人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


フィグネリアは、イヴァン を投票先に選びました。


イライダ

 ――…人狼が現れる時、天は我らに恩恵を与えるだろう。


[イヴァンの問いかけに、嘗て読んだ本を思い出す]

 人狼は上手く人に変化するらしいけれど、それじゃ私たちのような人間には対抗できないからかしら。
 本当の姿を見抜く…水晶とか、魔鏡とか…そう言った物が見つかったり、何かしらの宣託を受ける占い師が現れたりする。

 遠い国には、そういう伝承があるって聞いた事があるわ。

[ロランが、せめて飲み物だけでも、と入れてくれた紅茶を一口飲んで]

( 78 ) 2010/08/22(日) 04:03:29

イライダ

 人狼に滅ぼされた…と、されている村も多いから、そんなの眉唾だって哂う人も居るわ。
 でも、こういった伝承は、人が生きていく為の知恵が残ったものとも云えるから、一笑出来ないって私は思ってる。


 ここに人狼が居るのなら、そういう何かをもった人も、この中にいるのかも、しれないわね。



 そしたら、見つける事は、出来るんじゃないかしら。

[正午の鐘。
霧で辺りは見えないのに、やけにこんな嫌な響きだけは聞こえてくる。
イヴァンが、ちらりと窓を見れば、同じようにそちらを見。
その向こうに見えたモノに、少しだけ眉をしかめ、カップをそっと抱いた**]

( 79 ) 2010/08/22(日) 04:07:17

ドラガノフは、イヴァン を能力(下駄を蹴上げる)の対象に選びました。


【独】 サーシャ

/*
ドラガノフさん狂人でイライダさん聖痕者?
*/

( -57 ) 2010/08/22(日) 07:49:48

サーシャ

[一連の会話には静かに耳を傾けていたけれど、イライダの言葉>>78>>79にははっと何かを考え込む様子]

そんなはず、ない・・・。

[彼女自身確証がもてるようなことは何一つなく、自分のことのはずはないと、疑念と共に紅茶を一口飲み込んだ。

彼女の見た夢を知るものは未だ、ない――]

( 80 ) 2010/08/22(日) 08:07:14

サーシャは、イヴァン を投票先に選びました。


【独】 サーシャ

だけど、この宿の来てから頻度が、増えた。

[これまでは思い出したように時折、まるで知らない情景のその一片を見るだけだったのに・・・夜毎夢を見る――。

断片であることに違いはないけれど、誰のことか分かる程度には、詳細になっている]

どうして?

[渦巻く、混乱]

( -58 ) 2010/08/22(日) 08:17:22

サーシャ

― ロストヴァ家→宿・マリーヤside ―
[引き止める両親との口論、家からの脱出に思いのほか時間をとられ、昼もかなり回った頃。

その後も、出会う人から引き止める声がいくつも上がるけれど、全て振り切って]

まってて、姉さん。

[息を切らせてようやくたどり着いたのに、宿の周りを見張るものたちに捕まる]

お願い、姉さんに合わせて。
姉さんが、人狼なわけ、ない。

[拘束を振り切ろうとむちゃくちゃに暴れるけれど、数人に取り押さえられればなすすべはない。]

どうして放っておいてくれないの!
姉さんにあまり時間が残されていないことくらい、分かるじゃない!

[今まで生きていることがおかしいだろうといわれたなら、頭が真っ白になってふっと力が抜ける。

つられた様に拘束が緩む]

( 81 ) 2010/08/22(日) 08:38:08

サーシャ

[彼女の顔面は怒りに蒼白となっていて、目の前の男の頬を平手で張る]

ばか、言わないで。
姉さんが人を喰らって生き延びてきたとでも言うの?

[パァンと響いた音に幾分冷静さを取り戻したようで、押し殺したような声で告げる]

いいわ、あんた達下っ端に聞いたって何一つ分かっていやしないんでしょう。

[この喧騒が届いて、姉が姿を見せてくれやしないかと立ち去る前にじっと宿の方向を見つめるけれど――この騒動も何もきっとこの濃霧に吸収されて、届かないまま――]

毎日だって、来るんだから。
姉さんの無事な姿を見るまで。

[あきらめたように宿から視線をはずすと、挑むように告げる。

彼女が暴れないとなれば、見張りの男達に無理に拘束しようと言う意思もなく―それはやはりどこか後ろめたさもあるのだろうか―もはや形骸だけとなってしまった拘束から抜け出す。

次に姿を眼にするときには骸との対面になってしまうかもしれないとは思ったけれど、ふるふると頭をふってその想像を振り払い背を向けた]

( 82 ) 2010/08/22(日) 08:50:49

サーシャ

[どこへ向かうべきかと考える。

手紙の出所である役場へいくことも考えたけれど、責任逃れでたらいまわしされた挙句、結局は村長の名が出てくるのだろうと思えた]

会ってくれない可能性のほうが、高い。

けど・・・。

[何もせずには、いられない。

足早に村長宅へと向かう道すがら、彼女に向けられる村人の視線はどこかよそよそしく、冷たく感じた――]

― 第三幕・了 ―

( 83 ) 2010/08/22(日) 08:59:13

サーシャ、ふと妹の声をきいた気がしたけれど、すべては濃霧に*さらわれて*

( A39 ) 2010/08/22(日) 09:07:39

サーシャ、心中を落ち着かせるように刺繍に没頭する。  ( B40 )


ミハイル

―食堂―
 
[小さく笑うイヴァン>>76の頭の上に。
 軽く手を置いてから。]
[食堂を出る。]
 
 
―地下へ―

( 84 ) 2010/08/22(日) 09:35:17

【削除】 ミハイル

 
[幼少の頃から。]
[ 生きる よりも 死ぬ 方が身近にあった。]
 
[死は何者にでも平等に訪れるものだと、知っている。]
 
[いまさら。]
[誰が死のうと。]

2010/08/22(日) 09:39:20

【独】 ミハイル

/*
ちょっと 時間がやだ

( -59 ) 2010/08/22(日) 09:39:56

ミハイル

 
[幼少の頃から。]
[ 生きる よりも 死ぬ 方が身近にあった。]
 
[死は何者にでも平等に訪れるものだと、知っている。]
 
[いまさら。]
[誰が死のうと。]

( 85 ) 2010/08/22(日) 09:40:25

ミハイル

―地下・酒蔵―
 
[人狼は、いる。]
[いや、正確には。]
[いた のだろう。]
 
[かたちのないものや、いろのないものが。]
[アナスタシアが帰ってきた理由を教えてくれた。]
[奴らの中には、人狼に殺されたものや。
 人狼そのものだったものも、いるようだった。]
 
[とすれば。]

( 86 ) 2010/08/22(日) 09:40:47

ミハイル

[棚に並んだボトルのひとつ。]
[見覚えのある8桁の数字。]
[姉だったものと同じ年月を過ごしてきたという、証。]
 
[首を掴み。]
[壁に叩きつける。]
 
[濃緑とともに飛び散るのは。]
[紅い。]
[あの花と同じ。]
[濃い、紅。]
 
[祖父は云った。 あれは愛の花だと。]
[そして、哀の花だと。]

( 87 ) 2010/08/22(日) 09:41:06

ミハイル

[硝子が手や腕の皮膚を裂き]
 
[血が滲んだ。]
 
 
 
 
 
……良かった、な。
 
 
[呟いた口元は、知れず。]
[弧を描いていた。]
 
**

( 88 ) 2010/08/22(日) 09:41:37


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (9)

ロラン
28回 残965pt
フィグネリア
14回 残1514pt 飴飴
オリガ
0回 残2000pt 飴飴
サーシャ
34回 残567pt 飴飴
ミハイル
30回 残1172pt 飴
イライダ
18回 残1253pt 飴飴
イヴァン
40回 残232pt 飴飴
ドラガノフ
12回 残1711pt 飴飴
ナタリー
17回 残1418pt 飴飴

犠牲者 (1)

アナスタシア (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (1)

ウートラ (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■