人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


ドラガノフ、肩に降り積もった雪を払い落とした。

( A21 ) 2010/08/20(金) 22:47:26

【独】 ドラガノフ

/*

雪とは無縁の生まれ育ちなので

想像で描写してます^^

( -71 ) 2010/08/20(金) 22:48:11

ミハイル

[今度は少し驚いたようで。]
[少しだけ、目を見開いたが。]
 
そうか。
 
[唇の端を上げた。]
 
……家、帰るだけだぞ?

( 191 ) 2010/08/20(金) 22:48:46

ドラガノフ

ったく

村長のヤロウ無茶苦茶だな。


だが、ヤツの呼びかけでここから出られねえんだから
ここの宿代は村長持ちって事だ。


羽伸ばさせてもらうとするかね。

( 192 ) 2010/08/20(金) 22:48:55

【独】 イヴァン

本当は、違う。緊迫しているから、じゃない。

いる。この宿にいる。
僕の存在そのものを消し去ってしまうような、
…そんな存在が。

( -72 ) 2010/08/20(金) 22:49:05

ドラガノフ

[外で話している兄弟を横目でチラリと見つつ

荷物の中から苗木をそっと持ち出した。]

( 193 ) 2010/08/20(金) 22:51:12

ドラガノフ

・・・まったく

閉じ込めるならそう言いやがれ。


こっちにも準備ってモンがあらぁ。

( 194 ) 2010/08/20(金) 22:51:27

ナタリー

[何処に出かけていたか、ドラガノフが宿に戻ってきて]

 おかえりなさい。

[そんな挨拶をしてみた。
 宿の外で。手は、小さなかまくらを作りながら]

( 195 ) 2010/08/20(金) 22:55:46

イヴァン

それじゃ、家に付いてく。

[墓地の方向へ一度顔を向けてから、相手へ向き直る。
「いいよね」と確かめるように、首を傾げながらニイと笑う]

久しぶりに、兄さんのいれたココアが飲みたいな。

[なんて、我儘を挟みながら。先行くように、歩き出す]

( 196 ) 2010/08/20(金) 22:57:22

ドラガノフ

おう。ナタリー

外は寒いぞ。風邪ひくなよ。

( 197 ) 2010/08/20(金) 22:57:35

イヴァン、ドラガノフの視線>>193に気づいて、小さく手を振ってみた。

( A22 ) 2010/08/20(金) 22:58:57

ドラガノフ

>>193
・・・こんな騒ぎで枯らしちまったら馬鹿みてぇだからな。

これだけは、そういう訳にはいかねぇ。
ヤツとの約束だしな。

[そう言うと穏やかな目で苗木をみつめた]

( 198 ) 2010/08/20(金) 22:59:13

ドラガノフ

イヴァン、ミハイル・・・

あいつら大きくなったな。

こんな村長のたわごとに付き合わされて気の毒なこった。
ふたりとも無事に家に帰してやりたいもんだ。

( 199 ) 2010/08/20(金) 23:01:34

ドラガノフ、イヴァンに手を振った

( A23 ) 2010/08/20(金) 23:01:55

ミハイル

[さっさと行ってしまった後姿を、しばし見つめて。]
 
 
……ま、いっか。
 
[特に急ぐこともなく、その後を追う。]
 
[ドラガノフに対しては、軽く目だけやって。]
[途中でナタリーを見たなら、またか、と呟いた。]

( 200 ) 2010/08/20(金) 23:04:02

【独】 ミハイル

/*
>>193
兄弟いうなwwwwwwwwwwwwwwww
なんか変なもん想像したじゃねーかwwwwwwww

( -73 ) 2010/08/20(金) 23:04:49

ナタリー

[振り返るドラガノフ(>>197)に少し笑って]

 ありがと。
 ん、今はこっちの方が……すっきりする。

[しばらく言葉を探して、思い出した冷気でくしゃみをしかけて。
 鼻をつまんで我慢した]

 あれ、イヴァン。ミハイルも。
 いってらっしゃい?

[首を傾げつつ、二人にも声をかけた]

( 201 ) 2010/08/20(金) 23:05:46

ナタリー、ミハイルの呟きは聞こえなかったけれど、首を傾げた。

( A24 ) 2010/08/20(金) 23:10:51

ドラガノフ、暖炉の側で荷物を整理している**

( A25 ) 2010/08/20(金) 23:11:31

イヴァン

はやくー。

[のんびりと後ろを歩くミハイルを振り返り、声をかけるけど。
其れは何処か楽しげな声で、別に本当に急かしている訳ではない]

―――――……兄さん。

[やがて彼との距離が縮まったら。白い息を吐きながら、少しだけ神妙な声で呟いた]

何か、知ってるの? 
人狼のこと。

[青年と付き合いの長い彼ならば。そこに不安の色が滲んでいることに気づいただろう]

嘘みたいな話だと、思うけど。

[言葉が続かなくなって、俯いた]

( 202 ) 2010/08/20(金) 23:16:04


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
19回 残2399pt 飴飴飴
ロラン
28回 残2057pt 飴飴
フィグネリア
22回 残2224pt 飴飴飴
オリガ
5回 残2816pt 飴飴飴
サーシャ
15回 残2568pt 飴飴飴
ミハイル
33回 残2096pt
イライダ
25回 残2118pt 飴飴飴
イヴァン
33回 残1751pt 飴飴飴
ウートラ
0回 残3000pt 飴飴飴
ドラガノフ
33回 残2176pt 飴飴飴
ナタリー
34回 残1887pt 飴飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■