人狼物語(瓜科国)


468 英雄たちの挽歌〜決戦!ジンロウ町!!〜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人

全て表示


プロフェッサー JJ

……あれは?
おおい、外は危ないぞ!

[路上を走るピンクの耳が見えると、大声で叫んだ。
聞こえないだろうが]

( 34 ) 2010/04/21(水) 01:05:11

プロフェッサー JJ

……珍しい石を集めてるって言ってたっけ。

[シャルロットの姿が見えなくなるまで見守った後、
町の中を隕石の落下点を探して駆け回る]

しかし隕石に火炎……いつものクリーチャーはなしか。
どことなく風情にかけるの、魔王。

( 35 ) 2010/04/21(水) 01:09:20

プロフェッサー JJ、唐突に時間が止まったような気がした**

( A4 ) 2010/04/21(水) 01:10:06

初代魔法少女 トメ子

[時間が停止している間に救助は済んでしまったらしいが、それすらも把握出来ないので、あと5(5)分は止まったままである]

(他の者が動いてくれたのならば良いが……)

( 36 ) 2010/04/21(水) 01:16:34

女幹部 エルヴァイラ

―???―

「やれやれ……こんな姿、俺のファンには見せられないな……」

[髭面で咥え煙草の怪人が下水道を伝って、カルロがこの騒動の最中に活動している場所へ]

「ターゲットは魔銃使いの魔法使いか……。本来なら正々堂々と勝負したいところなんだがクライアントの希望じゃ仕方がない。せいぜい背中を襲わせてもらうとしますか」

[マンホールが少しだけズレてそこから顔を覗かせ、黒光りするライフルの照準を隕石騒動に対応するカルロに合わせる。悪意も敵意もまるでない、悪戯小僧のような狙撃はサプレッサーを通し、銃声を乏しく少年を付けねらう。命中度は55%]

( 37 ) 2010/04/21(水) 01:21:56

女幹部 エルヴァイラ

「そんじゃ、失礼するぜ」

[命中したかは確認せず、そそくさとその怪人はその場を後にした]

( 38 ) 2010/04/21(水) 01:23:52

プロフェッサー JJ

[遠くから轟音が聞こえる]

……また保険屋の出番じゃな。
ま、日々の戦いはあやつらに任せておけば平気じゃろ。

[数日前に比べて、町での生き方に慣れてきたようだ]

( 39 ) 2010/04/21(水) 01:25:32

ジャスティス急便 カンナギ

[改めて確認する。
隕石は、いくらかは潰したし、一つは受け止めたし、ほかのも少なくとももう落ちては来ない。いくらか落ちたのもあるようだけど…それぞれに迎撃されたと思いたい。
火事は。一通りの救助は手伝ったことだし、たぶんあとは一般の消防の人たちががんばってくれるはず。
雷は。…今目の前でビルが崩れ落ちた。助けられるだけの人は助け出したし…瓦礫の中に誰かがいたとしたら、自分の力で掘り出すことはできない]

…ってことは、だよ。

[ぐるりと視線をめぐらせ、先ほど火炎球が跳んできたほうへと向き直る]

ジャスティスお届けしないと、ね。

[ぐい、と軍手をはめなおし、自転車に足をかける。
そのころにはもう、ばーちゃんも動き始めていただろうか。
流れる時間の中にいる身では、止まった時間があったことさえ気づくことはできなかったから、その危機にも、気づくことはなかった]

( 40 ) 2010/04/21(水) 01:26:01

青薔薇の幻影

―まだ回想中―
 
[手を振るカンナギ>>1:723に]
 
はい。 行ってらっしゃいませ。
 
[と微笑みを向けた。
 
 ……――それが、最期の別れとも知らずに…………
 なんてことになるかどうかは、天のみぞ知る。]
 
[去ってゆく面々を見送り。
 ジンロウニュースは聞いてるようで聞いてなかった。『本体』の方に異変は、いまのところ、ない。っぽい。]

( 41 ) 2010/04/21(水) 01:27:48

プロフェッサー JJ

[どうやら周囲に危険はないようだ。
落下した隕石を丹念に調べている]

……なんじゃ、つまらぬな。
この隕石、天然物ではない、単なるまがい物かや。

[興味を失ったように破片を投げ捨て]

滅びの美学をわかっておらん。

( 42 ) 2010/04/21(水) 01:30:27

勤め人 アリア

−喫茶まろん(中立亭)−
[「ナ、ナンダッテー!! Ω ΩΩ」なあれやそれを、本気にしたのかしないのか。
そんなこんなで眺めるテレビには綺麗な花火……]

ち、違うわ。隕石って4(10)回目くらいかしら……。
「みんな燃えちゃうの?」
最後に見た時は確か、破壊消防しつつ、世界の4番バッター夢の競演で町に平和が戻ったんだったかしら?

[どんな平和だ。
勢い良く、あるいは密やかに店を後にする者たちを見送って]

今回も無事に終わるといいのだけど。
「みんなは大丈夫かなぁ」
あちこちにバトル避難所があるから大丈夫だと思うけど……。この町全部がおじさんの店になっちゃえばいいのにね。
「流れ星にお願いすれば、願いがかなうんだよ!」
流れ星は沢山降ってきてるみたいだけど……ねぇ。

[願いを叶えてくれる星ではないだろうということが判っていても、願いを聞き届けてくれればいいのに……そう思わずには*いられなかった*]

( 43 ) 2010/04/21(水) 01:33:51

諜報員 シャルロット

― シャルロット自宅兼本拠地 ―
「やっぱえらいこっちゃー!!」

だから落ち着けです、トゲヤマさん〜!(スパーン)
こっちも隕石が降って来たり火が降って来たり雷が降って来たりしていろいろ大変なんですよ。

「ああ、そうか。それは大変だ。あー大変だ。だが、どうせお前の事だからなんだかんだでヒョイヒョイかわして無事なのだろう。
大変だ。あー大変だ。って、そんな事言うとる場合ちゃうねん!

わが組織で研究中だった、“異次元テクノロジィ”の情報が外部に持ち出された形跡がある。」

あんですとーっ!?もしや、割と重要(>>1:197)ってその事ですか?

「うむ。その通りだ。犯人に目星はついている。研究班班長のポークが突如姿を消した。
お前がいるジンロウ町には、“異次元テクノロジィ”を完成させる為に必要な何かが隠されている。ポークも恐らくそれを狙ってジンロウ町へ向かったのだろう。」

えー、それを探すのが私の任務なのに〜。信頼されてないんですね。(しくしく)
で、今度はそのポークさんを探せと?

( 44 ) 2010/04/21(水) 01:36:54

青薔薇の幻影

―まだまだ回想中―
 
[ぼやくような店主の言葉>>20に、なんとなく頷いてみる。魔王の仕業であれば、いつものごとく「――ッッ!」とかなるはずである。
 のん気に注文した団子を頬張る。ちなみに 1.抹茶 2.餡 3.ごま 4.さくら 4(4)味。]
 
 
とっても美味しいです。
 
[もぐもぐ。]

( 45 ) 2010/04/21(水) 01:37:35

諜報員 シャルロット

「うぐ……、そのつもりだった。のだが、状況が変わってしまってなぁ。
つい先ほど、こちらから飛ばしていた追跡機がこんがりと焼き豚になったポークを発見した。
……までは良かったのだが、見つけた瞬間にポークが消えてしまったのだよ。どーも、異次元テクノロジィ(完成版)で飛ばされたようだなぁ。」

なんですか、それは。

「まぁいいから聞け。どういう訳か、ポークが消えたのにも関わらず、異次元テクノロジィの反応がジンロウ町に残っているんだ。

あくまでも仮説なのだが、誰かがポークから完成テクノロジィを奪ってそれを利用してしまったのかもしれんなぁ。
そして、お前さんに集めてもらった情報から総合的に考えると、その町にいる誰かさんが未完成のテクノロジィ起動装置を作ってくれるだろう。

後は、成り行きに任せて何とかしてくれ。

【完全版異次元テクノロジィの使い手がジンロウ町に残っているかどうかを見極めること】はこちらで調査出来る。

ビバッ!ご都合主義っ!!検討を祈る。(プツッ)」

ちょっっ、まっっ、あほーーーーーーーーーーーーーー!!
はぁ、厄介なことになったのです……。

( 46 ) 2010/04/21(水) 01:39:11

ジャスティス急便 カンナギ

―ジンロウ町中心部―

ちわー、あなたのところへジャスティスお届け!
ジャスティス急便ですー…って、おねーさん?
それにいつかのおにーさんも。

[自転車を飛ばして向かったその場にあった、見知った顔に驚いたような声が漏れる]

んーと、できればあんま迷惑になるような魔法とかやめてほしいんだけどな。
お願いできない?

[二人を前に口にしたのは、場違いな依頼の言葉]

( 47 ) 2010/04/21(水) 01:40:27

プロフェッサー JJ

奴等の争いは、所詮日常のヒトコマに過ぎぬ。
誰かも言っておった。争いなき世界など考えられぬと。
……じゃが、保険は多いほどよかろう。

正義と悪と、そんな不安定なバランスに頼らぬようにな。

案内せい。

[放っておいても何とかなるだろう騒ぎの中、去った**]

( 48 ) 2010/04/21(水) 01:40:57

初代魔法少女 トメ子、5分経って術が解けた時、アニュエラの姿はそこにあった*だろうか*

( A5 ) 2010/04/21(水) 01:42:27

女幹部 エルヴァイラ

―『明家計画』アジト―

[TVを見ながら、イライラと爪を噛む...。周囲の怪人達もそわそわと落ち着かない]

……不本意じゃ……じゃが、それしかないのじゃとすれば……

[その時に不意に彼女の元に電話。かの怪人からかと思えば、表示されているのは別の怪人から]

なんじゃ、どうしたのじゃ!
ん? ああ、いたのうそんな怪人が。それがどうしたのじゃ?
なに……なんと申した? もう一度言うてみい!

それがポーク班長じゃと!?

[複雑だった線が一本繋がろうとしていた]

( 49 ) 2010/04/21(水) 01:46:36

謎の少女 メイアル

[どこか場違いな様子のカンナギの言葉に笑みを見せて]

あらあら。
そんな事言われたって……ねえ?

[メルクリスと2人で顔を見合わせて薄く笑って見せて。]

こういうことをされると困ると言う事かしら?

[わざとらしく生み出された新たなる火炎弾。それを無事だった民家のひとつへ向けて打ち出して行った]

くす、いまさら言葉だけで止まるものでも無いでしょ?

( 50 ) 2010/04/21(水) 01:49:28

プロフェッサー JJ

― 町外れのアジト ―

[地下深くへと続く狭い階段を降り、しばらく薄暗い廊下を歩く。
やがて石をくりぬいて出来たようないくつかの部屋が見える]

……ふむ。ま、こんなもんじゃろ。分相応じゃ。
大きすぎてはいつ襲われんとも限らんし、身軽でなくてはいかん。
ただ、のう。セキュリティについては、後で首領と話すことにしよう。

して、例のブツはいずこじゃ?

( 51 ) 2010/04/21(水) 01:50:53


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (15)

謎の少女 メイアル
28回 残750pt 飴
初代魔法少女 トメ子
コミット済 36回 残652pt 飴飴
影 メルクリス
0回 残2000pt 飴飴
国防神父 ギルバート
コミット済 38回 残824pt 飴飴
爆裂正義団 ドンファン
25回 残709pt
魔砲師 カルロ
コミット済 32回 残634pt 飴
喫茶店マスター アンクル
コミット済 38回 残681pt 飴
道具屋 真アニュエラ
コミット済 33回 残613pt
青薔薇の幻影
コミット済 36回 残1047pt 飴
魔王
コミット済 27回 残912pt 飴
女幹部 エルヴァイラ
コミット済 25回 残985pt 飴
プロフェッサー JJ
コミット済 31回 残1113pt 飴
花の子 グラジオラス
コミット済 31回 残747pt 飴飴
ジャスティス急便 カンナギ
コミット済 45回 残327pt 飴
諜報員 シャルロット
コミット済 42回 残364pt 飴

犠牲者 (1)

中堅怪人 ポーク班長 (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

見物人 (3)

勤め人 アリア
5回 残1734pt 飴飴
浮いてる何か
10回 残1692pt 飴飴
高校生 ユーイチ
5回 残1765pt 飴

退去者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■