人狼物語(瓜科国)


812  凍れる水車と奇跡の夜


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


ラビ は きょーめいしゃ になりたかったのかなぁ?


 
 さらさらと流れる水の音。
 
 同時に、がたがた動きだす水車。
 
 鎖された門は、どんな力でも開けることはできない。
 


どうやらこのなかには、むらびとが1にん、じんろーが3にん、ヒソヒソきょーじんが1にん、きょーめいしゃが3にん、てんまが3にん、きゅーこんしゃが2にん、おたけびきょーじんが3にんいるみたい。


時計塔の番人 ウートラ

[きらり、視界の隅に何かが光った。]
 
 
[番人は首を傾ぐ。
 不思議そうにじっとその一点を見つめた後、
 ゆうるり、視線を元に戻した。]
 
 
 
[ほっと安堵の息を吐く妖精の姿は、
 番人以外の誰の目にも留まらぬだろう。**]

( 0 ) 2011/12/20(火) 06:00:00

時計塔の番人 ウートラは、コミットボタンを「ポチっとな!」


【念】 花屋 オリガ

あれ…ここでは、声が出る……?

[少女が首元を押さえて不思議そうに呟く]

…声、というのとは、ちょっと違うのかな……?

( !0 ) 2011/12/20(火) 07:18:12

【独】 花屋 オリガ

/*
というわけで、おまかせにした結果天魔でしたー。
最初に変換で「天馬」って出てきて、思わずそのままにしそうになった…

ううう馬ちゃうわ!!!

( -0 ) 2011/12/20(火) 07:18:58

【念】 森の魔女 アリョール

[青い青いヒカリ。
ウートラと会話にならない会話をしていると…
宝石のようなヒカリの欠片が舞い降りた]


…なに?
これ……イライダのいってた奇跡のひとつ?

[…あ、と小さく呟いた]


気配…

( !1 ) 2011/12/20(火) 07:32:53

【念】 花屋 オリガ

[何だろう。
 声を出しているつもりが、その声は耳ではなく、直接脳裏に響く感じで。

 普段通りに声を上げようとすれば、やはり口をパクパクとするばかりだった]

……どう、なってるんだろう…?

[温かな気配を感じて、思わず辺りをキョロキョロと見渡した]

( !2 ) 2011/12/20(火) 07:33:21

【念】 森の魔女 アリョール

[耳をすまそうと、目を閉じる。
すると青い光とともに声らしきものが染み入ってくる]

わかったわ…あんたちち妖精のしわざね!
なにか欲しいものでもあるの?

[オリガの声のする方へ振り返り、
そんな見当違いのことを口にすると]


…妖精にしてはおおきいわね

[彼女の目には女性の姿を捉えられたらしい]

( !3 ) 2011/12/20(火) 07:41:18

【独】 キリル

/*
ベ ル………!
あああああああああああ!

( -1 ) 2011/12/20(火) 07:41:54

【念】 花屋 オリガ

[自分はレイスと話をしていたはずなのに。
 気付けば、ぼんやりとした青い光に包まれていて。
 それを不思議と思う事もなく受け入れている自分に気付き…ふと見渡せば、初めて見る女性の姿>>!1が]

…………こんにちは。

[相手を恐れる事もなく、にこやかな表情を浮かべる。
 そしてエプロンの前ポケットから現れた、赤いガーベラをアリョールに差し出した]

( !4 ) 2011/12/20(火) 07:42:16

【独】 森の魔女 アリョール

囁き狂人ひとりなのか

( -2 ) 2011/12/20(火) 07:42:32

【念】 花屋 オリガ

よう……せい……?

[女性の言葉>>!3にキョトンと首を傾げる]

私は、オリガ。
…良かった、ここでならこうして名乗る事が出来る。

……よろしくお願いします。

[挨拶を交わせる事に安堵しながら。
 初めて会うのに何故か親近感を覚える女性に対して、はにかんだような笑みを浮かべた]

( !5 ) 2011/12/20(火) 07:45:41

【念】 森の魔女 アリョール

[ガーベラを手に取ると]

え?…あ、うん…
ありがとう?


貴女ー
ここに住んでいるの?


[的外れな質問をぶつけると、それから自己紹介になだれこむのかもしれない**]

( !6 ) 2011/12/20(火) 07:48:03

【念】 森の魔女 アリョール

/*
よろしくお願いします!**

( !7 ) 2011/12/20(火) 07:49:36

【独】 居候 リディヤ

/*
きょーめーしゃでした!みどりいろ!

( -3 ) 2011/12/20(火) 07:49:53

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
出勤前に灰で一撃

おいwwwwwwwwwwwwwwww
求婚者だとwwwwwwwwwwwwwwwwww
これはあれか、彼女居ない歴32年ってのを汲んでの事か!
いやまあ恋愛対象じゃなくてもOKだから良いけど。

なんか縁故から見てレイスんしかいないような気はするけど
今日一日で判断しようか。

ラ神は誰が良いと思う?<<服職人 ミハイル>>

( -4 ) 2011/12/20(火) 07:54:50

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
お友達になりましょうって感じかしら……
とても…ぼっちフラグです……。(お断り)

( -5 ) 2011/12/20(火) 07:55:46

【念】 花屋 オリガ

[女性の質問>>!6には、パチクリと目を瞬かせて]

住んでいる?
ううん、私は村の花屋の娘なの。
まだ学生だから、店はお手伝いする程度だけど。

何か用事があったら、よろしくね。

[と、商売っ気を出しつつ。
 もし女性が自己紹介をしてくれるのなら、笑顔でそれにこたえることだろう**]

( !8 ) 2011/12/20(火) 07:58:42

【独】 居候 リディヤ

/*
おたけびきょーじん、1人だと……!?

( -6 ) 2011/12/20(火) 08:06:27

雑貨屋 ヴァレリーは、修復師 レイス をあいしちゃうことにしたよ。


キリル

   ―――ヨールカの側で―――


 [ゆう、と身体を駆け巡る、音
  狼の、遠吼え
  どこか懐かしい、どこか頼もしい、響き


  くるり門の外へ向く焦茶
  大きく見開かれたそれに映る、しんしんと降り注ぐ雪
  何も無い、何も見えない



    背中が痛んだ
    真一文字に刻まれた爪痕


   それは、いつも正しい、的確なアドバイス]

( 1 ) 2011/12/20(火) 08:19:33

キリル



      [死を選んだキーラに刻まれた
       生き延びる為の新たな道標


       [血色の地図が刻むのは
     罪悪感と後悔で占められた修羅の路]


 

( 2 ) 2011/12/20(火) 08:24:16

キリル

 [唇が小さく開かれ、暫し
  何も発する事無く、閉じられる]



 [焦茶は、ひし、と外に向けられたまま

   その光は、漣のように揺らいだ]





   [いつか、“今の彼ら”にもう一度
       会いに行く勇気が持てるだろうか**]

( 3 ) 2011/12/20(火) 08:30:31

【叫】 宿屋の女将 イライダ

[頭に直接流れ込む

   共鳴する気配…―――]



     あなたは………誰?


[よびかける]

( C0 ) 2011/12/20(火) 08:31:27

【独】 キリル

/*
ベルありがとうありがとう
思わず滾ってしまったありがとうございます
涙だばー


瓜って赤チップ無いのん?
C狂だから?

( -7 ) 2011/12/20(火) 08:32:33

宿屋の女将 イライダ

[食器を片付けキッチンを後にする。
廊下に出て、歩いていると階段が目に入る]

 2階…

[何があるのか、昔の古い教会にはごく幼い時に連れられて来たきり。

子供のような好奇心で階段を上る**]

( 4 ) 2011/12/20(火) 08:35:44

居候 リディヤ

 ― 北側入口 ―

>>0:353頭の中で、マグを思い浮かべれば
 それは少年の手の中へ]

[とくとく、ホットミルクをマグへ注ぐと
 籠を掛けている左手にポットを持ち替え
 右手にぱっと、蜂蜜が]


 こうして……はい、どうぞ


[やがてホットミルクの用意が出来て
 傍に居る、自身より少し年上のように見える少女にも
 同じように、ホットミルクとプリャニキを勧める]

( 5 ) 2011/12/20(火) 08:37:12

居候 リディヤ


 あの……私、リディヤ、です


[少年の方は、既に聞いているだろうけれど
 (そして呆れ顔をされた気がしたけれど)
 自己紹介は、主に少女の方へ]


 お二人は……?
 お友達なんですか?


[ここは、仲の良い男の人と女の人が多いなぁ]

[小さく笑いながら、尋ねてみた**]

( 6 ) 2011/12/20(火) 08:37:22

【鳴】 居候 リディヤ


 仲が、いいんだなぁ

 こっちのお兄さんとよく似た友達……
 私にも居た気がする


[自身の思考の“欠片”が
 漏れ出している事に、少女はまだ気付かず**]

( =0 ) 2011/12/20(火) 08:37:33

服職人 ミハイルは、村長の娘 フィグネリア をあいしちゃうことにしたよ。


【赤】 キリル


  [きらきらと揺れる紅色の光


     暖かい、狂おしい程に美しい光]



   奇跡、かぁ――――……



  [小さな呟きは、紅色の調べに]

( *0 ) 2011/12/20(火) 08:40:31

【赤】 キリル

  えへへ
   今ならちょっと許されたりとか、するのかな



 [暫し沈黙


  くすりと笑いつつ、ゆるゆると浮かぶのは
   イタズラを思いついた時のあの悪い笑み




    幼い頃のままの、無邪気な笑み]

( *1 ) 2011/12/20(火) 08:44:31

【独】 キリル

/*
ちゃんと赤かった、怖wwwwwwwwwwwwwww


こいつこんな顔でイタズラしてんのか
こんな真っ赤な笑顔でメーフィエに雪玉ぶつけたのかwwwwww

( -8 ) 2011/12/20(火) 08:45:37

森の魔女 アリョール

-ちょっと前-

[ウートラを発見。捕獲――といっても、ただ一方的に話しかけただけである]

…あんたはあんたなのね。
なんだかさっき会ったお姉さんは記憶と違うような雰囲気があったんだけど―…

[異世界かしら、なんて、なんとも信じがたくて口に出来なかった。]

…はて。
水音がする――

[水車の軋む音。きっとウートラはいつものように無言だろうけれども、構いはしなかった]

( 7 ) 2011/12/20(火) 08:53:12

森の魔女 アリョール、水音に導かれるように、ウートラのそばを離れた

( A0 ) 2011/12/20(火) 08:53:41

花屋 オリガ

[ふと気付けば、それまでのようにレイスの腕に包まれていて。
 つい今し方見えた光は何だったのだろう…と、ぼんやり考える。

 耳を澄ませば、何処か覚えのある遠吠え>>0:354が聞こえてきた。
 でも、不思議とそれに対して恐れを感じる事はなく。
 再び目を閉じ、甘えるようにレイスの胸に寄り添った**]

( 8 ) 2011/12/20(火) 09:08:51

【独】 居候 リディヤ

/*
ベルナルトさん……!きていたなんて!

( -9 ) 2011/12/20(火) 09:10:51

花屋 オリガ

[ふと物音がしたような気がして、顔を上げれば。
 僅かに開いた扉から、リディヤの姿>>0:350が目に入った。
 慌ててレイスから離れるが、白い肌は一瞬で紅潮する。
 恥ずかしそうに俯きながらも、リディヤには笑顔を向ける。

 立ち去ろうとするリディヤに、慌てて声をかけようとするも、言葉にならず。
 身振り手振りで席をすすめようとしたが、果たして上手く伝わっただろうか。

 好みの香りを尋ねられたならば、アピリスィーンの物を指さしたであろう**]

( 9 ) 2011/12/20(火) 09:15:54

【念】 森の魔女 アリョール

>>!8

花屋――なるほど。

[差し出され、受け取ったガーベラをまじまじと見やって得心する。挨拶を受ければそれに応じ、それから]


ねえ、ここってどこなのかしら。
この偉大なるヴィエーディマを恐れて誰かがかけた幻視なのかと思ったけれど、…あなたにも「カタチ」が有るみたいだし。

[まったく様にならない「威厳のあるフリ」。ガーベラの花弁を指先でいじって、ほらこれも幻じゃないしとつぶやく]

この青い光のせいなのだとしたら――

[言いかけて、青い光は一旦途切れたのだった*]

( !9 ) 2011/12/20(火) 09:23:04

【独】 隻眼の黒狼

/*
ベル!!(ガタガタガタッ

( -10 ) 2011/12/20(火) 09:31:22

森の魔女 アリョール

[ふと、イライダの言葉を思い出した。
 「食べたいと思ったら材料が―」]

……試してみるか。

[エート。と天井を見て考え、軽やかな動作で手のひらを翻す。]


「クワス」

[そこには+裏+
表:クワスの入ったグラスが 裏:グラスだけ]

( 10 ) 2011/12/20(火) 09:37:08

森の魔女 アリョール

………。

[手のひらには細工の美しいグラス。だけ。]


……自分で汲みに行けってことォ?

それとももっと修行しろってこと?

[ぶーぶーと頬をふくらませ、まったく魔女さまを舐めてやしないかしらと文句を言いながら、グラス片手に廊下をさまよう**]

( 11 ) 2011/12/20(火) 09:39:27

【叫】 宿屋の女将 イライダ

[気配から伝わるのは


  少年と…青年か……]


    あなた“たち”と言うべきかしら

     
        ここがどこなのか…


  知っているなら、教えて頂戴



[何処か楽しげに呟いた]

       

( C1 ) 2011/12/20(火) 09:44:45

村長の娘 フィグネリア

にはいたずらめいた表情で知らんぷり。

>>0:338イライダの言葉には相変わらず?と戸惑いがお。
男が気にする風もないから小首かしげるにとどめて。

>>0:341名乗り返す様子のない男には視線だけで咎めるように。
自然とそうした自分の遠慮のなさには内心ふと違和感を覚えてみたりしたけれど、まぁいいかとプリャニキを手に取る]

( 12 ) 2011/12/20(火) 10:25:50

村長の娘 フィグネリア

[プリャニキに満足したなら、好奇心のままにあたりを散策するんだろう**]

( 13 ) 2011/12/20(火) 10:27:39

村長の娘 フィグネリア

>>12上段ていせい。

>>0:325誰と問うからツインテールの少女の名を告げたのに、男の関心は相変わらず薄いようで>>0:334視線だけで問う風なのにはいたずらめいて知らんぷり。]

( 14 ) 2011/12/20(火) 10:38:38

【独】 居候 リディヤ

/*
ていせいwww

ねーりゃさん安定の可愛さです

( -11 ) 2011/12/20(火) 10:39:48

【独】 死に損ない ロラン

/*
良かった。二人きりだと秘話相手にしょんぼりさせかねない。

( -12 ) 2011/12/20(火) 10:47:02

死に損ない ロラン

― 村の入り口付近 ―

[何故かいくつもの小さな雪だるまが並んでいた]

――寒い、な。

[さしてそう思って居なさそうな顔をして、彷徨う**]

( 15 ) 2011/12/20(火) 10:48:35

【叫】 死に損ない ロラン

[声、が聞こえる]

達?
すまないが、俺はあなたの求める答えを知らない。

『うん、知らないわ』

[懐に隠すようにしまわれた小さな雪だるま(裏声)も、彼の言葉に頷いた**]

( C2 ) 2011/12/20(火) 10:50:50

【独】 居候 リディヤ

/*
ろらんさーん
とりあえず教会の中へ閉じ込められるんd

( -13 ) 2011/12/20(火) 10:53:00

【叫】 宿屋の女将 イライダ

[青年の声に答える>>C2]

 あら、ごめんなさい。
 私の中に二人の気配を感じたの。
 少年と、青年…―――

 お声からすると、あなたは青年の方ね。

 …よろしかったら、あなたの名前を教えてくださる?

 私はイライダ・ベレズナヤよ

[もう一度話しかけてみた]

( C3 ) 2011/12/20(火) 11:45:32

【赤】 修復師 レイス


 [オリガを抱き寄せながら、そっと虚空を見る。狼の聲を、聞いたから。
聲と共に、ふわりと雪のように舞う、小さな赤い光。]

  ...?

[きょとんとした顔で、それを目で追った**]

( *2 ) 2011/12/20(火) 11:58:47

カチューシャ

夢……なのかしら?
わたしにも、わからないわ。
 
[ビーニャの言葉>>0:344に首を傾げて]
 
でも、わたしはわたし。
ビーニャちゃんの知ってるカーチャよ。
 
[ふわり微笑む。]

( 16 ) 2011/12/20(火) 12:13:31

【独】 隻眼の黒狼

/*
なにこの赤陣営いまんとこ私得

( -14 ) 2011/12/20(火) 12:18:57

カチューシャ

[ビーニャの手を引いて教会の出入り口へ。
 あら、この子>>5は誰かしら。]
 
ありがとう。
 
[ホットミルクを受けとって。
 名前を聞けば、瞬いて。]
 
リディヤちゃん?
わたしは、エカチェリーナ。カーチャでいいのよ。
 
[すながみ揺らして、笑う。]
 
そう、おともだち。 いちばんのおともだちなの。
 

( 17 ) 2011/12/20(火) 12:33:38

【独】 カチューシャ

/*
サーシャのことは忘れてるのよ。
 
 
ビーニャちゃんってカーチャの幼馴染みやったんかー
[わすれてた おお わすれてたね なかのひとが]

( -15 ) 2011/12/20(火) 12:34:42

【独】 細工師 メーフィエ

/*
わあああ、ベルが顔見せにきてくれてた!!
[ガタガタガタッ]

( -16 ) 2011/12/20(火) 12:41:34

【独】 細工師 メーフィエ

/*
そしておまかせにしてたらゆんゆんゲット!
仲間はオリガちゃんと魔女様ですね、よろしくお願いします。
可愛いお二人に囲まれて嬉しいなぁ。

( -17 ) 2011/12/20(火) 12:42:32

細工師 メーフィエ

 ― 一階廊下 ―

[少し進んだ所で、そういえば肝試しの時に
この辺りでよく弟がみんなからはぐれていたことを思い出す。
何度も繰り返された出来事だけど、不安でたまらなかった。

弟の手を握っていたキーラには、どうして一人にさせたんだと
半泣きになりながら抗議していた。
彼女が言い返してくれば、言い負かされて更に泣きそうになって。

そんな仲間割れしかけたところに、、
落ち着いた調子で宥めに入ってくれたしっかり者は――――]

( 18 ) 2011/12/20(火) 12:43:22

細工師 メーフィエ

 ………………ベル?

[彼の顔が頭によぎった瞬間、耳に届いた自分の名前。>>0:354
振り返って呼びかけ返すが、そこには誰もいない。

けれど、いつもと変わらないやさしい響きに
唇は安心したように緩められた。

聲を聞いても、もう眸のいろが緋に変わることはない]

( 19 ) 2011/12/20(火) 12:44:05

細工師 メーフィエ

 それにしても…なんなんだろう。

[それは幼馴染に名を呼ばれる前から、
どこかから聞こえてくる話し声に対して。
声の主は誰ともつかず、聞こえ方も
なんだか肉声とは違う…ような気がする]

 …………。

[まさか幽霊?と、縁起でもない想像は慌てて打ち消す。
この様子では、キーラがこっそり考えた悪戯>>0:347
実行に移されていたら更に情けない姿を見せていただろう]

( 20 ) 2011/12/20(火) 12:46:17

細工師 メーフィエ

 っ!

[その時、眼前を横切った"何か"。

思わず肩がびくりと跳ねてしまったのは、
決して怖がりが治っていないからではないと
誰に見られたわけでもないのに心の中で言い訳した。

しかし目をよく凝らして見れば、それは――**]

( 21 ) 2011/12/20(火) 12:47:59

【念】 細工師 メーフィエ

 あおい、ひかり?

[自分から離れないように、ひらりふわりと舞う小さな蒼。
宝石でもなかなか目に掛かれないその美しさに、息を呑んで。
そっと、それに向けて手を伸ばした]

( !10 ) 2011/12/20(火) 12:48:40

【念】 細工師 メーフィエ

 ……!

[触れた瞬間、きぃんと何もかもが透明になる感覚。
そして視界が薄っすらと青く染まった。
少し遅れて、自分が先程の光に包まれているのだと気づく]

 もしかして……さっき聞こえてきた話し声も、この光から?

[誰のものなのだろうと、そっと辺りを窺おうと**]

( !11 ) 2011/12/20(火) 12:49:49

宿屋の女将 イライダ、ここまでよんだことにしておこうかな。  ( B1 )


カチューシャ

[リディヤと別れて、教会の中へ。
 廊下を歩いてホールへ向かう。]
 
 
 ……あら?
 
 
          [ころころ、ころん]
 
[足元に転がってきたのは、掌のなかにおさまるくらいの、
 銀色に光る三角形。 ――なにかしら、これ。]
 
 …………あららら??
  
[拾ったとたん、きらきらしながら飛んでっちゃった。
 追いかけると、きらきらは聖堂の扉の前で止まって――]

( 22 ) 2011/12/20(火) 12:57:26

カチューシャ

 
これ、星かしら?
 
 
[聖堂の扉に、星の形のくぼみ。
 
 まんなかには銀色の五角形が埋められていて。
 さっきの銀色の三角形が、ひとりでにくぼみにはまって、
 星の角のひとつになった。]
 
あと4つは…… どこ行っちゃったんだろ?
 
[首を傾げて。
 それからまたビーニャの手を引いて。
 ホールへ向かうことでしょう。**]

( 23 ) 2011/12/20(火) 12:58:09

妖精の呻き(村建て人)

 
  ―HAPPENING!―
 
 
 聖堂の扉に埋められた銀色の星。
 
 角がどこかへ行ってしまったようです。
 
 4つ全部見つけると、いいことあるかも?
 
 
{[[ 1d10 ]]を振って、 5 以上なら角が見つかります。
 見つけた角は、手で触れるとひとりでに飛んでいって
 聖堂の扉のくぼみにはまるようです。}
 

( #0 ) 2011/12/20(火) 13:00:57

【独】 服職人 ミハイル

/*
『服職人 ミハイルは、村長の娘 フィグネリア をあいしちゃうことにしたよ。』

やばい  やば
このシスメがすげえ恥ずかしい なんだこれ
(悶えている)

あいしちゃうことにしたよ。

愛してるよ。ってか。ひい

( -18 ) 2011/12/20(火) 13:05:29

【独】 隻眼の黒狼

/*
にいさまは赤じゃないのか・・・ッ!
 
くっ、やっぱり求婚希望して撃っとくべきだったk(まよった

( -19 ) 2011/12/20(火) 13:14:16

【独】 カチューシャ

/*
WebKitだと文字化けがすごいのよ。
 
カチュー・Vャ って。
 
なにそれかっこいい。

( -20 ) 2011/12/20(火) 13:17:00

森の魔女 アリョール

[グラス片手に廊下をふらふら。その途中で>>#0を…9(10)見つけられたかどうか]


…紅茶でも、ソークでも、なんでもいいけど…


[空のグラスはキラキラ光っていて、それはそれで綺麗なのではあるが。]

( 24 ) 2011/12/20(火) 13:24:25

森の魔女 アリョール

[ガタ。ガタガタタッ]

…?

[天井から何やら物音。ねずみ?と上を見上げるときらっと銀の輝きが矢のように目の前をかすめた]

ヒャッ…あっ   …ぶなー…


[コロコロカラン。とっさに身をのけぞらせ、受け止めたのは手のひらのグラス。銀色のさんかくがそこにきれいにはまった]

( 25 ) 2011/12/20(火) 13:26:55

森の魔女 アリョール

…なにかしら、これ。
危ないわね。こんなに綺麗なのにガタ来てるのかしら。


[むっと頬をふくらませ、グラスに入った銀色を指で触ろうとすると――]


わっ

[ひゅうん。キラキラと輝きの尻尾を振りながら、銀色のそれは飛んでいってしまった]


な…なんなのかしら…


[あっけに取られて、追いかける暇もなかった]

( 26 ) 2011/12/20(火) 13:30:02

森の魔女 アリョール、カチリ。星の角の一つがはまりました。

( A2 ) 2011/12/20(火) 13:30:23

【念】 森の魔女 アリョール

>>!11

……あら、また気配。

[廊下であたりを見渡す。不思議と「他の人間」と「青い光の気配」は別物であることが理解できていた]


やっぱり、妖精か魔物か、人あらざるものの仕業なのか…?
水車の音もするし。

[青い世界でも、空のグラスは片手に。やれやれとばかりに軽く振ると、ふっとビー玉ひとつ、湧いて出てきて、グラスの中でディナーベルのような音を立てた。
 ちりちりちりーん。それは聞こえただろうか?]

( !12 ) 2011/12/20(火) 13:34:21

キリル

 [教会の中を暫く歩けば、バンダナの女の人>>25>>26

   グラス持って、何やらてんやわんやと


  小さな煌くものが、飛跡を残して、キーラの横を飛び抜ける]



   何?



 [初対面の女性、年齢は同じぐらいか

  勝手な親近感を感じ、口調は非常に砕けたものに


  親近感とはいわゆる“お転婆”というやつです]

( 27 ) 2011/12/20(火) 13:36:50

森の魔女 アリョール

[「何?」の声にグラスから視線を正面に向ける。そこにはすらっとした長身の女性が。銀色のことをさしているのだと気づくと]


わからないわ。
急に上から落ちてきたの。
この教会、罠がしかけてあるのね?

[肩をすくめてこたえた]

( 28 ) 2011/12/20(火) 13:49:46

森の魔女 アリョール、[なお、目の前の女性に対しては― 表:親近感 裏:ちょっと警戒]

( A3 ) 2011/12/20(火) 13:57:59

森の魔女 アリョール+表+ ふりそびれ!

( A4 ) 2011/12/20(火) 13:58:10

キリル

   罠!?
   すごい! 大丈夫?


 [ガキ大将、完全に違う所に反応しました
  焦茶の瞳がきらきらと輝く

  かつて肝試しで探検し、その都度逃げ帰ってきた教会だが
  もしや当時のあの恐怖の原因を暴けるのでは――と独り合点]


   ほんとここ、何なんだろう
   昔来てた時はもっと汚いし怖かったのに


   キミは何してるの?
   こんな時間から、お酒?


 [名乗るよりも前に、彼女のグラスに目を向けた]

( 29 ) 2011/12/20(火) 13:59:29

森の魔女 アリョール

[同じく親近感を覚えたらしく、
 いたずらっぽい微笑でにーっとグラスを掲げた。特にグラスに意味はない*]

( 30 ) 2011/12/20(火) 13:59:40

キリル、さらっと返事が返って来て、ちょっと安心

( A5 ) 2011/12/20(火) 14:02:10

宿屋の女将 イライダ

― 2階 ―
[歩いているうちにテラスを見つけ外に出てみる]

 何か見えるのかしら

[>>#04(10) 雪の煌きに目を細めつつ手すりに近づく]

( 31 ) 2011/12/20(火) 14:06:06

宿屋の女将 イライダ

[テラスには何もなかったようで、外を眺めるも高い塀に囲まれて敷地の外は見えない]

 見えるのはヨールカくらいね。

[そして気づく異変]

 変ね、寒くないわ

[そういえばここに来る時も寒さを感じなかった。
ここは一体なんなのだろうかとしばらく考え込んだ**]

( 32 ) 2011/12/20(火) 14:09:47

森の魔女 アリョール

[>>29には、少し首をかしげたあと]

満たすものを探し中。
クワスを頼んだんだけどグラスだけだったわ――

…もしかしてこれはギャグのつもりだったのかしら?


[でもよく考えたらクワスの気分じゃないなあ、何かあるかねぇとぼやいて返しただろう。そのままなにか伝えられれば、談笑でも始めるつもり**]

( 33 ) 2011/12/20(火) 14:16:17

居候 リディヤ


 エカチェリーナさん……

 ……………………カーチャ さん


[愛称で良いと聞けば、控え目にそう呼んだ]


 いちばんのおともだち かぁ


[羨ましそうな視線を向けた]

[私の大事なお友達
 今はどこで、何をしているんだろう?]

[少年の名も聞けたなら
 どこか懐かしそうに、ラビさん、と復唱したのだろう]

( 34 ) 2011/12/20(火) 14:33:34

居候 リディヤ

 ― ヨールカ傍 ―


[やがて少年少女と別れて、教会の外へ
 けれどキーラの姿はない]


 おねえちゃん……?

 どこいっちゃったんだろう


[すれ違ったのだろうか
 それとも教会の外へ行ったのだろうか]

[ヨールカの傍には、何かあったかな?7(10)

( 35 ) 2011/12/20(火) 14:33:50

居候 リディヤ


 ……………………?

 なんだろう……


[樹の傍で、何かがチカリと光った気がして

 そろそろと近付いて、
 手を伸ばしてみる]

[銀色に光る三角形のそれは――]


 …………わっ


[触れた瞬間に、教会の中へと飛んでいってしまった]

( 36 ) 2011/12/20(火) 14:36:28

居候 リディヤ、星の角の一つへ、かちり、嵌った

( A6 ) 2011/12/20(火) 14:36:52

居候 リディヤ


 …………?????


[何が何だか、わからない……]


[暫し呆然と立ちつくした後、少し外を見てみようと
 門の外へ、ひょこっと顔を出してみる]

[煙草のにおいの人は、そこにまだ、いる?**]

( 37 ) 2011/12/20(火) 14:43:39

キリル

 [にーっとグラスを傾ける仕草>>30
  これはきた、とテンションが上がる]


   クワスか、良いね
   頼んだけど、グラスだけ?

   何それ、魔法みたいじゃん


 [本当に実現するとは知らないままで

   名前を名乗りつつ、にいと笑ってみせる美少年]

( 38 ) 2011/12/20(火) 14:53:18

隻眼の黒狼

 
[どこからか獣の声が聴こえて、きゅうん、と一声、吠えた。**]

( 39 ) 2011/12/20(火) 14:55:35

【赤】 隻眼の黒狼

 
 うあああああああ
 
 なに!!いまのなに!!なに!!
 世界せいふくの号令!?
 
[内心すごいびっくりした]

( *3 ) 2011/12/20(火) 14:55:53

【念】 花屋 オリガ

[再び目を開くと、青い光に包まれていて。
 アリョールの声>>!9に首を傾げつつ、自信無さそうに答える]

どこなんだろう……最初は夢かとも思ったけど、そうでも無さそうだし。
ねぇ、貴女はこの教会に居る人なの?
なんだか、ここに来てから不思議な事ばかり…。

[そう、ぼんやりと呟いた]

( !13 ) 2011/12/20(火) 14:56:14

【念】 花屋 オリガ

[そして、続いて現れた気配>>!10>>!11には、一瞬目を見張り]

……メーフィエ、さん…?

[その姿を確認すれば、見知った姿に安堵してか、自然と笑みがこぼれるであろう。
 ポケットにあったアカンサスの花を差し出し、手渡そうとする。

 ……チリチリと、頭が痛む。
 記憶の中では、彼はこうして普通に出会う相手では無かったのではないか。
 でも、こうして話をしていた記憶がある。

 どれだけ糸をたぐろうとしても、すぐに切れてしまう。
 ゆっくりと頭を振り、浮かび上がる不安を払った]

( !14 ) 2011/12/20(火) 14:56:37

【独】 キリル

お前かよ犬wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
まんまじゃんwwwwwwwwwwwwwwww

( -21 ) 2011/12/20(火) 14:57:10

【独】 居候 リディヤ

/*
しっかしこうしてみると水車3のときと文体が派手に違ってログ読み返すと違和感がががっががが

2のログなんかさらに違和感ばりばりなんだろうなぁ……
まぁ語彙力の残念さとか表現はさりぷるのままなんですけど

( -22 ) 2011/12/20(火) 14:57:58

花屋 オリガ

[ぱちり…と目を開ける。
 やはり、此処に来てから不思議な事が続いている気がする。

 そっと周囲を見渡した。>>#02(10) ]

( 40 ) 2011/12/20(火) 15:01:25

【赤】 キリル

       バルス!



     [言ってみただけ
  深い意味はまっっっっったく有りません]



    [“世界征服の号令”という

    謎な電波を受信しただけです]

( *4 ) 2011/12/20(火) 15:02:55

【赤】 隻眼の黒狼

 
 目が…… 目があ……!!
 
 
[なんとなく目がやられたような気になった。
 深い意味は、断じて、ない。]

( *5 ) 2011/12/20(火) 15:11:16

花屋 オリガ

[特に何も無いとわかると、安堵の表情を浮かべてレイスの服をぎゅっと掴んだ**]

( 41 ) 2011/12/20(火) 15:16:13

服職人 ミハイル

[>>14女から聞いた少女の名前と、>>0:335目の前の名乗る少女が一致すれば、]

 …… うまい。

[リディヤへ感想をぽつりと。
伝えるのは、言外に次回の催促を含んでいたのだが。

>>12女の小さな咎めを、さほど気にしたふうでもなく。
しかし、視線に気づけばじいっと見返して、名前だけを手短に名乗った。
プリャニキを食べ、ホットミルクにまで満足すれば、ようやく立ち上がる。]

 …… 此処、どこだ。

[事ここに至って、この場所の不思議さに思い至ったように首をかしげた。
>>13フィグネリアから提案をうければ、頷いて教会内の散策へ繰り出すことに。]

( 42 ) 2011/12/20(火) 15:16:58

服職人 ミハイル

[と、その前に。
少女?のそばにいる犬?>>39の吠え声をきいて、歩み寄る。
無表情のまま見下ろして、数拍。
手を伸ばし、その毛をつまんで何度か引っ張った。]

 ………… むいてないな。

[防寒には。
毛皮というより、生き物の体温が暖かいのだろうと、一人納得していた。

この脈絡の無い言動、目の前の少女?を困惑させただろうか。]

( 43 ) 2011/12/20(火) 15:20:59

【独】 居候 リディヤ

/*
また作ったらいいんですねわかりました!

料理RPは結構好きなのであった。
それだけで喉が削られるけど!

( -23 ) 2011/12/20(火) 15:21:20

服職人 ミハイル、廊下を散策して、見つけるものがあるか。1(10)

( A7 ) 2011/12/20(火) 15:22:46

【独】 服職人 ミハイル

/* すげえ節穴っぷりふいた

俺は何も見ていない。

( -24 ) 2011/12/20(火) 15:23:06

【独】 森の魔女 アリョール

くわす あまりおいしくなさそう

( -25 ) 2011/12/20(火) 15:23:34

【独】 森の魔女 アリョール

もるすがおいしそう

( -26 ) 2011/12/20(火) 15:23:42

服職人 ミハイル

[犬?へちょっかいをかけたあと。
特に気になるものはないが、見覚えがあるようでない教会の中を、ふらふらと歩き回っている。**]

( 44 ) 2011/12/20(火) 15:24:02

【独】 居候 リディヤ

/*
ダニールさん・ロランさんと接触したいのよね
誰にも逢いたくなかったら、ごめんなしゃ><

( -27 ) 2011/12/20(火) 15:25:32

宿屋の女将 イライダ

― テラス ―
[ふと視線を変えるとウートラの姿]

 あなた、ウートラさんね。ここは…どこなの?

[普段から無口な彼が口を開とは思えなかったが、聞くただけ聞いてみた。

そのまま答えがなければ、また視線はヨールカの辺りへ**]

( 45 ) 2011/12/20(火) 15:29:14

【赤】 キリル

  いや、キミ、既に片目アウト……



   [何故かそう呟いてしまった
  だって背後からそんな声がするんだ]

( *6 ) 2011/12/20(火) 15:33:58

隻眼の黒狼

[左目が痛いのか痒いのか、
 なにやらくしゅくしゅ前足で擦ったり、ぱしぱし瞬きしていると、]
 

 
[毛をひっぱられた。
 
 痛がるそぶりは見せないが、
 ぐるるると喉鳴らし、男への警戒心は抱いた模様。]
 
 
[男の手が離れたなら、首許の硝子をからからいわせて、
 全身ぶるぶる振った。 10(10)

( 46 ) 2011/12/20(火) 15:35:38

隻眼の黒狼

 
[ころころん、と銀色の三角が黒い毛並みから転がり出た。**]

( 47 ) 2011/12/20(火) 15:37:00

【独】 隻眼の黒狼

/*
>>*6
言ってからきづいた☆

( -28 ) 2011/12/20(火) 15:40:16

【独】 居候 リディヤ

/*
毛からwww

( -29 ) 2011/12/20(火) 15:42:01

【独】 ナタリー

日付変わっちゃった!?

( -30 ) 2011/12/20(火) 17:50:33

【独】 居候 リディヤ

/*
おお、いい感じにみんなばらけたー

( -31 ) 2011/12/20(火) 18:12:13

ナタリー

−回想、キッチン−

[話しかけてきたイライダに「綺麗だな」っと静かに言い>>326]

ありがとう…

[ぺこりとお辞儀をして、感触を確かめて。リディヤの借りたケープを脱いでから早速着てみて、どうかなと思いながらセーターを見つめている。

声が聞こえびくりと体が動くも、静かにミハエルにお辞儀をして黒狼に「大丈夫だよ」と優しく声をかけて撫で続けた>>327]

いってらっしゃい。

[黒狼を摩りながら、リディヤを見送って>>348
窓の外の雪を見つめていた]

( 48 ) 2011/12/20(火) 18:15:15

ナタリー

……??

[黒狼の毛をひっぱられると、その動作だけを追い。言葉には首をかしげた>>43

ミハエルを黙って見送ると、動揺する黒狼にまた撫でて落ち着かせようとする>>46]

僕がいるから、大丈夫だよ。

[そう優しくいって、黒狼を見つめていた]

( 49 ) 2011/12/20(火) 18:25:03

【叫】 ナタリー

……!


何?これは…


[何かの気配を感じて、意識を高める]

( C4 ) 2011/12/20(火) 19:40:41

【叫】 ナタリー

イタイダ…?あと男の人の声…

僕はナタリー
ここはなんなんだろ。

[そうぽつりと答えた]

( C5 ) 2011/12/20(火) 19:42:07

【叫】 死に損ない ロラン

[己に囁きかける相手の名乗りを聞き、微かに眉を顰める]

君たちは……人、なのか。

[妖精や幻聴の類も考えていただけに、具体的な意思を感じれば確認するかのように呟く]

俺はロラン・ヴァジュニーチン。
░▓▒▓█▓░░▓▒村の者だ。

[1の舞台の村の名前をあげる]

ここはどこで、この現象がどんなものなのか……

『わからないわね(裏声)』

そうだな、わからない……な。

( C6 ) 2011/12/20(火) 20:09:47

死に損ない ロラン

― 教会の前 ―

ここは……どこ、だ……?

[あてもなくさ迷い、たどり着く。その足元に固い感触を感じて、足元を見た>>#06(10)]

( 50 ) 2011/12/20(火) 20:12:34

死に損ない ロラン

これはなんだ?

[星の角のようなものを感じ、拾い上げようとしたが、その手を離れ、何処かへ飛んでいった]

不思議なことも、あるものだ。

[淡々と。もし誰かに会えば自己紹介と、出身の村の名前を挙げて知っているかどうか訊ねただろう**]

( 51 ) 2011/12/20(火) 20:14:33

雑貨屋 ヴァレリー

―聖堂―

さぁて、と。

[男からすれば6(6)時間程その場で寝そべっていたように
思えるが、実際にはほんのひととき。

いい加減に次の行動を起こそうと、のろのろと起き上がり]


また後でな!


[ステンドグラスをもう一度見上げて手を振った。]

( 52 ) 2011/12/20(火) 20:39:28

【独】 居候 リディヤ

/*
え、これ私どうしたらいいん……ロランさん教会前とか!?

時間軸がずれてるのかそうなのか

( -32 ) 2011/12/20(火) 20:48:17

居候 リディヤ

[いったいいつすれ違ったのだろうか
 頭に浮かべたものがいきなり現れる現象が
 ごく当たり前に存在するのだから
 それはそれほど不思議な事では
 なかったかもしれないけれど]

[元々人の気配に鈍感だった少女は
 教会の前に現れただれかの気配>>50
 気付く事はなく、門の外を伺っていた**]

( 53 ) 2011/12/20(火) 20:55:17

雑貨屋 ヴァレリー

―聖堂前―

えーと、だ。
確かこっから右に行けば、物置だとか控え室だとかが
ある部屋だったような気がする。

で、左に行けば飯!!
…じゃあそっちから上に行くか。
リーリャがなんか作ってくれてるって言ってたしな、
俺の分もあると嬉しいけど、どうだろ。

[ホールとキッチンとをまとめてそう覚えていたようだ。
目的地の2階へは少々遠回りになるが、きっと其処に
お目当ての物があるのだと妙な確信があったから
男は慌てない。]

( 54 ) 2011/12/20(火) 20:56:49

居候 リディヤ、青年の声は、降りしきる雪で掻き消えて聞こえなかった。と思う。多分。きっと。**

( A8 ) 2011/12/20(火) 21:10:09

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
ようやっと箱前。
で、プロ最後を見たらベルが居る…!

でもこのおっさん、なんも気付いてなさそうだよな…
幼馴染組の反応がなんとも切ない。

( -33 ) 2011/12/20(火) 21:13:56

死に損ない ロラン

[69秒ほど、角の行方を見守っていた>>51せいか、人の気配>>53を感じることもなく]

ふむ……不思議なところ、だな……。

[身に降りかかる違和感。不思議な現象。そして幾つかの奇跡]

俺は、夢を見ているのか……。

[教会の作りを眺めるのみで、まだ中に入ろうとはしていなかった**]

( 55 ) 2011/12/20(火) 21:19:15

【独】 居候 リディヤ

/*
すんませんっす><
あいたくないわけじゃ、ないんだ!!!

( -34 ) 2011/12/20(火) 21:24:16

【赤】 修復師 レイス

[何処からか聞こえた音に、びっくりして肩を跳ねさせる]

 え、えと、あの、………
 せ、世界征服の号令、だったの、か?!
 ばる…す?え、と、だ、誰?

[ものすごく、反応、遅い。しかも、声だけじゃ、わかってない。
         どんくさいのは、何時までも変わらないらしい。]

( *7 ) 2011/12/20(火) 21:30:08

雑貨屋 ヴァレリー

―1階廊下―

[とにかく男は真っ直ぐ目的地へ行かない。
あちらこちらへと脱線し、結局1階遠回り。

そんな足取りでキッチンを目指していたものだから、
その途中で空のグラスを片手に持った女性と
キーラが語り合う姿を見つけ>>30>>38]


……キーラ、まーた何か悪戯でも思いついたのか?
そっちの姉さんもまた負けねーくらい悪戯好きそうな
顔してんのなー。


[もう1人の女性の方は初めて見る顔だな、と
一旦足を止めて2人へとからかいの言葉を投げ掛けた。]

( 56 ) 2011/12/20(火) 21:37:52

【叫】 宿屋の女将 イライダ

 ナタリー、さっきキッチンで会った子ね。
 セーター、似あってたわよ。

[微笑んでいるが伝わるわけもなく]

 ロラン…知り合いの子と同じ名前ねぇ
 今どこにいるの?たぶん教会の敷地内だとは思うけれど。
 私は2階のテラスから下を覗いてるわ。
 ここは不思議ね、雪が降ってるのに冷たくないし、やけに明るいのよ。 

( C7 ) 2011/12/20(火) 21:46:54

【叫】 死に損ない ロラン

会った……?
君たち同士は、"ここ"で知り合っている、のか。

[姿なき者の声として認識していたらしく、確認するような声の調子。実際は若干乍驚いていた訳だが]

寒くない……か……。

[景色は凍える村のものであるが、言われてみれば、であった]

『気づいていなかったでしょ』

そうだな。
言われて初めて……そう、思った。
寒くない、と。

( C8 ) 2011/12/20(火) 22:00:30

死に損ない ロラン、教会の敷地内に入ると、上を見上げた。**

( A9 ) 2011/12/20(火) 22:01:16

修復師 レイス

[ふと、扉の音がして、目線を向ければ、少女の姿>>0:351。]

 う、わ、わあああ!!

[ぽん、と赤い塗料をまぶされたように顔を真っ赤にして、肩を跳ねさせれば、椅子の足に自分の足をひっかけて、すっころんだ。

              ………どこかで、やったような気がする。]


[ごん、と頭をぶつけて、手を当ててうずくまる。
   涙目のまま、リディヤには、ヤーブラカを、と頼んだつもり。]

( 57 ) 2011/12/20(火) 22:03:00

修復師 レイス

[オリガの傍で、聞こえた遠吠え>>0:354。]

  ………あ。

[彼には、ついに感謝を告げられなかった。
                  友人を、救ってくれて有難う、と。]

( 58 ) 2011/12/20(火) 22:03:14

修復師 レイス

[それにしても。
何処からか、響いてくる声は、何なのか。
                どこか、聞き覚えのあるような、……]

 ………?
 
[ちらちらと目の端に映る、何かの光を、不思議そうに見つめ。
結局、プニャリキの誘惑に負け、紅茶をカップに注ぎ。
服の端を掴むオリガにも、それを薦めるつもり。**]

( 59 ) 2011/12/20(火) 22:03:29

居候 リディヤ、籠からはアピリスィーンとヤーブラカのプリャニキが一つずつ減っているけれど、一見すると解らない。

( A10 ) 2011/12/20(火) 22:23:30

森の魔女 アリョール

[>>38 彼女の名前をきき、簡単な挨拶の後。]


そうよ、魔法かもしれないって思ったわ。
でも魔法ならあたしが気づかないはずがないからね、
人間の仕業じゃないんじゃないかと――

[グラスもったまま、腰に両手を当てて胸をはりながらも、虚勢なのだろう。言いよどんだ]


……このグラスも勝手に出てきたの。

[秘密を打ち明けるようにわざとらしく小声にして、目を瞬かせた。…と、新しい人間の声>>56]

( 60 ) 2011/12/20(火) 22:34:07

【念】 細工師 メーフィエ

    [ちりちりちりーん]

[光に触れるまでは朧げにしか聞き取れなかった音も、
今なら鮮明にわかる。
響き渡る、鈴に似た軽やかな旋律>>!12]

( !15 ) 2011/12/20(火) 22:37:52

森の魔女 アリョール

[>>56の男性の方を向くと、二人は知り合いかと気づく。
 しかし続く言葉に思わず]

…ふ。

コドモのイタズラなんかじゃないのよ。
ヴィエーディマ・アリョールの魔法はね、
正当な、伝統的な、秘法であって、
くだらない遊びに使っているのではないのよ。
町の人間なんかまったく相手にならないくらいの―

[初対面の人間に向けるにしては、不思議ちゃんすぎるセリフだったかもしれない。
 気がついて、演説は途中で打ち切り。]


もちろん…楽しいことは好きだけどさ?

[同意を求めるかのようにキーラに視線を向けた。]

( 61 ) 2011/12/20(火) 22:39:26

【念】 細工師 メーフィエ

 ……オリガ?
 そう、私だよ。

[気づけば、レイスと一緒にどこかに去った少女が目の前に。
呼びかけられた名前には素直に答えるが、
その表情には驚きも混じっていて>>!14]

 君の声、ここではちゃんと聞こえてるんだ…不思議だね。
 …………でも。
 完全に声をなくしたわけじゃないってわかって、よかった。

[ここに来て初めて見る笑顔には、つられるように微笑んで]

( !16 ) 2011/12/20(火) 22:40:02

森の魔女 アリョール

[それから、ヴァレリーの容姿をぶしつけながらまじまじと見た]

(不思議だわ、他の人とは違う生命の臭いがする。
 …気がする。)


[気のせいなのか、キノセイなのか、今はまだわからない]

( 62 ) 2011/12/20(火) 22:41:25

【念】 細工師 メーフィエ

 私にくれるのかい?
 ……綺麗な花だね、やっぱり君の薦めてくれる花は他と違うな。
 ありがとう。

[あとで花言葉を調べておこうと思いながら、
差し出されたアカンサスを受け取った。

思い返せば、自分の声なき声に彼女が気づいてくれたのは、
これが初めてではないように感じる。
…しかし過去のいつ、そんなことが起こったかは思い出せない。
どんな状況だったかも、自身のこととはいえ想像がつかない]

( !17 ) 2011/12/20(火) 22:41:29

森の魔女 アリョール、キーラ、ヴァレリーと教会の七不思議(?)について雑談しようとするかもしれない**

( A11 ) 2011/12/20(火) 22:42:45

【念】 細工師 メーフィエ

[そして、オリガの他にいるもう一つの気配に視線を向ける。
最初見た時は輪郭程度しかわからなかったが、
今目に映るのは涼やかな容姿の女性]

 ここは不思議な空間?ですね。

[外見からは年下か年上かはわからなかった。
なので、とりあえず丁寧語で]

 お互い別々の場所にいるはずなのに、
 こうして姿が見えて言葉も交わせて…
 おまけに物の受け渡しまでできるだなんて。

 ええと。
 あなたは、この教会と関係のある人ですか?
 まさかあなたがここに私たちを呼んできたとかは
 …………ないですよね。

[投げかけた質問は、意図せずオリガと似たり寄ったり]

( !18 ) 2011/12/20(火) 22:44:35

【念】 森の魔女 アリョール

…二人は知り合いなのねぇ。

[つぶやくと、二人から「教会の人間か」と聞かれたことに大げさに首を振る]

まさか!
あたしがあえて神様に祈る必要なんてないわ。
信じてないというわけじゃないけど!

[町の人間や、役所の人間は苦手。教会の人間なんて、たぶんもーっと苦手。なので、ことさら大げさになったのかもしれない]

…この教会ははじめて見たよ。
あたしのいたところはもっとボロっとした教会だったね。


[当方の事情を打ち明ける。
そういえば青い光の外…「現実」にみえる場所でも、そういえば知り合い同士がいたなあと思いつつ、オリガとメーフィエの会話が続くなら、静かに観察していることだろう**]

( !19 ) 2011/12/20(火) 22:48:50

【独】 細工師 メーフィエ

/*
あれ、玉子様球根じゃなかったのか。
フィグミハのどっちかとレイスオリガのどっちかで
求婚埋まるかなーと思ってたんだけど。

( -35 ) 2011/12/20(火) 22:51:22

修復師 レイス

[しかし、何が起こっているのだろう。
       全く解らないまま、そっと立ち上がる。


   オリガが拒否しなければ、その手を引いて、ホールを出る。]

( 63 ) 2011/12/20(火) 22:58:09

修復師 レイス

           ― ホール→一階廊下 ―

[そっとホールから廊下に出れば、人の姿を見かける。
自分の記憶が正しければ、キーラと、ヴァーリャ。そして、…?]

 あ、ど、も。

[たどたどしく、アリョール>>61に挨拶をしつつ、図らずもその言葉を、聴いてしまった。]

 ……………ヴィエーディマ?

[目をぱちぱちとさせながら、アリョールを見やり。]

 じゃ、じゃあ、あの、ここ、あんたの魔法?
 …感謝する、あんたのおかげで、…彼女と、会えた。

[きらきらと目を輝かせながら、へにゃりと笑いかける。]

( 64 ) 2011/12/20(火) 22:58:30

【独】 細工師 メーフィエ

/*
アカンサスの花言葉は
「美術」「芸術」「技巧」「巧みさ」「離れない結び目」

ふむふむ。
オリガちゃんチョイス上手いなぁ。
花ネタは全員分作ってあるのだろうか

( -36 ) 2011/12/20(火) 23:00:14

【独】 森の魔女 アリョール

な、なんだとwwwww

( -37 ) 2011/12/20(火) 23:02:22

隻眼の黒狼

[少年に撫でられれば、狼はまたおとなしく尻尾を振る。
 
 撫でられるのに夢中で、銀色のなにかにはまったく気づかない。
 鈍感ここに極まれり。]

( 65 ) 2011/12/20(火) 23:05:39

修復師 レイス

 そうだ、ヴァーリャ。
 …まだ、細工道具、見つかってなくて。
 えと、これから、部屋、見てくるんだ。

[ちょっと、休憩してしまったけれど、と。続けつつ]

 ヴァーリャも、用事、か?
 …ホールに、紅茶、あるよ。あと、…パニーニ?も。

[それだけ告げて、階段の方へ歩いていく]

( 66 ) 2011/12/20(火) 23:11:53

雑貨屋 ヴァレリー

―1階廊下―

ヴィエーディマ……“魔女”ってか。
それってあれか、姉さんのあだ名とかじゃなしに
ちゃんと人から呼ばれてる名前だったりするのか?

そうだったらすげーぞ、まじないとかじゃなくって
ホンモノの魔法なんだろ?

[こちらの呼びかけに応えた女性の名よりも先に
ヴィエーディマ>>61の部分に反応した。
男は、こういう現実離れした話が大好物なのだ。]


ま、あれだ。
楽しい事は大暴れしないもので頼むぜ…。


[ほんの少し、キーラから目を逸らせるかのような首の動き。]

( 67 ) 2011/12/20(火) 23:12:35

宿屋の女将 イライダ

 いつまでもここにいても仕方がないわね。

 ……ごきげんよう、ウートラさん。

[無口な時計塔の番人に声をかけ、中に入る]

( 68 ) 2011/12/20(火) 23:15:45

花屋 オリガ

―回想―

[レイスが転ぶのを見て、慌てて腰を浮かし駆け寄るが……
 ふと、脳裏に蘇る光景]

(……これと同じような事が、前にもあった……?)

[目を瞬かせ、記憶の糸をたぐるが……それと意識した瞬間、その糸はほつれて消えてしまった。
 たぐれぬもどかしさを胸にしまいつつ、そっとレイスの頭を撫でる。
 言葉が伝えられたならば、彼に大丈夫か尋ねただろうが、今は心配そうに見つめるのみ]

( 69 ) 2011/12/20(火) 23:18:57

花屋 オリガ

[紅茶を勧められれば、笑顔でそれをいただいて。>>59
 それを飲み終えてから、レイスの手を握って、その場を離れた。>>63]

( 70 ) 2011/12/20(火) 23:19:11

【削除】 修復師 レイス

― 廊下→キッチン付近 ―

[途中、キッチンを覗き込み。
黒い狼と、少年…、だろうか?のセットを、見る。]

 ……くれ…

[名前を呼びかけて、くちを噤む。
そういえば、カーチャは“覚えてないのは、わからない”と。]

[きっと、“思い出さなくて、いい”のだと、感じたから。
しかし、彼を何と呼べば?]

 ………い、いぬ、……。

[本はしこたま読んだ。が、それを発展させることは、無かった。]

2011/12/20(火) 23:19:13

修復師 レイス

[途中、キッチンを覗き込み。
黒い狼と、少年…、だろうか?のセットを、見る。]

 ……くれ…

[名前を呼びかけて、くちを噤む。
そういえば、カーチャは“覚えてないのは、わからない”と。]

[きっと、“思い出さなくて、いい”のだと、感じたから。
しかし、彼を何と呼べば?]

 ………い、いぬ、……。

[本はしこたま読んだ。が、それを発展させることは、無かった。]

( 71 ) 2011/12/20(火) 23:19:58

【赤】 修復師 レイス

 
 ………い、いぬ、くん、で、いいの、かな…?
 ……いぬ、変かな………
 ええと、…………………わんわん?

[独り言は、光に筒抜けだった。]

( *8 ) 2011/12/20(火) 23:21:14

花屋 オリガ

―一階廊下―

[アリョールの姿を見かけたならば、親しげに手を振った事だろう。
 そして、やはりあれは夢ではなかったのだと、改めて実感する。

 レイスの言葉>>64にハッと驚いたように視線を送り]

(…………そうなの?)

[とでも言いたげに、僅かに首を傾げ、じっとアリョールを見つめた]

( 72 ) 2011/12/20(火) 23:21:42

【独】 修復師 レイス

/*
ああああああああああ
廊下→キッチン にできなかtt

しかし 光のつぶつぶは ヴァーリャが拾いたいのだろうか

( -38 ) 2011/12/20(火) 23:22:13

雑貨屋 ヴァレリー

あぁ、そうだ。
折角名前聞いたんだし、俺も一応な。
俺はヴァレリー、雑貨屋兼ガラス細工職人の見習いみたいな事をやってた。


今は――――…なんだろな、無職?


[死んだとは伝えずに、曖昧にぼかして伝える。
彼女もまた何処かから此処へと辿り着いた何かである事は
確かだが、死んだ者とは断定出来ないからだ。]

此処がなー、見覚えのある場所と同ように見えてな。
ちょっとぶらぶらしてた。

( 73 ) 2011/12/20(火) 23:27:29

【叫】 ナタリー

ああ、さっきセーターをくれた人だね。
似合ってるかな…ありがとう。

[ぽつりと「綺麗な」といってから、照れたように頬を赤らめた]

あった…?
ううん。ここででなく、教会のキッチンであったんだ。

ロランでいいのかな。

( C9 ) 2011/12/20(火) 23:28:21

【叫】 ナタリー

僕も寒い≠ニ感じただけだったのかな…
今はそうだったのかな、と記憶はあいまいだね。

雪…
すごく綺麗だね。

いつまでも見ていたよ。

( C10 ) 2011/12/20(火) 23:29:24

【独】 修復師 レイス

/*
個人的に キーラちゃん赤入りは予想していたからふいたZEwwwwwww
そうだよね 3で幼馴染みんなわんわんおだったもんね・・・

( -39 ) 2011/12/20(火) 23:29:27

ナタリー

…よかった。

[ほっとした顔で明るく笑顔を向ける>>65]

料理おいしかったね。
元気になってよかった。

ほら!雪っていうんだよ。
綺麗だね。

[黒狼にわかるように、窓辺を指差して微笑んだ]

( 74 ) 2011/12/20(火) 23:32:32

花屋 オリガ

[ヴァレリーの言葉>>67にも、目を瞬かせて。
 アリョールがそんな凄い人だとは思わなかった。
 彼女を見つめる目が、子供めいた憧れに彩られた。

 その場に居る者に声をかける事も出来ず。
 少し申し訳なさそうな表情で、軽く頭を下げ、その場を後にした]

( 75 ) 2011/12/20(火) 23:34:39

ナタリー

……!!

[びっくりして声した先を振り向く>>71
か細い声で「どうぞ」というと]

…いぬみたいです。
お兄さんは、ここにいる人?

( 76 ) 2011/12/20(火) 23:34:45

森の魔女 アリョール

へ。


[話し相手のむこうから>>64の唐突な声。そしてきらきらとした瞳で見つめられ、彼女は――とりあえず全力でたじろいだ。]


え”
あ、いや、その、それは。
えー…だから、そのう…?


[まさかの誤解に口ごもる。普段けしてまともに受け取ってもらえない自称をまに受けられて、
 「実はそうなのよ!ハーッハッハッハ」と言えるほど彼女は自信家というわけではなかった]

( 77 ) 2011/12/20(火) 23:39:10

隻眼の黒狼

[少年にこくりと頷き、窓の近くへと。
 硝子越しの雪を眺めていたら――
 
 現れた男に紅い眼を向け、不思議そうに首を傾げた。]

( 78 ) 2011/12/20(火) 23:40:12

宿屋の女将 イライダ、2階の廊下を歩き出した**

( A12 ) 2011/12/20(火) 23:40:21

森の魔女 アリョール

[口をモゴモゴさせている間、純真なカップル二人からのピュアアイズに攻撃されていたことだろう。
 こほん、咳払いをひとつ。]

…彼女サンと会えたのはそれはよかった。
しかし青年、えーと、それはあたしのではなくて、……すまん。
多分「他の魔法」だと思う。


[バツの悪そうな表情を浮かべた。そして]

で!
でも!魔女なのは本当なのよ!

( 79 ) 2011/12/20(火) 23:42:22

【赤】 隻眼の黒狼

 
 わんわん?
 
[狼にまじめに話しかける人間がいるなんて思ってないから、
 ものすごい不思議そうに凝視している。]

( *9 ) 2011/12/20(火) 23:42:37

森の魔女 アリョール

[レイスに力説した後、さらにヴァレリーに向かい]

少なくとも知り合いはそう呼ぶわよ!?

[聞く人は、「語るに落ちている」と取るか、どうか。
 彼女をよく知る人間なら苦笑しただろうが、奇しくもここは不思議な世界。
 嘘を言っても通用しそうなのがなんだかちょっと怖かった]


…それなりよ。
まだ若いからそれなりには使えるわよ。


[嘘は言っていないのだ。と自分を慰めた]


……へえ、職人さんなの。

[興味深そうに頷いた。まだキーラはそばにいただろうか。解散するまで魔女は話に加わるつもり**]

( 80 ) 2011/12/20(火) 23:46:03

【念】 花屋 オリガ

[気付けば、また青い世界。
 メーフィエが花を受け取ってくれた事に、笑みを浮かべた。
 そして、その言葉>>!16には少し悲しげな表情で]

うん、本当に不思議。
覚えていないはずなのに、感情が存在していたり。
記憶が繋がっていない感じがして。
それに、どうして声が出ないのかもわからなくて……。

[色々と、忘れている事があるような気がする。
 そもそも、自分は彼とはこれほど親しかっただろうか。
 そんな事を思い返そうとして……また、喉がズキリと痛んだ]

( !20 ) 2011/12/20(火) 23:46:21

【念】 花屋 オリガ

[アリョールの言葉>>!19には、目をパチクリとさせ]

あ……うん。私も、この教会はもっと古い印象があって……。
記憶が混乱しているせいかと思ってたけど。
そういう訳じゃないのかな……。

[不思議そうな表情で、青い世界をぼんやりと眺めていた]

( !21 ) 2011/12/20(火) 23:46:50

【念】 森の魔女 アリョール

[オリガの視線を、廊下でも感じて]


(………これとそれは関係ないのよ)


[そう訴えたそうな目をしてた**]

( !22 ) 2011/12/20(火) 23:47:11

細工師 メーフィエ

 ― 物置 ―

[先程目の前を横切った"なにか"については、
とりあえず害を与えるものではないらしいとわかったので一安心。
その手に受け取ったものは、どこからか現れた
円筒形のガラス瓶の中に入れると鞄へ大事そうにしまう。

そして現在。
おそらく入ったことがないだろう部屋へ
足を踏み入れているのだが]

( 81 ) 2011/12/20(火) 23:47:32

細工師 メーフィエ

 …………珍しいものは特にない、か。

[どうやらここは物置らしいが、
建物自体が新しいせいか中はえらくこざっぱりとしていた]

 一応、地下に繋がってる階段は見つけたけど…。
 一人で行くのは、勇気がいるな。

[物置の奥にあった階段も、ひとまずはその先に進もうとしない。
良く言えば慎重だが、悪く言えば臆病な性格だった。
あとでキーラあたりにでも話せば面白がるだろうかと考えつつ]

 あ……レイスさん、オリガ。

[物置から出てきた所で、
ちょうど二階に向かっているらしき様子の二人と出会う]

( 82 ) 2011/12/20(火) 23:48:41

【赤】 修復師 レイス

 わ、わああ!!
 ………、わんわん、つ、つうじ、た?
 わ、わんわん!!わうん!

[狼の言葉がわかったことに、思い切り声を上げて驚いた。
            が、何が通じていたかは、勘違いしていた。]

( *10 ) 2011/12/20(火) 23:52:42

【独】 修復師 レイス

/*
>>*10
頭悪すぎだろこいつ

( -40 ) 2011/12/20(火) 23:53:03

【独】 修復師 レイス

/*

ご、ごめん兄さん階段上ってテラスとおってこうとしてたんd

どうしよう…えーと
階段を上ったと思ったら降りていた か

( -41 ) 2011/12/20(火) 23:55:11

修復師 レイス

 え、と、……今日は。

[傍の少年>>76にも、頭を下げつつ。
         目線が少年?と合うことは、無い。]

 あ、えと、そう。……あの、あんたも、?

[と、問いかけ返しつつ。
傍らの黒狼には、わんわん、と謎の言葉をかけていた。]

( 83 ) 2011/12/20(火) 23:57:37

【赤】 隻眼の黒狼

 
 わ、わんわんわん!?
 
 え、なにこの人こわい!!!!
 
[なんかすごい独り言いってる人だと思ってる。]

( *11 ) 2011/12/21(水) 00:01:38

【赤】 修復師 レイス

わあ、すごい、通じた!

こ、こわく、ない、よ?わんわん!

[やたら嬉しそうに、ふにゃぁと笑っている。ものすごい嬉しそう。]

[逆に、ものすごい怖い人に見えるかもしれない。]

( *12 ) 2011/12/21(水) 00:03:52

修復師 レイス

―少し前、魔女と。―

[返された言葉>>79に、眉を下げて子犬のような目を向けた。
が、”他の魔法”と言う言葉に、また目を輝かせ]

 あの、じゃあ、あの、魔法、使えるんだ、な!
 すごい、おれ、そんなのできないから、…

[魔女と言う主張は、普通に信じているらしい。]

 それじゃあ、魔女、また。

[花でも飛びそうなオーラを纏いながら、オリガと共にキッチンへ。]

( 84 ) 2011/12/21(水) 00:04:32

【独】 細工師 メーフィエ

/*
玉子様かわいすぎる天使か

( -42 ) 2011/12/21(水) 00:06:28

修復師 レイス

― 現在・キッチン ―
[少年が名を問うならば、自分の名とオリガの名を伝えるつもり。
棚をごそごそと漁るまでもなく、気が付いたら、テーブルには目的のものが、あった。]

 …これ、もらってく、けど、

[所謂、酒の瓶である。
キッチンに居た事から、彼も料理人の関係者だと思っているらしい。]

[なにやら黒狼の方を見て、目をきらきらさせたりへらへら笑ったりしながら、そっとその背を撫でる。]

 …オリガも、撫でる?

[なにやら、いいことがあったらしい。]

( 85 ) 2011/12/21(水) 00:07:42

【赤】 修復師 レイス

 あ、…おもってたより、きもちいい…

[背を撫でる手の心地が、想像以上に気持ちよくて、
                   なんか怖いくらい笑ってる。]

( *13 ) 2011/12/21(水) 00:10:38

【独】 修復師 レイス

/*
レイス自重しろよ?
読めない。

( -43 ) 2011/12/21(水) 00:10:57

【赤】 隻眼の黒狼

 
 えっ。
 
 つう……じた?
 
[やっと気づいた。
 俺の思考、こいつにだだ漏れ??]
 
 
 な……なんで!?
 おにいさん、俺の言ってること、わかるの!?
 
[気づくだろうか。
 黒狼の口調が、少年時代のものそのままだということ。]

( *14 ) 2011/12/21(水) 00:17:03

隻眼の黒狼

[不思議そうに紅いろを瞬いて、
 男の手に若干怯えたように縮こまりながらも、
 撫でられれば気持ち良さげに目を細める。]

( 86 ) 2011/12/21(水) 00:22:03

【赤】 修復師 レイス

 えっ、え?つ、通じて、なかった?

[むしろ、逆のことに、びっくり。
わんわんが通じたとばっかり、思っていた。]

 う、うん、わかるよ!
 …え、えと、……きみ、は、……

[どことなく、小さい子のような口調に、聞こえて。]

 ………クレーシャって、呼んでも、いい?

[呼ばせて、呼ばせて、と語尾が聞こえてきそうなくらい、
おもいっきり、期待した声に、なった。]

( *15 ) 2011/12/21(水) 00:29:36

修復師 レイス

[何故か、ものすごく目をきらきらさせながら。
その黒狼の紅いいろを見つめて、へにゃ、と笑った。]

( 87 ) 2011/12/21(水) 00:31:41

ナタリー

そうなんだ…

[それだけをいい、もらっていくと言われて、こくりと頷いた。

レイスとオリガの名前を聞き]

僕はナタリー…

[と小さく微笑んで、黒狼を撫でていた]**

( 88 ) 2011/12/21(水) 00:31:47

修復師 レイス

 ナタリー、…あの、…。
 よろし、う、わあああ!

[ちょっと、挙動不審気に、目線をうろつかせつつ。
何かを踏んで、すっころんだ。1(10)]

( 89 ) 2011/12/21(水) 00:35:15

修復師 レイス

 ………。

[頭は打たなかったものの、二度目の転倒は、さすがに、…。
これでも、28歳の、はず、………。]

[靴の下敷きになったのは、砥石らしかった。
狼の傍に落ちた欠片には、まるで気付いていない。
鈍いというより、とってもどんくさい男だった。]

( 90 ) 2011/12/21(水) 00:37:53

【独】 修復師 レイス

/*
1とかwwwwwwwwwwwwww
どこまでもどんくさいなこいつwwwwwwwwwwwwwww

( -44 ) 2011/12/21(水) 00:38:09

【赤】 隻眼の黒狼

 
 えっえっ
 
 なんて呼んでもいいけど……なんで?
 くれー……?
 
[聞いたそばから右から左だった。]

( *16 ) 2011/12/21(水) 00:39:39

【独】 居候 リディヤ

/*
28歳かわいいです

( -45 ) 2011/12/21(水) 00:40:53

花屋 オリガ

―キッチン―

[レイスにつれられて中を覗けば、黒狼とナタリーの姿が。
 初めて見るナタリーに、軽く頭を下げ……名乗ろうにも名乗れず、再びエプロンの前ポケットに手を入れ、そこにあったアスチルベの花を差し出した。

 挨拶出来ぬ事をもどかしく思い、申し訳なさそうな表情を浮かべながら。
 レイスが名前を伝えてくれたなら、ホッと安堵の表情を浮かべ、それにあわせ頷いてナタリーに微笑みかける事だろう]

( 91 ) 2011/12/21(水) 00:41:11

花屋 オリガ

[レイスが黒狼を撫でているのを、目を細めて見守りながら。
 自分も撫でるかと言われたら>>85、目を輝かせて。
 少し慣れぬ手つきながら、そっと手を伸ばし、その背をさすった]

(……あたたかい…)

[我知らず、表情を綻ばせつつ。
 黒狼の傍らには、そっとカンパニュラの花を置いた]

( 92 ) 2011/12/21(水) 00:41:25

【独】 居候 リディヤ

/*
レイスさんとダニールさんの会話みたいです すごく

( -46 ) 2011/12/21(水) 00:41:56

【独】 修復師 レイス

/*
わんわんもふりタイムやん

( -47 ) 2011/12/21(水) 00:42:44

【赤】 修復師 レイス

 え、えっと、……
 おれの、ともだちで、…クレーシャって、呼びたくて、……ええと、

[思い切り身振り手振りつきで説明しようとしているが、
          全く意味を成していない。むしろ、解りづらい。]

 小さい頃から、おともだちに、なりたかった、んだ。
 
[へにゃ、と笑った。ぜんぜん話しが繋がってない。]

( *17 ) 2011/12/21(水) 00:46:34

隻眼の黒狼

[ちょっと不振な男に、
 少女のような少年に、
 花のように愛らしい女性に、
 
 撫でられまくって狼はしあわせそうだ。
 ぱたぱた尻尾を振っている。]
 
 
[傍らに花が置かれれば、すんと匂いを嗅いだ。
 花のにおい、以上の区別はつかなかったけれど。]

( 93 ) 2011/12/21(水) 00:48:35

【赤】 修復師 レイス

 なんか、さっき聞こえた、ばるす?とか、せかいせいふくとか、
 もしかして、クレーシャ?

[とりあえず、呼びたいのは、すごく伝わるだろう。]

 ……なら、多分、何処に居ても、聞こえるのかなぁ。

[不思議そうに首をこてり。]

 おれ、部屋、見に行くから、またあとで、ね?

[背を名残惜しそうに撫でた後、すっと立ち上がった。]

( *18 ) 2011/12/21(水) 00:49:31

【独】 修復師 レイス

/*
わんわんかわいいいいいいうぉおおおおおおおおおおおおおおお

( -48 ) 2011/12/21(水) 00:49:52

修復師 レイス


[なんだか黒狼の前で、わたわたと身振り手振り。
そのあとやたら笑ったり、目を輝かせたりしたのち、
名残惜しそうに手を離し、立ち上がる]

 オリガ、部屋、行きたいんだ。
 いっしょに、行こう、か。

[彼女が満足すれば、また手を引いて歩き出すつもり。]

( 94 ) 2011/12/21(水) 00:52:18

【独】 居候 リディヤ

/*
接触してないのはアリョールさん、ロランさん、ダニールさんかな
ウートラさんは……まあいいy

( -49 ) 2011/12/21(水) 00:53:43

【独】 居候 リディヤ

/* <b>>>94 ガタアアァァアン</b>

( -50 ) 2011/12/21(水) 00:54:21

花屋 オリガ

―回想―

[アリョールとレイスのやり取りを見て、自然と笑みがこぼれる。
 大がかりな魔法は違っていても、そういった事が出来るというだけで、アリョールを見つめる視線がつい頼もしい物になってしまうようだった。

 途中で感じた視線には、軽く目を瞬かせ。
 少し申し訳なさそうに笑みを向けた]

―回想終了―

( 95 ) 2011/12/21(水) 00:57:48

【赤】 隻眼の黒狼

 
 …………ふえ??
 
[案の定だった。理解できてない。]
 
 
 んーと……
 
 俺とおにいさんも、おともだち、ってこと?
 
[そして超解釈に至った。]

( *19 ) 2011/12/21(水) 00:58:36

【赤】 隻眼の黒狼

 
 世界せいふくわああ、あれも聞いてた!?
 バルス、は俺じゃないけど……
 あれももしかして、だれかの声?
 
 狼同士の聲と一緒なのかな?
 ――なら、どこにいても聞こえるはずだよ。
 

( *20 ) 2011/12/21(水) 01:00:00

【独】 花屋 オリガ

/*
基本、金魚の糞状態です。
別の処でも迷子で一人で村内歩けないキャラやってたなぁ…。
どうしてこうなるんだろう、私……。

( -51 ) 2011/12/21(水) 01:04:20

【赤】 修復師 レイス

 え、えと、大きくなってから、お友達で、小さいころ、………

[また回り道からどこかへ通じていくような説明をしかけて、
超解釈には、むしろやたらと嬉しそうな声が、聞こえる。]

 お、お友達、いいの?!
 え、えへへ、……ありがとう、クレーシャ

[尻尾があったら、ぶんぶん振ってそうなくらい、弾んでいる。]

( *21 ) 2011/12/21(水) 01:05:54

【赤】 修復師 レイス

 う、うん、きい、た。
 ばるす、も聞いた。

 ………狼同士の、こえ、………

[なんだか、また、お願いが叶っているような。
              今年のプレゼント、盛りすぎである。]

 そ、そか、……なんかあったら、また、言う、ね?
 あっ

[そういえば、名乗ってなかった。]

 おれ、レイス。…よろしく。

[きっと、道中ものすごく幸せそうな、はず。]

( *22 ) 2011/12/21(水) 01:06:11

修復師 レイス

― キッチン→物置近くの廊下 ―

[そういえば、自分の部屋は11だった。
地図で言えば、完全に左右上下正反対の場所である。]

 ………。

[でも、良さそうなブランデーも手に入ったし。
部屋を確認したら、きっと美味しい紅茶が飲める、はず。
うっかり5の部屋へ向かおうとしていたなんて、そんな事は。]

[そこで、物置から出てきた人影>>82に、少しだけ背を伸ばした。]

 ……あ、メーフィエ。
 ここで、何を?

[特に、ものめずらしいものは、少ないのだが。
…ああ、地下には、あるかもしれない。

いわく付きの、凶悪なデザインのものが。]

( 96 ) 2011/12/21(水) 01:07:48

修復師 レイス、きっと、道中すれ違ったものには、挨拶を。

( A13 ) 2011/12/21(水) 01:08:12

花屋 オリガ

[ナタリーの名乗り>>88には、笑顔で頷いて。
 その直後、レイスが転ぶのを見て再び心配そうに駆け寄り、そっと頭を撫でる。

 そして、黒狼をひとしきり撫でた後、レイスの言葉>>94に頷いて、また共にキッチンを後にした]

( 97 ) 2011/12/21(水) 01:10:23

【赤】 隻眼の黒狼

 
 えっ、うん、いいよ!
 
[嬉しそうな声にびっくりしつつも、
 なんだか悪い気しなくて、こっちまでえへへとしている。]
 
 
 あ、えーと、おにいさんの……
 
[名前は、と聞こうとしたら、ちょうど名乗られた。]
 
 レイス。 レイス。
 ……うん、よろしく、レイス!
 
[しぜんと呼び捨てになったのには、気づいてない。]

( *23 ) 2011/12/21(水) 01:14:35

【独】 修復師 レイス

/*
うぉおおおおクレーシャ弟になってくれ!!!!!
お前の義姉さん、オリガだ!!!!!!

▲レイス

( -52 ) 2011/12/21(水) 01:15:51

細工師 メーフィエ

 ここの中へ入ったことはなかったから…
 何があるんだろうと思って、ちょっと探検を。

 特に珍しい物はありませんでしたけどね。

[レイスの問いに苦笑しつつ返す。>>96
この答え方で、地下には行っていないことが伝わったかもしれない]

 そういえば食事がまだだったので、
 これから腹ごしらえしてこようかと思ってるんです。

 レイスさんたちは、あれから新しい発見とかありました?

( 98 ) 2011/12/21(水) 01:18:44

隻眼の黒狼

[撫でていた手が離れれば、尻尾を振りながらも
 名残惜しげに、くぅんと鳴いて。
 
 狼はお座り状態で、いなくなる二人を見送った。]
 
 
[そうしたのち、ナタリーの顔を見上げる。
 どうやら彼が動かないのであれば、
 狼もここに留まるつもりらしい。]

( 99 ) 2011/12/21(水) 01:23:59

【独】 隻眼の黒狼

/*
ミハイル・レイス・オリガ・リディヤあたりが求婚希望?
 
って予想してたんで、どうやらレイスが希望通ったらしいのに軽く驚きました。
もしかしたらオリガ⇔レイスで互い撃ちもあるかもと思ってたのに!
 
 
しかし 3人もPCいるのに 3人とも特に動いてない だと
ロランとか地味に会いたいんですけど・・・!!

( -53 ) 2011/12/21(水) 01:29:09

【独】 隻眼の黒狼

/*
そして☆完成したらどうなるの?
 
A.かんがえていない
 
なので 発見しても拾わないという あれ

( -54 ) 2011/12/21(水) 01:30:00

【赤】 修復師 レイス

 わ、わぁ、あ、ありがとう…!

[なんだか嬉しくてついうっかり抱きつきそうなくらい、
花が満載のオーラ。]

 よ、よろしく、ね、クレーシャ!

[呼び捨てになっているのは、完全に気付いていない。
とってもお花畑だった。]

( *24 ) 2011/12/21(水) 01:34:15

修復師 レイス

 ……地下は、あんまりお薦めしない。

[メーフィエの様子>>98から、どうやらまだ見ては居ないのだろうと。
もしかしたら、うっかり泣いてしまうかも…と、とても成人相手に考えるはずも無いことを、思っていた。]

 えと、…新しい、発見、………。

[少し首を傾けつつ、はたと顔を上げる。]

 ………えと、……キッチン、行ってみると、いい。
 えと、…喜ぶ、……と、思う。

[誰が?と言う主語が、抜けている。
レイスにとっては、目の前の彼も、そしてキッチンの“彼”も。
どちらも喜ぶような気がしているからでもあるが。]

( 100 ) 2011/12/21(水) 01:37:31

花屋 オリガ

―物置付近―

[何やら機嫌の良さそうなレイスを、少し不思議そうに見上げながら。
 まぁ、楽しいならばいいかと、自らもつられて足取りが軽くなる。

 相変わらず、ふわり、ふわりと軽やかに。

 物置近くを通りかかった時にかけられ、その主がわかれば、笑顔を見せる。
 新しい発見と言われる>>98と、言葉に詰まってレイスの顔を見上げるが。
 果たして、彼は何と答えるだろうか……?

 メーフィエの探検という言葉には、少し興味深そうに物置を眺める。
 が、幾分怖さも感じ、レイスの手をぎゅっと握りしめた]

( 101 ) 2011/12/21(水) 01:37:40

【独】 修復師 レイス

/*
そんな寂しそうな声だされたら
キッチンに瞬間移動したくなるやろ(ry

( -55 ) 2011/12/21(水) 01:37:53

花屋 オリガ

[“地下”という言葉>>100に、一瞬驚いたような表情を浮かべる。
 僅かに物置から距離を置き、レイスの腕に身を寄せつつ。

 小さく肩を震わせた]

( 102 ) 2011/12/21(水) 01:41:31

【独】 修復師 レイス

/*
オリガちゃんとシンクロwwwwwwwwwwwwwwすげえwwwwwwwwwwwww

( -56 ) 2011/12/21(水) 01:42:12

【独】 隻眼の黒狼

/*
おはなばたけの28さい玉子かわいいかわいい

( -57 ) 2011/12/21(水) 01:45:26

【独】 隻眼の黒狼

/*
でもおまえ、
明日にはオリガに求婚されて
お別れなんだろー!!wwwwwwww><
 
くそう、リア充ばくはつしろーーーー!!!!!!!!

( -58 ) 2011/12/21(水) 01:46:51

修復師 レイス

[手をぎゅっと握るオリガ>>101に気付き、そっと手を握り返す。]

 だいじょうぶ。
 おれ、ちゃんと、居るから。

[肩を震わせる様子>>102には、少し目を細めて、
                    そっとその肩を抱き寄せた。**]

( 103 ) 2011/12/21(水) 01:48:23

【赤】 傭兵 ダニール


 ……煩ぇ。

[ 瞳が金色に輝く。
 此度の赤い世界は明るくて戸惑ってしまう。]

( *25 ) 2011/12/21(水) 01:52:56

【叫】 死に損ない ロラン

ロランで構わない……。
君がナタリー……少年、か。

[ナタリーという名前を呟く時、少し間があった。何かを思い返しているように]

知り合いと同じ名前だ。
まあ、珍しい名前ではない、が。

( C11 ) 2011/12/21(水) 01:53:29

【独】 隻眼の黒狼

/*
>>*25
よそうしてた!!!!(村建てるまえから

( -59 ) 2011/12/21(水) 01:55:14

傭兵 ダニール


 ……煩ぇ。

[ 思わず音声でもその言葉を発してしまった。

扉の中に入ってみたものの、やはりそこにいたのは知らない人間ばかりで。
輪に加わる気にはならなかった。
壁に凭れてただ、白がヨールカを覆うのを見つめていた。]**

( 104 ) 2011/12/21(水) 01:57:44

細工師 メーフィエ

 えっ……地下はそんなに危険地帯なんですか?
 よ、よく覚えておきます。

[レイスがどうして地下にあるものを
知っているのだろうという疑問は湧いたが、直接問うことはせず。
それよりどれほど恐ろしいものがあるのかと、
嫌な想像ばかりが先に立って真剣にこくこくと頷く>>100]

( 105 ) 2011/12/21(水) 02:03:08

細工師 メーフィエ

 ?

[発見についての答えは、"喜ぶ"の理由が掴めずに
頭の上にクエスチョンマークが2(5)個はつきそうな
勢いで首を傾げた。
キッチンとなると、何か美味しいものでもあるのだろうか?]

 …キッチンに行けばいいことがあるんですね?
 教えてくださってありがとうございました。

[彼がオリガと身を寄せ合う様子に、
互いの想いの強さを改めて実感して。

お邪魔にならない内に、二人に丁寧に会釈すると
ホールのある方角へ向かった**]

( 106 ) 2011/12/21(水) 02:06:12

雑貨屋 ヴァレリー

ん……あぁ、お前ら。色々話…出来たか?

[興味深くアリョールの次の言葉を待っていると、
すぐ後ろから聞き覚えのある声が掛かり
一旦視線はそちら…レイスとオリガの方へ。>>64]

お前も探しもんが見つかってないのか…。
俺も探しものがあって、2階に行こうと思ってな。
でも先に何か食いもんがあると嬉しいなと
そっちに寄ってから……


…ホールに紅茶と、パニーニだな。解った。


[リーリャの作ったものではないとは察したものの、
とにかく美味しそうなものが其処に在ると解れば、>>66
男の表情も引き締まるというもの。
2人が去って行くのを、食い物見つけた!という
歓喜の笑顔で以って見送るのも仕方ない。]

( 107 ) 2011/12/21(水) 02:07:48

居候 リディヤ

[門の外からは人の気配はなかったけれど
 一度外へ出て、教会奥に見える森を見渡してみた。]

[森も、森の側に見える水車も
 どこか懐かしく、表情が和らぐ]


[自分はむかし、あそこで暮らしてはいなかったか?
 いや、暮らしていたのは自分ではなくて、――――]


 …………おねえちゃん、教会の中かな?
 戻ろう。


[降りしきる白が、記憶にも白を塗して
 思い出すには至らなくて]

[少女の足は、教会の中へ**]

( 108 ) 2011/12/21(水) 02:12:15

【独】 細工師 メーフィエ

/*
しかしこのにいさま、弟がわんこで
更に色々忘れちゃってること知らないし聞いてないので
会ったら自爆する&困らせちゃう気がするぜ…


聞いてないのにのっけからわんちゃん呼びもできないしなぁ

( -60 ) 2011/12/21(水) 02:16:59

【独】 居候 リディヤ

/*
さて動きにくくなったな……廊下から人がいなくなるまで待機

( -61 ) 2011/12/21(水) 02:17:10

雑貨屋 ヴァレリー

それでだよ、ヴィエーディマ。

[レイスとオリガが去った後、
まだその場にはキーラも居ただろうか。
彼女をチラと見遣り、再びアリョールへ]

あのさ、それなりに魔法が使える>>80ってんなら
ひとつ頼みがあるんだがー…。
今思いついたやつだから、出来るかどうかはわからんが。

今、俺のガラス細工を探してるとこなんだけど
それに魔法を掛けてやって欲しいんだよ。
小さな幸せでも、持ってる奴に呼び込めるような
そんな魔法。

出来るか?

( 109 ) 2011/12/21(水) 02:18:03

【念】 細工師 メーフィエ

 そうでしたか……す、すみません。

[神職については、こちらも個人的な事情とはいえ
思うところがある境遇に育ったので。

強く否定する様子に謝る表情は、本当に申し訳なさそう]

( !23 ) 2011/12/21(水) 02:20:08

【念】 細工師 メーフィエ

 この教会に来たのは…初めてと言っていいのかどうか。
 オリガの言ってることが単なる思い違いなら、
 私も思い違いをしてることになってしまうし…。

[オリガと女性の言葉を両方聞いて、考えこむ素振り。>>!29>>!21
結局、探索しても謎は深まるばかりで]

 小さい頃、よく肝試しに入ってたおんぼろ教会と
 間取りだけはそっくりなんだ。
 まるで、教会の時間だけが過去に戻ったみたいに……。

( !24 ) 2011/12/21(水) 02:21:02

【念】 細工師 メーフィエ

[そこまで呟いたところで、ようやく思い出す。
バンダナの女性に名前を告げるのをすっかり忘れていたのだ]

 名乗りそびれてたけど……私はメーフィエ。
 小物や装飾品を作っている、しがない細工師です。
 注文はいつでも受け付けているので、ご入用の際は何なりと。

 …………この不思議が続くのが
 短い間か長い間かはわかりませんが、
 よろしくお願いします。

[軽く頭を下げた後、にこやかに微笑みかけた**]

( !25 ) 2011/12/21(水) 02:22:12

雑貨屋 ヴァレリー

[つまりは「おまじない」を掛けてくれと言う事だ。
彼女がそれを受けるかどうかの結論は急がない。]

ま、返事はまたガラス細工が見つかってから…改めて
聞いてからでもいいぜ。


それじゃー、俺ちょっと食い物漁りに行ってくるな。
2人とも悪戯の成果はちゃぁんと報告するんだぜ!!

[じゃーな、と手を挙げて男は再び廊下を一人歩く。
今度こそ、ちゃんとキッチンへと辿り着くだろう。**]

( 110 ) 2011/12/21(水) 02:24:13

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
ふむ。
今日の時点で球根先にヴィエーディマ追加。

森関係と魔法について、とかなんか色々話せそうな気がする。
結構深い事お話してくれるのよね、ヴィエーディマ。

( -62 ) 2011/12/21(水) 02:25:30

【赤】 隻眼の黒狼

 
 ……あ。
 
[おおかみの聲が、聴こえた。]
 
 
[聞いたことのない声
 でも、“   ”と 同じ 聲]

( *26 ) 2011/12/21(水) 02:41:36

時計塔の番人 ウートラ

―2F・テラス―
 
[魔女が現れ、去り。
 女将が現れ、去っても。番人は黙したまま。
 
 ただ、長いローブの裾のあたりをじっと眺めていた。]

( 111 ) 2011/12/21(水) 02:54:28

時計塔の番人 ウートラ

 
     『きゅるるる っぷい』
 
 
[……この得体のしれないものは、なんだろう。
 
 蛙のような顔をして。
 トドのようなからだをして。
 それでいて、存外と可愛い声で鳴くもので。]
 
[番人は屈み込み、膝までの丈ほどしかないそれに、
 手を差し伸べる。]
 
 
     『るるるるるるる』
 
 
[ひゅっ、と、
 その鈍そうな見た目からは考えられないほどの速さで、
 それは物陰へと避難する。]

( 112 ) 2011/12/21(水) 02:56:27

時計塔の番人 ウートラ

[宙に伸びた手を、顎に。
 
 番人は思い出す。 幼い頃に――
 もうどれだけ昔かもわからない頃に、聞かされたお伽話。
 丁寧に丁寧に、思い出す。
 
 蛙のような顔をして。
 トドのようなからだをして。
 水車の羽根の下に棲む、悪戯好きの妖精のお伽話。
 
 
 名前は、たしか――――**]

( 113 ) 2011/12/21(水) 02:58:10

花屋 オリガ

[レイスの言葉>>103に、自身が不安げな表情を浮かべていた事に気付き、笑顔を浮かべる。

 肩を抱かれ、縋り付くように。
 そっと、腕の中で目を閉じた**]

( 114 ) 2011/12/21(水) 05:56:21

【念】 花屋 オリガ

[メーフィエの言葉>>!24を聞いて、少し考え込む]

やっぱり、村の廃教会と似てますよね…。
なんだか、懐かしい感じもするし。

それに……。

[こうして、メーフィエさんともお話出来てるし……と言いかけて、ふと止まる。
 なぜそんな事を思ったのだろう。
 廃教会の思い出と、メーフィエについての記憶と。
 それが何故繋がっているなどと感じたのだろうか…。]

( !26 ) 2011/12/21(水) 06:11:45

【念】 花屋 オリガ

[青い世界で出会う二人の顔を交互に眺め。
 こうして一緒に居られるのもいいな、などと温かな気持ちになるのだった]

……本当に、不思議。
二人とも、よろしくね。

[そう言って、少し恥ずかしそうに笑った]

( !27 ) 2011/12/21(水) 06:12:10

森の魔女 アリョール、ここまでよんだことにしておこうかな。  ( B14 )


【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
今回の番人さん、良く動くね。
なんだかとっても可愛らしいのよ…。

( -63 ) 2011/12/21(水) 07:59:45

宿屋の女将 イライダは、コミットボタンを「ポチっとな!」


宿屋の女将 イライダ、ここまでよんだことにしておこうかな。  ( B15 )


【独】 森の魔女 アリョール

今更だけど村建さん3アカなのか

これは大変だな……

( -64 ) 2011/12/21(水) 09:37:53

キリル

   あれ、ヴァレリーさん
   探しモノ、まだ見つかってないんですか?


 [現れたヴァレリー>>56に首を傾げるも
  しかし意識はアリョールの演説>>61へ一本

  焦茶がきらきらと輝く]


   正当な、伝統的な、秘法!?
   うそ何それかっこいい!


    楽しいのが一番だよね
    楽しくなきゃ、楽園じゃないよ

( 115 ) 2011/12/21(水) 10:10:51

キリル

   暴れませんよ!
   暴れるのは私じゃなくて被害者だし


 [目を逸した男>>67にジト目を向けた]

( 116 ) 2011/12/21(水) 10:11:10

キリル

 [現れたのは、オリガ>>72とその旦那>>64
  そして超純真カップルのキラキラ攻撃>>79に直面するアリョールをにやにやと見ていた
  わたわたしてるのがちょっと面白い
  いいぞ夫婦もっとやれ]


   良いな、魔法
   何かやってよ
   なんかぱーっと、凄いの!


 [にーっと笑顔を向ける]

( 117 ) 2011/12/21(水) 10:11:39

キリル

  幸せの魔法?

  見たい! やってよ!


 [ヴァレリーの言葉>>109>>110にわーっと乗っかる
  なんかずきりと痛んだのは無視した
  こんなに騒げばアリョールが断りにくくなるだろうが、そこも無視


  騒ぐだけ騒げば、ヴァレリーが立ち去るのに合わせて解散する]

( 118 ) 2011/12/21(水) 10:19:21

【赤】 キリル

 [聞こえる声はとても花畑だった
  むしろ自分の声が聞こえてるとも思ってなかった

  頭の悪い呪文を呟いた自身を埋めたくなった
  恥ずかしいです]


   魔法!
   幸せの魔法!


   良いな、どうやったら使えるんだろ?


 [煩い、の言葉も虚しく
  キーラの声は高くないがよく通るのだった]

( *27 ) 2011/12/21(水) 10:22:18

キリル

 [適当に歩いていれば、壁に凭れる男>>104
  人が多いな、と首を傾げつつも]


   ヨールカ、どうですか?

   私はもっと派手なのが好みなんですけど
   色んな面白い細工付いてるのとか


 [軽い気持ちで話し掛けてみる]

( 119 ) 2011/12/21(水) 10:47:48

居候 リディヤ

[一方その頃、少女はキーラを捜し歩いていた。
 割とすぐ近くにいるのかもしれない事に気付かず>>119


 プリャニキ作るって言って別れたから……
 クーフニァかなぁ


[その足は調理場へと向かう**]

( 120 ) 2011/12/21(水) 10:57:52

【独】 キリル

/*
キッチン行ったらまたヴァレリーとエンカw

行こうかなー行っとこうかなー
キッチンにはわんことナタリー

( -65 ) 2011/12/21(水) 11:09:57

ラビ

やっぱり お前 カーチャ?

[自分の知っているカーチャ。
そういってふんわり笑う少女の顔は幼い頃一緒に遊んでいた懐かしい小さな女の子の顔>>16
少しだけ頬を赤くするとつれこまれるように笑い返した。]

( 121 ) 2011/12/21(水) 11:51:58

ラビ

いちばん…のおともだち

[>>17リディアという少女にそう紹介されて戸惑う]

―俺

[もう一人の少女から>>34羨ましそうに向けられた瞳に首を横に振る]

違うよ カーチャ
俺いっぱいお前のことからかってたもん
意地悪な事いっぱいいってた

( 122 ) 2011/12/21(水) 11:53:06

【赤】 隻眼の黒狼

 
 あ、バルス。
 
[そう呼ぶことにしたらしい。]

( *28 ) 2011/12/21(水) 11:55:40

【独】 隻眼の黒狼

/*
ダニールは自己紹介も書いてくれてないのかー…
 
どうしようかな。うーん。
2の設定に基づいて喋っても逆にただの身内ねたになってしまうなあ

( -66 ) 2011/12/21(水) 11:59:55

ラビ

[仲の良かった可愛い女の子
いつも森の花の中一緒に遊んでいたけれど…
みんな少しづつ大人になっていく

少し上のロランやナタリー達みたいにお互いに恋しあったり、遠くの街へでていったり、俺みたいに母親を養うために馬鹿みたいに働いたり…

みんな大人になっていくのに
いつまでも赤ちゃんみたいだったカーチャ
そんなカーチャをみていると
いつも心が痛くなってきて
自分のその感情がなんだかわからなかったけど

保護者ぶって構ってみたり
からかったり 意地悪してみた]

( 123 ) 2011/12/21(水) 12:00:35

ラビ

[上着のポケットをごそごそと探る。
指先にさわるつるりとしたまあるい感触、取り出せば真っ赤に熟した赤いリンゴ]

ほらよっ…
思い出せよ
お前のいちばんのお友達っ

[カーチャの頭の上に無造作にリンゴを置くと]

鈍くさいカーチャ!
それおとすんじゃねーぞ

[からかう様に笑い声をあげて
少女をその場に残して協会の中へ走りさった]

( 124 ) 2011/12/21(水) 12:02:54

【独】 ラビ

/*

ラビはどうも12.3才くらいの頭しかない気がする
小学校6年生くらいの行動ですね

( -67 ) 2011/12/21(水) 12:04:08

【独】 ラビ

/*
誤字を無くしたいと思ったらこうだよ

( -68 ) 2011/12/21(水) 12:07:00

【独】 居候 リディヤ

/*
らびさーん(´;ω;`)ブワァ

( -69 ) 2011/12/21(水) 12:07:30

ラビ

[カーチャの頭にリンゴを載せて手を振りほどく少し前カーチャがなにか拾うのを見た>>23]

カーチャ なんでもかんでも
拾っちゃだめだよ 危ないもんかもしれないじゃんか
星?

[カーチャの手の中で きらりっとひかるように消えてしまったのをみたら目を瞬いて]

何ともなかった?

[火傷なんかしてないかとか小さな手を調べてみたりしていたとか]

( 125 ) 2011/12/21(水) 12:17:10

【赤】 キリル

  ちょっとー!
  天空の王の前で 頭が高いっ!


 [なりきる事にした
  子供時代のごっこ遊びみたいに]


   科学の力でどーん、って!
   せかいせいふくー!

( *29 ) 2011/12/21(水) 12:25:13

【赤】 隻眼の黒狼

 
 わあああレイスー!
 バルスの王に世界せいふくされちゃうよ!
 かがくの力でこっぱみじんだよー!
 

( *30 ) 2011/12/21(水) 12:32:16

【赤】 キリル

  いっけー、魔法!

  ぽぽぽぽーん!


 [レイス、と名前を聞いても顔が浮かばなかった]


   レイス、と
   キミは……えーっと、クレーン車?


 [お花畑の会話は真面目に聞いてなかったのです]

( *31 ) 2011/12/21(水) 12:45:02

【赤】 隻眼の黒狼

 
 わああああ世界おわた!おわた!
 
[がーん]
 
 
 えっ
 俺は、えーと、クレーシャ? になったみたい。
 

( *32 ) 2011/12/21(水) 12:50:08

【赤】 キリル

   くれーしゃ?


 [ぽかん、と止まる声]

 [沈黙は、しばし]



   変わった名前だね! よろしくね!

( *33 ) 2011/12/21(水) 13:00:20

【赤】 キリル

 [ちなみに現在、キーラはダニールの近く


   煩い、と言った声の主が
   すぐそこに居るとは気付かないままでした]

( *34 ) 2011/12/21(水) 13:07:02

ラビ

[カーチェの手を振り切って教会の中をふらついていると
思い出したのは病気の母親の事]

そういえば、母さん…大丈夫かなぁ
俺の事すっごい心配してるかもしんない

[唐突に木になって家へ帰ろうと教会の出口を捜してはsり出す。―そこにいたのは黒髪の親友だった青年の姿>>50]

ロラン!

[駆け寄ると子犬の様に飛びついた]

ロラン なんだか また、大きくなった?

( 126 ) 2011/12/21(水) 13:07:25

キリル

 [男が返事をしたかどうか
  どう返事をしても、悪びれもせずに笑っているだろうけれど


  軽く頭を下げれば、その場を辞して]


   リーリャ?


 [何となく辿り着いた調理場で、妹の姿を見つけるか
  妹に探されていたなど、考えもしていなかった]

( 127 ) 2011/12/21(水) 13:07:34

キリル

   リーリャ、プリャニキ出来た?
   あと、パニーニも有る、って……



 [声が途切れた

  キッチンの中にも、人影

  妹と変わらないような、少年
  そして、黒い――狼]



 [じ、と狼を見据える焦茶]



   [やがて、ゆらり、と狼へ近寄って]

( 128 ) 2011/12/21(水) 13:08:10

キリル

   ―――――お手!



 [いつも通りの左手を ずずいと差し出した

   満面の、ガキ大将スマイルで]

( 129 ) 2011/12/21(水) 13:09:33

【独】 キリル

/*
これがやりたかっただけという

( -70 ) 2011/12/21(水) 13:11:10

【赤】 隻眼の黒狼

 
 変わってるのかな?
 よろしく、バルス!
 
 
[なんかひどいこと言ってるみたいになったけど、
 特にそんなつもりは、ない。]

( *35 ) 2011/12/21(水) 13:11:53

隻眼の黒狼

[少女の姿は、キッチンのなかにあったか、外にあったか
 狼がそれを確認する暇もなく、
 現れた女性…………の格好をしたひと。
 
 紅い眼は、不思議そうに見つめて――]
 
 
がう。
 
 
[差し出された手に、思わず前足のせた。]

( 130 ) 2011/12/21(水) 13:15:57

居候 リディヤ

 ― キッチン ―

[そこには既に、ヴァレリーやメーフィエの姿も
 あっただろうか?

 キーラが入ってきたのは、
 彼らへ会釈して、プリャニキの籠を差し出そうと
 していたところだっただろうか]


 あ、おねえちゃん!
 プリャニキ出来たからね、おねえちゃん捜してたの


[そう言って駆け寄った。
 もし少女に尻尾がついていたら
 ぱたぱたと嬉しそうに振っていただろう]

( 131 ) 2011/12/21(水) 13:17:43

居候 リディヤ


 プリャニキ、好きなの食べてね
 ホットミルクもあるから

 バニーニは、えっと、ホールに置いてあるって
 私も後で食べに行こ、…………?


[黒狼へ視線を送るキーラに、首傾げ]


[お手、と左手を差し出す様子を、きょとんと見つめた**]

( 132 ) 2011/12/21(水) 13:17:59

【赤】 キリル

   むー
   あたし、バルスじゃないよ!


   名前がバルスだったら、呼ぶたびに世界こわれちゃうよー!


   あたしは、キーラ!
   キリルじゃないよ、キーラだよ!


 [“キリルじゃないよ”とわざわざ言うから
  かえってその渾名を定着させてしまったのだ、と

  幼い当時の少女(少年にしか見えない)は、気づいていなかった]

( *36 ) 2011/12/21(水) 13:27:41

【赤】 隻眼の黒狼

 
 えっ、バルスじゃないの!?
 
 
 キリルじゃないキーラ?
 キーラじゃないキリル?
 
[こんがらがった。]
 
 うーん、じゃ……
 
 
 よろしく、キリル!
 
[こうなった。]

( *37 ) 2011/12/21(水) 13:32:53

キリル

 [狼の前足が、左手に乗る
  ずしりと重い、それ

   獣の紅の瞳を覗き込む
   炎を思わせるようなその色は
   しかしその奥に氷が揺らめくような、そんな印象を抱いて]



   わ、凄い!
   かしこいね、キミ



 [にか、と笑うと、手を離して狼の頭をわしゃわしゃと撫でる
  つやつやでもふわふわでもない、ぱさぱさした毛並み
  わしゃわしゃとかき混ぜるその感触は、どこか懐かしいような]

( 133 ) 2011/12/21(水) 13:37:32

【赤】 キリル

   キリルじゃなーいー!


 [一応反論したが、割りと諦めていた
  今まで誰も対応してくれなかったので]

( *38 ) 2011/12/21(水) 13:48:38

キリル

   キミさ、狼だよね?
   だよね、犬とはやっぱ違うよねその身体は


 [わしゃわしゃと同時に、司書の知識を引っ張り出す
  狼と犬は結構色々違うのです]


   でもさー、なんか……ぼろぼろだしさ……


 [わしゃわしゃ]


   狼ってさ、本でもそうだけど、もっと気高いもんじゃない?


 [わしゃわしゃ]

( 134 ) 2011/12/21(水) 13:49:19

キリル

   もっとしっかりしないと、犬にしか見えないよ?



 [結構酷い事を言った
  まさかこのお犬様が人語を理解してるとは想像だにしない]

( 135 ) 2011/12/21(水) 13:49:42

隻眼の黒狼

[わしゃわしゃ撫でられ、尻尾をばたばた。
 もっと褒めて、といわんばかり。]
 
 
[しかし]
 
[その後に続く人語に]
 
 
 
きゅーん
 
[がっくりうなだれた。]

( 136 ) 2011/12/21(水) 13:53:11

【赤】 隻眼の黒狼

 そんなことより。
 
 キリル。ひどい人間がいるよ!
 俺のこと犬にしか見えないって!
 
[残念なことに、リーク先が本人だとは気づいてない。]

( *39 ) 2011/12/21(水) 13:55:36

【独】 キリル

/*
どう見ても犬だよwwwwwwwwwwwwwwww
こんな狼居てたまるかwwwwwwwwwwwwwwww

( -71 ) 2011/12/21(水) 13:56:51

【独】 隻眼の黒狼

/*
この赤チップがさあ、
とても頭悪いことしか言いそうになかったので
 
おもわず精神年齢:おこさまになってしまった

( -72 ) 2011/12/21(水) 13:57:42

森の魔女 アリョール

ここの人たちって変わってるわ…。
いや、そもそもあたしのいたところがおかしかったのか?

[魔法をすんなりと受け入れるのは、常識とちょっぴりの不思議で彩られた
 故郷ではめったにないことで。そんなことを思わずつぶやいた。
 同時に、あしらわれることに慣れすぎていた自分にすこし腹が立つ。

 >>109 ヴァレリーの言葉を聞けば、おやと首を傾げる]

なあに。
誰かにプレゼントでもしたいの?

[つがいが多いわねとばかりにヴァレリーの顔を覗き込む]

( 137 ) 2011/12/21(水) 13:58:27

森の魔女 アリョール


[ふむふむと話を聞く。お守りを作るくらいなら、日頃からしているので慌てる気持ちも抑えられたか]

職人がおおいのね。

探してるってことは…なくなったの?
…ガラス細工がなくなる、ってこと自体が不思議な気もするけど。
いいよ、見つけたらね。

―でも何か代わりに美味しいものをくれる?

[交換条件]

( 138 ) 2011/12/21(水) 14:02:48

【独】 キリル

/*
食を優先wwwwww

( -73 ) 2011/12/21(水) 14:05:04

キリル

   わ、なんか……言葉分かってるみたいだねキミ



 [しゅーんとうなだれたしっぽがちょっと可愛い]



   こらー、へこまないでよ
   もっとかっこよく遠吠えしたら、狼に見えるかも――じゃん?



 [顎の下をふにふにと撫でつつ


  鼻にデコピンを放とうと、指を構えて、にやり]

( 139 ) 2011/12/21(水) 14:05:34

森の魔女 アリョール


[>>117のキーラからの攻撃には、意図が見えたとみて、肩をすくめる]


そりゃあ――まあ―なんというか――


でもよ。
こんな謎の教会に突然連れてこられて、
それ以上にすごい魔法って見せられると思う?


[口を尖らせ、妖精に対して負け惜しみか。
 それぞれ解散するのにあわせて自分も見を休めるところを探すことに。]

( 140 ) 2011/12/21(水) 14:05:36

森の魔女 アリョール

(甘い匂いがするなー…。
 人の気配はいっぱいあるのに、誰も彼もココハドコワタシハダレ。)

[ホールの横を横切って、そのまま進んでいく。]

…そういえば、さっきの職人は
役場のおっちゃんに似てたなー…

あれか。
ポルターガイスト―…じゃなく…

…なんだっけ?

[ドッペルゲンガー。]

( 141 ) 2011/12/21(水) 14:09:11

【赤】 キリル

   犬にしか、見えないー?

   えー、ひっどいねー
   違うんだよ、って言わなきゃ!


 [まさか“クレーシャ”が人外なんて思ってもいない
  人間相手前提の言葉

  非常に犬っぽい幼馴染をちょっと思い出した]


   今ねー、犬がいるの!
   もふもふしてる!
   あんまりもふもふじゃないけど……

   んー、やっぱり狼っぽく、ないなぁ


 [“キリル”のお気に召さなかったようです]

( *40 ) 2011/12/21(水) 14:12:10

森の魔女 アリョール、見はりべやが開いているのを発見すると、そこでくつろぐことにした**

( A16 ) 2011/12/21(水) 14:14:04

隻眼の黒狼

[おとなしくなった尻尾を、また一振り。
 
 ごろごろ喉を鳴らして顔を上げたら
 
 
 
 ――デコピンが炸裂するんだろうか。]

( 142 ) 2011/12/21(水) 14:14:08

細工師 メーフィエ

 ― キッチン ―

[廊下から聞こえてくる知り合いの声。
既にそこには先客がいるらしい]

 キリル、リーリャ。
 君たちもいたん、だ………………

[ごく普通に扉を開けて、室内へ入って。
灰青が吸い寄せられるように向けられたのは、
幼馴染でもなく、その妹でもなく。

少女とも少年ともつかない子供
                  ――――の隣にいる、黒い狼]

( 143 ) 2011/12/21(水) 14:14:30

【独】 森の魔女 アリョール

カップ麺を料理と言いはる役所のアリョールさんは誰と知り合いなんでしょうか!w

2回目の人たちかな??

( -74 ) 2011/12/21(水) 14:17:13

【独】 森の魔女 アリョール

鷲という意味なのか…かっこいい

( -75 ) 2011/12/21(水) 14:18:26

キリル

   どんくさいね……キミ


 [犬の鼻にデコピンが炸裂したのと
  メーフィエが現れたのは同時ぐらいか]


   お、メーフィエ
   この犬、頭良いよ


 [にい、と笑って犬の前をメーフィエに空ける]

( 144 ) 2011/12/21(水) 14:22:42

【赤】 隻眼の黒狼

 
 そっかあああ! そうだね!
 ちゃんと違うんだよって言わなきゃ!
 
 ことば通じるかなあ。
 
 
 犬?犬もいるの?
 狼は何匹かいるような気がするけど……
 ここ動物園なのかな?
 
[どっちかというと保健所に近いような気もするけど、
 こいつがそんなもの知ってるわけなかった。]

( *41 ) 2011/12/21(水) 14:24:07

キリル、リディヤの側に行き、ホットミルク貰える?と声を掛ける

( A17 ) 2011/12/21(水) 14:24:31

【独】 細工師 メーフィエ

/*
今クレーシャってうっかり呼んじゃったら
自爆どころじゃ済まない気がするので
ここはメーフィエに悟らせとくか…

本編のこいつにこの理解力が10分の1でもあったらな(遠い目

( -76 ) 2011/12/21(水) 14:24:33

隻眼の黒狼

 ぎゃう!
 
[驚いて後ろに跳び、床に丸まって鼻を前足でおさえる。]
 
 
がふがふ、がう!
 
[なんだか抗議でもするように吠えて、
 ぐるるると唸った。 危険人物と判断したらしい。]

( 145 ) 2011/12/21(水) 14:26:21

【赤】 隻眼の黒狼

 
 犬じゃない、犬じゃない! 犬じゃないよ!
 
 
[いっしょうけんめい抗議した。]

( *42 ) 2011/12/21(水) 14:27:40

【赤】 キリル

   だいじょーぶだよ!
   あたしはクレーシャの言ってる事ちゃんとわかるよ!

   しっかり言うんだよ!
   だめだったら、あばれても良いんだから!



 [全力でアドバイス]



   犬、いるよー
   なんかぼんやりしてるけど


   あ、怒っちゃった……ごめーん


 [まっっっっったく悪びれてなかった]

( *43 ) 2011/12/21(水) 14:37:39

【赤】 隻眼の黒狼

 
 だめだ!つうじない!
 
 ひどいよ! なんか、叩かれたよ!
 痛いなあ、もう!
 今度なんかされたら、噛みついてやるー!
 
[泣きそうになりながら]
 
 
 気をつけてね、キリル!
 
 女の人の格好した男の人が、すっごい乱暴だよ!
 
 
[しっかり誤認していた。]

( *44 ) 2011/12/21(水) 14:42:22

細工師 メーフィエ

 いたっ。

[既に幼馴染はガキ大将モード。>>144
放たれるデコピンのダメージが想像できたのか、
思わず自分まで鼻を押さえて]

 犬……狼じゃなくて?

[可哀想じゃないかと咎めるような視線をキーラに。
それでも前を空けられれば、ゆっくりと近づいて]

 …………。

[レイスが言っていた、キッチンにある『喜ぶ』もの。
相変わらず主語は掴めないが、
この黒狼のような気がしてならない]

( 146 ) 2011/12/21(水) 14:43:14

キリル

 [デコピン炸裂に、さすがの犬(狼とは認めない)も怒った]


   だってさ、デコピン食らう狼なんてかっこ悪いじゃん


   おー、その調子その調子
   そーやって戦わなきゃかっこよくなれないよ


 [にやにや笑いながら、煽る
  吠える犬に、笑みを向けて]


   うーん、何言ってるかわかんないよ
   ごめんって、そんなに痛くなかったでしょ?

( 147 ) 2011/12/21(水) 14:44:07

キリル、犬が立ち向かってきたなら、メーフィエを盾にしようかな、と反射的に考える非道精神

( A18 ) 2011/12/21(水) 14:45:50

細工師 メーフィエ

 ごめんね。
 見ての通りの悪ガキなんだ、彼女。

[丸まった黒狼に合わせるように、屈んで膝をつく。
なぜかキーラの行いを自身が詫びて]

 …………きみ、ひどい怪我してるじゃないか!
 だ、大丈夫…?
 動いたら痛いとか、苦しくて我慢できないとか、ない?

[喜ぶより先に、身体中の傷跡を見とめておろおろとした表情。
かなりの心配性なのだった。

……がかつてキーラに悪戯された時に
ひどくうろたえていたのと、同じ仕草]

( 148 ) 2011/12/21(水) 14:46:21

【赤】 キリル

   うー、強敵だね!
   そうだね、今度は噛み付いちゃえ!

   助け欲しかったら、行くからね!
   迷わず言ってね!



 [まさかの敵に対してめらめらと対抗心]



   女装した男の人?
   わかった! 気を付ける!
   見つけたら はりせんちょっぷ してやるんだ!

( *45 ) 2011/12/21(水) 14:53:45

隻眼の黒狼

がう! がうがう!
 
[女性の格好したひとに向けて吠える。
 
 ……なんて言ってるかは、
 きっとわからない方がいいんだろう。たぶん。]

( 149 ) 2011/12/21(水) 14:55:56

【赤】 隻眼の黒狼

 
 この! おんなおとこー!へんたいー!
 

( *46 ) 2011/12/21(水) 14:56:10

隻眼の黒狼

[意地悪されてて気がつかなかったのか、
 いつの間にかなんか弱そうなのが目の前に来ていて、
 狼はびくっと震えた。]
 
[お釣りが出るくらいに心配されて、ふるふる頭を振る。
 首許の硝子が、からから涼しげな音をたてた。]

( 150 ) 2011/12/21(水) 14:57:08

【独】 細工師 メーフィエ

/*
なんかwwwwwwwwww弱そうなのwwwwwwwwwwwww

( -77 ) 2011/12/21(水) 14:58:38

【赤】 キリル


   へんたいー!

( *47 ) 2011/12/21(水) 14:58:55

【独】 キリル

/*
ひどい倒錯感wwwwwwwwwwwwwww

( -78 ) 2011/12/21(水) 15:01:32

キリル

   見ての通り、って何ー!
   ちょっとイタズラしただけじゃん、ねえ?


 [む、とメーフィエにジト目

  ちょっとやり過ぎたのかな、と思いながら

  意地になってるので、メーフィエが謝ってるのを見ても
  キーラの口から謝るなんて絶対にしない]


   その怪我は私じゃないよ?


 [一応自己弁護しておく]

( 151 ) 2011/12/21(水) 15:05:23

【独】 隻眼の黒狼

/*
なんて頭の悪い赤ログwwwwwwwwwwwwwwww
 
この赤チップが、頭の悪さ加減に拍車かけてるとおもいますwwwwwwww
キリルも残念な子にしか見えないwwwwwwwwwwwwwwww

( -79 ) 2011/12/21(水) 15:05:57

細工師 メーフィエ

 キリルの言う通りだ。
 賢いんだね…。

[質問に的確に応える様子に、感心するものの。>>150
本当に大丈夫かなぁと、まだ表情は安心できていない様子。
心配性は一度じゃ納得できないから心配性と言うんです]

( 152 ) 2011/12/21(水) 15:12:53

【赤】 隻眼の黒狼

 
 あっ
 大丈夫、べつの狼が助けにきてくれたよ!
 
[微妙な言い回しをしつつ]
 
 
 ……でも狼なのに俺の聲、聴こえないのかな?
 キリルには聴こえてるのに、へんなの。
 
[鈍感狼は、自分のまわりをきらきら光るものに気づいてない。]

( *48 ) 2011/12/21(水) 15:13:40

細工師 メーフィエ

 それ、は……。
 ちょっと、よく見せてもらってもいいかな?

[首元で鳴る涼しげな音。
黒狼を怖がらせないように、そろーりと更に近づいて
首の辺りを覗き込む] 

 …………っ、

[そしてわかる、硝子のいろやかたち。
灰青が滲みかけて、慌てて俯いた。
そうしないと、人前で(犬前で?)涙が零れてしまいそうだったから]

( 153 ) 2011/12/21(水) 15:14:42

【独】 キリル

/*
あー、確かに…
狼って3人
ダニールは居たのならねー


C狂アピは…要らんか
明日わかるし良いかなー

( -80 ) 2011/12/21(水) 15:18:06

【独】 細工師 メーフィエ

/*
メーフィエの涙腺が弱すぎてなきそうです

( -81 ) 2011/12/21(水) 15:18:24

隻眼の黒狼

きゅうん?
 
[不思議そうに首傾げて、
 近づかれればちょっと上向いた。
 
 相手がひ弱そうだからなのかなんなのか、
 こっちには警戒心のけの字もない様子。
 されるがままに大人しくしている。]

( 154 ) 2011/12/21(水) 15:25:27

【赤】 キリル

   あ、なら大丈夫だねっ!

   助けてくれるって、賢くて強い狼なんだね!


 [目前の犬とは大違いだと思った
  理想とするは、ただ強い狼
  例えばそれはダニールのような、生き抜く狼]


   クレーシャは凄いんだね!


 [狼と会話出来る人間、と勘違い中]

( *49 ) 2011/12/21(水) 15:27:02

【赤】 隻眼の黒狼

 
 賢そうだけど、なんか弱そう……
 なんにもされてないのに、泣きそうになってるみたい?
 
[弱そうなのが変態女装男をキリルって呼んでた>>152のは、
 うっかり聞き逃している。]
 
 えへへ、俺、すごいのかな?
 
 そういえば、キリルも教会に来てるの?
 いま、どこにいるの?
 

( *50 ) 2011/12/21(水) 15:39:33

細工師 メーフィエ

[黒狼の耳の付け根のあたりに手を伸ばして、ゆっくり撫でる。
まだ顔は、俯いたままで]

 …………きみの持ってるそれ。
 所々欠けてるのは仕方ないけどさ。

 形はいびつだし……大きさも不揃いだ。
 どこの誰が、こんな拙い細工を作ったんだか。

 きみも、不格好だと思うだろう?

( 155 ) 2011/12/21(水) 15:44:20

居候 リディヤ


 ひゃ…………!


[黒狼へ炸裂するデコピンへ>>139
 現れたメーフィエと同じように>>146
 痛そうな表情を浮かべた]


 おねえちゃん……かわいそうよ


[黒狼を撫でようと、歩み寄ろうとしたが
 メーフィエに任せた方がいいような気がして
 その場からは動かず**]

( 156 ) 2011/12/21(水) 15:46:23

キリル


   可哀想、って……


 [妹に言われると、ずしりときた
  あー、と気まずそうに目を逸らした]

( 157 ) 2011/12/21(水) 15:56:14

隻眼の黒狼

[撫でられる感触に目を細め、ごろごろ喉を鳴らして、
 
 また不思議そうに首を傾げて、
 問題のそれをからからいわせて首を振る。
 
 そうしてもう一度、首を傾げた。
 なぜ?とでもいうように。]

( 158 ) 2011/12/21(水) 15:56:23

【独】 居候 リディヤ

/*
再び混線しそうなのでどこかへいきたかったりする\(^o^)/
キッチン面子へプリャニキ一通り配って、それから客室回って配りに行くか……

( -82 ) 2011/12/21(水) 15:56:48

【赤】 キリル

   う、弱そうな、の…?
   大丈夫かなあ


 [んー、と思案するもどうにもならず]


   凄いよ、クレーシャ
   狼とお話出来るんでしょー?
   あたし、駄目だもん、怒っちゃったー


 [ちなみにW話できるWとは
  何となく言ってる事わかる、の認識である]


   教会、居るよー
   今ねー、キッチンだよ!

( *51 ) 2011/12/21(水) 16:06:14

細工師 メーフィエ

[俯いているせいでまともに前が見えていないが
硝子の鳴り方で、首を振ったのはわかった。
……どうしよう、自分の涙腺ってここまで弱かったっけ]

 きみには、もっと綺麗なものをつけてた方が
 映えるんじゃないかって……思ったんだけど。

 それ、そんなに気に入ってる?

[ぱさぱさの毛並みを撫でる手は、
喉からお腹にかけての辺りへ移動する]

( 159 ) 2011/12/21(水) 16:11:05

隻眼の黒狼

[頷いて、わう、と短く吠える。肯定の合図。
 
 もっとも、硝子のこれがいったいなんなのか、
 狼の頭でちゃんと理解できてるのかどうかは怪しいけれども。]
 
[くうん、と甘えるような声を出しつつ、
 ふと、何か気になったのか、辺りをきょろきょろ見渡した。]

( 160 ) 2011/12/21(水) 16:18:05

【赤】 隻眼の黒狼

 
 えー、ふつうだよー。
 人間だって、人間同士でお話できるでしょ?
 
[ぽよよーんと ハテナがいっぱい湧いてそうな調子で]
 
 
 キッチンにいるの!?
 
 
     [ 間 ]
 
 
 ――すごいね、この教会キッチンたくさんあるんだね!
 
[少年、少女、弱そうなの、変態。
 周り見て、同じキッチンにはいない、と判断したらしい。]

( *52 ) 2011/12/21(水) 16:18:53

細工師 メーフィエ

 …………そっか。

 それを作った不器用なやつが聞いたら、
 多分、喜ぶんじゃないかな。

[やっと顔をあげて。
黒狼に見せたのは、涙を全力で抑え込んだ末の
どこか頼りなさげな微笑み。

辺りを見渡す仕草には、同じように周囲を軽く眺める3(10)]

( 161 ) 2011/12/21(水) 16:26:13

【独】 キリル

/*
というか星は足元にwww

( -83 ) 2011/12/21(水) 16:28:33

細工師 メーフィエ、こちらもかなりの鈍感だった。落ちている銀色には気付けない**

( A19 ) 2011/12/21(水) 16:30:18

隻眼の黒狼

[片方だけの紅い目で、じっとその表情を見つめて、
 
 
 何を思ったのか、小さくひとこえ吠えて、
 狼は弱そうな男に擦り寄った。**]

( 162 ) 2011/12/21(水) 16:42:17

カチューシャ

うん、星のかけらだったみたい。
大丈夫、平気よ。
 
[手をひろげて見せて>>125
 
 
――あっ、ビーニャちゃんっ
 
[走っていってしまう後姿>>124
 頭の上に乗せられたなにかが、
 ぐらりと揺れて追いかけられず]
 
……んもぅ。
 
[ぷう、と頬膨らませて、
 そうっと丸いなにかを両手で掴んで下ろす。]

( 163 ) 2011/12/21(水) 17:19:20

カチューシャ

 
 …………――
 
 
 
まあ、おいしそうな林檎。
イライダさんになにか作ってもらおうかしら。
 
[忘れてしまっただれかのことは、思いだせないまま。
 
 黒のフレアがふわりと翻り、
 すながみの娘の姿は消える。
 
 お目当てのひとを見つけられたら、
 林檎を差し出しお願いしようと。**]

( 164 ) 2011/12/21(水) 17:20:14

【念】 森の魔女 アリョール

[メーフィエが丁寧に謝ってくるのを見て、
 拒否しすぎたかとバツの悪そうな顔。
 そういえば、ここに来てからいつもこんな顔だったわと自分自身に呆れてみたり]


……そうね、せっかく
こんな面白い現象が起こってるんだし。

よろしくー。

[ごあいさつ**]

( !28 ) 2011/12/21(水) 17:21:21

【赤】 キリル

   ふつーなの?


   あたしも出来るようになるかな?
   狼だけじゃなくて、みんなの事分かるようになるかなあ?


 [キッチンに居る人
  妹、メーフィエ、犬、知らぬ少年
  この少年じゃないのだろうか?]


   えー、キッチン2つ有るの!?
   そうなんだ……?


 [流石に微妙に違和感を感じつつも、そーなのかーと
  後でキッチンをもう一つ探せば良いのだし]

( *53 ) 2011/12/21(水) 17:22:07

キリル

 [メーフィエの姿を見ていたが
  泣きそうになっていたのは気付いていないまま


  リディヤからもらえれば、リモーネのプリャニキを口に――


   しようとして、はた、と止まる



  しばらく逡巡し、そして、一口
  温かい味が、体中に広がってゆく


   今度は、前みたいに、泣かないで済んだ
   それにちょっと、安堵した]

( 165 ) 2011/12/21(水) 17:22:49

キリル

   美味しー!
   焼き加減がちょうどいいし

   もー、本当に、私より上手くなってる
   やっぱり、教える事、もう無いよ

   新年料理はもうリーリャに任せた!


 [別の味のも貰えるだろうか、と籠を覗き込む]


   今度はシナモンが良いな


 [にい、とさり気なく次回注文]

( 166 ) 2011/12/21(水) 17:23:06

キリル

 [キッチンを見渡せば、5(10)

  ナタリーの姿を目に留めれば、キーラと自己紹介
  キリルと呼ばれても泣かない]


   あの犬、キミが飼い主?
   ごめんね、怒らせちゃって

   キミ――犬と話せたり、する?


 [微妙に意味不明な事を聞いた自覚は、有った]

( 167 ) 2011/12/21(水) 17:23:24

キリル

 [犬の横の辺りで、何かが瞬く]


   ん?


 [首を傾げつつ、そこを指し示した]


   なんだろ、あれ……?


 [焦茶が不思議そうに見開かれた**]

( 168 ) 2011/12/21(水) 17:26:15

【独】 キリル

/*
見つけると嬉しいねこれ!

( -84 ) 2011/12/21(水) 17:28:37

【独】 居候 リディヤ

/*
私は既に星に触ってるので、他の人にお任せ!

( -85 ) 2011/12/21(水) 17:50:00

村長の娘 フィグネリア

[ミハイルとふたり連れだってのんびりと歩みを進める時間は穏やかで、ゆったりと時間が過ぎる。
時おりかわされる会話はもっぱら話しかけるのは女のほうだったけれど、気にするふうもなく。

鍵がかかっていない2階の一部屋へと足を踏み入れる。
窓をひらけば流れるみずに軽やかにまわる水車。

からからとまわるその音に静かに耳を傾けた]

( 169 ) 2011/12/21(水) 17:57:41

村長の娘 フィグネリア

[不思議にはどこか感覚が鈍化したようで、夢に浸っている心地がした]

ぁっ・・・。

[いたずらな風が女のプラトークをさらっていく。
身を乗り出して捕まえようとするからだも不安定にゆれる]

( 170 ) 2011/12/21(水) 18:25:36

村長の娘 フィグネリア

[普通ならきっとありえないくらいに簡単に、するりと体が宙にうく。

差しのべられた男の手が女を+表+捕らえた/捕らえられず]

( 171 ) 2011/12/21(水) 18:33:01

村長の娘 フィグネリア

[きょとんと何が起こったかわからない体で下を見下ろしてプラトークの行方を追う。

引き上げられたからだ、安堵の息をつく男に抱き締められて――ようやく事態をのみこむ]

ありがとう。

[男の首に腕をまわしてささやくけれど、どこか宙に舞うからだはふわりと浮くようだったから、危機感は薄く]

とべたんじゃないかしら?

[呑気な女にさすがの男も怒りをあらわにしたろうか?それともあまりの呑気さに笑ったかしら?]

( 172 ) 2011/12/21(水) 18:42:12

村長の娘 フィグネリア

[もしも目撃者がいて心配の言葉でもかけるなら、大丈夫とひらり手をふったでしょう。

いくら浮くようだったといっても自分から飛び降りる気にはならず、プラトークをひろいに外へと赴くわ]

( 173 ) 2011/12/21(水) 18:45:58

居候 リディヤ

[黒狼とメーフィエを暫く交互に見ていたけれど
 やがてプリャニキの籠へ視線が移り
 側のキーラを見上げた]

[どこか泣きそうな顔に映って
 手を伸ばそうとしたけれど、その手は途中で止まり]


 あの、おねえちゃん
 プリャニキ、どうぞ


[ただ菓子を勧める]

( 174 ) 2011/12/21(水) 18:50:17

居候 リディヤ


 ほんとう?
 うれしいな

 料理くらい……おねえちゃんの役に立たないと ね
 新年の料理も、任せて
 おいしいもの、いっぱい、作るから

[キーラが籠を覗き込めば、もっとどうぞ、と
 差し出して]

[他にも求める人が居れば快く差し出すだろう]

 シナモンだね
 今度は別のお菓子の方がいいかな?

 バニラやチョコの香りのも
 作ろうと思ってるんだ

[注文は嬉しそうな顔で受け付けた]

( 175 ) 2011/12/21(水) 18:50:56

宿屋の女将 イライダ

[2階を歩いていて、ミハイルとフィグネリアが部屋に入るのを見ただろうか、仲睦まじい姿に微笑み、近くの階段から階下に下りる]

 あら、カーチャじゃないの。

[下に降りた所でカチューシャが現れる、驚いていると、林檎を差し出され、可愛いお願いを>>164]

 あら、美味しそうな林檎ね。林檎ならアップルパイね。

[ウインク一つ、カチューシャが来るというなら一緒に、そうでなければ一人でキッチンへ向かう]

( 176 ) 2011/12/21(水) 18:51:00

居候 リディヤ


 あ……ナタリーさんも飼い主さんじゃないのよ
 そういえば……どこのわんちゃんなんだろうね


[狼と言われても、少女の中での認識はわんちゃんでした]

[不思議現象が当たり前に存在するこの場所では
 動物と話の出来る人が居ても
 おかしくなさそうだなぁと、キリルの問いを聞いていた]

( 177 ) 2011/12/21(水) 18:51:19

居候 リディヤ


 あ……、あれは……


[ヨールカの下でも見かけた謎物体>>168
 こそりとキーラの後ろへ隠れる]


 あれね、私も見たの
 触ったら、どこかへ飛んでいっちゃって……


[正体不明のものを指しながら、びくびく**]

( 178 ) 2011/12/21(水) 18:51:39

村長の娘 フィグネリア

[軽やかな足どりで、階下へと。


――――傭兵の姿を目にして足がぴたりととまる]

( 179 ) 2011/12/21(水) 18:52:14

【鳴】 村長の娘 フィグネリア

[声なき声が親友の名を呼ぶ。


―――強く、つよく]

( =1 ) 2011/12/21(水) 18:54:05

【独】 居候 リディヤ

/*
ねーりゃさんっ;;

( -86 ) 2011/12/21(水) 18:56:06

村長の娘 フィグネリア

[心を凍りつかせてただ女が望んでいたのは親友が生き延びること。
そのためには敵わなくとも追い求めた目の前の男の―――否、人狼の死。

女がてにかけた娘の姿までが脳裏を駆け抜けて―――]

( 180 ) 2011/12/21(水) 19:04:38

村長の娘 フィグネリア

[無意識にぎゅっと抱き締めた腕にはいつのまにかくたびれた人形が出現していて―――]

( 181 ) 2011/12/21(水) 19:07:42

宿屋の女将 イライダ

― キッチン ―
[キッチンに行くと何やら大勢の姿]

 あらあら、皆さんおそろいね。
 カーチャが林檎を持ってきてくれたの。
 アップルパイをつくろうと思うのだけど…
 他にも作って欲しいものがあったら作るわよ? 
 
[微笑み、その場にいる人を見渡す。
何も言われなければアップルパイを作り、リクエストがあればそれも作るだろう]

( 182 ) 2011/12/21(水) 19:07:58

【叫】 宿屋の女将 イライダ

 やっぱり、料理は楽しいわ。
 
 ロラン、食べたいものがあったらキッチンにいらっしゃいな。
 作ってあげるわ。

 ナタリーもね。

[そっとナタリーの顔を見る。ニッコリ微笑みウインクひとつ]

( C12 ) 2011/12/21(水) 19:14:43

【鳴】 村長の娘 フィグネリア

[人形が片割れのもとに言葉を伝えようともかなうことはなく、女の思いは凝る。


人形はみどりの輝き帯びて、ぽろり、命持たぬ目から二粒の涙がこぼれる。
小さな小さな翡翠のかけらとなって、ころりころり。

呼び声の凝った宝玉は誰の手に……?]

( =2 ) 2011/12/21(水) 19:15:09

村長の娘 フィグネリア

[つらい、悲しい、いきて―――。
強い思いは人形がすいとってしまったかのようにすとんと抜け落ちる]

おひさしぶり?

[女の動揺に、男も傭兵も気づくことができたかどうか]

( 183 ) 2011/12/21(水) 19:19:02

村長の娘 フィグネリア

[きょろきょろとみわたしてみるけれど、傭兵はひとりのようでその手に見覚えのある煙草をみとめるとすいと目を細めた]

( 184 ) 2011/12/21(水) 19:36:03

【独】 居候 リディヤ

/*
えっとかけらは私とラビさんが拾ったらいいのかな……?

( -87 ) 2011/12/21(水) 19:46:46

ナタリー

−キッチン−

大丈夫……?

[ナタリーは動かなかったものの、すっころんだレイスには心配そうな顔をした>>89>>90

側にいたオリガにはぺこりとお辞儀をして、興味ありげにじっと見つめていた>>90

出て行くレイスとオリガに「またね」っと小さく手を振って、後姿を見送った]

( 185 ) 2011/12/21(水) 19:52:17

村長の娘 フィグネリア

[死者の列に加わってまどろみに身を浸し、眠りのうちに癒えた傷もひとつのきっけでたやすく境界を見失う。

傭兵の存在はもはや弟を通しての、どこか間接的な感慨しかありはしないはずだったのに。

それほどにあの日々は女の身には重すぎた]

( 186 ) 2011/12/21(水) 19:53:07

ナタリー

いっちゃったね…

[寂しそうになく黒狼に、囁くようにいうとまたそっと撫でていた>>99]

( 187 ) 2011/12/21(水) 19:53:44

【独】 居候 リディヤ

/*
>>180

ぶわっ

ナタリーで入ることもかんがえたんだけど ね……!
リーリャでも入りたくて ね……

くっそう くっそう

( -88 ) 2011/12/21(水) 19:54:46

花屋 オリガ

―回想―

[アリョールと話をしていると、キリルの姿>>117が。
 彼女の愉快そうな視線を見ていると、何故だろう、覚えがあるような気が。
 こうして二人で居るのを見られたのは初めてなはずなのに……。

 そもそも、レイスと会ったの自体が初めてなはずなのだが。

 相変わらず記憶が混濁している気がする。
 気恥ずかしさと共にもどかしさを覚え、困ったような視線を送った]

( 188 ) 2011/12/21(水) 19:56:34

花屋 オリガ

(……にしても、魔法かぁ…)

[本当にそんな事が出来るのなら、どれだけ素敵な事だろう。
 後でこっそり何か頼んでみようかな……などと考えつつ]

―回想終了―

( 189 ) 2011/12/21(水) 19:56:44

【叫】 ナタリー

そうだよ…よくわかったね。
すごいや。ロラン…

[よく少女と間違われるのにと思ったが、12歳の声は少し低くなってきたのだろう]

知り合いにいるんだ。ナタリーって名前…
よく女の子だって言われるよ。

[くすくすと笑った]

( C13 ) 2011/12/21(水) 19:57:25

村長の娘 フィグネリア

あなたたちが離れることなんてあるのね。

[不思議なほどこころは凪いで、無意識に人形をそっと撫でつつ呟いた**]

( 190 ) 2011/12/21(水) 19:59:00

【独】 死に損ない ロラン

/*
>>C13
>>C1で気配ってあったからな(キリッ

( -89 ) 2011/12/21(水) 20:03:17

【念】 花屋 オリガ

ねぇねぇ、魔法ってどんな事が出来るの?

[興味津々といった様子で、アリョールに聞いてみた]

( !29 ) 2011/12/21(水) 20:04:30

ナタリー

………!!

[キッチンに現れたキリルの「お手」にびくっとして、固まってしまう>>128>>129

お手をする黒狼に、くすくすと笑った>>130]

リディヤの知っている人…?

[入ってきたリディヤの言葉に、改めて不思議な所だと思った>>131>>132]

( 191 ) 2011/12/21(水) 20:04:43

ナタリー

[キリルと黒狼やり取りを、楽しそうに見つめながら]

知り合いの人もいるんだね。

[また入ってきた人影。メーフィエをじっと見つめた>>143]

( 192 ) 2011/12/21(水) 20:10:28

花屋 オリガ

(……魔法、か…)

[この教会に居ると、自分が母の墓参りで何度も足を運んだ、あの廃教会を思い出す。
 最初はそれと思って入ったものだが、内部はあの廃れた教会とは大きく違っていた。

 それに、あの廃教会のように、変な“声”に悩まされる事もなく――。]

(………………声…?)

[自らの思考にハッとし、身を固くする。
 聞こえるはずのない声に悩まされていた記憶。
 この記憶は夢なのか、それとも……?**]

( 193 ) 2011/12/21(水) 20:12:25

ナタリー

…ううん。
でもここへ着てから、ずっと一緒にいるんだ。

[話しかけられるキリルに、そう静かに言って>>167]

はっきり言葉ではわからないけど、こうしたいんだなーっという感じならわかるのかな。

撫でられるの好きみたいだよ。

[黒狼をまた撫でていた]

( 194 ) 2011/12/21(水) 20:12:45

ナタリー

あ。

[思い立ったように、短く言葉を発した>>192]

( 195 ) 2011/12/21(水) 20:15:54

居候 リディヤ


 はい、私のおねえちゃんなんです。

 ちょっと悪戯好きなところもあるけど……
 でも優しくて頼もしくて
 すてきなおねえちゃんなんですよ

[ナタリーの問い>>191に、柔らかく笑んで答える]

[血の繋がりがない事までは思い出せていないけれど
 思い出しても、思い出せなくても
 きっと、どちらでも構わないこと

 少女にとっては、大事な姉に違いない]

( 196 ) 2011/12/21(水) 20:16:18

【独】 居候 リディヤ

/*
あえておねえちゃんの地雷っぽいもの(優しいとか頼もしいとか)を踏みにいってみるっていう

( -90 ) 2011/12/21(水) 20:16:52

居候 リディヤ


 あ……、イライダさん。

[千客万来。入って来た女性>>182
 ぺこりと頭を下げた。]

 アップルパイ……いいですね
 私も何かお手伝い……


    [ぐぎゅー]


 ……………………。

    [真っ赤]

[そういえば、味見程度にプリャニキを
 口に入れたくらいだったな、などと]

( 197 ) 2011/12/21(水) 20:17:02

【叫】 ナタリー

また会えましたね。イライダ…
アップルパイ、頂きます。

[向けられた微笑に頬を赤らめて、俯いてしまった]

( C14 ) 2011/12/21(水) 20:17:28

居候 リディヤ


 ……すみません……私
 パニーニ、いただいてきます……。


[甘いものの匂いに囲まれていたせいか
 さすがに辛いものを取り入れたくなって]

[その場に居る人達へプリャニキと
 ホットミルクを勧めて、
 黒狼の頭を一頻り撫でてから

 恥ずかしそうに、こそこそと調理場を辞した**]


 ― →ホール ―

( 198 ) 2011/12/21(水) 20:17:35

ナタリー

お姉ちゃん…

[リディヤにそういわれまじまじと、キリルを見つめていただろう]

うん…素敵なおねえちゃんだね。

( 199 ) 2011/12/21(水) 20:19:53

【独】 花屋 オリガ

あ、>>193の頭に没文章が混ざってるー;;;
文章繋がってないじゃん。えぐえぐ……。

( -91 ) 2011/12/21(水) 20:20:33

【独】 居候 リディヤ

/*
ネーリャさん>ひろいにいく!
共鳴ログで拾っていいものかわからないのでそちらへ向かう予定

( -92 ) 2011/12/21(水) 20:21:46

居候 リディヤ

 ― キッチンとホールの間 ―


[ホールの扉へ手をかけようとして――]


[ふと、視線は足元へ]

( 200 ) 2011/12/21(水) 20:57:22

【鳴】 居候 リディヤ

[ころり ころり]

[転がり続けた翡翠のかけらは、
 ホールの側まで転がって]

[少女の目に止まる]

( =3 ) 2011/12/21(水) 20:57:54

居候 リディヤ


 ……………………?


[それはとある色を伴ったなにかの粒
 宝石のようにも映って]


 きれいな色……。
 誰かの落し物かな?
 

( 201 ) 2011/12/21(水) 20:58:20

居候 リディヤ

[てのひらに乗せると、脳裏に浮かぶのは
 首から薄桃色の輝石のペンダントを
 掛けていた自身の姿

 今は、それのかわりに林檎のブローチが
 身に付けられているけれど]


[色は異なるけれど、この小さな粒も
 だれかのとても大事なものに違いないと]

[ぎゅっとてのひらに握り込んで]

( 202 ) 2011/12/21(水) 20:58:43

【鳴】 居候 リディヤ


[だれかの名を呼ぶ声が聴こえた、気がした]
 

( =4 ) 2011/12/21(水) 20:58:56

居候 リディヤ


 ――――――――……?


[何かを捜すように、きょろきょろと辺りを見回して]


 きの、せい……?


[首を傾ぎながら、ホールへと入っていった**]

( 203 ) 2011/12/21(水) 20:59:08

【独】 居候 リディヤ

/*
色は明記してませんでするる
まあ色が違うという時点で非求婚なんですよよ>>202

( -93 ) 2011/12/21(水) 21:05:54

【念】 森の魔女 アリョール

あたしのおばあちゃんまでは、
空を飛ぶとかもできたらしいけど……。

[ぱっと目に見える魔法が使えないのは、くやしい。]

たとえば――やったことあるのは、
縁結びとか、食べ物を腐らせないとか、森で熊に襲われないとか、試合に勝つとか―

[はて、効いたのはどれだったか]

( !30 ) 2011/12/21(水) 21:16:16

森の魔女 アリョール、ここまでよんだことにしておこうかな。  ( B20 )


【念】 森の魔女 アリョール

ところで、二人は知り合いなのよね?

さっきの職人やショートヘアの娘とかも
知り合いだったみたいだし…

ここってもしかして、単純にあたしの住んでた場所とは違うってだけなのかしら。

それとも、全くぜんぜん、あんたたちにとっても違うの?

[机でもあるかのように肘をついて、お茶ばなしのノリで尋ねたのだった]

( !31 ) 2011/12/21(水) 21:26:00

雑貨屋 ヴァレリー

―回想・1階廊下にて魔女達と―

[さて。
男は目の前の女性を魔女だと信じている。]

んー?
いや、ヴィエーディマの居た場所がどんなのかは知らんが
そういうのが好きだしな!
それにそれ言ったら、俺だってなぁ……

[どうも自分達の反応に疑問を持っているようなので>>137
理由としてそこまで言い掛けて、寸での所で留まった。
自分が樹だったと言った所で「いよいよ頭がおかしくなった」と
思われるのがオチだ。]

( 204 ) 2011/12/21(水) 21:26:56

雑貨屋 ヴァレリー

んん、げふんっ。
ま、まあそういうわけだから。

[あの時、この教会と似た場所で起こった事、
あの後の永い時間の事。
全てを年輪に刻んで、覚え続けた。]

それでだよ。
別に俺にゃプレゼントしてー!っていう奴はいねぇよ。
もしも見つかったら、ちゃんと完成させて……
またどっかに放り投げるんだよ。

もう、売れねーし。

[誰かに、と問われると苦笑して手を振り振り。
ついでに首も横に。]

( 205 ) 2011/12/21(水) 21:33:21

【独】 森の魔女 アリョール

ばれりーは自分が樹だったって自覚してるのかな?

( -94 ) 2011/12/21(水) 21:35:02

雑貨屋 ヴァレリー

ほれ、キーラももっと言って派手な魔法使わせてやれ。
あ、でも被害者が暴れないもので頼むな!!!

[ふ、と。
彼女の明るい表情を見る事が出来て、良かったと思う。
このままで居られたら良いのにな、と男はぼんやり願った。]

というのはまあ冗談としておこう。
それで?俺に美味いもんを作れと……期待すんなよ。

[アリョールからの交換条件>>138に乗るには乗ったが
ギギギ、と首を回して己の料理のレパートリーを列挙する。
しかしそのどれもがまともに出来た試しのないものばかりだった。]

( 206 ) 2011/12/21(水) 21:48:54

雑貨屋 ヴァレリー

マァナルダケ…ガンバリ、マス……


[自信の無さそうな弱々しい声が廊下に掻き消えた。]

―回想・了―

( 207 ) 2011/12/21(水) 21:49:00

細工師 メーフィエ

[黒狼が擦り寄ってくれば、
抱きしめるような姿勢で腕を回してその背を撫でた。>>162
程なくして、身体を離し]

 もう料理の腕はキリルのお墨付きなんだね。
 私も、もらっていいかい?

[キーラの嬉しそうな声を聞いていたら欲しくなったのか、
プリャニキの入った籠を持ったリディヤの前へ。

差し出されたリモーンのそれを受け取って口にする]

( 208 ) 2011/12/21(水) 21:51:26

細工師 メーフィエ

 …………本当だ、おいしい。
 これだけの料理を毎日食べられるキリルが羨ましいくらいだよ。

 それに、なんだか食べてるとほっとする。
 作ったひとの気持ちが、しっかりと込められてるからかな。

[口の中に広がるあたたかさ。
なぜか、すごく久しぶりのことに思えて
表情は幸せそうに綻んだ]

( 209 ) 2011/12/21(水) 21:53:01

細工師 メーフィエ

 ……。

[黒狼がどこから来たかについて不思議がるリディヤには、
自身の家族と言っていいものか迷って、結局何も言えず>>177]

 きみが、あの子と一緒にいてくれたんだね。
 ……ありがとう。

[キッチンにずっといたらしき子供の方を向いて、
小さく感謝を紡いだ。
相手からしてみれば、どうして自分が礼を言うのかは
わからないかもしれないが、それでも]

( 210 ) 2011/12/21(水) 21:54:15

細工師 メーフィエ

[新しく現れたイライダからアップルパイを作ると告げられれば
嬉しそうに微笑み、彼女の邪魔にならない位置に移動する。
入れ替わるようにホールに向かうリディヤも見送って。

少女から勧められたホットミルクを飲もうとしたところで]

 確か、リーリャがあれを触ったら
 飛んでいったとか言ってたっけ…。

[黒狼の近くにある謎の物体が視界に入った。
七個集めたら願いが叶う…なんて物体ではないだろう、さすがに]

( 211 ) 2011/12/21(水) 21:56:18

雑貨屋 ヴァレリー

―キッチンの手前―

[やはりというか何というか、真っ直ぐに向かわない男。
ようやくキッチンに辿り着いた頃には大勢の人が其処に集まって
いただろう。

男は入り口から顔を半分だけ覗かせてみる。
……既に出来た輪の中に入りにくいのは、今も昔も変わらない。]


…………あいつ。


[そこから見えた黒い犬、のような大きな獣。
記憶に違いが無ければ、今じゃれているメーフィエやキーラの
行動を見ているのが辛かった。]

( 212 ) 2011/12/21(水) 21:58:43

【独】 居候 リディヤ

/*
どらごんぼーるwwwwwwwwwwwwwwwwwww

( -95 ) 2011/12/21(水) 21:58:57

細工師 メーフィエ

 綺麗な銀色だ。
 これ、銀細工に使えないかな――――あだっ!?

[加工できないかと口に出した瞬間、
手の中から飛び上がる三角形。
おでこにばちーんとぶつかった後に
銀色の軌跡を描いて、逃げるように扉の隙間から出て行った]

( 213 ) 2011/12/21(水) 21:59:14

細工師 メーフィエ、最後の星の角が埋まった。かちり。

( A21 ) 2011/12/21(水) 22:01:27

細工師 メーフィエ

 …………なんだったんだ、あれ。

[ぶつかったのが三角の角じゃなくて、
面だっただけマシと言うべきなのだろうか。
じんじんする額を押さえながら、ちょっとだけ涙目*]

( 214 ) 2011/12/21(水) 22:03:18

雑貨屋 ヴァレリー

[男はキッチンを離れ、そのままホールにも寄らず
再び廊下へと歩を進めた。]

なんにも言うべきじゃねーな。
このまま楽しく過ごせりゃいいじゃねーか、なあ?

[誰にも向けない言葉は、男の姿と共に掻き消えた。
気が付けば、少なくとも1階ではない所を歩いていた。]

( 215 ) 2011/12/21(水) 22:04:16

傭兵 ダニール

[ どれ程の時間が過ぎたか。
 死者――多分――にとって、時間の経過など、意味を成さないものであるかもしれない。
 咥えた煙草は煙を上げたまま。]

 …………?

[ 声>>183に気づき、ゆるく其方に顔を向ける。
目を大きく見開いた後――苦笑のような笑みを、ひとつ。]

 ……あの時は、ウマい肉を有難うよ。

[ 喰らった箇所はやはり存在している。]

( 216 ) 2011/12/21(水) 22:04:44

細工師 メーフィエ>>213の冒頭には、[謎の物体を手に取って、まじまじと見てみる]が入るらしい。

( A22 ) 2011/12/21(水) 22:07:49

雑貨屋 ヴァレリー

―2階・テラス―

………???

あれ?


[すぐ近くに、誰かが佇んで居る。
とにかく高齢な事だけは解る、ただそれだけ。


…此処は2階、テラス。
どうも、あの突如現れたカーチャと同じ移動が出来たようだが
その原因や条件は一切謎である。]

( 217 ) 2011/12/21(水) 22:10:55

傭兵 ダニール


 ……アイツが俺の後を追って死ぬようなタマか?

[ 煙草を指に挟んで振って見せた。]

 何で死んだか俺も覚えちゃいねぇンだが――俺を殺るなら、アイツだと思ってたからな。そうなんだろうよ。

[ さて女は、自分の――「ニンゲン」の敵を弟が取ったかもしれない可能性にどんな反応を示すだろうか。]

( 218 ) 2011/12/21(水) 22:12:00

村の設定が変更されました。


【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
密集地帯はとにかく避ける!
後は、今回も幼馴染組の集まる所からは離れる。

えーと、とりあえずですよ…
ペアが出来ている所は球根先から外すとして。
おフィグさんとミハイル、レイスんとオリガ。
らびらびとカーチャちゃん、キーラとリーリャ、
元々ペアというかここ球根したらあかんやろってのが
メフィとわんこ。

んじゃ残ってるのって
イライダ・アリョール・ロラン・ナタリーか……
これもうヴィエーディマ一択じゃね。

( -96 ) 2011/12/21(水) 22:15:06

隻眼の黒狼細工師 メーフィエの額を舐めた。

( A23 ) 2011/12/21(水) 22:15:51 飴

隻眼の黒狼キリルを警戒している。

( A24 ) 2011/12/21(水) 22:16:12 飴

居候 リディヤ

 ― ホール ―


 わ、いいにおい……


[机の上には、盛り付けられたパニーニと紅茶
 飲み物はホットミルクを持ち歩いているけれど
 折角だからと、紅茶もいただく事にした]


 いただきます。


[両手を合わせ、ラム肉のパニーニもぎゅもぎゅ。

 自分は小食のような気がしていたが
 別にそんなことはなかったよ!]

( 219 ) 2011/12/21(水) 22:16:28

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
どなたか忘れてませんかって思ったけど
よく考えたらカーチャちゃんは見物人だったよ。
すっかり本参加と勘違いしていたのですよ……
まあそれでもらびらびくんとは接点ないからパスか。

そんでダニールさんをお忘れではないか。
どっちにしてもそちらもないな。

( -97 ) 2011/12/21(水) 22:17:42

居候 リディヤ


 ……おいしい


[パニーニをひとつ、食べ終えると
 紅茶を啜りながら、ほうっと息を吐いた*]

( 220 ) 2011/12/21(水) 22:18:16

雑貨屋 ヴァレリーは、森の魔女 アリョール をあいしちゃうことにしたよ。


妖精の呻き(村建て人)

 
 きらり きらり
 
 
 聖堂の扉に銀色の星が光る
 
 
 きらり きらり
 
 
 教会の外に、中に
 
               星が降る。
 

( #1 ) 2011/12/21(水) 22:20:50

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
いっぺん、番人さんに話し掛けてみたかったんだ……
シュテファンの時はそれ出来なかったからなあ!

だからテラスに来たとも言う。

( -98 ) 2011/12/21(水) 22:21:34

【独】 カチューシャ

/*
だからなんだっていう突っ込みは……ry

( -99 ) 2011/12/21(水) 22:26:28

雑貨屋 ヴァレリー

―2階・テラス―

なーにやってんですか、こんな所で。
下に行けば他の連中が賑やかに色々料理とか出してるってのに。

[何かを思案している風>>113な老齢の人物へ、
横に並ぶように近付いて馴れ馴れしく。]


……いかねーの?


[男か女か解らないので、どう呼べば良いやら。
その表情を窺うように再度問うた。]

( 221 ) 2011/12/21(水) 22:29:36

死に損ない ロラン

綺麗……と、言うべきなんだろうな。

[降り始めた星を見上げながら、ボソリと呟く]

( 222 ) 2011/12/21(水) 22:29:58

【叫】 死に損ない ロラン

料理……。

[空腹は覚えなかった。寒さを感じないのと同様に"そういうもの"かと納得していたが]

そうか、機会があればお願いしよう。

( C15 ) 2011/12/21(水) 22:30:20

【叫】 死に損ない ロラン

純粋に声だけを聞いたから、だろうな……。
間違わなかったのは幸いだ。

[ナタリーの声と共に感じる気配が男のようだったからだという話は、感心している彼に話すのは無粋かと黙っておいた]

ナタリーは、自分の名前は嫌い……と言う訳ではなさそう、だな。

( C16 ) 2011/12/21(水) 22:30:33

死に損ない ロラン、暫し、目の前の光景を眺め続けていた。**

( A25 ) 2011/12/21(水) 22:30:52

雑貨屋 ヴァレリー

[きらり]


[覗き込むその顔の傍を、銀色の光が零れ落ちて行く。]

……っ?
なんだこりゃー……すっげぇ!!
なあ、見てみろよこれ!!これ…星か!?
うわー、これ集めらんねぇかな!!

[この美しい光景の中>>#1にあっても、老人は
一言も喋らないのだろう。
それはそれで良いらしく、男は一人で勝手にはしゃいで
手に星を集めようとテラスから身を乗り出した。

……星は教会の中にも降っているのだというのに。]

( 223 ) 2011/12/21(水) 22:44:30

傭兵 ダニール

[ ちらちらと瞬く光に上を見上げる。]

 ……ンだこりゃ。

[ 傷だらけの手に落ちる光。「星」とは思い至らない。]

( 224 ) 2011/12/21(水) 22:44:32

居候 リディヤ


 ……………………?


[突如、ホールに降り注ぎ始めた銀色のなにか
 不思議そうに天井を見上げた]

[あまり過度に驚きはしなかった、けれど]


 きれい……どうなってるんだろう


[ホールの外へ視線を移せば、
 やはり雪に混じって銀が降り注いでいて]

( 225 ) 2011/12/21(水) 22:54:17

居候 リディヤ

 ― ホールの外 ―


 わ、…………


[ホールを出れば、廊下にも、やはり降り注ぐ銀]


 そうだ、アップルパイ作るの手伝……

 あ、でもこれ落とした人が困ってるかも……


[銀を帯びてきらきらと輝く粒
 それをじっと見つめて]

[落とし主を捜そうと、廊下を歩き回り始める]

( 226 ) 2011/12/21(水) 22:54:40

宿屋の女将 イライダ

[林檎のコンポートを作り、パイの生地を作る。
パイ皿に生地とコンポートを敷き詰め]

 さ、あとはこれを…

[ピェーチに入れ、焼き上がりを待つ。しばらく経つと
パイの焼ける香ばしい匂いがキッチンを包み込む]

 そろそろいいわね。

[恐らくここにいる人すべてに行き渡るであろう量のアップルパイができあがる]

 ナタリーはずっとここにいるの?
 ホールに行けばパニーニもあるわよ?
 一緒に行かない?…そのクレストも。

[切り分けながらホールに向かうよう誘う。
カチューシャから聞いたナタリーの傍らにいる黒狼にも声をかけた。
恐らくそこにいる人にはみんな声をかけただろう]

( 227 ) 2011/12/21(水) 22:57:03

宿屋の女将 イライダ

― 廊下 ―

[ホールに向かうべく廊下にでると]

 あら…まぁ、綺麗

[降り注ぐ銀の星>>#1に感嘆の声を上げる。
不思議なことに食べ物を避けるように降り注ぐそれにしばし見とれる]

( 228 ) 2011/12/21(水) 22:59:19

【叫】 宿屋の女将 イライダ

 これは不思議だわ。

 まるで…妖精の悪戯みたいね。

[クスリと笑いホールへ向かう]

( C17 ) 2011/12/21(水) 23:02:30

【念】 細工師 メーフィエ

 …………魔法?
 じゃあ、あなたはヴィエーディマなんですか?

[なんだかわくわくしている様子のオリガに、瞬く灰青。>>!29
女性が魔法を使えることは初耳だった。
かなり今更である。

魔女の使ってきた魔法についての話は、
オリガと同じように興味深げに耳を傾け>>!30]

( !32 ) 2011/12/21(水) 23:06:43

【念】 細工師 メーフィエ

 …へえ。
 そんな魔法が使えるなら、きっと老若男女問わず
 効果を求めて頼られていたんでしょうね。

[魔女が村人たちからどう見られてるかを知らないから、
そんなずれた推測を口にした]

 ええ……オリガとは、ここに来る前から
 顔見知りではあったけど。

 職人っていうと、ヴァレリーさんのことですか?
 ショートヘアの娘は…やんちゃそうな雰囲気だったら、
 きっと私の幼馴染ですね。

[肘をつく魔女の、知り合いかという質問にはこくりと頷いて>>!31]

( !33 ) 2011/12/21(水) 23:07:42

【念】 細工師 メーフィエ


 うーん…………。

[続く問いには、考えこむような表情]

 私たちの村にあった廃教会と
 覚えている限りでは構造もそっくりだけど…

 見ての通り、こんなに新しくて
 華やかな場所じゃなかったたから。
 いつ幽霊が出ても不思議じゃない所でしたよ。

 だから違う場所かと言われれば、そうなのかもしれません。
 でも、面影は残ってるかな。

( !34 ) 2011/12/21(水) 23:08:16

【赤】 修復師 レイス


  ………え、だ、誰、………?
  も、もしかして、ばるす?

[聲>>*25にひくりと耳が反応したはいいが。
誰なのか、わからないままで。ちょっとだけ、ずれた。]

  え、そ、そっちがばるす?

[と、其の後に聞こえたクレーシャの言葉に、おろおろした声を。
                     ――― じゃあ、本当に、誰だ?]

  あの、……あんた、どこに、居るんだ?

[ばるすでも、クレーシャでもない聲にたずねる。]

( *54 ) 2011/12/21(水) 23:17:46

宿屋の女将 イライダ、ここまでよんだことにしておこうかな。  ( B26 )


【赤】 修復師 レイス


 え、えええ?!
 ばるすの王に世界せいふくされて、科学がこっぱみじん、…?!
 ど、どど、どうしよう、えと、……!

[とめる方法を探せど、頭がぐるぐるしてみあたらず。]

 ………ま、まほう?科学じゃなくて、……?
 ???

[ちょっと関係ないところに、質問した。]

( *55 ) 2011/12/21(水) 23:24:33

【赤】 修復師 レイス

 ば、ばるすは世界せいふくの呪文、で、
            ばるすが名前じゃなくて、ええと、………


  ………キーラ?

[目を、ぱちぱちと瞬き。どこか、で、………]


  ………キーラ、………あんまり、意地悪したら、だめと、思う。  
  
[実際に現場は見ていないけれど、
     なんとなく言わなければならないような、気になった。]

( *56 ) 2011/12/21(水) 23:25:04

【赤】 傭兵 ダニール

[ どうやら自分以外は知り合いらしい。
よくも欠けずに集まれていたものだ、と言おうとしたところで、皆死者なのだと思い出した。
 「あんた」>>54*が自分を指すものだと気づき、ふ、と鼻を鳴らす。]

 何言ってンだかさっぱりわかんねぇが、俺は「ばるす」なんて名前じゃないぜ。人違いだな。


 ――外に居る。ヨールカの近くで、ちょっとした「知り合い」に会ったトコだ。

( *57 ) 2011/12/21(水) 23:34:58

【念】 花屋 オリガ

[アリョールの言葉>>!30に目を輝かせて]

凄いな……って、え、縁結び!?

[咄嗟にあたふたとしつつ、息を整える]

そ、そう……。
なんか、色々出来そうなんだなぁ。
機会があれば、見てみたいな。

[期待に満ちた目でアリョールを見つめている]

( !35 ) 2011/12/21(水) 23:37:34

【独】 隻眼の黒狼

/*
いや、死んでないのもいるし、欠けてるっす

( -100 ) 2011/12/21(水) 23:37:40

森の魔女 アリョール

―――見張りべや


[きらきら きらきら。部屋の中なのに「外が眩しいな」と顔を上げると、全てに星が降り注いでいた。銀の]


…―――なんてこと…


[言葉を失って、それに見蕩れ]



……バブーリャ…――


[きらきら。きらきら**]

( 229 ) 2011/12/21(水) 23:37:51

【念】 花屋 オリガ

[続く言葉>>!31には、少し悩んだ表情で]

どうなんだろう……もっと、村の様子とかが見れればわかりやすいのだけど。
気付いたらこの教会の前だったし……。

……ここが何処かとか、考えもしなかったなぁ……。

[メーフィエの言葉>>!34にも頷いて]

うん、間取りとかはほとんど同じだけど……。
………………間取り……?

[あれ、そういえばここには墓参りに来るだけで、中には入った事がなかったんじゃないか……。
 また、喉がズキリと痛んだ]

( !36 ) 2011/12/21(水) 23:37:52

【念】 森の魔女 アリョール

[>>!33を聞くと、やれやれといったように両手を軽くあげた]


うちの街の人間は、だめよ。
敬おうって気すらないもの。


[ちょっとした愚痴だった。その後、メーフィエから説明を聞けば、ふむふむとうなずいて]

そうなの…。
じゃあ誰もここが元いた場所なのかどうかはわからないってことなのね。

難儀なこと、ニンフの仕業かも…――なんて。

それとも、幽霊が幻覚でも見せてるのかしらね?
[「いつ幽霊が出てもおかしくない」との言葉に、そんなふうに冗談ぽく返した]

( !37 ) 2011/12/21(水) 23:42:56

【念】 森の魔女 アリョール

>>!35

ふふん。
でもあなた縁結びは必要なさそうよね?


[オリガを見て、にんまりと笑った。**]

( !38 ) 2011/12/21(水) 23:43:57

【独】 森の魔女 アリョール

そして大して設定をねってない!

いや、アリョールも自分自身の設定がゆらぎがちなちゅうにだからそこはいいんだけど…

みんなが過去の因縁とか抱えてるのに
ふつーにただの魔女騙りです!だとやっていけない気がしてきたぞ!

( -101 ) 2011/12/21(水) 23:46:30

【独】 森の魔女 アリョール

一応、
・家族が居なくて森で暮らしてるよ
・町の人間はそんなに好きじゃないよ(バカにされるから)
・おばあちゃんも自称魔法使いだよ
・受け取る人によってはちゃんと魔法もたまには効くよ

っていうのはあるんだけども。
魔女狩りにあったとかそういう要素を入れるべき?(どきどき

( -102 ) 2011/12/21(水) 23:48:15

修復師 レイス

― 物置近く ―

[メーフィエは、たしか、怖いものがスキじゃない、はず。
幼少期を地下かどこかの一室で過ごしていたレイスにとっては、
慣れたものではあったけれど。]

 えと、…うん。そう、キッチン。
 話、できると、いいと思う。

[穏やかに笑いながら、メーフィエを見送った。]

( 230 ) 2011/12/21(水) 23:50:29

修復師 レイス

[笑顔を浮かべたオリガ>>114に、少し安堵したような表情に。]

 あの、…これから、部屋に、行くけど、……
 …ちょっと、怖かったら、ごめん、ね。

[作業していた服が、そのままだったら。
        彼女を少し、怖がらせる事に、なる。]


[少しだけ、さっきから目の端にちらちらとよぎる光におろおろとしてから、オリガの手を引いて、階段をゆっくりと上がっていく]

( 231 ) 2011/12/21(水) 23:50:43

【赤】 修復師 レイス

[鼻を鳴らした音>>*57が、耳に入り、ふと顔を上げる。
どうやら、煩いと怒られることはなくて、ちょっとだけ安心した。]

 あ、えと、……す、すまん。
 おれ、…話とか、下手で、………

 あの、おれ、レイスと言う名前、で。
 あんたの名前、聞いても、いいか?

[ちょっとたどたどしく、なんとな上手く説明しようとしているらしいが
やっぱり、ちょっと解りにくい。]

 そ、外、……ほんとに、どこでも聞こえる、ん、だな…

[クレーシャの言う聲とは、便利だなぁと関心しつつ]

( *58 ) 2011/12/21(水) 23:57:31

【赤】 修復師 レイス

 知り合い、か、…会えて、良かったなら、いいな。

[思い出したくない事だとか、会いたくないだとか
そんな事もあるかもしれないと、記憶の無い友人を思いつつ]

 あの、…よかったら…あんたと、会ってみたい。

[せっかく、こうして、話ができるのだから。
…死んでから永く、明るい男と話をしていたからか。
         少し影響されて、好奇心が旺盛になったらしい。]

( *59 ) 2011/12/21(水) 23:58:50

細工師 メーフィエ

 …………ありがとう。

[赤くなった額を黒狼に舐められる。
目元を擦りながらお礼を言って、頭を一撫で。

一方イライダはパイ作りを進めていて、
やがてキッチンに食欲をそそる匂いが漂い始める>>227]

 うわ、おいしそう…。
 えっと、本当にこれを無料で食べていいんですか?

[焼きあがったアップルパイには思わずそんな言葉を漏らした。
ホールで食べる旨を告げられれば頷き、
彼女がパイを運んでキッチンから出ていった後で立ち上がるが]

( 232 ) 2011/12/22(木) 00:06:51

細工師 メーフィエ

 ?

[周囲にきらきらと輝く何かが舞う。
どこからともなく現れて、雪のように降り注いで――

黒狼の頭に乗っていた一粒を、
(さっきみたいに攻撃されやしないかとやや警戒しつつ)
そっと掬って掌に]

 …………不思議なことばかりだけど、
 こんなに綺麗なものが見られるなら、全然悪くないな。

[掌の中できらめく小さな銀色の光に、
灰青を細めながら暫くの間見入っていた]

( 233 ) 2011/12/22(木) 00:07:34

修復師 レイス

― →二階・11の部屋 ―

[階段の直ぐそばが、自分の宛がわれていた部屋だった。
内装が、幼い頃過ごしていたよりも新しい事に、気付かない。
どんくさいからと言うよりも、“そう言うもの”だと認識していた。]

[いつの間にか持っていた鍵で、部屋の扉を開く。
傍のオリガの手を、ぎゅっと握った。]

 ……あ、れ?

           [―――部屋には、“何もなかった”]

( 234 ) 2011/12/22(木) 00:09:11

【赤】 傭兵 ダニール

 あ?
[ 慣れてなさそうな雰囲気>>*58に、少し思案顔。]

 オマエ――その、レイス。
 「生きてた時」は、こうやって話したりした事ねぇのか?
 喰わないまま死んだのか?

[ たどたどしいながらもコンタクトを取ろうとする男に、此方も興味が沸いた。]

 ――ダニールだ。

[ こうして自分の名を自ら教えるのも彼には珍しい事。]

( *60 ) 2011/12/22(木) 00:10:40

森の魔女 アリョール、ここまでよんだことにしておこうかな。  ( B27 )


【赤】 傭兵 ダニール

 会えて良かった、か。
 オマエ、ニンゲンみたいな事言うンだな。

[ 不思議そうな響きで囁く。]

 喰った相手ってだけだ。

[ 本当は、それだけではなく。
共に生きたいと初めて願った相手の姉であるのだが、その辺りの事情は説明しない。]

 来るか?――こっちに。

( *61 ) 2011/12/22(木) 00:15:34

【独】 修復師 レイス

/*
やだ ダニールさんイケメンや…

( -103 ) 2011/12/22(木) 00:23:18

【独】 隻眼の黒狼

/*
ダニールが身内以外と喋ってるよ!!
 
やったねたえちゃん!!

( -104 ) 2011/12/22(木) 00:24:28

修復師 レイス

[おろおろと荷物を探せど、トランクが見当たらない。
せっかく、ヴァーリャとメーフィエが居るのに。
そう思いながら部屋に足を踏み入れれば、ちらりと落ちる何か]

 え、ゆ、雪…?

[慌ててオリガを抱き寄せようとするが、彼女はどうしたか。
自分の服に落ちて、なお消えないその粒に、不思議そうな目を。]

 ……雪じゃ、ない。

[きらきらしたそれは、とてもきれい。
記憶の中で揺れる金色の髪や、傍に居る少女の髪のよう。]

( 235 ) 2011/12/22(木) 00:28:10

修復師 レイス

[きれいなものを見るのは、好きだ。
とても、…髪も、目も、美しいと評される色ではないのは
ちゃんと自覚もあるのだが。]

 外も、降ってるんだな…

[彼も、これを見て居るのだろうかと。
そっと窓の傍に寄ろうとすれば、がんと足が何かを蹴った。]

 ……………っ、………

[それでも、すっころばなかったのは、少しの矜持。
ちょっとだけ、成長した。]

( 236 ) 2011/12/22(木) 00:28:21

隻眼の黒狼

[少女が自分の頭を撫でてから出て行くのを淋しげに見送ったり
 
 銀のきらきらが目の前で弱そうな男を襲撃するのに
 驚いてぼろぼろの尻尾がさらにばさばさになったり
 
 それがどこかへ飛んでいくのをぽかんと眺めたり
 
 何かはわからなかったけど、甘い匂いに鼻をひくひくさせたり
 
 さっきの銀みたいなきらきらが降ってきて、
 身体を震わして払い落とすより先に、
 伸びてきた手に掬われていくのをじっと見つめたり]
 
 
[していた黒狼。
 甘い匂いの女性が呼んだ名前には、特に反応を見せず。]

( 237 ) 2011/12/22(木) 00:35:49

修復師 レイス

 
 あ、あった………。

[中身がざーっと出そうになりかけた、仕事用のトランクの片割れ。
――どうして、さっきは無かったのに?
疑問は、すぐに溶けて消えていく。
そういえば、飾りになりそうなものはあっただろうかと。]

 ………そうだ。

[昔、細工がすばらしくて、思わず模したものが、あったっけ。
トランクの隅で少し不思議な音を立てる、鈴。
傍の光を摘んで、少し弄ってその鈴につっこんでおけば。
隙間からほんのりと光が漏れて、少しは綺麗に見えるだろう]

[彼は、ヨールカの傍に居るといっていたっけ。
         ついでに、こっそり飾っておけばいいか、と。]

( 238 ) 2011/12/22(木) 00:47:44

【念】 細工師 メーフィエ

[勝手に思い描いた想像とは正反対の魔女の実情。>>!37
眸を伏せて]

 そっか……昔と違って色々なものが進歩したから、
 魔法を信じる人も少なくなってるのかな。

[小さな頃に、そんな内容の絵本を読んだことがある。
確かそのお話では、魔法は信じる人が多いほど
信じる心が強いほど、効力を発揮するのだったか。

その法則がこの世界の魔法に当てはまるのかはわからないが、
もしそうなら魔女にとっては厳しい時代なのかもしれない]

( !39 ) 2011/12/22(木) 00:50:35

【念】 細工師 メーフィエ

 幽霊、ですか……。
 でも今のところ、私たちにとって嫌なことは
 起こってないはずですし。

[言い方が冗談めいてるのはわかっているが、
やはりその類の話を聞くとドキリとする。

この場所は心地よいから、たとえ作っているのが幽霊でも
構わないといえば構わないけど。
…上げて落とすとか、そんな真似さえされなければ]

( !40 ) 2011/12/22(木) 00:51:50

【念】 細工師 メーフィエ

 ああ、それは同感。

[どうやら縁結びに興味津々らしいオリガ。>>!35
しかし今のままでもレイスとあれだけ仲がいいのだから
魔女と同じ感想を抱いて、くすりと微笑んだ]

( !41 ) 2011/12/22(木) 00:53:58

【赤】 修復師 レイス

[聞かれた内容>>*60には、思わずきょとんとした顔に。]

 え、えと…生きてた時?…話したことは、なかった、なぁ…
 くわ……?な、何か、食べる……?

[生前は、ただの人間だった。
ただ、友人もその幼馴染も、聲を話していたらしいから。
狼って、いいなあだとか、そんな風にあこがれてはいたけれど。
それも、死んでからの話で。]

 …!
 ダニール、えへ、……ありがとう。

[名前を、教えてもらえないかと思ったりもしたから。
教えてもらえて、嬉しそうな声を上げた。]

( *62 ) 2011/12/22(木) 00:57:53

【赤】 修復師 レイス

 ………ニンゲン?
 えと、……ダニールは、狼なの、か?

[それで、“喰う”と、この聲と、クレーシャと。ようやく繋がる。
あまり聡い方ではない…と言う表現でも、かなりお世辞だった。]

 ………食べた相手、かぁ、……。
 えと、……狼も、食べないと、死んじゃうから、…
 
[何故か、落ち込んでいるように解釈したらしい。
ものすごく回り道しながらどこかに迷子になったような
本人は至って励ましているつもり。]

 う、うん。…会ってみたい。
 
[生きていた頃に、喰われた…と言うより、殺された記憶が、蘇る。
それでも、それを恨む事は無かったし
…その狼たちが、ひどく優しかったことは、今だに鮮明。]

( *63 ) 2011/12/22(木) 00:58:36

【独】 修復師 レイス

/*
いわゆる 電飾 ですね

( -105 ) 2011/12/22(木) 01:00:39

【独】 修復師 レイス

/*
うおおおおおおおおおおお一行いれてなかtt

魚おおおおおおおおおおおおおおおおおおお

( -106 ) 2011/12/22(木) 01:01:12

【赤】 修復師 レイス


    [彼が、どんな狼なのか。 とても、見てみたかった。] *

 

( *64 ) 2011/12/22(木) 01:01:44

修復師 レイス

[トランクを閉じ、光の入った鈴を手に。
ちょっと無理に、トランクに酒瓶もつっこんだ。]

 オリガ。
 …あの、…ヨールカのところに、行っても、いい、かな?

[オリガが嫌がれば、きっと一階のホールまで送り届けてから。
そうでなければ、また手を引いて、歩き出すつもり。]**

( 239 ) 2011/12/22(木) 01:04:51

【赤】 修復師 レイス



 あ。

[小さな声を上げて]

 あ、えと。
 ホールに、紅茶とか、パニーニとか、ある、よ。
 えと、…ヨールカの傍に誰も居なかったら、また、聞く、し。
 寒いだろうから、無理するな、よ?

[降ってくる星のような光とは別の、周りをちらちらとする赤に
そっと呟いた**]

( *65 ) 2011/12/22(木) 01:08:02

【赤】 隻眼の黒狼

 
 
 
     …………
 
 
 
[しばらくのあいだ、
 
 意識が何処か、
 別の場所にリンクしていた、ような。]
 
 
 わあ。 むずかしい話、してるなー。
 
[ただたんにぼうっとしていただけなのか、
 それとも本当に此処ではない何処かへ飛んでいたのか、
 
 それはここにいるだれにも、わからない。]

( *66 ) 2011/12/22(木) 01:22:32

【独】 隻眼の黒狼

/*
さて、誰か動かないとここから動かないぞこの犬・・・

( -107 ) 2011/12/22(木) 01:30:00

雑貨屋 ヴァレリー

―2階・テラス―

[しばらくの間大はしゃぎしていた男も、
ひとしきり騒げば落ち着いたようだ。]

―――…あのさー。


……いや、やっぱいーわ。


[捕まえた星達はいつの間にか光の粒になって消えた。
いつかはこの温もりに満ちた場所も、
同じように消えて失われてしまうのだろうか。]

( 240 ) 2011/12/22(木) 02:06:21

時計塔の番人 ウートラ

―2F・テラス―
 
[綺羅綺羅と降る、星の中の男。
 
 番人はふと、瞼を開けて――――]
 
 
 
 
 

( 241 ) 2011/12/22(木) 02:13:53

雑貨屋 ヴァレリー

他に捕まえられる星ってあるのかね。
ちょっと俺中の方見て来るよ。

……あんたも中に入って何か食いに行ってみるといーぜ。
美味い菓子を作る子が居るし、他にも何か作ってくれてる
奴も居るみてーだし。

[未だテラスから動かない老人へ、そう言い残して
男は廊下へと身を躍らせた。]


終わらなければ良いのになあ、勿体ねぇ。


[男は再び独り呟いて、点々と姿を消しては廊下を歩く。
やがて辿り着いた場所の足元に、ひとつ転がる鋭く細い何か]

( 242 ) 2011/12/22(木) 02:14:05

時計塔の番人 ウートラ

 
 
 
 
 
[――やっぱり、何も言わなかった。]

( 243 ) 2011/12/22(木) 02:14:10

時計塔の番人 ウートラ

[そうして、男の姿がすっかり見えなくなったあと。
 
 物陰へ近付いた番人はおもむろに屈み込み、
 身を潜めていたそれを抱え上げる。]
 
 
     『ぷきゅる?』
 
 
[不思議そうに一回転する蛙の頭に驚くこともなく、
 再び手摺りの前まで戻って来ると……]

( 244 ) 2011/12/22(木) 02:20:49

雑貨屋 ヴァレリー

―――――…あった。


[ガラス細工をする際には必ず使っていた「道具」]


……これが此処にあるって事は、まぁなんだ…
まだ何かを創っても良いって事なのか。

天使のたまごは探すとして……
えぇー…何を創ろう、参ったな!!
創りたいものがいっぱいあり過ぎて迷うぞ。

[必要だからこそ目の前に現われた道具。
それを知ると、不意に創作意欲が湧き出て来て
男は廊下で独りで盛大に騒ぎ始めた。**]

( 245 ) 2011/12/22(木) 02:20:50

( 246 ) 2011/12/22(木) 02:21:13

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
投げた!?

( -108 ) 2011/12/22(木) 02:25:26

時計塔の番人 ウートラ

     『るるるるるるる〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!』
 
 
[あわれ放り投げた妖精は、真っ逆さまに地面へ向かっていく。
 その末路を見届けずに、番人は踵を返す。
 
 スタスタと廊下へ繋がる出入り口まで歩き、
 中へ戻ろうとその扉を開けた。]

( 247 ) 2011/12/22(木) 02:25:49

【独】 雑貨屋 ヴァレリー

/*
出来るだけ3の時のネタは引っ張らないように、と思いつつ
おもっくそ村のログ読んでいないと解らないネタばっかりだったと気付いて、死んだ場所だの千枚通しが凶器だった事とかはポイしておきまし、た。
でも2号室の天使のたまごは回収しておかなければ。
あれがないと始まらぬ!

後、密集地帯を避けて通るとほんとソロールオンリーになるのは困りものじゃのう。
2人ぐらいで動いているところにちょっかい出しに行ってみようかしら…。

( -109 ) 2011/12/22(木) 02:28:14

時計塔の番人 ウートラ

 
     『きゅるぷ?』
 
 
 
[平然と、それはそこに居た。]
 
 
 
[どうやらまたしても、番人に逃げる術はないらしい。
 深く、深く、溜息を洩らした。**]

( 248 ) 2011/12/22(木) 02:29:33

【叫】 死に損ない ロラン

悪戯……か……

[イライダの声に喜びのようなものを感じれば、ふと何かを思いつく]

いや、俺がここにいる事も、悪戯の類ではないかなと思っただけ、だ。

( C18 ) 2011/12/22(木) 02:39:31

【叫】 死に損ない ロラン

― キッチン ―

[外に居た筈の...は人のいない隙に、目の前にあったまだ運ぶ前の切り分けられたアップルパイを一つ手に取る]

これも……悪戯、か……

( C19 ) 2011/12/22(木) 02:42:01

死に損ない ロラン

― 2Fテラス ―

……驚くだろう、か。

[一階の教会の敷地内にいた筈の彼は、いつの間にかそこにいて、番人と"何か"を交互に見て、呟く。切り分けられたアップルパイがひとつ、手に持っていた]

( 249 ) 2011/12/22(木) 02:42:57

死に損ない ロラン

奇跡、か……
 悪戯……か……

どちらにしろ、――可笑しなこと、だ……。

[アップルパイを齧りながら、そう呟く**]

( 250 ) 2011/12/22(木) 02:43:54

【独】 時計塔の番人 ウートラ

/*
ロwwwwwwwwラwwwwwwwwンwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

( -110 ) 2011/12/22(木) 02:44:38

時計塔の番人 ウートラは遅延メモを貼りました。


【叫】 死に損ない ロラン

(歩く必要もない……か……)

[予感がして、試してみた]

( C20 ) 2011/12/22(木) 02:51:05

死に損ない ロラン

― 回想>>126

君は……だれ、だ?

[懐っこく近寄ってきたラビに尋ねる]

すまないが、人違いではないか。
君のロランは、恐らく……俺ではない。

[自分の村の住人は把握している。一方で、同じ名前の者がいると誰からか聞いた気がしたので、そう言いながら]

ん、あれはなんだ――?

[降り始めた星>>#1を指差して呟きつつ>>222、ラビの視線が逸れた38秒の隙にそっと姿を消し]

これを、やろう。

[どこからか手に入れたアップルパイを一切れ手渡して、別れを告げた]

( 251 ) 2011/12/22(木) 03:03:11

【叫】 死に損ない ロラン

……二度手に取っていたようだ。

( C21 ) 2011/12/22(木) 03:04:24

カチューシャ

 ― 階段近くで ―
 
[探しびと>>176を見つけたなら、
 すながみの娘はふわりと現れる。]
 
あのね、イライダさん。
これで何か作って欲しいの。
 
[林檎を差し出し、小首を傾ぐ。
 返ってきたウィンクに、顔を綻ばせて。]
 
わあ! アップルパイ、だいすきよ!
ふふ、おねがいね。
 
[あとでホールへ向かうね、と、手を振ったのでした。]

( 252 ) 2011/12/22(木) 03:23:51

カチューシャ

 ― そして ―
 
わあ。
 
[きらきらきらきら、降ってくるのは、なにかしら。]
 
きれい。 雪……じゃ、ないのね?
 
[ちいさなてのひらの上、
 つもっては消え、つもっては消えを繰り返す。
 
 きらきらに気をとられて歩いていると、
 どこかでだれかと ぶつかったり、してね?**]

( 253 ) 2011/12/22(木) 03:32:49

村長の娘 フィグネリア

>>216きょとり。傭兵の言葉に目を瞬く]

ああ。

[人形かかえたまま器用にぽんと手をうった]

そうだったわね。

[女は眠るままに逝ったから、自分のことはすぽんと頭からぬけていたらしい]

( 254 ) 2011/12/22(木) 04:19:48

村長の娘 フィグネリア

>>218自身を死者だと語る傭兵にどこか不思議な思いがわく。
そう、傭兵の死を願ったのも自分、弟をよろしくと告げた言葉は傭兵にはとどいていたのか――それもまた幼い頃に立ち返った己であった]

……あなたたち、互いの手にかかって一緒に彼岸を渡るのだろうと勝手に思ってたわ。

[互いの生より連れていくことを選ぶだろうと。

―――星が降る]

( 255 ) 2011/12/22(木) 04:32:30

村長の娘 フィグネリア

[銀色を片手の平に受け止めて、きらりきらりと輝くそれを見つめる]

…変なところ。

[綺麗というよりおもわずそんな言葉がこぼれた]

( 256 ) 2011/12/22(木) 04:36:28

【鳴】 村長の娘 フィグネリア

[懐かしい気配がする―――誰かと繋がっているというそれは、けれど親しんだものではなくて]

……だあれ?

[不思議そうに問いかかけた―――なぜかかつて己が助け、そしててにかけた娘の姿が浮かんでは消えた]

( =5 ) 2011/12/22(木) 04:44:31

村長の娘 フィグネリア

[目をすがめた半眼で]

飲みすぎて脳溢血とかだったら笑ってやるわ。

[そんなことを告げつつすいと差し出すのはいつか4人で酌み交わした酒]

まぁ、待つのも悪くないわ。

[親友の悪態を聞くのが今から楽しみなのだと――自分でもあまりいい趣味ではない気はしているけれど]

( 257 ) 2011/12/22(木) 04:58:21

村長の娘 フィグネリア

[そういえば眠くもならないなと、それが死者だからかこの場の特性かは測りかねていたけれど**]

( 258 ) 2011/12/22(木) 05:10:43

【独】 隻眼の黒狼

/*
村の設定的には各PCの生死は(本人含め)だれにもわからない、が正しいです。
自分や他の人が死んでいるということ、誰が死んだとか、誰が殺したとかを知っているのは、本来であれば、間違いだったりします。
 
 
ですがプロで既に崩れてたのでもはやどうでもよかったりします……
既に落とされたロールとか おかしく なっちゃうし ね

( -111 ) 2011/12/22(木) 05:27:10


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (16)

時計塔の番人 ウートラ
10回 残1705pt 飴飴
宿屋の女将 イライダ
9回 残1692pt 飴飴
村長の娘 フィグネリア
20回 残1416pt 飴飴
修復師 レイス
24回 残1030pt 飴飴
雑貨屋 ヴァレリー
20回 残1169pt 飴飴
隻眼の黒狼
19回 残1440pt
細工師 メーフィエ
25回 残1228pt 飴飴
居候 リディヤ
27回 残1074pt 飴飴
ラビ
6回 残1773pt 飴飴
花屋 オリガ
18回 残1373pt 飴飴
キリル
26回 残1315pt 飴飴
ナタリー
12回 残1650pt 飴飴
傭兵 ダニール
4回 残1869pt 飴飴
服職人 ミハイル
3回 残1883pt 飴飴
森の魔女 アリョール
20回 残1260pt 飴飴
死に損ない ロラン
8回 残1760pt 飴飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

やじうま (1)

カチューシャ
8回 残1704pt 飴飴

墓参り (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.281 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■