人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


アナスタシア

[サーシャの問い>>90には]
 
 そうね、もう7年ほどになるかしら。
 ……尤も、4・5年ほど前に一度、休業していますけど……ね。
 
 アレクサンドラさんはご存知ないのね、あたし達のこと――
 
[丁度、フィグネリアが村を出たのと同じ頃。
女もまた、愛する男と村を出て――
 
そんな遠い日の想い出を、聞かれれば、かいつまんで話したかもしれない。]

( 107 ) 2010/08/19(木) 22:24:06

ロラン

村おこしか。
観光になりそうなものはどうなのだろうな。

[余暇ということもあって、雑談に参加する]

そうだな。

凍れる湖なんかは…
研究所が出来るぐらいだ。何か珍しいのかもしれないな。

[イライダがいれば彼女の方へ視線を向けたかもしれず]

( 108 ) 2010/08/19(木) 22:26:02

ナタリー

 あ、まだ部屋借りてないんですけど。
 いつも立てこもるときは3階の奥の部屋ですね。
 きっと遊びに来てください。

[サーシャの問い(>>101)に、まるで旅行に来た子の様にはしゃいで笑って。

 ロランを気遣うサーシャと、二人のやりとりは目に入ったけれど]

 お休みかあ。
 シュテファンさんちゃんとやってくれてるかなあ。

[店主兼伯父を思いやって、ため息をついた]
 

( 109 ) 2010/08/19(木) 22:27:41

イヴァン

あの子、いつもサーシャさんの話ばかりしていたよ。
宿の地下に「冒険」に行った時も、姉様に帰って楽しい話をたくさん聞かせるんだ、って。

[思い出し笑いをくすくすと零す。遠い昔のことだけど、変わり映えのしないこの村を流れる時間は緩やかで、過去の出来事は遠くて近い]


……………。

[次いで、淡々としたロランと彼の身を案じるサーシャのやり取りを見れば、小さく瞬いた。
ロランが彼女の見舞いへ行っていたことは知らなかったが、仲良さげな様子に目を細める]

( 110 ) 2010/08/19(木) 22:32:44

サーシャ

[遊びに来てくださいといわれれば>>109、嬉しげな笑みがこぼれる]

立てこもるんですか?
ナタリーさんも、イヴァンやうちの妹の同類なのね。

[親しみをこめて告げれば、きっと遊びに行くと答えたろう]

あの子はいつもそう。
私を気遣ってくれるわ。

[イヴァンの言葉に>>110愛しげに眼を細める]

( 111 ) 2010/08/19(木) 22:37:58

サーシャ

[皆との会話は楽しくて、けれど彼女にとってこうして人と接するのはまれなこと。

すこし疲れたようで、皆に断るとにぎやかな位置から離れるようにカウンターのスツールに腰掛ける。

フィグネリアとアナスタシアの会話の合間にたずねてみれば>>90、答えが返る>>107]

( 112 ) 2010/08/19(木) 22:39:10

サーシャ、アナスタシアの思い出話にそっと耳を*傾ける*

( A10 ) 2010/08/19(木) 22:43:33

ナタリー

 同類、どうかな。
 私は結構、悪い子でしたから。

[サーシャの問い(>>111)に、くすくすと笑いながら。
 どうかな、と肩をすくめたりもするが。

 きっと行くとの返事には、嬉しそうに頷いた]

 凍る湖で観光の村、かあ。
 水車があるんだから昔は凍ってなかったんでしょうね。

[湖の氷はかなり分厚い。
 ドラガノフと釣りをしたときに、教えてもらった記憶がある]

 不思議な生き物でも居たりして。

[冗談半分の、響き*]
 

( 113 ) 2010/08/19(木) 22:51:15

ロラン

[ナタリーの店の、どこか心配性な陰を持った店主の顔を思い出しながら]

業務に支障が出る分は後で補填が出るかもしれない。
全てが終われば、その辺の話もあるだろう。

[やはりどこか外れたような話を、ナタリーや他の仕事を持つ者達に対して交わした]

( 114 ) 2010/08/19(木) 22:53:39

イヴァン

昔は湖って凍っているのが普通だと思っていたけど。
実は珍しいみたいだね。

[この村からただの一度も出たことのない青年は、平然とそう告げる。村の外のことは、書物や絵画で知っているだけ。文字を読むのだって、そんなに得意なわけじゃないし]

観光地になって人が沢山集まれば、
この村も賑やかになるのかな。
大きな道が出来たりしてさ。

[わくわくとした面持ちで話す。気晴らしにこんな話題を持ち出したことも忘れて、人の集まる村の風景に想いを馳せた]

ミーシャさん、酷いや。
僕は立てこもったりしたことなんて、……ある、なぁ。

[さらりと話題に出されて、少しだけ不満げに口をとがらせるも。彼女の言葉はもっともだったので、結局苦笑を浮かべることとなる]

いいね。家族って。

[愛しげな姉の顔に、呟きが零れる。嫌味とか嫉妬とかではなく、それは純粋な憧れで]

( 115 ) 2010/08/19(木) 23:09:11

イヴァン

僕は仕事を終わらせてきたから、暫くは心配ないけど。

[本当に気になっているのは、補填とかそんなことではなくて]


……あ。

[その声を遮るように。窓のずっと遠く、向こう側から、獣の遠吠えが聞こえた気がした**]

( 116 ) 2010/08/19(木) 23:14:56

ロラン

>>116
そうか、問題ないのならいい。

[人の事情には深入りはしない。興味がないと同意でもあるが]

森の獣の遠吼えだろう。
やや近い、か?

[森の獣に関わることとして、村の仕立て屋であるナタリーの顔を見る。深い意味はなかったが、少しだけじっと*見つめた*]

( 117 ) 2010/08/19(木) 23:31:45

アナスタシア

[集まっている面々を、一人一人、確認し。
ロランに向けて視線を送る――
 
何か、決意めいたものを、孕ませて……]

( 118 ) 2010/08/19(木) 23:33:44

イライダ

[ドラガノフのピッチにつられるように。
何杯目かわからないウォッカを飲みながら]

 観光になりそうな話…ね。

[人差し指を唇に当てて、しばし考える]

 「一年に一度だけ…
  湖のどこかに、氷の華が咲く」

 そんな話が
 凄く凄く古ぼけた本に書いてあったわ。

( 119 ) 2010/08/19(木) 23:45:16

イライダ

[この村の森や湖、井戸なんかに明るい話は、聞かない。
自分が知っているのは、ただ、それだけ―――]

 私も見た事は無いし
 それ以上の情報はないのだけれど
 もし本当に咲くのであれば

 見てみたいわね。
 
[その幻想的な光景を想えば、自然と表情は柔らかくなっただろう]

( 120 ) 2010/08/19(木) 23:45:57

イライダ

[食堂の暖炉に集まる面々。
楽しい雰囲気に、明るい話題。

アナスタシアの様子には、気がついていない**]

( 121 ) 2010/08/19(木) 23:49:04

ロラン、アナスタシアの視線(>>118)に気づけば、軽く首肯した。

( A11 ) 2010/08/19(木) 23:51:24

アナスタシア

[ロランに頷き返すと]
 
 ――実は……
 
 皆さんに、お伝えしておかなければならないことが
 ……あるんです。
 
[女主人は、何やら言い辛そうに目を伏せて――
暫くの沈黙の後に、再び唇を開くだろう。]
 
 
 此処へ集まって頂いた皆さんには、
 ある『疑い』が掛けられているんです。
 ――勿論、あたしにも。

( 122 ) 2010/08/20(金) 00:06:53

アナスタシア

 
 人狼というものを、ご存知でしょうか?
 

( 123 ) 2010/08/20(金) 00:07:15

アナスタシア

 ――ヒトを喰らって生きる、獣です。
 昼間は人間の姿をしていて、夜になれば本来の姿を現すと謂われています。
 
 ……その人狼が、村の中に紛れ込んだというのです。
 
[其処で一旦、女は言葉を切る。]

( 124 ) 2010/08/20(金) 00:07:58


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
19回 残2399pt 飴飴飴
ロラン
28回 残2057pt 飴飴
フィグネリア
22回 残2224pt 飴飴飴
オリガ
5回 残2816pt 飴飴飴
サーシャ
15回 残2568pt 飴飴飴
ミハイル
33回 残2096pt
イライダ
25回 残2118pt 飴飴飴
イヴァン
33回 残1751pt 飴飴飴
ウートラ
0回 残3000pt 飴飴飴
ドラガノフ
33回 残2176pt 飴飴飴
ナタリー
34回 残1887pt 飴飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■