人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


ナタリー

[いつの間に食堂を離れたのか。
 イヴァンとサーシャが水車小屋から戻ってきて]

 ……。

[かける言葉無く、開きかけた口を閉じた]

 だって他に、人狼とわかる術がないのなら。

[考え込んだ様子のイライダ(>>140)に、こくりと頷いて。それが無くなってしまえばどうなるかは容易に想像ついた]

 だから「これがそうですよ」って水晶玉なんかを出すのは……危ないかな、って。

( 141 ) 2010/08/22(日) 23:16:32

イヴァン

―食堂―

[食堂に戻った青年は、辺りを見渡してみる。オリガの姿がない。
何処へ行ったのかと尋ねれば、自室にこもっているのだと告げられた。彼女の使用人部屋へちらりと向いた視線は、やがて虚しく窓へと落ちて。
まだ人狼の手がかりを何も掴めていない。それなのに、夜が。また、夜がやって来る]


………………。

[ただ、笑っていて欲しいと願うだけなのに。どうしてこんなにも難しいのだろう。
村を覆う霧は、深く、深く、まるで、「あの日」のようだった]

( 142 ) 2010/08/22(日) 23:20:30

イヴァン

―追想―

[>>1:92 両親が亡くなったあの日、悲しみと共に深い森の中へと彷徨いこんだ「少年」は崖から足を踏み外し、
―――――…そして、「死んだ」のだ]

(あーあ、死んでるよ、この子)
(まだ小さいのに、何だか可哀想だね)

[少年の亡骸を最初に見つけたのは、一匹の妖魔。
本当の形はない。実態もどこにもない。強いて言うなら、それは森の意志そのもの。森という大きな命が膨らんで、分裂して、そうして出来た一個の存在]


(くすくす)(くすくす)

[可哀想だと言う割に、妖魔は楽しげに笑っていた。
何故なら「彼」にとって「人」というのは全く違う次元の存在であり、例えばぱらぱらと摘み読みした物語の主人公だとか、それくらい遠いものだったから。
森を愛し、村を愛し、生命の存在そのものを愛でていたけれど、此処の命に向けられる感情は時に軽薄で残酷だった。そして、それが「妖魔」として、「森」としての正しい姿でもあった]

( 143 ) 2010/08/22(日) 23:21:25

イヴァン

(あ、誰か来る)

[崖の上に、人の気配を感じた。少年を探しに来た大人のようだった]

(ちょっと悪戯しちゃおう)

[それはあまりに無邪気で愚かな気まぐれだった。
「妖魔」は「少年」の亡骸へと潜り込み――――…、そして「イヴァン」としてその大人の前に姿を現した]

ちょっと足を滑らせちゃったみたい。でも、もう大丈夫。

[おずおずとそう告げたのと同時、抱きしめられた。
その大人は、随分と長い間森を探しまわってくれていたのだろう。頬は氷みたいに冷たかった]

………………っ。

[妖魔のイヴァンは、困ったように顔を歪める。悪戯は楽しいことだと思っていたけど。何だか、思っていたのと違う。
申し訳なくなってきて、「偽物です」なんて言いだせなくなって。仕方なくその大人に連れられて村へ帰って行った]

( 144 ) 2010/08/22(日) 23:21:42

イヴァン

[村に戻って来たら、何だかやたら無愛想なお兄さんがこっちをじっと見てた。気まずくなって目をそらしていると、手を引かれてお兄さんの家に連れて行かれた]

……………?

[温かい部屋の中、ソファに座らされて暫く待っていると、テーブルの上に小さなカップがとん、と置かれた。初めて見る飲み物だった。そっと口をつけてみると、火傷しそうなほど熱くて、ふうふう吹きながら飲んだ。
…甘くて美味しかった。どうやらココア、というらしかった。その日から、イヴァンの好物はココアになった]

( 145 ) 2010/08/22(日) 23:21:54

イヴァン

[ココアに満足した妖魔のイヴァンは、そろそろ森に帰ろうかと思った。
森に帰ったら、他の皆にもあの飲み物のことを教えてあげよう。そんな風にわくわくしながら]


『――――――イヴァン』

[急ぎ足で駆けていると、細い声で呼びとめられる。振り返ると、其処には可愛らしい女の子がいた。
…泣いていた]

え、ど、どーしたの!?

[慌てて彼女の元へと寄り、慰めようとしてみるけれど。どうしてその子が泣いているのか、妖魔のイヴァンには分からない。
その子はイヴァンの頭に巻かれた包帯にぺたぺた触りながら、『心配したんだから』と言っていた]

ぼ、僕の所為で泣いてるの? 
あぁ、えっと、…どうしよう。どうしよう。

[よく分からないけど、このままではいけない気がした。うろたえながら辺りを見渡していると、足を滑らせて素っ転んだ]

( 146 ) 2010/08/22(日) 23:22:05

イヴァン

――――…痛た…。

[雪に埋もれながら、頭をかく。女の子を慰めなくちゃいけないのに、こんなことしてる場合じゃない!
恐る恐る、顔を上げれば]


『もう、イヴァンってば、…なにやってるの。 ふふ』

[何故かその子は、泣きながら笑っていた。
元々可愛かったけど、ふわりと笑う姿は、さっきよりもずっと可愛らしかった]


……………………。

[だから、もっと、笑ってくれると良いなと思った]

……………。

[それが、妖魔の初恋]
[「彼」が「イヴァン」の姿を借りて、村に留まることになった*理由*]

( 147 ) 2010/08/22(日) 23:22:18

ナタリー

 ……在ると良いですね、此処にも。

[イヴァンとサーシャのやりとりは知らないから。
 そう言って、頷いた。

 ロランの呟き(>>136-)は所々耳に届いていて。
 じっと男の顔を見る。

 独り言が漏れたのか、判断が付かなくて。
 どう声をかけて良いのかわからなかったけれど。
 相手が気づけば、少しだけ険しい表情をしているのが見えるだろう]

( 148 ) 2010/08/22(日) 23:22:52

ロラン、メモを貼った。 メモ

( A49 ) 2010/08/22(日) 23:25:23

ロラン

― 食堂 ―

(まだ皆いたのか)

[階段を降り、夜も遅いこの時間になっても、食堂に残っている面々を見れば最初に浮かんだのはその感想だった]

( 149 ) 2010/08/22(日) 23:26:30

ナタリー、メモを貼った。 メモ

( A50 ) 2010/08/22(日) 23:28:18

ロラン

[もし昼の提案などに対して改めて聞かれれば「皆で決めてくれ」という姿勢は崩さず]

どういう事になろうとも責任は取る。

[その為に自分がここにいるのだと言わんばかりに]

ここで起きた事全てに於いて、
生存者が表に出すのに不都合な事全ては、
後で俺の命令だったと証言してくれてもいい。

だから村人である皆が、ここにいる皆で対処を決めてくれ。

( 150 ) 2010/08/22(日) 23:32:34

ナタリー

>>148訂正

 イライダに頷いた。

 ただなんとなく。
 この話を聞いた後に占いが出来ると言って名乗り出た人がいたならば。

 タイミングが良すぎて信じがたい気もするけれど。

 思いついた自分の考えに、少しだけ険しい顔をした]

( 151 ) 2010/08/22(日) 23:34:02

ロラン

(別にこのまま何もせず、人狼と共に滅びようとも皆が選ぶのなら俺は気にしない)

[そこまでは口には出さなかったが]

俺は腹が減ったが、夜食は必要か?
もし良ければ、手伝ってくれ。

[代わりにそんなことを口に出していた]

( 152 ) 2010/08/22(日) 23:37:13

イライダ

 人狼からすれば、物を壊すのも、人を……。

[その先を口には出来ない。
けれど、聞いた人がいれば、何を言いたいのかは予想できるだろう]

 難しいわね。

 考えてるだけじゃ、何も変わらないって解かってるのに……。

[知識が、行動の足を引っ張る。
良くある事だ。
今の自分は、まさにその状況――]

( 153 ) 2010/08/22(日) 23:43:29

ナタリー

 でも、考えないと。

[考え無しでは、居られない状況だ。
 自分にとっても、それは同じ]

 イライダさんはいろいろ知ってるから、頼りにしてるんだから。

[その言葉に何の力も無いことはわかっていたけれど。
 力強く頷いてみせた]

( 154 ) 2010/08/22(日) 23:54:49

ナタリー

[ロランが食堂に姿を現して、夜食を作ると言うから]

 イライダさん、食べません?
 元気出して、襲われたら、フライパンでひっぱたいてやりましょう。

[みんなも。と、言って、野球のバットでも振る仕草。
 空元気でも、出ればいいと。
 だから無理に食べろとは言う気はない。

 それから、ロランに]

 責任、とらないと駄目なのかな。

[あまりに責任と繰り返すから。
 伺うような上目遣いで訪ねた**]

( 155 ) 2010/08/23(月) 00:14:50

イライダ

 ……ロランさんの言う対処、は
 誰か一人を選べって事よね…。

[気が重いからか、そこから先に思考が進まない]

 出来るだけの事は、しようと思ってるんだけど、ね。


[そしてロランと一緒に厨房に入る。
何を作るのかは、ロラン任せ、だったけど]

( 156 ) 2010/08/23(月) 00:15:03

ロラン

あくまで一案ですから。
人食いの頻度については、聞いた読んだの、推測ばかりです。

[イライダ(>>156)に対しては、そんな事を料理の準備をしながら返答する]

( 157 ) 2010/08/23(月) 00:24:41

サーシャ

[イライダとナタリーの会話は夢うつつに聞いたように思うけれど、自らが占い師であるとは未だ確証を持っては告げられず、口にすることはない]

…イライダさんは、なぜ研究をしようと思ったんですか。

[食事の準備が整ったなら、起こされる。

軽く食事を口にしながら、たずねるのは研究の内容ではなく、彼女自身のこと。

もしも、そう、確証さえもてたなら、彼女は人狼の牙の前に身をさらそうとも自らの見た真実を告げるだろう。

それはきっと、明日のこと――。

静かに思い出話に耳を傾けたなら、自室へと戻るだろう]

( 158 ) 2010/08/23(月) 00:25:12


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

ロラン
28回 残965pt
フィグネリア
14回 残1514pt 飴飴
オリガ
0回 残2000pt 飴飴
サーシャ
34回 残567pt 飴飴
ミハイル
30回 残1172pt 飴
イライダ
18回 残1253pt 飴飴
イヴァン
40回 残232pt 飴飴
ドラガノフ
12回 残1711pt 飴飴
ナタリー
17回 残1418pt 飴飴

犠牲者 (1)

アナスタシア (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (1)

ウートラ (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■