人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ロランイヴァンが使用人部屋から階段で自室に戻ったのに気づかなかったかも知れない。

( A54 ) 2010/08/23(月) 02:23:51 飴

フィグネリア

[涙は何時しか枯れて。女はよろり立ち上がる]

 ……ごめん。
 今は付いて行けない。

 悲しみが大きすぎて、頭が何も受けつけちゃくれないんだ。
 悪いけれど……先に休ませて貰うよ。

[そう謂って食堂を出たのはいつのころだったか。
 気分悪そうに口元を覆い、泣き腫らした紅い眸のまま、
 女は自室に戻り、鍵を掛けた]

( 174 ) 2010/08/23(月) 02:28:36

ミハイル

[ゆらり。]
 
[紫煙が揺らめく。]
 
 
―宿の一室―
 
 
[背にコートを掛けた椅子。]
[それに腰掛け。]
 
[なにもしない。]
 
[食事を摂る、という行為も、あまり好きではなかった。]
[大人数であれば、なおさら。]

( 175 ) 2010/08/23(月) 02:30:35

フィグネリア


 ………っ。
 く、……ふふ……っ。

[錠を下ろした部屋の中、漏れ出る声は嗚咽とも嘲笑とも区別がつかぬ。
 ただその唇は弧を描き、端正な顔は愉悦に歪んで]

( 176 ) 2010/08/23(月) 02:31:27

ミハイル

 ――――
 
[煙草を灰皿に置いて。立ち上がる。]
 
[声が、聞こえた。]
[確かに。]
[聞き間違えようのない、声。]
 
[扉を開ければ、そこには。]
 
 
……イヴァン。

( 177 ) 2010/08/23(月) 02:47:16

ミハイル

[頼りなく、伸ばされた手を。]
[掴む。]
 
お前。どうし……
 
[目の前の彼は。]
[言葉を並べ続ける。]
[それは。]

[かたちのないものに、よく似て。]
 
 
[全身を、怖気が走った。]

( 178 ) 2010/08/23(月) 02:47:49

ミハイル

――っ、イヴァ……!
 
[掴んだ手を振り解き、彼は走り去る。]
[追おうとしたが。]
[足が、動かない。]
 
 
 
[あいつは、死ぬ。]
 
 
 
[それだけは、ひどく冷静に。]
 
[理解できた。]

( 179 ) 2010/08/23(月) 02:48:12

ミハイル

[みえないなにかに、阻まれたのか。]
[それとも、最期を迎える瞬間を、この目で見たくなかったのか。]
[おそらく、両方。]
 
……あ、や。まんじゃ…… 、ねえよ。
 
 
[死は。]
 
[何者にも、平等に。訪れる。]
[こうなることは、はじめから。]
[わかっていたはず。]
 
[だけど。]

( 180 ) 2010/08/23(月) 03:02:11

ミハイル

[部屋に入り、扉を閉める。]
 
[震える、右手で。]
 
[かちり。]
 
[時を刻む音は、止まず。]
[ハンカチを巻かれた左手で。おさえる。]
 
 
[――はやすぎる、だろうが。]
 

( 181 ) 2010/08/23(月) 03:02:36

ミハイル

[扉に寄り掛かり、瞼を閉じて。]
[最後に聞いた言葉を、頭の中で。]
 
[繰り返す。]
 
 
 
 
――うらないしに。 
            殺される。
 
 
[静かに、瞼を、開いた。]
 
**

( 182 ) 2010/08/23(月) 03:11:19

イライダ

― 夜・キッチン ―

[くつくつと野菜が煮込まれるシチー]

 ちゃんと"全員分"作る所が、ロランさんらしい……。

[ここに居るのは数名だけれども。
この場に居ない誰かが何か食べたいと思ったら、暖めて食べられるだけの量が、作られている]

 みんな、後ででも
 食べてくれるといいわね。

[かちり、と鍋の火を止める。
気の利くロランが、タイミングをあわせ、木の器を渡してくれば。
それを受け取り、シチーをよそって、渡し返す]

 ナタリー、テーブル拭き終わった?
 アレクサンドラも食べるかもしれないから、起こして聞いてみてくれるかしら?

[そう頼めば、ナタリーの明るい返事が聞こえただろう]

( 183 ) 2010/08/23(月) 03:30:08

イライダ

― →食堂 ―

[ロランが作った食事を、数名でテーブルに集まって戴く]

 ……研究を始めた、理由?

[サーシャに突然問われて(>>158)、内心驚く。
この場にそぐわない話のような気がしたけれど。
食事中、黙っていたり、嫌な話題になるよりは、いいのかもしれない]

 父が……
 ある言い伝え
 氷の妖精の、存在をね、調べていたの。

 魅せられていたって感じ、かしら
 ずっとずっと、それ一本やりで。

( 184 ) 2010/08/23(月) 03:31:52

イライダ

[話しながら、思い出すのは常に、その事ばかり話していた父。
母は、父にあきれたのか、何時の間にか居なくなってしまっていたから]

 ん。

 父は、自分の好きな事をやっていたから、かな?
 一度集中し始めれば、食事とかも取らなくってね。

 どうしたらいいかな? って考えたら
 作業とか、資料の整理とか、そう言った事を手伝って
 少しでも時間を作るようにして
 一緒に食べたり、何かしたりしないと、って思って。

( 185 ) 2010/08/23(月) 03:34:36

イライダ

 それから、かな。
 ……研究を始めた、と言っても、なし崩し的みたいな、ものよ。
 熱意のある研究者じゃなくってごめんなさい。

[思わずそんな事を言って、苦笑し。
ほんの少しだけ、話を変えるように、声のトーンをあげる]
 
 前の街で、父は先生と会って、意気投合したみたいだったわ。
 先生は湖と妖精の関連について調べていてね。

( 186 ) 2010/08/23(月) 03:40:56

イライダ

 父と先生、二人で研究をするのに、どこか適している場所は無いかって、中央で調べたりしたら。
 氷、妖精、湖、その全てがそろっているのが、この村だ、ってわかって…。
 それから、何だかんだと中央に言って、この村に研究所を建ててもらって……

 後の事は皆も知ってるでしょう?

[つかの間、人狼の事を頭の中心から、追いやる事が出来たからだろうか。
話しながらも、自分が思っていた以上に、シチーを食べる事が出来ていた。

このテーブルについている人も、口をつけずに全て残す様子は見られず。
ほんの少しだけ、安心する]

( 187 ) 2010/08/23(月) 03:44:21

イライダ


 昔はね、父に書類の順番がどうこう、なんて言われて
 声をあげて言い争った事があったのよ。

 その後は、どっちから謝るって訳じゃないけれど…
 二人で一緒にブランデー入りの紅茶を飲むのが、仲直り。
 

[自分が話している事の何がサーシャのトリガーになるかなんて。
知りもせず、気付きもせずに。 そんな、話しを―――**]

( 188 ) 2010/08/23(月) 03:46:12

ドラガノフ

ー食堂ー

[湖から戻って来ると、傍らの椅子にマフラーを置いた。


キッチンに温められた食事を
みとめる]

( 189 ) 2010/08/23(月) 04:30:17

ドラガノフ

駄目だ、悲し過ぎる..


こんな事は終わりにしなくてはならない。

( 190 ) 2010/08/23(月) 04:32:41

ドラガノフ

人狼を倒す。

そして、もう誰も悲しみにくれない
日常を取りもどすんだ。

( 191 ) 2010/08/23(月) 04:36:45

ドラガノフ

[ふと窓際に置かれた苗木に目をやる]

お前もそう思うだろう?

..虹、"絶望の後の希望"か。
皮肉なモンだな。

だが、そうしてみせるさ。

( 192 ) 2010/08/23(月) 04:42:57


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

ロラン
28回 残965pt
フィグネリア
14回 残1514pt 飴飴
オリガ
0回 残2000pt 飴飴
サーシャ
34回 残567pt 飴飴
ミハイル
30回 残1172pt 飴
イライダ
18回 残1253pt 飴飴
イヴァン
40回 残232pt 飴飴
ドラガノフ
12回 残1711pt 飴飴
ナタリー
17回 残1418pt 飴飴

犠牲者 (1)

アナスタシア (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (1)

ウートラ (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■