人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


花の子 グラジオラス

―回想・箱舟内部―

――らしくもない事をするから天変地異が起こったんだ。

煩い!私とて平和を祈りたい時くらいある!
ようやっと帰って来たんだ、今度離れ離れになってしまったら…もう二度と逢えん気がする。
いや、そうならん為に私が護ると言うのだがn

[その言葉は最後まで言い切ることが出来なかった。
突然の風圧と急激な上昇による重力にほんの一瞬だけ死線が見えた。それは一度だけ味わった、あの慣性の法則を無視した…カンナギのジャス天号の上]

( 33 ) 2010/04/29(木) 21:55:05

爆裂正義団 ドンファン

[変わらぬ笑みを浮かべながら]
[逃げる空間を塞ぐかのように連激を叩き込む]


オオオオオオオオォォォォォォォォォッッッ!!!

<< 爆 裂 乱 舞 !!>>


[僅かな隙間を最小の被害で潜り抜けるカンナギの姿を追い]
[ニヤリと、かの者が浮かべるような笑みで]

受けてみなされっ・・・これが受け継いだ拳!!


<<炎 獅 子 咆 哮 !!>>


[繰り出されるは闇の雷ではなく炎の獅子であったが、それは紛れも無く魔王が得意とする技!]

( 34 ) 2010/04/29(木) 21:59:05

青薔薇の幻影

―玉座の間―
 
[目の前で繰り広げられる決戦を、ユーリは固唾を飲んで見守っていた。いつぞやとは違い、止めても無駄なのだと。離れてゆくカンナギの背中が語る。]
 
 
[しかし、それでも。見ていられなくなったら、間に飛び込む心算で。]

( 35 ) 2010/04/29(木) 22:08:59

ジャスティス急便 カンナギ

探してる間に、時間がなくなるかもしれない。
試してみても、見つからないかもしれない。
結果を見ていたはずの道が、いつの間にか逸れてるかもしれない。

[ドンファンの言葉を一つ一つ否定するように。放たれる連激を、いなすことなくかわしていく]

それとね。

[にやりと笑う顔に返すのは、ひどく冷えたような声]

自分が真っ向勝負を挑んだ相手が、いつだって真っ向勝負で応じるなんて思わないこと。

[なにしろ自分は魔王の城を焼き払おうと提案した張本人なのだし。
理由と目的が揃っているのなら]

遅いよ?

[相手の裂帛の気合もかまわず、攻撃が届く前に飛び退り。回り込んだ背後から貫き手を打ち込むことだって、かまいはしない]

( 36 ) 2010/04/29(木) 22:09:03

爆裂正義団 ドンファン

全ては戯言と思って頂いて結構!
俺は勇者でも英雄でもなく、愚者でありますからなっ!

誰もが忘れ、捨て去ったものだとしても放っておけんのですよ!

[一切手加減無しで放った一撃が回避される]
[のを見越して距離を詰める]
[が、そこにカンナギの姿はなく]


それに、貴方こそ忘れておりませぬか?
俺がどこに所属しているのかを・・・

[振り返り]
[背後からの貫き手を両腕を受け止める!]

俺は爆裂正義団所属!
相手がどのような手を使おうとも、真っ向勝負は我等の領域! 信念! 有様そのもの! 語る必要すらないっ!

( 37 ) 2010/04/29(木) 22:31:09

花の子 グラジオラス

―回想・玉座の間―

[携帯電話を受け取っても、それがまず何の為の物体なのかを知らない。仕方がないのでシャルロットに留守電を聞いてもらって事態を把握する事にした。
…ジャス天号を降りてから]

なるほど、月下美人は常に先を見越して動いているのだな、承知した。しばらくの間身動きが取れなくなるが…何かあれば花の王がなんとかするだろうよ。

[留守電の内容を改めて聞き、どうすれば良いのかを把握したならば早速動くしかない]

この規模で私の意志を送るのは少々骨だが、月下美人が私を指名しているのであるならばしかと応えねばいかんな。

『伸び行く姿』コデマリ 私の意志を全ての種へと伸ばせ!
『私の思いを受け止めて』ハナミズキ 魔法の種よ、その根を下ろし無限の葉を広げ数多の花を咲かせろ、今すぐに、だ!!

[大鎌を床に突き立てて構え、遠隔の花言葉を紡ぐ。その言葉を聞いた種達が反応を見せるのはそれから約10秒後のこと。
箱舟のあちこちに撒かれた種を全て成長させるまで、しばらくの間何があっても顔を上げる事は出来なくなるだろう。
だからカンナギとドンファンの戦いが始まっている事に対してもどうともしようがない]

( 38 ) 2010/04/29(木) 22:32:31

爆裂正義団 ドンファン

[受け止めた腕をそのまま柔の右腕で持っていなし、投げ飛ばす]

カンナギ殿、先程からお喋りが過ぎますぞ。
俺は若輩者ですが、失礼ながら言わせて頂く。

・・・焦りの見える拳で、俺を倒せると思っているのか?
護りたい者がおるのならば、見得など捨ててかかってこい!


[着地したカンナギに向かって腕を構え、闘気を爆発]
[炎の獅子を再度腕に宿らせる]

ハアアアァァァァァァァァァァァァッ!!!

<< 爆 裂 闘 気 !!>>

<< 獅 子 炎 撃 !!>>


[炎弾が襲い掛かる!]

( 39 ) 2010/04/29(木) 22:41:13

ジャスティス急便 カンナギ

…いやごめん。意味分かんない。

[ドンファンと魔王の間にどのようなやり取りがあったのか、知る由もなく。忘れ去り、捨て去ったものが何をさすのかも分からずに。
いなし、投げ飛ばされた先で、その意味を問うようにドンファンを眺めて。首を振る]

放っておけないのはいいよ。
その気持ちくらいはわたしにだって分かる。
真っ向勝負にこだわるのだってかまわない。
それで君の理想にたどり着けるなら。
でもさ、ドンファンくん。
話、そらせようとしてない?

[闘気の炎弾? これならまだ、メイアルの放つ炎弾のほうが怖かった。
襲い来る獅子から身をかわし。返しとばかり、破壊痕の残る玉座の間から瓦礫を拾い上げ、超音速で投げつける]

( 40 ) 2010/04/29(木) 22:53:13

ジャスティス急便 カンナギ

焦りが見える?冗談。
わたしが手加減してるってことにも気づけない?
ほんとに見栄捨てる気があるなら、君はいまごろ衛星軌道でスペースデブリと対面してるよ。

[あくまで冷たく、ドンファンに言い放ち]

ねぇドンファンくん。
理想のために君が選んだやり方が正しいかどうか、考えたことあるの?

( 41 ) 2010/04/29(木) 22:53:27

花の子 グラジオラス

―現在・玉座の間―

[ドンファンとカンナギが殴り合っている間、グラジオラスの意識は箱舟中の魔法の種達に成長を呼びかけていた]

殻を破る力を与えよう、土がなくともその元に根を張る命を授けよう、水が与えられずとも我が命を届けよう、光差さぬ場所であろうとも真っ直ぐに伸びる支えとなろう。
我が望みは汝らの花、暴るる魔の力を引き込む力を欲す。

[大鎌から通して箱舟中へと走る魔力はやがて小さな花をあちこちに咲かせ、数を増やす]

チッ…あいつら、この時になっても互いに殴り合いとは暢気なものよ。

[悪態を付きながらも、詠唱は今も続けられている]

( 42 ) 2010/04/29(木) 23:03:17

爆裂正義団 ドンファン

[投げつけられる瓦礫を砕く!砕く!撃ち砕く]

この後に及んで手加減されるとは、これも俺の未熟さ故でしょうな。 その点については謝罪致そう。
が、焦りがないと言い切れるのですな?


[飛び来る瓦礫や破片やらを全て砕きながら]
[カンナギへと距離を詰めてゆく]

やり方が正しいかどうか?

[一歩]

理想に辿り着くために?

[一歩]

この後に及んで・・・何を言っているのですかな?

( 43 ) 2010/04/29(木) 23:31:11

諜報員 シャルロット

― 回想・箱舟内部 ―

[2人で並んで奥へと進んでいると『勝利』の花言葉が紡がれる]

ありが…

[言葉をかけようとした瞬間、大きな振動が起こる。
それが落ち着いたかと思えば、今度は突然襲いかかる超重力。
ようやく状況が把握出来たのはジャス天号の上だった。]

( 44 ) 2010/04/29(木) 23:42:42

爆裂正義団 ドンファン

選んだ道を各々進んできたからこそ、ここに居る。
それが正しいか正しくないかなど、分かりませぬよ。
間違っていたならば、いつかは誰かに正されるでしょう。
正しければ、どこかの誰かに賞賛されるでしょう。

それを己で判断するのは・・・傲慢ですな。

[いかにカンナギが飛び回ろうと、どんな物を投擲しようとも一歩一歩近付いてゆく]
[体勢は崩さない、崩れない]


俺の選んだ道が間違っていたのならば、今ここで、カンナギ殿の拳で正されるのが道理というものでしょうぞ!

我が使命、言葉で折れるほど薄くはないぞっ!!

[足を止め、大きく構えを取る]

( 45 ) 2010/04/29(木) 23:43:25

爆裂正義団 ドンファンジャスティス急便 カンナギに対して構えを広げる。

( A3 ) 2010/04/29(木) 23:50:56 飴

諜報員 シャルロット

― 回想・箱舟内部 ―

[カンナギは「ぐらじー!これを聞いて!」と携帯電話を渡すが、グラジオラスは対応に困っているようだ。]

私が聞きますっ!

[と、代わりに携帯を受け取りメッセージを確認する。]

さすがアニーさん。何だかずっと頼りっぱなしですね。

[グラジオラスにアニーからの伝言を伝え]

これが出来るのはグラジィちゃんだけだね。
私もホムちゃんの力を使ってサポートするから大丈夫。

[ジャス天号を降りて、改めてグラジオラスに直接アニュエラからのメッセージを聞かせる。
その間にもう一体のホムンクルスを召喚。]

このコは植物から作られたの。サポート能力を持っているから、このコを媒体として、人間の精神力を魔力に変換する事が出来るんだよ。
一人でこの箱舟にある種全てに意志を送るのは流石に大変だけど、二人でやれば大丈夫。とりおちゃんとジェリーちゃんは、その間に護衛をお願いね。

( 46 ) 2010/04/30(金) 00:03:03

ジャスティス急便 カンナギ

…この期に、及んで?
この期に及んだから、聞いてるんだけど。
そっか。わかんないか。

[ドンファンの言葉に。瓦礫を投げつけていた手を止める]

…そう。
つまり、君は。

[こぼれる声に混じるのは、ふつふつと沸く怒り]

自分の力を、振るうままに振るうだけってわけだね。いつまでたっても。

[構えを取った相手に。頓着することもなく。ただ、眺め]

ざけんな。
いつか?誰かに?甘ったれんな!!

[その構えから何が撃ち放たれるより早く、距離をつめ。その頬へ。拳を打ち込む]

( 47 ) 2010/04/30(金) 00:07:37

ジャスティス急便 カンナギ

君の持ってる力はそんなに優しくない!
そのくらいは分かんだろ!?
いまの君はただ目の前にある壁をぶん殴ろうとしてるだけだッ!!
その壁の意味さえ考えずにッッ!!

[言葉が吐き出されるごとに、一つ、二つ、拳が打ち出される]

言葉で折れないってンなら。
全部終わるまでそこに埋まってろ。
いまの君に、予言も世界もゆーも、任せらんない。

[吐き捨てるように、告げて。いつかカルロを空中に埋めたように。全方位からの瓦礫が、ドンファンを埋め尽くそうと降り注いだ]

( 48 ) 2010/04/30(金) 00:07:48

爆裂正義団 ドンファン

[ただ疾く打ち込まれるだけ、その拳の凶悪な事]
[意識を集中させてなお、喰らう以外の術はなく]

っぐ・・・ぉ・・・ぅ・・・出来るではありませんか。
貴方にも私情を垂れ流して闘う事が。

[拳を喰らう事さえ分かっていれば耐える事は可能]
[後ずさりはするものの、吹っ飛ぶ事はなく]


そうですか・・・それで、続けてくだされ?
終わりではありますまい・・・?


[挑発のように紡ぐ言葉へ対応するかのように、投げつけられる瓦礫が全方位から迫りくる!]
[―――全弾命中]

( 49 ) 2010/04/30(金) 00:16:22

花の子 グラジオラス

―玉座の間―

[シャルロットも一緒に、と言っていたのを少し不安に思いながら決して限界を超えるような事にはならないよう、と願いながら二人で種に力を与えている]

そういえば、あの時は私が護られる方だったのだよな。
もしかしたら…それはずっと変わっていないのかも知れん。今もお前を護ると言っているが、常に支えてもらってばかりだからな。
…言っておくが、それが嫌だとかそんなものではないぞ。

[花壇に居た頃を思い出す。水を与え、時には悪天候から守ってくれたのは常に少女だったな、と]

箱舟に生きる魔法の花よ、大輪の花咲かせる歓喜を知るが良い!!

[一声。その一瞬、箱庭中の魔法の花が満開になった]

( 50 ) 2010/04/30(金) 00:29:40

勤め人 アリア

−幕間・喫茶まろん(中立亭)−
『姐さん、こっちミックスサンド追加でーっ』
『皿は自分らで下げやしょうか?』
いや、その、ねえさんって、止めて貰えないかしら……。お皿はお願いできると助かるかな。
「お姉ちゃんこわいの……」

[子猫はまだ、ぷるぷる震えながらべそをかいていて、チワワ怪人に慰められていたり。
ぷるぷるぷる]

あ、サクラソウにお水あげなくちゃ……お花の人、そう言えば如何してるかしら。

[ふと窓辺の鉢植えに眼をやり、はふ、と息を吐く]

初恋、かぁ。
『恋ですか』『桃ですね』『ニヨと聞いて』『恋バナまだー?(AA)』
わ、なな、ななな、なんですかっ!

[うろ覚えの花言葉を口に載せて遠くに思いを馳せようとしたら、一般中立善悪問わず、恋バナの気配に食いつかれたり。

ここは、みなが集う中立亭。そして恋に垣根無し――]

( 51 ) 2010/04/30(金) 00:32:04


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (5)

爆裂正義団 ドンファン
コミット済 42回 残451pt 飴
青薔薇の幻影
コミット済 33回 残1006pt 飴飴
花の子 グラジオラス
コミット済 22回 残811pt 飴飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 32回 残486pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 37回 残609pt 飴

犠牲者 (6)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)
国防神父 ギルバート (6d)
道具屋 真アニュエラ (7d)

処刑者 (5)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)
魔砲師 カルロ (6d)
謎の少女 メイアル (7d)

突然死者 (0)

見物人 (1)

勤め人 アリア
15回 残1228pt 飴飴

退去者 (2)

高校生 ユーイチ (5d)
浮いてる何か (6d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■