>126
[サーティが遠慮がちに個人ブースに入ってくれば]

ねぇ、何から唄う?

[と、聞くだろう]

( 130 ) 2010/04/05(月) 16:59:01

焔音 バク

―引き続き、中庭・桜の木の下―

さて、後は……と。

[ポチポチと携帯端末を操作しながら、やはりリトライを何度も繰り返してメールを送信する]

From:焔音バク
To:転音ソヨ <<妖音 ベル>>
Text:
ソヨ、この騒動について非常に大事な話がある。夜、日が暮れきった頃合に、一人で生活棟の屋上に来てくれないか?

[...は他の誰かにこのメールが送られたことを気付いていない]

( 131 ) 2010/04/05(月) 17:09:50

XIII

―個人ブース―

『ねぇ、何から唄う?』

[ブース内へ静かに入るとベルが声をかけてきた]

僕は・・・唄えませんから。
唄える声はヨルさんのものです・・・今はやめましょう。

それで、ご用件はなんですか?

[単刀直入に聞き返す]

( 132 ) 2010/04/05(月) 17:58:14


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

器音 スト
16回 残916pt 飴
転音 ソヨ
42回 残172pt 飴
猫音 シャト
18回 残733pt
独音 リヒト
32回 残196pt
焔音 バク
26回 残326pt 飴
護音 ルラ
31回 残371pt 飴
逢音 ショウ
27回 残356pt 飴
休音 スヤ
20回 残538pt 飴
妖音 ベル
48回 残195pt
XIII
31回 残372pt
GAI
9回 残1129pt 飴

犠牲者 (2)

鳥音 カリョ (2d)
雪音 ヨル (3d)

処刑者 (1)

XI (3d)

突然死者 (0)

やじうま (0)

墓参り (5)

朱音 ノソラ (1d)
エn音 ハツ (1d)
本社社員 アキラ (1d)
本社社員 ウシナ (1d)
見習い ゆっくり (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.14 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■