人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ウートラ

はじめまして

( 122 ) 2010/08/17(火) 09:24:08

イライダ

― 湖→宿 ―

[からりからりと音がする]

 ?

[少しづつ近づいて、そして止まった音。
思わずそちらの方を見やれば]

 あら、あれは
 イヴァンと…オリガかしら。

[彼の近くにある台車。
音の正体はそれと知り、なるほどとばかりに頷く]

( 123 ) 2010/08/17(火) 14:28:16

イライダ

[薪を買う時などにはイヴァンと。
休憩時間に宿に来た時などにはオリガと。
すごく頻繁に、では無いけれども、話した事がある。

どちらからだったろうか。
それともイヴァンとオリガが一緒にいた時だろうか。
二人は幼馴染だと、そう教えてもらった為に、二人の組み合わせには特に疑問を感じる事も無く]

( 124 ) 2010/08/17(火) 14:33:03

イライダ

[水車小屋の近くで柔らかい表情で話す二人の様子を、少し離れた場所から目にして]

 ふふ
 邪魔をするのは無粋ってモノかしら。

[くすりと微笑みながら、宿に向かって歩く。

玄関前ポーチで、雪と一緒にコートについた寒さを払うように、ぱたぱたとしてから。
綺麗な細工がなされた扉を、静かに開いた**]

( 125 ) 2010/08/17(火) 14:34:38

ミハイル

[父と母はどこにいるのかと、尋ねたことがあった。]
 
[好きな花だったのかどうかは、知らない。]
[それでも、祖父がいつも置いていたから。]
 
 
[灰が落ちた。]

( 126 ) 2010/08/17(火) 16:27:51

ミハイル

[俄に陽が沈みはじめた。]
[見上げた空に。
 鬱陶しそうに、目を細め。]
[銜えていた煙草を捨てた。]
 
また、来るな。
 
[紫煙を吐き出し。]
[湖に背を向ける。]
 
 
 
[足が向かう先は、住み慣れた家。]
 
**

( 127 ) 2010/08/17(火) 16:28:34

サーシャ

[無理をするなといわれれば、素直にうなずいて見せただろうけれど、いったん戻ろうとのロランの言葉に緩く首をふる>>120

井戸、近くにありましたよね?

[子供の足ではひどく遠く感じたけれど、少し足を延ばせばたどり着くはずだった。

確かめるようにロランに問いかける]

つれてってください。

[ロランから肯定の言葉がかえったなら、そうねだる。

大丈夫なのかと問われたなら、心配ないと答えたろう。

特になにがしたかったわけでもないのだけれど―]

( 128 ) 2010/08/17(火) 20:19:15

サーシャ


ありがとうございます、兄様。

[わがままにつきあってくれたことに礼を言う。

台車をひくカラカラという音は、耳に届いたとしても気のせいと片付けけられるほどに遠く]

こんなに近かったんですね。

[なにもいわず、ただつきあってくれるのがありがたく感じる。

井戸の縁をそっとなでて、深遠をのぞき込む。

どこか吸い込まれそうでふらとよろけたなら、再度戻ろうとの言葉がロランからかかる]

( 129 ) 2010/08/17(火) 20:22:58

サーシャ

[今度は素直にうなずく。

わずかに赤らんだ顔は寒さにさらされたせい]

戻りましょう。
わがまま言ってごめんなさい。

[宿へと帰る―赤光があたりを染める頃]

( 130 ) 2010/08/17(火) 20:27:15

サーシャ

[知識として井戸があることは知っていたけれど、なんだか幻のように思えたのだ]

ああ、やっぱりちょっとはしゃぎすぎたのかもしれません。

[宿の前に着いたなら、わずかに咳き込む]

( 131 ) 2010/08/17(火) 20:29:57

サーシャ、ロランと共に暖かな*宿の中に*

( A14 ) 2010/08/17(火) 20:35:17

ドラガノフ が参加しました。


ドラガノフ

寒いな・・・

( 132 ) 2010/08/17(火) 21:08:52

ドラガノフ

―湖―


まだこんな時間だってのにな。

今年は一層寒い気がするだな。

( 133 ) 2010/08/17(火) 21:13:00

ドラガノフ、湖の氷を砕いて釣りの準備..

( A15 ) 2010/08/17(火) 21:13:55

ドラガノフ、震えながらまだ釣りの準備中**

( A16 ) 2010/08/17(火) 21:21:07

イライダ

― 宿 ―

[暖かい宿へと入れば、従業員が一人やってくる]

 ん。
 役場から手紙を貰ったのだけれど……?

[従業員に鞄を持ってもらいながら食堂の方へ。
アナスタシアから「部屋は何処にします?」と言われれば]

 そうね……三階がいいわ。
 一度、そこから景色をゆっくり見てみたかったの。

[宿の三階、階段近くの部屋の鍵を渡して貰い。
先に手荷物を置く為に階段を昇り始める。
そのあたりで、ロランとサーシャが宿へ戻ってきたかもしれない]

( 134 ) 2010/08/17(火) 21:34:17

ミハイル

―自宅―
 
[ドアも閉めずに、そのまま机の傍へと歩みよる。]
[引き出しを開ける。]
 
あ?
 
[引き出しを開ける。]
[引き出しを開ける。]
[引き出しを開ける。]
 
……ねーな。
どこやったんだ……?
 
[掌におさまるほどの大きさの、木彫りの人形を手に取り。上着のポケットに突っ込む。]
[右、左、右、下。最後に後ろを振り返り。]

( 135 ) 2010/08/17(火) 21:53:00

ミハイル

あ。
 
[古びたテーブルの上の、練炭を手に取り。上着のポケットに突っ込む。]
[屈んで、その下に手を伸ばす。]
 
あった。
 
[それから立ち上がると。]
[拾ったそれを上着のポケットに突っ込み。]
[足早に、再び家を出た。]

( 136 ) 2010/08/17(火) 21:53:44

ロラン

― 井戸の側 ―

(サーシャはあまり出歩かないから、距離感が子供の歩幅のままなのかも知れないな)

[思っても口には出さず]

乗り出すのはいいが、落ちるなよ。

[代わりに、井戸を覗き込む彼女(>>129)にそんな事を言いながらその身体の傍らに立つ。すぐ手が伸ばせるだけの距離に]

( 137 ) 2010/08/17(火) 22:05:13


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
6回 残1000pt 飴
ロラン
38回 残1000pt 飴
フィグネリア
19回 残1000pt 飴
オリガ
14回 残1000pt 飴
サーシャ
27回 残1000pt 飴
ミハイル
33回 残1000pt 飴
イライダ
25回 残1000pt 飴
イヴァン
11回 残1000pt 飴
ウートラ
1回 残1000pt 飴
ドラガノフ
2回 残1000pt 飴
ナタリー
9回 残1000pt 飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.093 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■