人狼物語(瓜科国)


524  凍れる水車


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【独】 ミハイル

/*
とし決めてなかった。
 
20+5(10)

( -3 ) 2010/08/14(土) 13:12:41

【独】 ミハイル

/*
なにその公式設定。

( -4 ) 2010/08/14(土) 13:13:59

イライダ が参加しました。


イライダは、求婚者 を希望しました。


イライダ

― 研究室 ―

[一軒の家。
階段を降りて地下室に降りれば、そこは先生が研究に使っていた部屋。
散乱する書類の一枚を拾い上げる。

何となしに、それに目を落としては]

 これから、どうしよう。
 
[自分独りしか居ない、この部屋で。
自分にすら聞こえないような小声で、呟いた]

( 22 ) 2010/08/14(土) 13:16:01

イライダ

 やっぱり、ここも片付けなきゃ、ダメよね。

[上の階。
先生が使っていた身の周りの物は、ある程度片付けた。
残るのは研究室に残る、これら。

書類と、高く積まれた本。
その本の間に、一つの写真が挟んであるのを見つけて。

ゆるりと頁を開く]

( 23 ) 2010/08/14(土) 13:39:39

フィグネリア

― 自宅→外 ―

[暫し揺り椅子の上でまどろんだ後、
 閉じこもっていてばかりでは駄目だと。
 水車小屋の方まで散歩へ出かける]


 …………っ。


[季節は夏だと謂うのに、
 身体を突き刺す様な冷たい風に身を竦めて。

 ゆっくりゆっくり、転ばないように歩みを進める]

( 24 ) 2010/08/14(土) 13:44:57

【独】 ミハイル

/*
俺参加COしてなかったっていう事実wwwwwwww
ダミーの枠しか取ってなかったぜ!
 
村建てが匿名COとかナンダソレ

( -5 ) 2010/08/14(土) 13:47:20

フィグネリア

[暫し歩みを進めれば、その先に見えるのは凍れる水車。
 氷に閉ざされた湖にて、死したように動かない水車は、
 見るたびに不吉な予感を女の胸の裡に届ける]

 ――――…気のせいだと、判っていても。
 あまりぞっとしないのよねえ、あれ。

[紅い眸で一瞥した後、
 冷たい風に金の髪を嬲らせながら。

 こんこん、と。宿屋の戸をノックした]

( 25 ) 2010/08/14(土) 13:50:16

フィグネリア


 はぁい、アナスタシア。
 相変わらず、辛気臭い顔してるのね。

[いつもの軽口を謂いながら中へ。
 子供の頃からの知り合いである彼女とは、
 こうして軽口を言い合うのが常となっていた。

 何度も訪れ、勝ってしったる様でスツールに腰を下ろし]

 ウォッカ…って謂いたいけれど……、
 ミルクを頂戴。昼間からアルコホルは、この子に悪いものね。

[今まで友人に見せた事のない母親の顔で微笑み、
 下腹をそっと撫ぜた]

( 26 ) 2010/08/14(土) 14:10:34

フィグネリア

[しばらくして、カウンターにことりと音を立てて、
 置かれる湯気の上がるマグ。
 それを手に取り、ふぅ…っと息を吹きかけながら]

 はちみつの香りがする。
 ふふ、あたいの好み覚えていてくれてたのね。

 ……スパシーバ。

[マグへ口を付ければ、
 ミルクとはちみつの甘さが、女の凍えた身体を優しく温める]

 ……ん、甘い。

[マグの縁を親指の腹で一度拭った後]

 で、そんな辛気臭い顔をしてどうしたの?

[と、女主人の顔を曇らせる理由について、
 尋ねる様に紅い眸を向け*微笑んだ*]

( 27 ) 2010/08/14(土) 14:20:43

フィグネリア、メモを貼った。 メモ

( A2 ) 2010/08/14(土) 14:50:58

イライダ

[本に挟まれていた写真には、亡くなった父、自分。そして先生が写っている]

 先生、何処に行ってしまったのかしら。

  『研究で森に入ってしまったのだろう』
  『森の奥深くまで入っては出て来れない』
  『見つからないのだから、きっと森に行ってしまったのだろう』

[二週間も姿が見えなくなって、村の人々は口々にそう言う。
そうなのかもしれない。
違うのかもしれない]

( 28 ) 2010/08/14(土) 14:54:03

イライダ

[しん、と静まった研究室。
写真の端を、指でそっと撫ぜる]

 ……。

[先生は居なくなった。
だから、もう居ないけれど、死んでいるとは限らない。


今日も、ここにある物を片付けてはいけない気がして。
ぱたんと本を閉じると、積み上げてあった場所へ戻す]

( 29 ) 2010/08/14(土) 14:56:17

イライダ

 ん。

[軽く息を吐いた所で、玄関のある方から呼ばれた気がして。
研究室の扉を鍵閉めて、階段をあがっていく]

 『イライダ、これを』

 私への、手紙?
 ごくろうさま、ありがとう。

[村にいる配達係が手渡してくれた手紙。
それは「アナスタシアの宿へ」との趣旨が書かれた、役場からの手紙だった**]

( 30 ) 2010/08/14(土) 14:58:49

【独】 イライダ

>>29>>30
>〜気がして。
ってのを連続で書いてしまって、なんかおかしい。
うーん、も少し考えてかかないとね。

ってことで、匿名ことスズハです。
キャラチップを見た瞬間に、使いたい!!と思いました。
嬉しいな。
よろしくおねがいします。

( -6 ) 2010/08/14(土) 15:15:03

ロラン

― 村長邸 ―

[家に戻ると、暖炉のある居間では火の側でミリーツィヤ(警察)の人間と老父がなにやら深刻そうな表情で話をしていた。父は専ら聞き手に徹し、喋り続ける役人に対して時折頷くだけだった]

『小さくなったものだ』

[厳格な父。上の兄達は勉学の為、多大な援助を受け続けていたが、末の子である自分はただこうして眺めるだけの存在でしかない]

それでも――

『この村が嫌いなわけではない』

[あの日、共に村を出ないかと言ったアイツにも答えた言葉。一緒に村を出ていればどうなっていたのだろうか]

( 31 ) 2010/08/14(土) 15:55:17

ロラン

[...は村に届けられ、恐らくは父に披露されたまま置き捨てられた手紙を拾い上げると、目を通しながら書斎へと引きこもる。似たような趣旨の手紙(>>30)が別口で村にある研究所に届いていたとしても今は知る由はない]

かの村で目撃されたアレは若い男女の身なりをしているらしい、か。

[所詮は噂だ。だが、その噂に踊らされるのが人間だ。
この凍りついた村にだって、森には妖魔が住んでいるという御伽噺のような噂がある。
親に従わない悪い子は森の妖魔が浚って取替え子をしてしまうだの、或いは村人に紛れて住み着いているだのと昔からの言い伝えが残っている]

( 32 ) 2010/08/14(土) 15:56:27

ロラン

身勝手な噂と、無責任な想像力、疑念が都合の良い結論を急き立てる。

[異郷の地で首に痣をつけた友は、遺体であっても友のままだった。牙が伸びた跡もなく、鋭利な刃物で割かれた腹に人肉が詰まっている事もなかった]

くれぐれも無根拠な噂に対し、村人は軽挙妄動せず、各々留意されたし。

[必要とあらば村に廻す為の書状の下書きを書き終えると、文鎮を置き直して筆をおいた。後は父がこれを見て、注文をつけられてから清書すればいい。そもそも書状そのものすら出さない可能性も高い]

些細な事だ。そして

(どうでもいいことだった**)

( 33 ) 2010/08/14(土) 15:58:31

【独】 フィグネリア

/*
やべえ…。
りーりゃの日記で、ネタがばれたかもしれぬ><

( -7 ) 2010/08/14(土) 16:11:35


情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (11)

アナスタシア
6回 残1000pt 飴
ロラン
38回 残1000pt 飴
フィグネリア
19回 残1000pt 飴
オリガ
14回 残1000pt 飴
サーシャ
27回 残1000pt 飴
ミハイル
33回 残1000pt 飴
イライダ
25回 残1000pt 飴
イヴァン
11回 残1000pt 飴
ウートラ
1回 残1000pt 飴
ドラガノフ
2回 残1000pt 飴
ナタリー
9回 残1000pt 飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.117 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■