人狼物語(瓜科国)


1881 【恋愛村:神楼学園高等学校13】R15


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


天真らん漫 誠一郎、ななめ、惜しかった。

( A144 ) 2018/10/09(火) 22:22:35

バレーボール部 富士山リサ

>>239

 そんなに力入れてないもん!

 [って言っても、すぐに口を塞がれてしまいました。

 よく、漫画(愛里ちゃん所蔵)で、蕩けるなんていう表現がありましたけど、実際、体験してみると、その気持ちがよく分かります。
 とろけるですよ、本当に]

 誠一郎も紅い!

 [せめて、唇を離した時に、精一杯の反撃。
 でも、またすぐに口づけるのです]

( 240 ) 2018/10/09(火) 22:29:26

天真らん漫 誠一郎

>>240
[キスの合間、は、と息をつく]

ぽーっとしやがって。 どこ見てんだよ。

[頬をひと撫でして、手を腰に回す。いつもの、上着の間]

なんて。 今くらい、オレだけだよな?

[額、瞼、頬とキスを下ろして行く。ちょっと困ったような、照れくさい顔で]

オレもお前だけ。

[唇、啄むのをやめて深くキスを]

( 241 ) 2018/10/09(火) 22:37:18

青春謳歌 一井夏樹、此れだと2点、かな?

( A145 ) 2018/10/09(火) 22:44:02

バレーボール部 富士山リサ

>>241

 ここに他の人がいても、誠一郎のことしか見えないよ。
 ううん、見ないと思う。

 [腰に手が回ると、ゾクっとする感触]

 うん、そうだよ。誠一郎もリサのことだけ見て。

 [誠一郎のキスが顔中を這うのを目を閉じて受けます。唇に彼の唇を受けると、自然に舌がその中に吸われていくのを感じるのです]

 ん...。

 [自然に、上半身が倒れて、ベッドにしなだれる体勢に]

( 242 ) 2018/10/09(火) 22:45:22

Mr.BIG 藤井一鷹

[ 林間学校で共に滑って涙目になって以降、こういう系は幾度もあって。
 そのたびに心ゆくまで楽しむ夏樹の輝きに惹かれる一方、内緒話ばかり増える自分。
 それに不満はないからこそこうしてこういうプランを立てて来ているのだが― ]

 
 ……あ。


[ お互い、意固地なところがあるものだから。
 自分の絶叫系もそうだし、夏樹の青汁もそうだし――涙目で踏ん張ろうとしているのを見てもあえて何もしないでやってきて。
 意地を通そうとするのに手を出しちゃいけないとか思ってて。

 ――それが、初めてエールをもらったような。

 手の甲に頬をする仕草と、その表情と。
 がんばれと囁いてくれた声と、口付け1つ。
 おまじないと照れて先にロープに掴まる人――そこまでしてくれた人と一緒に空を舞うのに、何を恐れる必要があるのだと、耐えられないものなどあるわけないと。 ]

( 243 ) 2018/10/09(火) 22:47:54

Mr.BIG 藤井一鷹

 

 夏樹、ありがとう
 ゅ……


[ 前を見据えながら、自分の手の甲に唇を合わせながら歩き出し、ロープに手をかけた。 ]

( 244 ) 2018/10/09(火) 22:48:35

Mr.BIG 藤井一鷹



[ 右腕で巻きつけるようにロープを握り、もう片腕は――夏樹を抱き寄せて。
 ターザンってこうだよね?と笑って、スカートがはためかないように2人の体の間に裾を巻き込んで。
 スタートすれば、声高らかに空を駆けよう―― ]

 
  あ゛〜あ゛あ゛あ゛〜〜〜


[ それでも夏樹の声に合わせて絶叫は出てしまうのだが――ただしがみついていた従来と比べたらおまじないの効果は充分に出たようだ。* ]

( 245 ) 2018/10/09(火) 22:48:47

青春謳歌 一井夏樹

[君と共に居ることで、増える内緒事
その際の涙目の可愛い君を心のアルバムに保存して
時には思い返して笑みが零れることも増えた

けど、やっぱり]


 ……ん、頑張って。


[君が前を見据える姿が
小さな背なのに、何よりも大きく見える
そんな瞬間がボクは、一番好きだ

代わってあげたい、と思っても
それは君のビッグにはつながらない気がする
共に隣で立って、乗り越えていくのが
きっとボクらの互いへの信頼と情愛なのだろうと思う]

( 246 ) 2018/10/09(火) 22:56:31

青春謳歌 一井夏樹

[とはいえ、本気で苦手とかダメな時は
きっと何があっても駆けつけるのだろうけれど、ね]


 ――ああーあー ははは、たのしい!


[君に腰を抱かれながら、共に舞う空
顔にあたる冷たい風に真っ赤な林檎の様に頬が熟れる

渡り切ったときには、君にギューッと抱き着いて
暫くはそのまま。君が絶叫から回復するまでは*]

( 247 ) 2018/10/09(火) 22:56:45

勇往邁進 藤野風音


 『もう着く!』

[スケッチブックはまだ抱えたまま、小包はカバンへと。
コン、コンと自分の階段を上る音さえ小気味いい。]

 やっほ、ユウ君。雲が綺麗だね。

[そう言って、キミのすぐ隣まで行こうかな。]

 最近はどんな絵を描いてるの?

[空を見上げて、尋ねてみるんだ。
私のこの、スケッチブックには。色んな絵があったから。

そんなキミがどんな絵を描くのか、気になって*]

( 248 ) 2018/10/09(火) 22:59:14

編集委員 上柚木悠

──迷子の「お母さん」探し──


「うん、お姉ちゃんフレーフレーしにきた!」

[と、タダオと名乗った少年は誇らしげに語る。聞けば、陸上部の同期の少女のことだと風音なら気づくかもしれない]

  えらいねえ。もうすぐお姉ちゃんか、お母さんが来るからね。

[イレギュラーではあるけれど、こういう時間の使い方も風音と一緒なら楽しい。
出し物の説明をしてあげたりしながら、放送部に迷子の案内をお願いして、待つのだ]

『迷子のお母さん、大島タダオくんがお待ちです。放送室前までお越しください……』

[少年の自己主張に合わせたアナウンスが流れ、時も流れていく──*]

( 249 ) 2018/10/09(火) 23:08:01

天真らん漫 誠一郎

>>242
オレだってお前だけさ? …ほら。

[耳を塞ぐように頭を抱いてキスしていると、枝垂れかかる彼女に重さを乗せてしまう。
手をついて、体制を取ろうと開いた脚が触れ合って、そのまま絡めると]

リサ…、ちょっと、可愛すぎな。

[ベッドに手をついて見下ろす。いっぱいのはずの頭の片隅、いいベッドだな、なんて思う自分がいる。そうでないと…。
腕を折って肘で支える。距離が近づいて、彼女に問う。答えより早く、自分も答えて]

好き? …好きだよ。

( 250 ) 2018/10/09(火) 23:10:08

Mr.BIG 藤井一鷹

[ 息の切らせ方は体力の消耗とは違うものだったけれど。
 腕の中の人が楽しんでいるところ、を見る余裕が少しだけあったのが大きかったのかもしれない。
 到着してしばらく残る震えを、強く止めてくれていて。 ]

 
 はぁ、はぁ……

 ……楽しかった


[ 強がりでなくて、出て来た言葉。
 キラリと光るものは、恐怖の涙目というよりかは、感動に近いものがあったかもしれない。 ]


 ありがとう
 …夏樹、つめたい

[ 新たに、1つ追いつくことができたことを喜べば。
 冬風を強く受けた赤い頬を両手でそっと挟んで……ケアしかえすことで、お互いに何かしてあげられるようになって、共に楽しめた感謝の気持ちを表した。* ]

( 251 ) 2018/10/09(火) 23:16:16

バレーボール部 富士山リサ

>>250

 [可愛いと言われると、頬が紅潮するのを感じるのです。熱い、熱い!]

 誠一郎だって、格好よすぎ。

 [思わず、目をそらしてしまいます。脚が触れあう感触も、彼の手が頬を触れる感触も、全て全身に痺れをもたらすのです]

 わたしも、好きだよ。

 [誠一郎の首根っこに腕を回して、抱きつきます。支えていた肘がベッドにめりこみ、誠一郎の体の重みを感じるのです]

( 252 ) 2018/10/09(火) 23:16:49

1−B担任 ナタリア、メモを貼った。 メモ

( A146 ) 2018/10/09(火) 23:20:54

編集委員 上柚木悠

>>248
[カバン枕に空見上げる瞳を、そのまま声のほうに向けるか──一瞬の躊躇。
結局視線は空に向けたまま、「やあ」と返事だけを]

  最近? 風音5割、アワイとココロさんが2割、桃とかスバルとかクラスメイトが2割、後は気分かな?

[本当はこういう空を描くのもきっと題材としてはいいんだろうけど。
 なんとなく、こうして見上げている今を大事にしたくなる。
 ──それ以上に、隣に君がいる今だからこそ、しっかりと楽しんでおきたいんだけれど]
 
  忘れ物、あったみたいでよかった。
  大事にしてくれると嬉しいな。

[空から彼女へと視線を向けて、笑みを見せた*]

( 253 ) 2018/10/09(火) 23:21:14

青春謳歌 一井夏樹

[頬に添えられる手。火照った肌を冷やすはずなのに
どうしてか心拍数と体温が上がる心地がする

互いに温度を分け合いながら、
荷物を置いた場所まで戻る前に
ボクもまた、上着の内側のポケットから取り出す包みは
君へのクリスマスの、贈り物

中身は手編みの手袋だから、君の手に丁度良いのではないだろうか

色はグレー。君の髪の色
空舞う鷹の、雲の色

今年は手袋、来年はマフラーにしようかな
君の体を護り、君を彩るものでありたい、と
そんなことを考えながら一網み一網した贈り物

包装紙を開き頬に添えられた君の手をとって、
あたたかさで包み込めば、さてどんな顔をしたのやら**]

( 254 ) 2018/10/09(火) 23:49:28

天真らん漫 誠一郎

>>252
格好いい。 嬉しいぜ? 好きだって言ってくれんのと同じくらい。

[きっと同じ気持ちだから、可愛いと、好きを同じくらい言う]

んっ…と。 くらえ。

[少しの間、むしろ体重をかける。そのまま手を背に滑らせて、少し抱えるようにしながら身を浮かす。
重すぎないように、でもくっついて]

…リサ、脚冷たいな。 寒い?

[触れ合う所は熱いくらいだけれど]

( 255 ) 2018/10/09(火) 23:54:57

天真らん漫 誠一郎

あっためてやろ。

[ぎゅっと体を押し付ける。そのまま横になって、キスをたくさん落とした後]

…もともとらやわらかいのに、今日はふわふわしてっからな。
せっかくだから、オレのにおいつけてってやるぜ。

[そんなことを言って、抱きついたままごろごろする]

( 256 ) 2018/10/10(水) 00:05:19


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

V.副担任 薫子さん
4(15)回 残4462pt 飴飴飴
勇往邁進 藤野風音
15(15)回 残4013pt 飴飴飴
Mr.BIG 藤井一鷹
47(87)回 残960pt 飴飴
放送PC部 榊ユリ子
15(93)回 残2140pt 飴飴
バレーボール部 富士山リサ
55(180)回 残0pt 飴
天真らん漫 誠一郎
56(103)回 残1020pt 飴
青春謳歌 一井夏樹
57(130)回 残638pt 飴飴
編集委員 上柚木悠
16(151)回 残1591pt 飴飴飴
ゲーマー 桜井桃
54(77)回 残2314pt
厚生委員 鳥崎愛里
51(95)回 残2148pt
自然委員 昴
11(69)回 残2682pt 飴

犠牲者 (1)

道徳委員 城島寛司 (2d)

処刑者 (2)

バスケットボール部 高田 (3d)
1−B担任 ナタリア (4d)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.187 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■