人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


諜報員 シャルロット

[二人が地上に降り立つと、ドンファンが駆けてきて、箱舟の話を聞く]

箱舟ですか、私も存じ上げませんね。

[自然に会話に交じっていたが、ドンファンが見覚えの無い相手へ対しての視線を感じれば]

はじめまして。ルピナスと申します。
こちらの協会の方に所用がありまして、グラジオラスさんと一緒にこちらに参りましたの。

[と簡単に(偽名で)自己紹介をするだろう。]

( 88 ) 2010/04/28(水) 00:57:47

花の子 グラジオラス

[シャルロットが箱舟について解答するのに頷いて]

私達は空を飛んで来たのだが、飛空挺には気が付かなかった。落雷や隕石は確認出来たのだが…あちらの方は大分と落ち着いてきたようだ。

[遠くに見える煙の跡を見上げ、再び向き直る]

それでドンファン、お前の方は此処に何用で?

( 89 ) 2010/04/28(水) 01:03:23

道具屋 真アニュエラ

[ソファに寝そべり、脚を伸ばして考える]
[例えば、グラッジィとシャルが持って返るだろうテクノロジーで、あの箱舟ごと消してやるのはどうかしら]

[否]

[箱舟は落とさなければならない]
[メイアルの野望の象徴であるあの箱舟は、目に見える形で、完璧に破壊されねばならない]
[それも、一般人への被害なしで]
[困難だが、不可能ではないだろう。カンナギは、敵まで助けてしまう正義であるし]

[ただ、相手はあのメイアルだ。そううまくはさせてくれないだろう]
[箱舟が落とされるなら、町の中心へ落として甚大な被害を及ぼすか、箱舟ごと爆破でもして、被害を広げるか]
[あらゆる状況を想定しろ]
[そして、その全てに対処しろ]

あたしはアニュエラ。
世界一美しい女。
そして、世界一優しくて強いヒーローの、意思を継ぐ者。

( 90 ) 2010/04/28(水) 01:10:06

爆裂正義団 ドンファン

む、そうか。
俺はこの11支部に情報を貰おうかと思って来たのだが、なにぶん取り込み中のようでな・・・何も分からない状態なのだ。

なにやら「異次元」「箱舟」などと単語が飛び交っているのだが。

>>89花の子から何故ここにいるかを聞かれれば返し、隣にいる少女から挨拶をされれば不思議そうな顔で]

はじめまして・・・?

何を言っているのだお主、何度も中立亭で会っておろうが。
そういえば普段と服装が違うようだが・・・いゃ、それは「れでぃーのみだしなみ」というものであったか。
からかわんでくだされよ、シャルロット殿。

[ハイパー鈍感な男だが、何故か変に鋭かったりした。 あれこれと言い繕うシャルロットを見るならば「じょせいのみだしなみ」に納得して特に追及しないだろう]

( 91 ) 2010/04/28(水) 01:10:06

青薔薇の幻影

―回想・アニュエラの店〜―
 
[一息つく間もなく、襲いくる地震・雷・火事・オヤジ。>>37]
 
はいッ!
 
[即座に、蜻蛉返り。
 倒壊家屋80件、落雷被害22件、隕石7個>>59。そしてオヤジが68。]
 
 ゆらめく波紋《フラクトゥス・ウェイヴ》
 
[ゆらぐ波紋の与える守りで、衝撃を拒否。 一方そのころ、火星探査機*07ボルチモア・チョップ*26(50)号がシベリア虎の化石を発見したのだが、そのニュースが町へと届くのはもう少し先の話。]
 
……どうやら、ここらで打ち止めみたいですね。

( 92 ) 2010/04/28(水) 01:10:48

謎の少女 メイアル

>>85
[彼の言葉に、ノアの軍勢は一瞬虚を衝かれたようになるが。そこは歴戦の兵共、問答無用とばかりにカンナギに兵力は殺到していった]

……ここは通すわけには!

[それは、新しい主人とはいえ。歓心を買う事が役目の彼らの、最後の抵抗だったのだろうか]

( 93 ) 2010/04/28(水) 01:15:53

諜報員 シャルロット

[今回の変装にはかなり自信があったが、ドンファンには気付かれてしまったようで>>91
内心動揺していたが、変に取り繕うと怪しまれるので逆に開き直ることにした。
口調や声色を元に戻して]

ふっふっふー。気付かれちゃいましたか、ドンファンさん。
せっかくおねーさんとお忍びデートをしようと思ったのにぃ。

[グラジオラスの腕に抱きつき…]

ねー、おねーさん♪
[アイコンタクトで合図を送る。気付いてくれるだろうか。]

せっかくのお忍びでーとなんだから、今見たことは他の皆さんには秘密ですよ。
少しでもしゃべった時には、喫茶まろんのカレーの中でも伝説中の伝説と呼ばれる……いや〜ん!思い出しただけでも怖いですー。

[あえて、いつも以上のハイテンションで接する事にした]

( 94 ) 2010/04/28(水) 01:21:47

花の子 グラジオラス

[シャルロットの変装は以前見たものよりも上だったはず、それを見破ったドンファンの眼力?それとも別の何か?に本気で戦慄を覚えた]

…バレていないと思って懸命に演技していたというのにあっさりと見破りおって。
まあそういう事だ、割と他に知られたくない事なのでな。黙っている方が身の為だ。

[シャルロットがこちらを見上げて来るのには何かを感じ取った。これは普通の上目遣いではない。ついでに花達にも警戒を呼びかける]

( 95 ) 2010/04/28(水) 01:26:27

ジャスティス急便 カンナギ

行かなくても。
ちょぉーっと、おせーかな。

[相手が如何に歴戦>>93と言えど。そも、彼らを相手にするつもりはあんまりないのだ。
飛空挺の主に話を聞いて。必要があればそれを止める。それが目的だったから。殺到する兵力は、相手にすることなく、跳び越えて。
…まぁ。先頭に立って向かってきたやつの顔には思いっきりタイヤ痕がめり込んだけど。そのくらいは大目に見てもらおう]

…抜けないとこに引っ掛ける…だったかな?

[呟いて。飛空挺の甲板のど真ん中を狙い澄まして]

ゆー、フォローお願い!

[一応、直下は瓦礫。確認はできていたつもりだけど。必要があれば氷の防御壁で誘導してほしいと。一声かけて。
大気圏をやすやす突破できる速度で投げ出された鉤爪は。巨大な飛空挺を撃ち貫いて伸び、ジンロウ町の中心をなす市街地の。いまは瓦礫と成り果てたそこに、突き立っただろうか]

( 96 ) 2010/04/28(水) 01:27:32

青薔薇の幻影

―回想・つづき―
 
……!
カンナギさんっ、あれ!
 
[ユーリの指先が、天を指す。
 
 ……そこには――――……]
 
 
 
 
 
――…… 愚かな。
 
 
 
[呟いた詞は、聲になっていただろうか。

( 97 ) 2010/04/28(水) 01:34:17

道具屋 真アニュエラ

[異次元テクノロジー]
[彼女はそれを得た。それこそが、付け入る隙ではないか]
[まだ、はっきりと思いつきは形にはなっていないが]

……ナギ君、うまくやってくれたみたいね。
[チリン、と鈴の音が聞こえたのに、首尾を知って]

あら、アナタ達、まだいたのね。
[そこでふと、店の隅に縛って転がしてコピ&ペを思い出し]
[店の入り口から蹴り転がしておいた]

メイアはもう、アナタたちのような小物を相手にはしないと思うんだけど……。彼女、結構執念深いみたいだから、命が惜しかったら、さっさと逃げることね。
[アドバイスを投げて]

( 98 ) 2010/04/28(水) 01:38:05

ジャスティス急便 カンナギ

さてっ…っと。

[一応、注文いただいたジャスティスは、果たした…はず。たぶん。ふたたび甲板に着地して更に殺到してくる魔物たちへと、向き直る]

お仕事大変そうだね。
お互い…にっ!

[声をかけつつ。急加速。
未だ出てこないって事は、“責任者さん”は玉座の間にでもいるのだろう。となれば。
仮にそこまで一足飛びでたどり着いたとしても、この連中は後から追いついてきて襲い掛かってくるわけで。
なら、ここで、それなりに相手はしておかなくちゃダメってことなのだろう。たぶん。あるいは、舟が繋ぎとめられたことで、責任者さんが出てきてくれたら助かるんだけど]

苦情はまたあとでねー。

[言いつつ。超音速の衝撃波を伴う自転車が、甲板の上の勢力を、なぎ払っていった]

( 99 ) 2010/04/28(水) 01:44:11

爆裂正義団 ドンファン

[シャルロットの様子には首を傾げて不思議そうな顔を返しておき、グラジオラスに向き直る。 何かを警戒されていても、そこは全く全然これっぽちも気付かない。]

お主達も11支部に用があって来たのであろう?
丁度俺も顔見知りがいなくて少々心細かったところだ。
良ければ一緒に中で話を聞かせてもらえないだろうか?

次元の力・・・異次元てくのろGとやらが暗躍してるようなのでな。


[そう言い残して11支部内へと入っていく]

( 100 ) 2010/04/28(水) 01:44:38

道具屋 真アニュエラジャスティス急便 カンナギアナタなら、うまくやってくれると思っていたわ。

( A7 ) 2010/04/28(水) 01:45:00 飴

青薔薇の幻影

 
 ― 匣舟を盲信(しん)じる聲 ―
 
――……愚かな。
箱舟など所詮は幻想。貴方たちは盲信の果てに幻想を抱き現世と混同しているに過ぎません……!
 
「おお、なんということ!」「聖女ともあろうお方が!」
「神の教えに背く其のお言葉……、まさに異端なり……!」
 
ええい、離せ!離しなさいッ!
 
「誰ぞ。誰ぞ。」「聖女を穢した者は、誰ぞ。」
 
私は穢れてなどいないッッ! 離せと謂うのが聞こえませんかッッ!
 
 
「 異端 を創りしは、また 異端 。」
 
違う。違う、違う、ちがう!
その人は。その人は、異端では――――

( 101 ) 2010/04/28(水) 01:47:10

道具屋 真アニュエラ

─元・聖ゲルト教会跡─

見なさい。
[復興作業を中断し、箱舟をうかがうゲルト教信者達に呼びかけ]
[杭につながれた鳥のようになった箱舟を、見上げる。いや、見下す]

あそこにいるのは、救世主なんかじゃない。
有限の力と命しか持たず、自分しか愛さない、
ただの『悪』でしかない。

彼女は、人々を別の場所へ連れて行くと言う。
すなわち。
それは、人々にここから立ち去れと言う命令の、言い換えにしかすぎないわ。
忘れてはだめ。
ここを、焼き払ったのは、彼女。

( 102 ) 2010/04/28(水) 01:47:33

青薔薇の幻影

―回想・飛空挺の下―
 
――………… はい。
 
[>>60凍れる藍(インディゴ)は宙を見つめたまま、頷いた。]

( 103 ) 2010/04/28(水) 01:51:29

道具屋 真アニュエラ

─市街地跡・瓦礫地帯─

ここは誰の町?
あたし達の町でしょう。
あたし達って誰?
ヒーローと、怪人と、そして一般人。
全員居てこそのジンロウ町。
一般人だけなら、普通の町へ行けばいい。正義だけなら、正義の拠点に、悪だけなら悪のアジトへ行けばいい。
全てが居るのは、どの陣営をも存在が許されるのは、ここだけ。ジンロウ町だけ。

なのにどうして、ここを立ち去らなければならないの?
ジンロウ町でなければ意味が無い。
誰もが存在を許され、戦いがあり、対立があり、毎日がハプニングと事件の連続で。
そんなこの町が、他にあるはずがないわ。

( 104 ) 2010/04/28(水) 01:54:37

花の子 グラジオラス

[実際の所、グラジオラスはドンファンが異次元てくのろGと言い出した事>>100に驚いていた]

…拳を振り上げて行くお前にしては珍しい所へと脚を突っ込むのだな。何がどうなってそうなったのだろうか。

まあ良い、こちらは使いで来ているので恐らくはすぐに通してもらえるだろうよ。

[ドンファンの後を追って受付へと向かい、正式なヒーロー・アニュエラの使いで来た事を告げると、向こうの方から出迎えにやって来た。流石アニュエラ、美しさは様々な出来事を良い方向へと向かわせる]

( 105 ) 2010/04/28(水) 02:01:15

諜報員 シャルロット

― ???? ―


『――断罪せよ』



『――排除せよ』


『――異端は排除せよ』


        いらないの。

 
          じゃまなんだもん。


  ――――いいかげんけしちゃってよ。

( 106 ) 2010/04/28(水) 02:10:33


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (7)

謎の少女 メイアル
コミット済 40回 残523pt
爆裂正義団 ドンファン
コミット済 35回 残389pt
道具屋 真アニュエラ
コミット済 44回 残413pt
青薔薇の幻影
コミット済 29回 残948pt
花の子 グラジオラス
コミット済 28回 残574pt
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 48回 残400pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 32回 残578pt

犠牲者 (5)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)
プロフェッサー JJ (3d)
初代魔法少女 トメ子 (4d)
魔王 (5d)
国防神父 ギルバート (6d)

処刑者 (4)

影 メルクリス (3d)
女幹部 エルヴァイラ (4d)
喫茶店マスター アンクル (5d)
魔砲師 カルロ (6d)

突然死者 (0)

見物人 (1)

勤め人 アリア
0回 残2000pt 飴飴

退去者 (2)

高校生 ユーイチ (5d)
浮いてる何か (6d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■