人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ミハイルナタリーに適当に手を振った。

( A26 ) 2010/08/20(金) 23:16:31 飴

ミハイル

ん?
 
[距離が縮まったかと思うと。]
[少し、様子が変わった。]
 
……あー。
 
[相手の口から発せられた言葉に、僅かに眉を顰めて。]
 
人狼、ねえ。
 
[俯いた彼の頭を、軽く。撫でようと。]
[手を伸ばし。]
 
 
……知らん。
 
[明らかに嘘をついた。]

( 203 ) 2010/08/20(金) 23:21:34

イヴァン

―ちょっと前―

ナタリーさん、風邪ひくよー。

[くしゃみをしかけた彼女の姿に気づいて、肩を揺らす]

はい。貸してあげる。あったかいよ。

[マフラーを外して、彼女に差しだした。
よく考えたら此れは相手の店で買ったものだったような気もするが、深く気にしないことにした]

行ってきまーす。

[疑問形の挨拶へ、元気良く返事して、白い道を歩き出す]

( 204 ) 2010/08/20(金) 23:22:06

【独】 ミハイル

/*
>>204
さっすがー。
 
俺マフラー汚いだろうと思って、それやめた。
3つも装備してんのにな!!!!

( -74 ) 2010/08/20(金) 23:25:04

イヴァン

>>203

[俯いていれば、大きな掌が頭の上に乗る。
嬉しいのと、恥ずかしいのと、気持ちはせめぎ合い。でも今は不安が勝っていたので、素直に撫でられておくことにした]

嘘だぁ。

[けれど、人狼のことを知らないという相手の声に口を尖らせる。ちらりと上目遣いに様子を伺えば、相手はどんな表情をしていたか]

僕だって、もう一人前さ。
難しいことだって、ちゃんと考えられる歳だよ。

[撫でられて安堵を得ていたことは、棚上げして大人ぶる]

( 205 ) 2010/08/20(金) 23:30:37

ナタリーミハイルの適当な仕草に、むむ、と唸って、雪玉を投げておいた。

( A27 ) 2010/08/20(金) 23:31:23 飴

ナタリー

 あらら。

[くしゃみがマンしたのを笑われて(>>204
 誤魔化し笑いをしてみるが]

 わ、ありがとう。

[差し出されたマフラー、出かける相手は寒くないのかと迷うが。
 迷う隙にイヴァンは出かけていった]

 行ってらっしゃい。

[今度は疑問形でなく言って、手を振った]

( 206 ) 2010/08/20(金) 23:32:37

ミハイル

……ぬ。
 
[ばれた。]
 
[どうしたもんかと考えていると。]
[上目で見られたので、視線を外す。]
 
[それから続く言葉に、再び視線を相手に向けると。] 
[ふう。]
[とひとつ、溜息。]
 
……なにも、難しいことじゃねー。
 
[だから、説明しづらいのだと。]
[肩についた雪―さっきナタリーにぶつけられたやつ―を払い落としながら、ぼんやりと思う。]

( 207 ) 2010/08/20(金) 23:41:55

【削除】 ミハイル

囁くのよ・・・ 私のゴーストが・・・

2010/08/20(金) 23:42:24

ミハイル

わかるんだ、俺には。
「いる」のが。

( 208 ) 2010/08/20(金) 23:42:34

【独】 ミハイル

/*
灰、狭めて、ごめん、ね?
 
いや イヴァンに聞かれたら いわざるお えない

( -75 ) 2010/08/20(金) 23:44:37

【削除】 ロラン

― 宿・食堂 ―

[他の人の様子を窺うもの、一度宿から外に出るもの、奥に引っ込んでしまうもの、それらを遠目にぼんやりと見ながら、...は壁に寄りかかる。
村長ならばもっと詳しい事を知っているだろうが、自分に答えられる事はそう多くない]

(人狼についてなどは――)

[全て自分で調べた付け焼刃の知識に過ぎない。
唯一度、父の意思に背いて友の亡骸を引き取りに向かった時からの]

2010/08/20(金) 23:51:38

イヴァン

>>207

……………?

[相手が心中で、何を思っているのかは知れず]

難しくないことなら、もっと得意!

[何故か胸を張った]
[そのまま、相手の片から払い落される雪を何となく眺めていれば。首元が冷えたのか、くしゃみを一つ]

へくしっ、…………、…え。

[直後に聞こえた言葉>>208に、声を零した。
確かにそれは酷く簡単で。でも、だからこそ、よく分からないことだった]

( 209 ) 2010/08/20(金) 23:51:46

ロラン

― 宿・食堂 ―

[他の人の様子を窺うもの、一度宿から外に出るもの、奥に引っ込んでしまうもの、それらを遠目にぼんやりと見ながら、...は壁に寄りかかる。村長である父ならばもっと詳しい事を知っているだろうが、自分に答えられる事はそう多くない]

(人狼についてなどは――)

[全て自分で調べた付け焼刃の知識に過ぎない。
唯一度、父の意思に背いて
友の亡骸を引き取りに向かった時からの知識]

( 210 ) 2010/08/20(金) 23:53:08

ロラン

(とんだ茶番となるのか、それとも…)

[父の警戒の仕方、そして直接告げられた言葉も、随分ときな臭いものはある]

(何もない白い世界に、全て覆われてなくなってしまうのか)

[人の意思も、その想いも遠く、遠く吹雪く思考の奥へと沈んでいく*]

( 211 ) 2010/08/20(金) 23:53:31

イヴァン

[相手のことを、驚いたようなまなざしで見上げるが。そこに疑いの色は無い。
おそらくは、慕っている相手のことを疑うという発想も、青年にはない]


あの宿に、「いる」の?

[問いかけた後、ごくりと唾を呑んだ]

( 212 ) 2010/08/20(金) 23:53:37

ミハイル

[自分のマフラーをひとつ、外して。イヴァンに差し出す。]
[あんまり襤褸だから、女の子に貸す気にはならなかったのだが。]
 
いる。
 
[問いかけには、頷いた。]
 
……いなくなっても、わかる。
 
と思う。 多分。
 
[そっちはあんまり、自信がない。]
[なんせまだ、いなくなってない。]

( 213 ) 2010/08/20(金) 23:59:47

ナタリー

[渡されたマフラー、しばし見つめて思案して。
 いろいろ逡巡したけれど結局巻いた]

 温かい。……雪だるまだったら溶けるなあ。

[確かに自分の店で売ったものだけれど。
 こうして他人が使っているのを見ると、やはり嬉しい]

 よし、完成。

[口元をほころばせたまま、かまくらを作り上げると。
 その中に、手の生えた雪だるまをそっと移した] 

( 214 ) 2010/08/21(土) 00:08:53

イヴァン

[差しだされたマフラーを、遠慮なく受け取って首へ巻く。温かい]

―――――…!

[「いる」という。きっぱりとした返答に、思わずびくりと肩が揺れた。
そして躊躇うようなしばしの間が空いて、おずおずと口を開く]


「誰」が、っていうのは。…分からない?

[分かったら、どうするというのか。
答えが見つからないままに、問うたのはきっと反射的なこと]


いなく、なっても……。

[いなくなるというのは、具体的にはどういうことなのか。
宿を後にするということか。それとも、それとも]

( 215 ) 2010/08/21(土) 00:09:37

【独】 イヴァン

人狼を見分けるという秘術。
俗に占いと呼ばれていた行為。

それは妖魔にとっては凶器そのものであり。
正体すら破られる前に、
その存在を消滅に追い込まれるというもの。


まさか、まさか、目の前の人物がその術を持っているというのか。

( -76 ) 2010/08/21(土) 00:13:27


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
19回 残2399pt 飴飴飴
ロラン
28回 残2057pt 飴飴
フィグネリア
22回 残2224pt 飴飴飴
オリガ
5回 残2816pt 飴飴飴
サーシャ
15回 残2568pt 飴飴飴
ミハイル
33回 残2096pt
イライダ
25回 残2118pt 飴飴飴
イヴァン
33回 残1751pt 飴飴飴
ウートラ
0回 残3000pt 飴飴飴
ドラガノフ
33回 残2176pt 飴飴飴
ナタリー
34回 残1887pt 飴飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.125 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■