人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


花の子 グラジオラス

―喫茶まろん―

[今日は首だけを出して中を確認する必要はない。
先にシャルロットが賑やかに扉を開けたから]

只今戻った、トロピカルジュースを…

[それでも態度は相変わらず最大で。注文をアリアに頼もうとした時、眩い光が店内を満たした]

うわ…!な、なんだ、今度は何カレーだ!?
おい、爺さん!まともに見られるものを作れ!

[店に入った時には確認出来たアンクルへと叫ぶが、光が収まるとその姿は失われていた]

爺さん…?

[誰かが居なくなる、その瞬間を目の前にして頭の中を整頓している横をシャルロットが駆けて行った。>>3恐らく自分よりこの状況を把握する力は上だ、と足元に落ちていた謎の機械を拾い上げた]

( 8 ) 2010/04/25(日) 22:40:59

ジャスティス急便 カンナギ

……はァ。

[なんだかえらく曖昧と言うか、抽象的というか。そんな答えが返ってきた>>5
人差し指をこめかみに当てて。少し考え込んで]

じゃあ、質問そのに。

[ただひたすら真っ直ぐに打ち込んでくる拳は、いまだ気合の炎は纏っていない。そっとその拳に手を当てて。7(10)割ほども減速しただろうか]

…この拳を磨いて。そンでどうする気?

[問いながら。その拳を縫うようにして、先の速度に倍する掌底がドンファンのあごを狙う]

( 9 ) 2010/04/25(日) 22:41:31

魔砲師 カルロ

─ジンロウTV跡地─
[見事な程の荒れ模様に、いっそ溜息しか出ない
此処までにした責任、その一端は自分に。
そう考えて吐いた溜息は、自嘲する様な物だった]

[少しだけ進むと、其処には人の声らしき物が聞こえただろうか?]

……こんな所に、人?

[聞こえる声に警戒を強め、じわじわと《ソレ》と距離を詰める
物陰からそちらを伺えば、怪人の姿に変わったバイク怪人が、其処に。
『おうなあ殿ー!』と声を上げて、ユーイチの消えたであろう場所、その付近を懸命に捜索していただろう]

─あ、あの……。

[尋常では無い様子に、静かに声を掛ける。
此方に気付けば、怪人は助けを請う様に、一見大仰な仕草で寄って来ただろうか]

( 10 ) 2010/04/25(日) 22:52:21

魔砲師 カルロ

『おうなあ殿がいなくなったのだ! お主、探すのを手伝っては下さらんか!?
おうなあ殿が何かを見つけて手を伸ばしたとと思ったら…急に光が膨らんで、気が付いたらおうなあ殿が消えておったのだ!』

[怪人が本気で『おうなあ殿』とやらを探しているのは、明白
光が…と言う辺りからすれば、件のテクノロジィ被害に巻き込まれただろう事も、明白

しかし、本気で探しているであろう彼にそんな事を言うのは、何だか憚られて]

─ええ、僕で良ければ、お手伝いさせて頂きます。

[居る筈の無い相手を、探し出す手伝いを始める だろう。
暫くして、その場から見つけたのは…6(6)]

[1:弾丸入りの銃 2:不思議な光る球体 3:バイク怪人のカード
4:ガラクタ 5:バイクパーツ(怪人仕様) 6:花の種(ハエトリ草)]

( 11 ) 2010/04/25(日) 22:52:50

爆裂正義団 ドンファン

[突き出した拳は速度が7割ほど削がれて威力が完全に殺されてしまう。 半ば予想通りではあったが。]

知れた事ッ!

[突き出された掌底を繰り出した拳とは逆の腕で受けながら、密着した状態で威勢を吐き出す!]


魔王殿との約束は己を磨き上げ、全てを受け入れ真の意味で強くなる事であの御仁を越えてみせるという事!
ユーリ殿との約束は未来への道を阻む障害を打ち砕き、勇者が掴むその時まで、未来と世界を護るという事!


俺はそれをただ目指し実行するのみですぞっ!!!

[カンナギの目を真正面から見て吼える]

( 12 ) 2010/04/25(日) 22:52:57

ジャスティス急便 カンナギ

……そう。

[突き出した掌底を受け止められ、さぁなにが来るかと身構えれば、至近距離で吐き出されたのは大音声の威勢。思わず呆気に取られ、ぱちくりとドンファンの顔を見上げて。
あまりに明快な答えに、知らずくすりと小さく笑いが漏れた。けれど]

でもね。

[掌底を受けられた腕を軸にして、くるりと宙返りするように反転する]

相手は、あの魔王なんだよ?

[そのまま、背中へと回り込んで]

受け入れさせて。乗り越えさせて。それから。
……その拳で世界を壊させようとしてる…なんて。
君は考えないのかな?

[空いた背中に、反転した勢いでもってかかとを叩き込んだ]

( 13 ) 2010/04/25(日) 23:06:02

花の子 グラジオラス

―喫茶まろん―

おい、お前今何がどうなって爺さんが居なくなったか見えたか?

[いつものように天井付近を飛び回っていた浮いている何かを見上げて問う。回答がどうであれ大きな手がかりになるものは得られないだろうが]

それにしても、何故これだけが残されたんだろうな?これも多分爺さんが持っていたものだろうに。
シャルロット、これは何か解るか?

[厨房から戻って来るシャルロットへと、拾った謎の機械>>8を見せてみる]

( 14 ) 2010/04/25(日) 23:08:07

魔砲師 カルロ

[見つけたのは、花の種。
綺麗なまま残る種を見つければ拾い上げて]

こんな所に、花…?

[首を傾げて]
[そんな時だったか、怪人の声が上がったのは]

『手伝って下さっとる御仁、これを見てくだされー!』

[怪人の声を聞き、その方向へ向かう]

( 15 ) 2010/04/25(日) 23:11:28

諜報員 シャルロット>>14 27が15以上なら、心当たりがある。

( A0 ) 2010/04/25(日) 23:15:01

魔砲師 カルロ

[其方に向かえば、怪人に声を掛けて]

何か見つかりましたか!?

[問えば、怪人は手に光の球体を持って居て
これを、と言わんばかりに差し出してみせたろう]

『光が膨らんだ時、おうなあ殿は何かを見つけてた様でな。…光っておるし、これを見つけたのではないかと思うのだ、どうでござろうか
これが此処に落ちとると言う事は、おうなあ殿はこの辺りに居るんじゃろう。』

[差し出した光の球体をおくと、その場を探し始めようと、立ち上がる怪人
怪人に続く様に、腰を上げようとした、その時]

[球体が眩いばかりの光を発し、...はその光に、目を閉じた。
目を開けば、其処に居たはずの怪人が消えていて]

──これが、異次元テクノロジィ……?

[呟いた言葉は誰に届くでもなく、ただ、その場を風が吹き抜けて行く]

( 16 ) 2010/04/25(日) 23:25:50

諜報員 シャルロット

[店内に戻ると、グラジオラスに謎の機械を見せられる。機械そのものには、心当たりは無かったが…]

詳しい事はわかりませんが、たぶん異次元テクノロジィに関わる何かだと思います。

[続きは出来るだけ他の人に聞かれないように小声で話す。]
奥でトゲヤマさんに確認して来たのですが、マスターさんが消えた原因は異次元テクノロジィに間違いないようです。

だけど、マスターさんがテクノロジィの使い手では無いと言うこともわかりました。

そういえば、出発前に宅急便が届いていました。(>>4:92
それが何か関係しているのかも知れません。

( 17 ) 2010/04/25(日) 23:26:33

魔砲師 カルロ

[...は迷っていた]

…触ったら、間違いなく怪人さんの二の舞になる。

[それだけは、ほぼ確定的に明らかだったから]

見つけたのに回収出来ない、ってのもなあ……。

[付近に落ちている銃は…]

[+表+ 表:気付いた 裏:気付いていない]

( 18 ) 2010/04/25(日) 23:33:41

魔砲師 カルロ、傍に落ちている銃に、気が付いた。

( A1 ) 2010/04/25(日) 23:34:09

花の子 グラジオラス

何…これがいじげんてくのろGに関係する物だと!?
素手で触って平気なのか、これは!

[異次元テクノロジィに関わる何かと聞けば、ぱっと機械から手を離して手を激しく振っている]

トゲトゲの奴は何と…ふむ。
という事は、いじげんてくのろGが使われた時はあの派手な光が発生するのだな?ならば解り易い。
…しかし、何故爺さんがそれを使用していないと分かったんだ?自分で消える理由がないから、とかか?

[自分も小声になり、身を屈めてトゲヤマからの報告内容を確認する。何故それらが分かるのかは気になる所]

( 19 ) 2010/04/25(日) 23:40:30

魔砲師 カルロ

[見つけた銃を手に取り]

魔銃…?
弾も入ってるみたいだけれど、何でこんな所に。

[殺風景なその場に転がっていた、その場らしくない、銃
そのノズルには]

[+表+ 表:明家計画 裏:TECAR]

[ご丁寧な事に、組織名のロゴが刻まれていた事だろう。
それはアニュエラから聞いた、テクノロジィに関連しているだろう、組織の名前]

何かしら、関係はありそう…かな。

[花の種と拳銃を手に、支部に戻る心算で
途中で携帯に連絡があれば、そのままの足で、急いで喫茶まろんに向かったかもしれない**]

( 20 ) 2010/04/25(日) 23:50:13

諜報員 シャルロット

>>19
[そのまま小声でひそひそ。おねーさんとだから、他の人に見られてもそんなに怪しくないよね。]

テクノロジィが発動した瞬間と、テクノロジィの使い手がこの町にいるかどうかは、センサーが反応して調べられるらしいです。
そのセンサーで調べた結果で、マスターさんは使い手じゃないとわかったそうです。

ちなみに、これまでに1人この町からいなくなった事は確認出来ましたが、その他にも使い手はいるようで、あと2人くらいこの町に残っているそうです。

( 21 ) 2010/04/25(日) 23:54:30

浮いてる何か

じじい?

「ちがった!」
〈にんぎょうだった〉
《かわいいねー》

[>>4:185で見たアンクルは実は本物だったらしい。しかし、それに気づく事も無いまま、グラジオラス>>14にそう返して、アンクルちゃん人形(1/1)の上でくるくると回る]

( 22 ) 2010/04/26(月) 00:29:05

花の子 グラジオラス

ふむ。
使用する前に分かれば有り難いのだが、流石に予知まがいの事は不可能だな。

ん?

爺さんがその使用者でないという事は、他の誰かにやられたという事だな。そのてくのろGとやらは遠隔での使用も可能なのか…!

[もう一度慎重に、紙ナプキンを2枚持って来てそれで謎の機械を摘み上げる]

もう後2人と言うべきなのか、まだ後2人と言うべきなのか。確か月下美人がその辺に触れていたな?
てっかーとかいう組織がどうの、と。

( 23 ) 2010/04/26(月) 00:33:41

爆裂正義団 ドンファン

むっ・・・ぅ!?

[曲芸のような動きで背後からかかとを叩きつけられる]
[自ら前方に飛ぶ事で衝撃を3(5)割程和らげ振り返る]

相手はあの、魔王殿ですからな。
その教えが一筋縄ではいかん事も重々承知しておりますぞ。

―――だがっ!

あくまでこの拳を振るうのは俺の意思!
全てを受け入れ乗り越えた先に見えるのもまた、俺が選択した道筋である事は、カンナギ殿であっても否定はさせませぬっ!

[振り返り、拳を懐に深く構え、気合の炎を宿す]

実際に拳を付き合わせた俺には分かるのです。
あの一瞬だけとはいえ、魔王殿の心に曇りはなかったと!

あとは、この拳で語りましょうぞォォォ!

( 24 ) 2010/04/26(月) 00:42:27

諜報員 シャルロット

うにゅ。センサーは使用後じゃないと反応しないのです。(しょぼん)

そう言えば、アニーさんがつい最近ヒーローになったらしいです。
もしかすると、そのてっかーとか言う組織と何か関係があるのでしょうか。

( 25 ) 2010/04/26(月) 00:45:21


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

謎の少女 メイアル
コミット済 5回 残1700pt 飴飴
国防神父 ギルバート
コミット済 14回 残1510pt 飴飴
爆裂正義団 ドンファン
コミット済 14回 残1329pt 飴飴
魔砲師 カルロ
コミット済 18回 残1137pt 飴飴
道具屋 真アニュエラ
コミット済 20回 残1065pt 飴飴
青薔薇の幻影
コミット済 16回 残1454pt 飴飴
花の子 グラジオラス
コミット済 16回 残1205pt 飴飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 16回 残1013pt 飴飴
諜報員 シャルロット
コミット済 23回 残1064pt 飴飴

犠牲者 (4)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)

処刑者 (3)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)

突然死者 (0)

見物人 (2)

勤め人 アリア
6回 残1723pt 飴飴
浮いてる何か
4回 残1844pt 飴飴

退去者 (1)

高校生 ユーイチ (5d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■