人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


ジャスティス急便 カンナギ

…ことわる。

[なんとも楽しそうなドンファンに。きっぱりと一言告げる]

ねぇドンファンくん。
君はさっき受け止めたって、言ったよね?
君はわたしの何を受け止めてくれた?
拳?攻撃?感情?
それだけじゃないか。
それも単に表面をなでただけ。私情?弱さ?あれが?
分かってないようだから言っておく。
君のそれは考えてないんじゃない。考えなしでもない。
ただ考えようとしてないだけだ。

そんな君に、これ以上語りたいことなんて何もない。

[告げて。金色の闘気にくるりと背を向ける]

打ち込みたいなら好きにすればいい。
ただ、君の攻撃に当たるつもりなんてないってだけだから。

( 66 ) 2010/04/30(金) 02:16:00

諜報員 シャルロット

[『青薔薇のお姫様』に呼びかけつつ、グラジオラスの方にも視線を向け]

私も「このおねーさんと一緒にいたい」って思ったのはその時からだよ。
ただの偶然だと思ってたけど、もしかすると必然だったのかもね。
[そう言ってやわらかい笑顔を向ける。]

自分でも何でこうなったのか、よく分かってないけど、ある人に託されちゃって私がやらなきゃいけないみたいなの。

[そして、再び青薔薇の返答を待つ]

( 67 ) 2010/04/30(金) 02:18:26

勤め人 アリア

−喫茶まろん(中立亭)の一幕−
[そうこうしていると、立ち上がる一団が眼に入って]

『姐さん、ゴチソウ様でした!あっしらは、もう行きやすね』
あら……大丈夫?外は大変みたいだけど……。
「どっかーんで、ばりばりばりで、ごーーーーっなんだよ」
『今日は月1で入ってる、ソルティファイブのアジト襲撃の日なんでさぁ。これを欠かしちゃ、悪の名折れ』
『ん……お前達、ゆくのか?第4期へのこだわり、しかと聞かせてもらった。未だに解せぬが、根が同じだということだけは理解できた。同じ、まじかる☆るーこに惚れ込んだ同志だということは、な』
『あっしらも御仁に判って貰えなかったのは、悔恨の極みっす。でも、一緒に話せて、楽しかったっす。貴方ほどの慧眼があれば。いつの日か判って下さるでしょう、ですが今日は……』
『そういう日がくるのやもな、だが今日は……』
『『決着は、またいずれ』』

[そう固く握手を交わして、初めに立ち上がった一団は去って行った]

( 68 ) 2010/04/30(金) 02:28:56

勤め人 アリア

[アリアはわからないと言った顔をして、その一団と一人を眺めていた]

『判らない、そういう顔をしていますな』
ええ、結局あの人たちとは、平行線で終わってしまったのではないかしら?
『いえ、そうではない。初めは斬って捨ててもいいと思っていたが、今は同志として、言葉を交わすに値するものたちであると判ったのだから。まぁ、それは中立亭での話ではあるがな』

[こほんと咳払いをして、アリアに一言だけ向けると、さっさと席に戻ってしまった]

『相手の信念の根っこが判れば、それが私と同じと判れば、存外簡単に下駄を預けてしまえるものだよ』
……そんな簡単なものかしら?

[この町の善も悪も、きっとジンロウ町が好き。一般人である私がある程度のんびりとことを構えていられるのも、それがあるように思っているから。それと似たようなものかしら?でもその前提が崩れたら?
珈琲を含んで、そんなことを考えていたかも知れない]

( 69 ) 2010/04/30(金) 02:29:54

爆裂正義団 ドンファン

[背を向けるカンナギに対して戦闘体勢は崩さない]
[溢れ出る闘気はそのままに]

いいや、貴方は語りますよ。

[きっぱりと言い切ればカンナギの動きは止まるだろうか]

先程は私情と言いましたがな、それが一人の身の上から出たとは言っておりませんぞ。 貴方は普段から正義を―――ジャスティスを行っておりますな。
あれは自分ではない、人の為に動いているのではありませんか。
ならば今は誰の為に・・・そう考えたのですよ。
『予言も世界もユーリ殿も、任せられない』と、先程言いましたな。 それが、理由ではないのですかな。


我が、予言に、世界に―――ユーリ殿にとって害になりえると考えたから拳を向けた・・・そうではないのですかな?


もし違うのでしたら、我も拳を降ろしましょうぞ。

[答えを、待つ。]

( 70 ) 2010/04/30(金) 02:33:21

諜報員 シャルロット

[ユーリの視線の先には未だに対峙している二人。]

ところでお二人は何のためにケンカしているのですか?
二人とも正義の味方さんのはずですよね。正義とか悪とか私には分からないけど、今の二人を見ているとどちらも全然正義に見えないです。

『正義』って何なんですか?
それがあなた達の正義なんですか?

今ここで、二人がぶつかり合ったら世界は救えるのですか?それで、ユーリさんは喜ぶのですか?
私には分からないです……。

( 71 ) 2010/04/30(金) 02:49:00

ジャスティス急便 カンナギ

そう…それで?

[背中に声をかけられて。不機嫌な顔を振り向ける]

それで終わるんなら、残念だけど不正解。
ってかさ。
あー…

[がりがりと。苛立つように頭をかいて]

あくまで君が拳にこだわるンなら、そもそもわたしの本心なんて聞きだせると思わないほうがいいよ?

( 72 ) 2010/04/30(金) 02:50:49

爆裂正義団 ドンファン、メモを貼った。 メモ

( A10 ) 2010/04/30(金) 02:56:02

花の子 グラジオラス

[双方の動向を見守って居たが、大鎌を持つ手に僅かに力が入る]

……大丈夫、宥められる。決してこいつらの邪魔はさせん。

[小さく小さく呟き、平常を保つ。
魔法の花達の歓喜は少々強かったようだ]

( 73 ) 2010/04/30(金) 03:00:54

諜報員 シャルロット

[再度叫ぶ。]

人の話を聞けー!!
ここはどこ!ここに何しに来たの!?
傍から見てると勝手に二人だけの世界に入っているようにしか見えないのです!

あそこでがんばってこの船をどうにかしようとしてるおねーさんはどうなるのですか!
がんばっていろんな仕掛けを用意したりここまでつれてきてくれたアニーさんはどうなるのですか!

私には二人を見てると何をしたいのかがわからないです!
教えてください!!私が聞きたいのはそれだけです。

( 74 ) 2010/04/30(金) 03:07:22

ジャスティス急便 カンナギ、メモを貼った。 メモ

( A11 ) 2010/04/30(金) 03:10:19

ジャスティス急便 カンナギ

ごめん。聞いてるよ。

[ドンファンに再度背中を向けて、歩いた先で。叫ぶシャルロットの頭に、ぽんと手を置く]

その、この舟をどうにかするって辺りで、ちょっとあの子に確かめたいことがあってさ…
ごめん、時間かけすぎた。

( 75 ) 2010/04/30(金) 03:19:43

諜報員 シャルロット

[カンナギからぽんと頭に手を置かれ、我に返る]

……あ。ごめんなさいです。
二人とも何か理由があるんだろうと思ったけど、あそこでおねーさんががんばってるから、私も焦っちゃって…。

( 76 ) 2010/04/30(金) 03:26:46

爆裂正義団 ドンファン

[カンナギの様子と声を聞いて拳を収めると同時に闘気を消す]
[表情が曇る]

そうですか・・・ならば今は退きましょう。
ですが、やるべき事はやらせて頂きますぞ。

・・・申し訳ありませんでしたな。


[背を向けたカンナギに頭を下げる]
[拳を握り締めたまま]


(まだまだ未熟の身なれど・・・分からぬ事ばかりの自分に腹が立つ・・・このままではいかんな・・・まだやる事はある。)

( 77 ) 2010/04/30(金) 03:31:01

花の子 グラジオラス

[シャルロットが自分の事を言っているのだと気付いてそちらの方へと手を振りながら]

シャルロット、私は私の戦いを起こしているだけだ。
何、少しばかり元気な花がこちらに来たがっているのを宥めているだけだからそんなに気にするな。

[そんなに頑張っていないぞ、と笑って見せた]

( 78 ) 2010/04/30(金) 03:32:30

爆裂正義団 ドンファン、メモを貼った。 メモ

( A12 ) 2010/04/30(金) 03:35:18

ジャスティス急便 カンナギ

やらせない。

[頭を下げたドンファンに、きっぱりと告げる]

さっき言ったつもりなんだけどな…
ただ目の前にある壁をぶん殴ろうとしてるだけの君に、そんな大きな力は振るわせられない。
舟の処分には、あっちを使う。

[告げて、示したのは、暴走する超時空ジェネレーター]

少し危ない賭けになるけどね。
タイミングさえ間違えなければ上手くいくはず。

( 79 ) 2010/04/30(金) 03:43:58

ジャスティス急便 カンナギ、メモを貼った。 メモ

( A13 ) 2010/04/30(金) 03:45:52

諜報員 シャルロット

[強がりなのか、本当なのか判断しがたいグラジオラスの言葉>>78に対して]

私はグラジィちゃんと一緒にがんばりたいのぉ。
その為には、二人がここでボコスカやってるのが邪魔だっただけなのぉ。

[当事者の『二人』が聞いている事など気にせずに、そんな不満をもらす。
そして、青薔薇へ視線を向ける。]

( 80 ) 2010/04/30(金) 03:49:31

爆裂正義団 ドンファン

[カンナギの指し示す方角に頭を上げると]
[先程までは漏れる程度にしか発していなかった次元の光を―――盛大に撒き散らす、暴走をはじめた機械]
[低い声でその場の全員に告げる]


・・・待て。


全員動かないでくれぬか・・・危険すぎる・・・頼む。


[意識を集中させると、己の持つ力と溢れ出る光が共鳴する]
[驚愕の表情を表し呟く]


これは、次元の力が・・・暴走を始めている・・・!?

( 81 ) 2010/04/30(金) 03:53:49


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (5)

爆裂正義団 ドンファン
コミット済 42回 残451pt 飴
青薔薇の幻影
コミット済 33回 残1006pt 飴飴
花の子 グラジオラス
コミット済 22回 残811pt 飴飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 32回 残486pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 37回 残609pt 飴

犠牲者 (6)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)
国防神父 ギルバート (6d)
道具屋 真アニュエラ (7d)

処刑者 (5)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)
魔砲師 カルロ (6d)
謎の少女 メイアル (7d)

突然死者 (0)

見物人 (1)

勤め人 アリア
15回 残1228pt 飴飴

退去者 (2)

高校生 ユーイチ (5d)
浮いてる何か (6d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.21 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■