人狼物語(瓜科国)


695 【RP寄りネタ村】Now I'm Seventeen.【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【独】 目立ちたがり 芽莉沙

ひどい。しまじゅんいちが最近ひどい

( -24 ) 2011/07/02(土) 00:09:19

【墓】 安宅 鈴子

まあまだ覚えていて、気が向いたら、
恩師と呼ぶ日がいつしか来るかも知れません。

[無感情無表情のまま]

十年後ぐらいに、
*02柘榴石星*行きの宇宙船でTVモニター越しに、呼びかけて見ましょうか。

[姿亡きモットーにそんな言葉を送った]

( +28 ) 2011/07/02(土) 00:10:52

【独】 香屋 望

自分を、信じる・・・
夢を与えるという綺麗な大義名分の下、本当はこの仕事をお金のためとしか思っていない私を?
どうやって?

( -25 ) 2011/07/02(土) 00:17:48

草食系男子 シマ

まぁ言うのは簡単だよね。
相手の気持ちを推し量れ、素直になれ、勇気を出せ、頑張れ。
あぁ、なんて容易い。

僕自身、自分の言いたいことが言えないどころか、自分が何を思ってるかすらわかってない部分があるし。イル君のことは言えないのにね。

ふふふ、何か眠くなっちゃったな。グンナイ。

[...は多目的ホールのソファーに倒れこんでそのまま寝てしまった*]

( 63 ) 2011/07/02(土) 00:20:37

killwill イル

シマ>>57
だよなぁ…あーまじであん時の俺…はあ。

[ここに来て激しい自己嫌悪]

[それでも風呂から帰って来て望と目が合えばもう一度頭を下げた]

( 64 ) 2011/07/02(土) 00:20:39

【独】 香屋 望

[...はここに来る前の事を思い出す。]
修学旅行の二日前。
いつものように、深夜に帰宅した私は、テーブルの上に置手紙を見つけた。
そこには、見なれた筆跡で、
『体調が悪いので病院に行ってきます。』と書かれてあった。
流石に、既に帰って来ている時間だろう。
「のんちゃん、いる?」
小声で呼びかけながら彼女の部屋をノックし、ドアを開けると、彼女は本当につらそうな顔をして寝ていた。

( -26 ) 2011/07/02(土) 00:21:40

【独】 香屋 望

枕元にはお薬。しかし、水差しには水はなく、水差しに水を満たしてベットの横のテーブルに置くと、
「おねえ、ちゃん・・・」
弱弱しい声が聞こえた。
「のんちゃん?大丈夫?」
明らかに辛そうで、大丈夫ではないのは分かりきっているのに、かける言葉はそれしかなかった。
彼女は、熱でうるんだ瞳で、
「いんふるえんざ・・・かかちゃった・・・明日、修学旅行なのに・・・」
と言った。

( -27 ) 2011/07/02(土) 00:25:57

【墓】 安宅 鈴子

言い訳と愚痴は男のアクセサリーという格言があります。
意味は敢えて伏せますが。

[ホテルのロビーで盗聴器を前にジャージでごろごろぐうたら三昧]

開き直りと逆ギレが最強の矛と盾なそんな世界的に。

( +29 ) 2011/07/02(土) 00:26:11

【独】 安宅 鈴子

そんな格言はない。

( -28 ) 2011/07/02(土) 00:26:23

【独】 香屋 望

なぜ、気づいてあげられなかったのだろう。
もともと望は体がそんなに丈夫な方ではなく、学級閉鎖時の欠席の常連だった。
二人で暮らし始めてから1年。その間、ほぼ毎日彼女は暗い部屋に帰り、一人でご飯を作って食べていた。
こんな生活、彼女にとって本当に幸せなのだろうか。
グルグルと考えながら、
「そう・・・ねえ、何か、欲しい物ない?」
「食べたいもの、飲みたい物はないか。」そういう趣旨の質問のつもりだった。
しかし、熱に浮かされた彼女は判断できなかったのだろう。
ぽつりとつぶやいた。

「おねえちゃん、わたしの、かわりに、しゅうがくりょこう、いってきて。おもいで、つくってきて。」

( -29 ) 2011/07/02(土) 00:30:17

150cm ピヨコ

イルくんもちょっと失敗しちゃったみたいだけど、
わたしは芽莉沙ちゃんももっとすなおになったらいいかなって思ったかも!

[かってなこと言った]

( 65 ) 2011/07/02(土) 00:30:41

【独】 安宅 鈴子

はぁはぁ、ピヨコさんは可愛いなあ。

[←その意識漏れでどうも恋陣営誤解されたらしい人]

( -30 ) 2011/07/02(土) 00:33:36

150cm ピヨコ

[多目的ホールに戻ってくると、アルコールいりジュースがまだつんであった]

青リンゴジュースって珍しいね!(くぴくぴ)

( 66 ) 2011/07/02(土) 00:34:07

150cm ピヨコ、にゃー**

( A21 ) 2011/07/02(土) 00:34:22

150cm ピヨコ

>>65
だってー
そゆときに男子ばっかりがんばるの疲れそう!**

( 67 ) 2011/07/02(土) 00:36:23

【墓】 安宅 鈴子

>>65
桐生イルさんは素直な方でした。
変でしたけど。

彼女は
その素直さに甘えたくなったのではないでしょうか。

[かってなこと言ってる]

( +30 ) 2011/07/02(土) 00:36:26

killwill イル

阿部>>59
えっ…それってさ…なんかメリサが…

いや、えっ、そ、そんなはずは…///

[なぜかこういう時には鋭いらしい]

ないない、あり得ないって。
だいたい、なんでお前にそんなこと分かるんだよっ



…あーいや、だとすると確かに辻褄は、あう、な…

[そうなるとまた自己嫌悪スパイラル**]

( 68 ) 2011/07/02(土) 00:37:28

【独】 安宅 鈴子

先生や大人の監視つきの当ホテルではそんな自由はありません。
私も鉄格子つきの部屋に放り込まれ、日々番号で呼ばれる毎日をこれから送る事に。

よよよ、ピヨコさんたすけてー。

( -31 ) 2011/07/02(土) 00:38:00

【独】 香屋 望

私は、驚いた。彼女が何を言ったのか、初め分からなかった。
「は?え・・・なんで・・・」
もちろん、却下した。
彼女の振りをして、クラスメート皆を騙すことなどもってのほか。と言うのもあるが、なにより、この状態の彼女を一人にしておけるわけはない。
だが、私の説得に、彼女は頑として首を縦には振らなかった。
曰く、自分の面倒は、隣のおばさんが看てくれる。すでに話はつけてある。
曰く、欠席した後、学校で友達に気を使われるのが嫌だ。
曰く、修学旅行を通してクラスの連帯感がつよくなる。欠席してしまったら、その輪の中に入って行けない。それが怖い。

私の反対意見を、一つ一つ丁寧に潰してゆき、そして最後、彼女は言った。

「すきなひとが、いるの。しゅうがくりょこうの、あいだに、そのひとが、ほかのおんなのこと、なかよくなって、わたしだけ、ちかくになれないのが、いやだ。」

( -32 ) 2011/07/02(土) 00:38:34

【墓】 安宅 鈴子

堕ちろと言われて堕ちたこの身とすれば、
応援ではなく……おっと。

[携帯メールが鳴って、覗き込んだ]

やっと続きが読めましたか……。

( +31 ) 2011/07/02(土) 00:39:48


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (7)

阿部 晴夜
78回 残813pt 飴飴
目立ちたがり 芽莉沙
17回 残2464pt 飴飴
killwill イル
23回 残2258pt 飴飴
岳間 ノブナオ
11回 残2742pt 飴飴
草食系男子 シマ
57回 残1170pt 飴飴
150cm ピヨコ
35回 残2171pt 飴飴
香屋 望
28回 残2211pt 飴飴

犠牲者 (3)

引率教師 モットー (2d)
男の娘 ノクロちゃん (3d)
安宅 鈴子 (4d)

処刑者 (2)

総長 カイン (3d)
怪談好き アーニャ (4d)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■