人狼物語(瓜科国)


499 【飛び入り歓迎】まっくら森・ふたたび【完全ランダム】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【独】 パジャマ ジェリコ

/*
なんとなくジーマは、野良犬か野良猫だったら面白いなって思ったけど、
普通に人かなぁ。

ジェリコの素性は考えてるけど、番人の方がサッパリだ。

( -3 ) 2010/07/03(土) 12:07:21

わがまま娘 サユラ

森の意志。
人の意思。
夢の意志。

森が夢の意志であり、夢が人の意思であるのなら――

[湖を泳ぐ二人を、見送ったまま、...は湖のほとりで立ち尽くす。天候の変化に機嫌を良くしたのか抱いていた犬は近くを闊歩し、歩き回っていた]

夢の中の私は。
(今ここにいる私は)

湖を泳ぐ少女を見つめる私は。
(この胸に光る宝石に苛立つ私は)

( 6 ) 2010/07/03(土) 14:04:35

わがまま娘 サユラ

私と彼女と、彼女。




――じゃあ他の皆はだあれ?

( 7 ) 2010/07/03(土) 14:05:22

わがまま娘 サユラ

[誰をも理解しようとしなかった自分。
深く関わりあおうとも、知り合おうともしてこなかった。

信用できなかったから
油断できなかったから

それとも――知る事を怖がっていたから?]

会う事を怖かった人がいる。
話しかけることで、見えてくることを畏れていた自分がいる。

[手元にはもそもそした固く古ぼけたパンと薄い味のするスープ。栄養補給もままならない穀物の塊と、塩味だけがただのお湯ではないとわかる程度の酷く粗末な食事だった]

(本当は戻りたくないの? 実際は消えたくないの?)

識りたく、ないってことなのかしら。

[問いかける先がいつしか自分ではないことに*気付いていなかった*]

( 8 ) 2010/07/03(土) 14:10:52

王女 サフィラは、コミットボタンを「ポチっとな!」


【独】 麦わら フー

もっとあっという間に墓下に行くかと思っていた

( -4 ) 2010/07/03(土) 14:33:25

麦わら フー

[見上げれば、紺。洞窟の奥ふかくまで行けば、ぽっかりと地上への穴が開いていた。そしてその上はまっくら森の帳だろう……漆色の空間が広がっていた、かもしれない]

また元の場所に通じているのかな。

[ひんやりとした岩肌を感じながら、「登ろうとす」れば、階段のように岩がせり上がっているのに、気づくでもなく至極自然な所作で上り始めた]

( 9 ) 2010/07/03(土) 14:39:50

黒ずきん マーシャ=ハル、昨日の会話にアンカーミスを発見してしまった…ぎゃは。

( a0 ) 2010/07/03(土) 15:03:40

【墓】 黒ずきん マーシャ=ハル

今日はクゥが降りてきおったのだわさ。
[寝ているクゥをなでなでして]

起きたら、これを>>4:+10食べるといいのだわさ。
まずは、腹ごしらえじゃろ。

私は、ちょっと疲れたから、ここで寝ることにするのだわさ。
[指をパチンと鳴らすと、『檻』の中に、立派なベッドが人数分現れる。その一つに寝ているクゥを寝かしつけ、自分はまた別のベッドに寝る**]

( +0 ) 2010/07/03(土) 15:06:29

麦わら フー

……風が…

[吹き込む風が心地よい。湖に解けそうになる次は、風に解けそうになる。これも森の力だろうか]

この森に、ずっといなさいって……
……言っているみたいだねえ

[つぶやいた。上りきれば、向こう側の湖畔に、サユラが犬と立ち尽くしているのを見ただろう。じっとそのさまを見つめ、あの時、彼女の中に消えた輝きと、今彼女の胸に光る輝きを認めた]

( 10 ) 2010/07/03(土) 15:27:34

麦わら フーは、コミットボタンを「ポチっとな!」


麦わら フー、対岸をただじっと見つめていた**

( A1 ) 2010/07/03(土) 15:41:16

作家 ヒグラシ

いつつつつー!

[気が付くと、先ほどまでとは真逆の構図。
俺達仲良しなのか、此処が下駄落下危険地帯なのか、どっちだろうあ、と苦笑う男の顔の向こうに

表:少女が現れた
裏:小鳥が飛んでいくのが見えた

+裏+]

( 11 ) 2010/07/03(土) 16:06:04

麦わら フー

[対岸に見えるサユラの赤毛は、森の中でよくはえて。けれど今はどこか心もとなかった。自分の印象でしかないもの、口に出せるはずもなく。けれど]

カタワレ みたい。

[それだけつぶやいた。周りには聞こえただろうか?きっと耳を澄まさなければ聞こえない、何か。]

ああ。そうか。

[一人で納得した。]

( 12 ) 2010/07/03(土) 16:52:34

麦わら フー

アレは、私が見たことあるものだった…てトコかな。

[胸の輝きは、自分がいつかどこかで見たであろう、ソレ。実際に見て触れたわけではないけれど、どこかで見た記憶のある、ソレ。何処だっただろう。――新聞か、なにかだったろうか? 思い出せない。]

( 13 ) 2010/07/03(土) 16:54:50

麦わら フー、目の前を、小鳥が過ぎ去っていったような気がした

( A2 ) 2010/07/03(土) 16:59:08

わがまま娘 サユラ

[涼しげに風を受ける少女(>>12)は湖の向こう側]

あの娘はいつだって――

[...では描けない表情を持っている。その"いつ"とやらが、どこのものであるかも自覚しないまま呟いていた]

( 14 ) 2010/07/03(土) 17:24:51

わがまま娘 サユラ

あ――小鳥?

[彼女の目の前を小鳥が通り過ぎるのはここからでも見て取れる。

青い少女。
そして小さな鳥。

青い鳥を探しているのは誰だろう。

思わせぶりな花屋か、
ぶっきらぼうそうにみえたはぐれ者か、
臆病そうな曲芸師、
寝巻きの娘か――

彼女か、私"達"か]

私に鎖を掛けたのは、誰。

[遠く少女を凝視しながら、呟き続けていた]

( 15 ) 2010/07/03(土) 17:25:19

わがまま娘 サユラ、私達を鎖でつないだのは――**

( A3 ) 2010/07/03(土) 17:26:28

【独】 麦わら フー

どうしよういい案がない!

病気でうごけない子が誰かと誰かを繋ぐ方法………………………

( -5 ) 2010/07/03(土) 17:34:19


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (8)

作家 ヒグラシ
コミット済 7回 残748pt 飴
麦わら フー
コミット済 17回 残387pt 飴
曲芸師 テッド
コミット済 16回 残498pt 飴
花屋 マーブノレ
コミット済 7回 残691pt 飴
パジャマ ジェリコ
コミット済 11回 残581pt 飴
アウトロー ジーマ
コミット済 12回 残465pt 飴
わがまま娘 サユラ
コミット済 18回 残235pt 飴
王女 サフィラ
コミット済 15回 残490pt 飴

犠牲者 (3)

星読み ライザ (2d)
旅人 ルシアス (2d)
黒ずきん マーシャ=ハル (3d)

処刑者 (3)

医者の卵 トレイス (3d)
家庭教師 メリーズ (4d)
牧童 クゥ (5d)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■