人狼物語(瓜科国)


1881 【恋愛村:神楼学園高等学校13】R15


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


バレーボール部 富士山リサ

>>255

 そうだよ。かっこいいよ。かっこよすぎて、リサ、バカになっちゃいそうだよ?

 [すでにバカだとは言わない約束だよ?

 身体全身に誠一郎を感じる。でも、気を遣ってくれているのはなんとなく分かるのです]

 え?そう?

 [自分ではそんなに分からなくて。
 と、言われて気がついたのですが、今日はスカートでした。端から見たら、きっとあられもない姿になってる気がします]

 リサ...柔らかくは...ないよ。

 [抗おうにも、身体ごと押さえられてる状態です。しかも、マーキングまでされて。ごろごろされると、どうにも高揚してきます]

 誠一郎...。

 [誠一郎の首を抱く腕に力を込めます。このまま離れたくないとの思いを乗せて**]

( 257 ) 2018/10/10(水) 00:11:26

バレーボール部 富士山リサ、メモを貼った。 メモ

( A147 ) 2018/10/10(水) 00:12:53

Mr.BIG 藤井一鷹


 … … あ。

[ 渡された包みに入っていたのは、自分の髪と、そのはるか頭上を流れる雲の色。
 手を取る動きに身を任せれば、やがて包んでくる感触。

 夏樹のことは誰よりも女の子らしくて守りたいひとだって常々言ってきて――。
 会うたびにより女性としての魅力を際立たせる夏樹に、自分の認識がまだまだ甘かったと痛感してきて――やはり今日もまたそうだった。
 彼女から手編みの手袋なんて、想像だにしなかったまさに男の夢で。]

( 258 ) 2018/10/10(水) 00:25:08

Mr.BIG 藤井一鷹


 わ…っ!
 え、…あ、……ははっ

 マジ? これマジで? 上手ぇあったけぇ
 
 うわ、…うわ…すげ……しゅしゅしゅっ

[ 視認すればまじまじと見つめて、次いで手を裏返して反対面を確認して。
 両手を合わせてまとめて見て、指を折ってみたり、組んでみたり、なんか太陽にかざしてみたくなったり――やったことのないシャドーボクシングを始めてみたり。

 両拳を強く握って受け取り終わるまで、とにかく自分の手に馴染ませたくなって。 ]

( 259 ) 2018/10/10(水) 00:25:31

Mr.BIG 藤井一鷹


 ありがとう…!
 俺、嬉しいし幸せだし、プレゼントもらってばっかで悪いけど、そのぶん大事にするから!

 ……どう?
 あったかい?

[ 体を護り、彩ってくれるプレゼントをもらって最初に行ったのは。
 冷たい冬風が吹いてきたとき、その手袋をはめた腕で贈ってくれた本人を包むことだった。**]

( 260 ) 2018/10/10(水) 00:25:46

Mr.BIG 藤井一鷹


 ……って、余裕で聞けているってことは俺すげーあったかいのか
 嬉しさがビッグすぎて裸になっても寒くねーぞきっと

 
[ そこまで実践したらおそらく寒いのだろうが、手袋の効果を正確に知るには、嬉しさによる高揚が収まってからでないと難しいのかもしれない。* ]

( 261 ) 2018/10/10(水) 06:26:03

青春謳歌 一井夏樹

[一編み、一編み 心を込めて君へと編んだそれを、
身に着けてもらえる幸せよ
喜ぶ姿を見れば、自分の心もまた温かくなる

シャドーボクシングをする姿も
それほどまでに喜んでもらえるのか、と
胸を熱くする一助となったか

色々、馴染ませるように
感覚を確かめる様にしている貴方を見守って
その姿をもまた、自分は思い出の1つとして
目に焼き付けようとしていた]

( 262 ) 2018/10/10(水) 06:56:10

青春謳歌 一井夏樹

 ――気に入ってくれて、よかった
 ボクだって君に沢山、貰ってるよ。

[君が気づかぬだけで、ボクは君に
沢山たくさん、貰っているんだと笑いながら

手袋をした腕で包み込まれる感覚に

小さく、温かいとささめいて、君の胸元に身を寄せた
……とはいえ]

( 263 ) 2018/10/10(水) 06:56:19

青春謳歌 一井夏樹

流石に裸は、風邪をひいてしまうかもしれないよ?

[などと、悪戯っぽく告げながら

――来年はマフラーではなく、セーターにすべきか
などとこっそり考えるのでありました**]

( 264 ) 2018/10/10(水) 06:57:12

天真らん漫 誠一郎

>>257
[ふっと笑って]

リサがばかなん、オレのせいか?
オレはとっくにリサでいっぱいだよ。

[絡めた手足、一度解いて布団をかぶる。さっきより幾分か暖かい脚にまた触れて、ぎゅっとくっついた]

リサ。

[身体を、胸も腰も擦り付けるようにしながら、何度も口付ける。
ちょっと息が荒くなるのが恥ずかしい。お尻をぎゅっと掴んで]

柔らかいよ。 …可愛い可愛い、女の子だもんな。

[ちゅ、と音を立てて頬に口付けて、そのまま抱きしめる。
肩口に顔をうずめて、頬ずり]

( 265 ) 2018/10/10(水) 07:05:21

バレーボール部 富士山リサ

>>265

 わかんないよぉ。
 リサだって、もう、誠一郎でいっぱいだよ?

 [布団に二人くるまれて、少し暖かくなって、またぎゅっとしました]

 はぁ....。

 [誠一郎のぬくもりを全身で感じるのです。すぐにリサの身体はヒートアップして、冷たくなっていた四肢がむしろ熱くなってきます]

 誠一郎。暑いよ。

 [火照った肌に誠一郎の唇が這っていきます]

 好き。愛してるー。

 [何度も愛の言葉を繰り返すのです]

( 266 ) 2018/10/10(水) 08:26:51

1−B担任 ナタリア青春謳歌 一井夏樹に、卒業式で総代になることを伝えた。

( A148 ) 2018/10/10(水) 08:29:48 飴

1−B担任 ナタリア編集委員 上柚木悠は留年せずに卒業できるのかしら?

( A149 ) 2018/10/10(水) 08:31:32 飴

道徳委員 城島寛司青春謳歌 一井夏樹に、総代挨拶頑張れよ。南無。

( A150 ) 2018/10/10(水) 08:32:50 飴

道徳委員 城島寛司編集委員 上柚木悠に、留年しなれけばいいな。南無。

( A151 ) 2018/10/10(水) 08:34:48 飴

天真らん漫 誠一郎

>>266
[くっついて何度もキスしているのは、彼女の家のべッドの上。それは、昂ぶらない方がおかしい]

汗。 かいてる。

[いつのまにか背に回した手は服の下。背に浮かぶ汗を拭くように、指をつつ、と滑らせる]

その顔も、声も可愛いよ。 ドキドキ通り越してくらくらする。
けどもっと見てたいし、もっと聞きたい。 いー。

[ちょっと離れて、強く抱きしめた。そのままちょっとくすぐって身を離す]

…着替える?

[彼女の首から胸元に、人差し指を立てて下ろして行く。服にひっかけて、ぴんと弾いた]]

( 267 ) 2018/10/10(水) 09:12:22

バレーボール部 富士山リサ

>>267

 ....!

 [背に指の感触。思わずのけぞります]

 暑いよ。リサもドキドキしてる。心臓がパンクしちゃいそう。

 [それは、なんと形容して良いものか、例えば、決勝戦、デュースで1点先行の場面。このアタックが成功すれば、優勝。昂る心臓。手に汗を握る。

 そんな場面は何度か体験しましたが、そういうのとはまた違う、ゾクゾクする感覚を味わっているのです]

 リサもだよ。誠一郎の声聞きたいし、感じたい...。

 [もう、服もスカートも乱れてます。いっそのこと...と、自ら服を脱ぎ、ストッキングもまとめてベッドの下に投げ、下着だけになります]

 誠一郎も?

 [布団を深く被り、目だけ出して誠一郎を見ます]

( 268 ) 2018/10/10(水) 10:08:17

ゲーマー 桜井桃

― 三年生になった、ある日 ―

[あふぅ、と膝枕してもらいながら大あくび。
お腹もいっぱいで、まだ夜も浅いのにうとうとしちゃって。

あーでも寝ちゃうわけいかないんだよなあ。言わないと。
ぎゅって抱きつくようにして、身を起こした。]


 ……あーっと、さ。愛里ちゃん。
 ちょっとこれから、夜は忙しくなるかもしれない。週3日くらい。
 LINEとかできないとき増えちゃうかもだけど……いい、かなあ。

[おそるおそる切り出す。
僕だって嫌だけど、うん、しょうがないんだ。]


 プロチームのセレクション、受かった。
 2部リーグのサブだけど。練習が夜にあるから、さ。

( 269 ) 2018/10/10(水) 12:07:41

Mr.BIG 藤井一鷹


[ 小さくあたたかいと囁かれればもっとあたためたくなったり。
 悪戯っぽく微笑まれれば調子に乗りたくなったり。 ]


 いやいや、行けるって
 ほら!

 さみぃ……あっためて

 
[ おどけてダウンを脱いでみれば、冷たい風に晒されて無謀だったと知る。
 それでも直ぐに着たりはせず、シャツのまま夏樹に摺り寄ってちょっと甘えてみたり。 ]

( 270 ) 2018/10/10(水) 12:33:56

Mr.BIG 藤井一鷹




[ やがてダウンを着直して、次行こうと手を繋いで歩き出せば。
 その感触、というより得られた感動に目を丸く。 ]


 …俺さ、手袋したら夏樹の手が遠くなっちゃうと思ってた
 けど違うんだな、素手のときより近く思える……


[ 夏樹の想いが編まれた手袋を通して夏樹の手を握れば、2倍に増えたようなものでーーそのぶん想いが募って、いつもよりもっと寄り添いながら歩き出したろうか。* ]**

( 271 ) 2018/10/10(水) 12:34:47


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

V.副担任 薫子さん
4(15)回 残4462pt 飴飴飴
勇往邁進 藤野風音
15(15)回 残4013pt 飴飴飴
Mr.BIG 藤井一鷹
47(87)回 残960pt 飴飴
放送PC部 榊ユリ子
15(93)回 残2140pt 飴飴
バレーボール部 富士山リサ
55(180)回 残0pt 飴
天真らん漫 誠一郎
56(103)回 残1020pt 飴
青春謳歌 一井夏樹
57(130)回 残638pt 飴飴
編集委員 上柚木悠
16(151)回 残1591pt 飴飴飴
ゲーマー 桜井桃
54(77)回 残2314pt
厚生委員 鳥崎愛里
51(95)回 残2148pt
自然委員 昴
11(69)回 残2682pt 飴

犠牲者 (1)

道徳委員 城島寛司 (2d)
0(3)回 残4937pt 飴

処刑者 (2)

バスケットボール部 高田 (3d)
3(13)回 残4655pt 飴飴飴
1−B担任 ナタリア (4d)
0(51)回 残3788pt 飴

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■