人狼物語(瓜科国)


1881 【恋愛村:神楼学園高等学校13】R15


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


青春謳歌 一井夏樹

[誰よりも近くにある、顔
触れ合うことで感じる互いの熱は
高鳴る鼓動も、愛おしさもすべてを混ぜ込んで
全身に広がらせてゆく、ようで]


 ―― 一鷹。


[君の名を呼び、尋ねる君に自ら
唇重ね合わせようか

言葉よりも雄弁に、 愛を語らうために**]

( 179 ) 2018/10/09(火) 06:53:09

天真らん漫 誠一郎

>>166
 悪い事しねーよ。 大丈夫大丈夫。

[善悪は人それぞれ、とばかり。頭に軽く手を置いて]

 あえて寝てるみたいに言うな〜。 あとどんぐらい育つかな?

[結婚も近いし、姉の部屋はまだ家にあるので、よく家に来る。
線の細い印象の姉彼の前だとあまり強く出ない姉。可愛くて仕方ないらしい。
紅くなるリサの鼻を小突いて、食事>>167]

 いやいや、めちゃめちゃ期待してる。リサが作るから期待してる。

[そう、からかって。手を伸ばして頬を撫でる]

 外の飯より、家の飯より、一番食べたいのがリサの料理ー。
 味なんてどーでもいいって言ったら失礼だけどさ。作ってくれるのが嬉しいんだよ。
 それに味だって期待してるぞー、頑張れ。ハハハ。

( 180 ) 2018/10/09(火) 08:28:16

天真らん漫 誠一郎

[目当ての店へ行く途中立ち寄った女子っぽい雑貨屋。グラスや食器を見ていると店員から話しかけられて]

彼女でーす。

[そう言ってリサの肩を抱く。店員が下がった後]

高校生捕まえて新婚はねーよな。 結婚したらなんて呼ばれたい?
オレアレ嫌なんだよな。 ほら。 お互いをパパママって呼ぶやつ。

[母は父の名をさん付けで呼ぶし、父はちゃんづけで呼んでいる。姉は彼氏をあだ名で呼んでいる]

なんとなく、さ。

[寝間着を見ている時は、時に掴んでみたり、手を入れてぽん、と挟んでみたり。手触り着心地を見ているようだ]

何月から何月まで着れんだろーな、これ。

( 181 ) 2018/10/09(火) 08:46:47

天真らん漫 誠一郎

ってまー、柄ほっときゃ寒い間着ればいいのかも知んねーけど。

[選べと言われ、ゆるゆるのシャツともこもこのパーカーを見比べる]

ん〜。 リサ、あんまりこう言う甘々なの着てるイメージねーからこっちかな。
オレこれにしよう。

[もこもこを手に取る。パーカー、ショートパンツと靴下のセット。
自分には、対になるグレーと黒のラインの入ったパーカー。
もしそれはリサが買うと言うなら甘える]

んー? いいじゃん。 7月と12月。 半年一回くらい、さ。
オレ普段使わねーしさ。

( 182 ) 2018/10/09(火) 08:55:14

天真らん漫 誠一郎

[ケーキの大きさには『アレもうほとんどギャグだろ』と笑う]

家だしな。 そろそろ行くか〜。 写真撮ってこーぜ。

[ツリーの前のフォトスポット。列に並んで、一番前の人が撮ってあげる暗黙の了解に倣う。
前に居た親子を撮ってあげて、後ろにいたカップルの彼女の方に撮ってもらった。
『あ、もうちょっと下がってもらって…そこ!はい、じゃー撮りますね』
立ち位置に結構コメントをもらいつつ。1(5)枚撮ってくれた]

どーも。 おお、めっちゃいい写真。 ありがとっすー。

[2人で今日の写真を見比べたりして、自宅。逃げていった姉を笑い飛ばしていると、顔だけ出して『良い彼女出来たからってチョーシ乗んなよ!』と吐き捨てて行った]

せな、リサんとこのターくん可愛いぞ。 お前も遊んでやんな。

[学校では下級生にも同級生にも好かれているようだし、なんなら自分より早く打ち解けるだろう]

( 183 ) 2018/10/09(火) 08:59:21

天真らん漫 誠一郎

[富士山家では借りてきたというよりは庭で勝手に遊んでいる猫面で座っている]

クリスマスだし、ツリー見に行こうかっつってモール行ってきたんすよ。
でプレゼント買ったり飯食ったり…後一応家にも顔だけ出したりかな?
オレ割とピッチャー寄りなんすよね、どっちもで行きてーんだけど、投げんのオレが一番だから大体投げる側で。

[打席に立つ数が減っている…なんて話をしていると料理が並び始め]

腹減ってきた! ってか、おお。 おー。

[卓に並ぶ度に声を漏らして]

ご馳走か! いただきまーす!

[自宅では品数少なめで量が多い事がほとんどなので沢山おかずがあると嬉しい]

( 184 ) 2018/10/09(火) 09:05:21

天真らん漫 誠一郎

[腕相撲勝負、『よっしゃ、負けねー!1分は耐える!』と矛盾することを言いつつ、初戦ほ32秒で死んだ。
左手にしてもう一戦、84秒は耐えた。3戦目を始める頃に連絡があって。その頃は真っ赤な顔でぐでっていた]

うへー、全然勝てんわ。がんばろ、オレ…。

[そうしていたら、皆出て行く流れになったらしい。お客さんが来ているから、とリサを連れて行かなかったのは、母親が気を使ったか]

お前のお父さんくらいだと余裕だよな。 お姫様抱っこ。

( 185 ) 2018/10/09(火) 09:10:38

天真らん漫 誠一郎

[口数少なく、ちょっと固まったリサをじっと見る。薄く微笑んだまま]

大人しくなんなよ、照れるだろ。

[頬に手を置く。部屋に行こうと言う彼女に頷き]

そーすっか。 飯も洗いもんもしてもらってなんかわりーな。
なんども言うけど、美味しかったよ。 リサ飯。
また作ってくれよな。 なんでもねー日にも。

( 186 ) 2018/10/09(火) 09:13:21

Mr.BIG 藤井一鷹

[ 描いたのは、同じ想いのそれよりも未来で。
 タンスの奥に仕舞い込んだ白を皺を刻んだ手で懐かしんで取り出すとき。
 いつまでも愛する人を、初めて好きになったときに纏っていた姿をまた見たい、なんてせがんで。
 ーーそんな未来を守ると、律すると誓って。 ]
 

 夏樹…んっ


[ 名前を呼んだ瞬間に重ねられた唇。
 この、素直で情熱的な想いに幾度も心揺らされて。
 重ねあった愛をしばらく交わらせていただろう。 ]

( 187 ) 2018/10/09(火) 10:01:11

Mr.BIG 藤井一鷹

[ しばらくして、顔が離れればーー見つめたまま。
 抱擁していた腕の片方が背中から離れ、自分のダウンのポケットをごそごそと。 ]


 渡すなら今がいいかなって

 俺へのクリスマスプレゼント、もらってほしいんだ


[ 俺「から」ではないのが彼ゆえか。
 握り込んだ拳から夏樹の掌に落としたものは、金銀一対の鷹。 https://goo.gl/6byxMB ]


 夏樹の髪もすげぇ手触り良くて好きだけど、まだ何もしてあげられてないな、って思って
 ずっと傍に居られたら俺嬉しいな、って……


[ だから自分へのプレゼントなのだろう。
 鷹はその樹の髪に留まれるだろうか。* ]

( 188 ) 2018/10/09(火) 10:02:30

自然委員 昴

ー 新年 ー

[お正月はユリ子の家に呼んでもらえた。ぼくにとって、ちゃんとしたお正月って記憶にないもので。だから、高1のこの新年、ユリ子の家で過ごすお正月が羨ましく思えた]

誘ってくれてありがとう、ユリ子。

[ご家族にもお礼を言って。おせち料理や雑煮の食卓は、漫画やドラマでしか見た事がないものだった]

将来、ぼくとユリ子と、できるなら子供との正月はどんな風になってるんだろうね。

[今はおせち料理を作る家庭は減ってきていると聞くし、ぼくたちが新しく作る家庭は、ぼくとユリ子のふたりで新しく築いていきたいと思う。常識に囚われず、ひとつずつ。
意見がぶつかる事もあるかもしれないけど、きちんと話し合って]

ユリ子に出会えたから、明るい未来だけを考える事ができるようになったんだ。だから、ありがとう。

[隣に座る君の手を取って微笑む。ご家族が見てるのはわかっているけど、それでも伝えたくて]

愛してる。

[照れはするけどね**]

( 189 ) 2018/10/09(火) 13:18:58

バレーボール部 富士山リサ

>>185>>186

[流石に、現役消防士には勝てなかったようです]

それでも、持った方だと思うよ。
そだねー。パパ並になったら、お姫様抱っこできるかもねー。

[と、笑います]

照れるよー。二人っきりって、久しぶりだし。

[毎朝二人っきりじゃんと言われれば、そうなんですけど、部屋の中だと、また勝手が違うじゃないですか]

うん、そうだね。

[と、リサの部屋に入ると、ベッドに乗っかって、ぬいぐるみを抱えて、じっとします]

( 190 ) 2018/10/09(火) 13:58:02

放送PC部 榊ユリ子

─ 新年 ─
[小さい頃は親戚などが集まって賑やかにすごしていた正月であったが、いとこ達も大きくなり、いつしか集まることもなく、静かな正月になっていた。
それでも昴がいわゆるちゃんとしたお正月を知らないと聞けば張り切る大人が約二名。振り回される子供一人。弟はうまく逃げおおせた。]

 おせち料理もここまで本格的なのは小さいときに見て以来だと思うなあ

[なんて苦笑しつつも、和やかな食卓を囲む。]

( 191 ) 2018/10/09(火) 14:14:35

放送PC部 榊ユリ子

[昴にお礼を言われると]

 どうしたしまして、昴くんのためだと思ったら
 準備も楽しかったから。
 こちらこそ、来てくれてありがとう。

[親の前で堂々と将来の話をする昴。
娘さんを僕にくださいと昴が両親に頭を下げて、驚く自分の両親との紆余曲折を経て今があるがそれはまた別のお話。]

 いろいろ試してみてもいいよね。
 どこか行くもよし、家でのんびりでもよし。

[先のことはまだピンとこないところもあるから。
ゆっくり考えればいいと思う。
明るい未来だけを考えられるようになった。
その言葉の意味を知っているから。複雑な思いだけれど、つないできた手をぎゅっと握り返して。]

 私も、愛してる

[昴の肩に頭を乗せた。祭りのときと違って、安心して昴に身を委ねるように。**]

( 192 ) 2018/10/09(火) 14:28:27

編集委員 上柚木悠

──文化祭の一幕──

「う、ぅぅう……」

[担当の時間が終わって、風音と一緒に校内を回っていた時のこと。
 校舎の片隅で、子供が泣いていた。幼稚園くらいだろうか、小さな男の子だ]

  どうしたの?

[スバルの弟妹たちにこれまでそうしてきたように、膝を折って目線を合わせて。スカートをまとめながら笑って問うた]

  そう、お母さんとはぐれちゃったのね。
  大丈夫大丈夫、泣かないの。

[ちら、と風音の顔を見て、それから男の子の頭を撫でて]

  お姉さんたちと一緒にお母さん、探しましょうか。

[風音と自分とで、男の子を間に手をつないで。
 放送を聞いて彼の母親が慌てて迎えに来るまで、少しばかり寄り道の一幕*]

( 193 ) 2018/10/09(火) 15:30:12

放送PC部 榊ユリ子

[みんなでおせちを食べて、自室で二人で喋っているうちに眠ってしまったようで、薄暗くなりかけた部屋で目をさますと、隣には愛おしい寝顔が]

 昴・・・

[眠っている昴の頬に口づけを落とし、窓に目をやると]

 あ・・・雪

[部屋の中だから気づかなかったが、雪が降り出していた。*]

( 194 ) 2018/10/09(火) 15:37:01

自然委員 昴

[朝、眩しくて目覚めると、降り積もった雪に日光が反射していた。これだけ良い天気なら、今日中に全部溶けて消えてしまうかもしれない。

朝食をいただいて]

ユリ子、公園にでも行こうか。小さい雪だるま作ろう。手袋ある?手袋がないと雪は指先まで痺れるくらいに冷えるから。

[新雪にふたりの足跡を刻んで、近くの公園へ。雪は遊びに来る子供たちの為に残そうと、少しだけ丸めて]

ぼくの雪玉が胴体でユリ子の雪玉が頭。ほら、可愛らしいよ。写真撮ろう。そしたら溶けてしまっても消えないから。

[掌に乗るくらい、小さな小さな雪だるま。誰かが見つけて少しでもほっこりしてくれたらいいな、とその場に残して立ち去る。手袋をしていても冷えたお互いの手を、繋いで温めながら*]

( 195 ) 2018/10/09(火) 15:53:54

自然委員 昴、意地悪バァさん度と言わなかっただけ褒めて欲しい

( A125 ) 2018/10/09(火) 16:12:29

放送PC部 榊ユリ子

[降り積もるとは思わなかったが、積もるほど雪が降っていたようだ。
昴と公園へ行って二人で作った雪だるまをスマホで撮る]

 かわいい
 あ、そうだ、もういっこ作っていい?

[勢いでもう一体、小さい雪だるまを作って、花壇のレンガの上にふたつ、寄り添うように並べて]

 こっちが昴で、こっちが私

[なんてはしゃいで、もう一枚写真を撮る。
その場においた雪だるま。誰かに見つかることはあるだろうか。
帰り道、積もった雪が太陽に照らされたキラキラと輝く。
雪によって浄化されたような冷たい空気の中、昴と繋いだ手から体温のぬくもりと好きの気持ちが伝わってくるようで、心はぽかぽかあたたかかった。*]

( 196 ) 2018/10/09(火) 16:12:43

1−B担任 ナタリア、自然委員 昴をハリセンで殴った。

( A126 ) 2018/10/09(火) 16:17:47


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

V.副担任 薫子さん
4(15)回 残4462pt 飴飴飴
勇往邁進 藤野風音
15(15)回 残4013pt 飴飴飴
Mr.BIG 藤井一鷹
47(87)回 残960pt 飴飴
放送PC部 榊ユリ子
15(93)回 残2140pt 飴飴
バレーボール部 富士山リサ
55(180)回 残0pt 飴
天真らん漫 誠一郎
56(103)回 残1020pt 飴
青春謳歌 一井夏樹
57(130)回 残638pt 飴飴
編集委員 上柚木悠
16(151)回 残1591pt 飴飴飴
ゲーマー 桜井桃
54(77)回 残2314pt
厚生委員 鳥崎愛里
51(95)回 残2148pt
自然委員 昴
11(69)回 残2682pt 飴

犠牲者 (1)

道徳委員 城島寛司 (2d)
0(3)回 残4937pt 飴

処刑者 (2)

バスケットボール部 高田 (3d)
3(13)回 残4655pt 飴飴飴
1−B担任 ナタリア (4d)
0(51)回 残3788pt 飴

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■