人狼物語(瓜科国)


499 【飛び入り歓迎】まっくら森・ふたたび【完全ランダム】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


あなたは、自分の役割を思い出したはず。

これから、どうする?どうしたい?

このままでは、森と同化して帰れなくなってしまうかもしれない。




どうやらこのなかには、むらびとが1にん、じんろーが1にん、うらないしが3にん、しゅごが3にん、じゅろーが1にん、こあくまが1にん、ちびとが1にん、さかなびとが1にん、ふーいんきょーじんが1にん、てるぼーずが1にんいるみたい。


星読み ライザ

この中に、番人
…もしかしたら本人がそう思いこんでるだけかも、が、
いるみたい。異分子を追い払おうと思ってるかも。

他にも悪戯っこが紛れ込んでいるかもしれない。

…私は何もできないわ。ただ識ること、見守ることしか。


( 0 ) 2010/06/29(火) 06:00:00

星読み ライザは、コミットボタンを「ポチっとな!」


【独】 アウトロー ジーマ

/*
おろ。ふーいんきょーじんとな。
そうか、囁きログには参加できないのか。ちょいと勘違いしてたようだ。囁きできないのは少し残念。

……きょーじんってことは、案外墓(回廊)行き早いかもなぁ。
占いは怖くないものの、襲撃や処刑に当たると死ぬ。

しかしまぁ。この役職は動き方が難しそうだ。なんせ、番人がわからないから、番人の仲間と言われてもいまいちピンと来ないというか。。。
適当にひとりで動いてればいいのかなー。本参加する夜までには考えとこう。

( -0 ) 2010/06/29(火) 06:06:56

【独】 黒ずきん マーシャ=ハル

しゅごじゃった…。

( -1 ) 2010/06/29(火) 06:46:38

黒ずきん マーシャ=ハル

[ぞくぞくと集まってくる人たちに、とりあえず、名前だけ名乗って、皆の事情を聞く。

王女と名乗る女性には、何か見覚えがあるような気がしないでもないが、今は思い出せないので、特に言い出すことはなかった。

誰かが酒とつまみを欲しいと言い出したら、大量の酒と肴が現れ、突発的に宴会が始まった。皆、寂しかったのだろう、不安を隠すかのように飲み始めた。マーシャも誘われるように一緒に飲み始め、愉快な気分になっていた。

しかし、心の奥底にある不安を全てぬぐい去ることはできず、なんとなく中途半端な状態のまま、泥酔した状態でベッドに転がり込んでいた]

( 1 ) 2010/06/29(火) 07:02:19

黒ずきん マーシャ=ハル

痛…つ…。

[目が覚めると、ベッドの上にいた。完全に二日酔い]

ここはどこだわさ…?
[一瞬思い出せなかったが、夕べの宴会を思い出す。皆不安を隠すように飲み、騒いだ]
あ、ああ…森に迷いこんだんだわさ…。

[周りを見回すと、皆ベッドに寝ている]
あれ?ここ、こんなに広かったんだわさ?

[いつの間にか、宮殿のような大きさになっている小屋。内装も飾られ、シャンデリアにステンドグラス。

ただ、本当の王宮と異なるのは、薄暗いこと。灯りは鬼火がつけたろうそくとランプのみ。しかし、薄暗いのに、皆がベッドに寝ていることはよく分かる。

薄気味悪い感じを受けたが、今はそれどころではなく、とりあえず、中央に置かれたテーブルにある水をごくごくと飲み、またベッドに戻って泥のように眠った**]

( 2 ) 2010/06/29(火) 07:09:26

【念】 麦わら フー

わたしは、夏休み…


そう、長ーいながぁい、夏休み…なんだ

( !0 ) 2010/06/29(火) 07:20:23

【念】 麦わら フー

さて、夏休みがどうとかはともかく…
せっかくなんでも叶う世界なら
ちょっと遊んでみなくちゃ。


例えば……

( !1 ) 2010/06/29(火) 07:26:38

麦わら フー、あくびをしながら目を覚ました

( A0 ) 2010/06/29(火) 07:27:02

麦わら フー

[ライザが現れ、消えたのを見れば]

やっぱりアレって魔法つかい?
森の番人…襲われるってことなんかなあ…。


[目をこすり、現れたアイスティーを飲みながら閉じそうなまぶたをこじあける]

…一カ所にいたら…マズイかな…

[人が増えるのも気にしないようで。うろうろとあたりをいみもなく歩き回った後]

そーだ!!

( 3 ) 2010/06/29(火) 07:30:33

麦わら フー

何組かにわかれて、探索してから帰ってくるのはどうかな…?

1東
2西
3南
4北


方角もわからないけどー
部屋のドアを北にして。
どうせすることもない……し……あ?

[小屋が拡大しているのに気づく]

( 4 ) 2010/06/29(火) 07:33:38

麦わら フー

うわあ………

[絶句のち、]

(やっぱり夢なんじゃないのかな…だとしたら、覚めたら面白くない…。覚めないように、しないと)


とりあえず私は2(4)に行く!

[その方角を指し示し、ドアを出ようとする。じっとしていると元の場所にもどってしまいそうだから。今はそれが怖かった。出られないよりも]

( 5 ) 2010/06/29(火) 07:37:48

麦わら フー、西へと足を運ぶ。誰かついてくれば拒まずに**

( A1 ) 2010/06/29(火) 07:38:30

作家 ヒグラシ

んあ…。
何処だここは。

[いつの間にか潜り込んだらしいベッドから身体を起こして、ブンブンと首を振る。
痛む頭を押さえつつ周りを見ると。
住家である3(10)畳半のボロアパートでもなく。
時折転がり込ませてくれるお水のお姉ちゃんの部屋でもなく。
長らく帰っていない古ぼけた実家の自分の部屋でもなく。

飛び込んだ小屋の素朴な壁でもなく。]

たーしーかー、酒とツマミと言ったらば。
こうドバっと。

[そういう手には、シッカリと空の一升瓶が抱えられていた]

( 6 ) 2010/06/29(火) 07:39:22

作家 ヒグラシ

キラキラした装飾なのに、薄暗い不思議…。

[小さなランプだけで照らされている、豪奢な装飾を物珍しそうに眺め、また痛む頭を抱えた]

っ…。

そういえば、さっき妙な女がまた現れて、またまた妙なことを言っていたな。
『ワレワレハウチュ…』
違う。
『吾輩はね…』
違う。

>>0こんなだったか?

[思い起こして、首を傾げる]

番人に、悪戯っ子ねぇ。

( 7 ) 2010/06/29(火) 07:49:34

作家 ヒグラシ

[>>3麦わらの少女が起きて、>>4何か騒いで、>>5出ていくのを、見た]

行動派なお嬢ちゃんだなぁ。
…ふむ。

(ここでボンヤリしている位なら、あの子に付いて行った方が面白いかもしれないな。それに、出来ることなら番人とやらに攫われてでも、対面で話が聞きたいモノだ。この森の仕組みと、目的を。)

おい待て。
私も付いて行ってやろう。
大人が一緒の方が安心だろう?

[机の上にあった冷たい水(レモンの輪切り入り)を飲み干して、いつの間にか手に持っていたはずの一升瓶がランプに変わったことに不信感を覚えるでもなく、それに鬼火のかけらを入れる。
何処へともなく飛び出した麦わらの少女を追い掛けて
>>42(4)
の方向へ**]

( 8 ) 2010/06/29(火) 08:03:31

【独】 作家 ヒグラシ

/*
何か騒いで、はちょっとうまい言い方ではなかった。

そして、フーに追いついたらしい。残念( ´・ω・)o
*/

( -2 ) 2010/06/29(火) 08:05:56

【赤】 パジャマ ジェリコ

え?あれ…?
ジェリコが番人なの?そうなの?

( *0 ) 2010/06/29(火) 08:50:26

【赤】 パジャマ ジェリコ

>>0
何もできないなら、黙ってればいいのに。

…悪戯っ子って誰よ。
悪い子にはおしおき?

( *1 ) 2010/06/29(火) 08:51:59

わがまま娘 サユラ

ここはどこっ!?

[寝て起きて小屋が大きくなっていれば悲鳴のひとつもあがる。目は完全に覚めた]

分散、ねぇ。

[朝食として思い描いたら出てきたハニートーストを自分で出した癖に、不安げに齧りつつスーの提案を(>>4)を聞く]

これだけ人数がいれば悪くないかもね。

[内心、別の思惑も抱えつつも賛成した]

私は>>44(4)へ向かうわ。**

( 9 ) 2010/06/29(火) 10:12:14

わがまま娘 サユラ、西へ向かう二人とは別れて北へ。**

( A2 ) 2010/06/29(火) 10:12:55

医者の卵 トレイス

〔ぼんやりと考え事をしていたのは、この小屋に入ってから 何か頭の中に霧がかかったようにもやもやとしていたからだろう。 数人新しい顔が入ってきたり、食事をしたり探索に出ていったり、そんな人模様を眺めていると、ライザの声>>0が聞こえてきて。〕

……あ。

〔ふわっと消える影に声をかけそびれた。〕

 そう、俺は”望んで”ここへ来たのだと思う。

〔それだけふわりと思い出した。〕

( 10 ) 2010/06/29(火) 10:29:48

【赤】 医者の卵 トレイス

いつだったか 患者さんの一人が言っていた。 
世にはたくさんの異次元空間が存在する。夢の世界、死の世界、異次元の世界、現実の世界。

いくつもの異世界が混じり合う場所が、どこかに存在すると。
そしてその場所に迷い込み、そのまま別の世界へ消えていく者もいるらしい。

俺は、そんな場所に来る事を"望んで"いた。 
現実世界へ帰る場所を忘れた人々を連れ戻し、その命を救うために。

( *2 ) 2010/06/29(火) 10:40:28

家庭教師 メリーズ

[...は鈍痛が頭を走り、目を覚ました]

あ〜〜〜い〜〜〜〜った〜〜〜〜い
う〜〜〜〜〜〜〜いつものこととはいえ…。
今日は深酒してないのにぃ。

[...は、はれぼったくなった目をこすりながらベッドから身を起こした。ベッドサイドにはワインボトルが5本ばかり]

・・・・・目が覚めたらいつもの自分のベッド、だとちょっと期待したんだけどな。

( 11 ) 2010/06/29(火) 10:49:28

【赤】 医者の卵 トレイス

>>*0 〔頭の中に声が聞こえる。だがそれが誰かは未だわからない。〕

誰の声?  番人てなに?
〔考えているだけの言葉だが、相手にも聞こえているのだろう。〕


〔振り向いても声の主はいない。ただ>>*1が、ライザに向けられたものである事は、気づいていた〕

あの人も、迷っているのならば、返してあげようか。あの人の有るべき世界へ。

さて、どうやって捕まえようか。
上へ出て行くのが好みだけど、下で二人で潜んで待ち伏せるのでもいいし。
〔相方がどうしたいか訊ねるように。〕

( *3 ) 2010/06/29(火) 10:54:16

医者の卵 トレイス

〔頭を抱えて痛がる女性の声がする〕

なんだ、飲み過ぎかい? 早い所水分をたくさん取って、血中のアルコール分を水分に置き換えて出してしまうといいよ。

〔ふわっと”現れた”水入りのボトルを、彼女の前に差し出した。〕

( 12 ) 2010/06/29(火) 10:57:01

家庭教師 メリーズ

>>12 トレイス

うーー、ありがとぅ。

[...は受けとると一気に飲み干した]

でも大丈夫よー。慣れてるから。

( 13 ) 2010/06/29(火) 11:16:44

医者の卵 トレイス

……いい飲みっぷりだね。 〔水のボトルを一気に飲み干す女性に感心して〕

慣れてるからと言っても、頭痛がおさまるまでは無理しちゃだめだよ。
〔いつも患者に話しているようにして淡々と。〕

( 14 ) 2010/06/29(火) 11:23:40

【削除】 家庭教師 メリーズ

>>14 トレイス

慣れてるみたいね…いてて。
二日酔い自体にというより、世話役ことに?(くすっ


わかった、しばらく大人しくしてるわ。
ご忠告ありがとう。

2010/06/29(火) 11:43:15

家庭教師 メリーズ

>>14 トレイス

慣れてるみたいね…いてて。
二日酔い自体にというより、世話焼くことに?(くすっ

わかった、しばらく大人しくしてるわ。
ご忠告ありがとう。

( 15 ) 2010/06/29(火) 11:43:51

家庭教師 メリーズ

[...はこめかみを押さえながら、枕に抱きついている]


そういえば、夢の中で声(>>0)を聞いたような…。

どうしてかしら。ここにきてから今まで確かだったものが、あやふやになった気が…。

大体自分がここにいることすらおかしいのに、こんなへんてこなとこなのに、徐々に違和感なくなってる。

・・・・・・・・・・・怖いな

( 16 ) 2010/06/29(火) 11:46:56

【削除】 医者の卵 トレイス

>>15 まあ 一応医者なんでね。(卵だけどねと付け足して)

そうだね、安静にしてたらいいよ。 

俺は、ちょっと外に探索にいった人達が気になるから、様子を見てこよう。

〔立ち上がり、外へ出ていった。向かった先は>>4 3(4)*〕

2010/06/29(火) 11:52:05

医者の卵 トレイス

>>15 まあ 一応医者なんでね。(卵だけどねと付け足して)

そうだね、安静にしてたらいいよ。 

>>16 ……怖いか・・ うん、確かに。
どんな不思議なことでも受け入れてしまいそうというか、現実だか夢だか分からないふわふわした感じに違和感がなくなっているというか。

 俺も大人になっちゃったのかね。
 フーちゃんたちみたいに、すんなりこの状況を受け入れられなくなってしまうのは。
〔怖いと感じてしまうのは。〕

 探索にいったみんなが、出口の手がかりを見つけてくれるといいんだけどね。

〔ふぅっと溜息をついた*〕

( 17 ) 2010/06/29(火) 12:01:39

パジャマ ジェリコ

[浅い眠りの中、マーブノレの言葉を思い出した。]

幽霊が好きだなんて、変!

[今日もハキハキとした寝言で。]

…あ、でも、好きな人が幽霊になってしまったら
幽霊好きになっても不思議じゃない、かな?

[でも、むはーむはーは…。

うなされているようにみえるかも。
目が覚めたのは、それから40分後のこと。]

( 18 ) 2010/06/29(火) 12:05:50

パジャマ ジェリコ

[目覚めてすぐ、牛乳が飲みたいと思ったら
現れたホットミルクを飲んでいる時に、
ライザ>>0の声は聞こえてきたが、
黙ってただ首を傾げただけでー。

フー>>4の提案には目を丸くして、]

バラバラに行動するの?
…一人は怖いな…。

[不安そうに呟く。でも、もう少ししたら、
>>42(4)の方へ行ってみようと思った。]

( 19 ) 2010/06/29(火) 12:11:26

パジャマ ジェリコ

西…?

[フーやヒグラシが向かった方向。
子供の足でおいつくことができるのだろうか?**]

( 20 ) 2010/06/29(火) 12:14:13

パジャマ ジェリコ、それでも枕を抱きしめて、山小屋から出ていこうとー。

( A3 ) 2010/06/29(火) 12:16:06

麦わら フー

[...はサユラに気をつけてねと挨拶しただろうか…。大人たちが困惑しているのも知らず、大人に片足突っ込んだ自分は、暗闇など慣れっこで]


怖いの?
かたまってたら、だいじょぶだよ。
[ジェリコに声をかけた。それからヒグラシに向かって]

ひとつ、考えたんですけどね!

( 21 ) 2010/06/29(火) 12:29:48

家庭教師 メリーズ

>>17 トレース

ありがとう。お医者様の言うことなら、ちゃんと守るわ。
一応私も、そっち系だけどね。
ハーブ専門なの。

子供の方が無鉄砲な強さがある…
それ、あながちまちがってないわね(くすっ

人がいないと思ったら、探索に行ってるのか。
度胸あるわね。


私は・・・・・・・・ここにいるわ。
頭痛もするし…。

( 22 ) 2010/06/29(火) 12:33:48

家庭教師 メリーズ、ため息のついた男の前で、再度イタタタと頭を抱えた**

( A4 ) 2010/06/29(火) 12:34:43

麦わら フー

みんなを呼び寄せたのはヒグラシさんなんじゃないんですかあ?

あなたは小説のネタに困っていた…そこでランダムに招いたひとを閉じ込めて……


………………違います?


[自信ありげに語りはしたが、恐らく返答はNOだろう。…だろうか?]


うん。
すみません。

[違うだろうと解ってはいたのだけれど。がさがさと草をわけいっていく**]

( 23 ) 2010/06/29(火) 12:36:15

牧童 クゥ

む…

[むくりと起き上がり、欠伸をしつつ目をこする。
 休憩するつもりが暫し寝ていたようだ。]

え、…ここ、どこ?

[ずれた帽子を直しつつ。焦った風にきょろきょろと辺りを見回す。
 自分が居たのはこんな場所だったかと、記憶の糸を手繰り寄せる]

( 24 ) 2010/06/29(火) 13:38:18

牧童 クゥ

…ま、いっか。
それより、お腹空いたな…。
お腹にたまるようなもの、ないかな…?

[と切実に呟いたら、テーブルの上にパンがあった。
 果たしていつから在ったのか。]

…うーん。
ま、いいや。いただきまーす。

( 25 ) 2010/06/29(火) 13:42:31

牧童 クゥ、ずっと出ていたパンだったら嫌だなぁ。とか思ってる。

( A5 ) 2010/06/29(火) 13:44:23

牧童 クゥ

―数分後―
[パンを食べ終えると、何名かの姿が見えないことに気付く]

…外の様子でも見に行ったのかな?
迷子にならないと良いけど…

[窓から外を覗きつつ、帰りを待つ事にした**]

( 26 ) 2010/06/29(火) 13:48:04

花屋 マーブノレ

[何故か床でジョジョポージング的寝姿を見せていたが、むくりと起きた]

ふぁーーぁあ。あー、寝た寝た。
…っかしいなぁ。俺すんげー寝たと思ってたのにまだ寝たか。

>>17
君お医者なんだろう?なんかそう言う病気ある?寝たのにまた寝ちゃう病とか。

[言いながら腕を伸ばし、空中からコーヒーを取り出す]

子供らは探検か。俺はちょっと出口よりも見つけたい物があるから、出かけるにしても別行動だなぁ。

[コーヒーを床に置き、もう一度腕を伸ばし空中から焼きたてのチョコクロワッサンが山盛りになったバスケットを取り出すと一つ齧る]

ここの魔女?かな?いいパン職人雇ってんなぁ。

( 27 ) 2010/06/29(火) 14:08:35

花屋 マーブノレ

>>26
まだお腹に入るようならこれも食ったら?沢山あるし味も良いぜ。

[窓のそばのクゥに声をかけ手招き]

さーて、腹も膨れたし、俺もちょっと出て来るわ。


[誰かに目的を問われたなら素直に答えるだろう]

ん?どうやら俺が落ちてきた時に散り散りになった花を探そうかと思ってな。記憶もだけど、水やんないと花、枯れちゃうでしょ。可哀想だからね。

まぁ散歩がてら付いてきたい人がいるならご一緒する程度の探しものだけどさ。

( 28 ) 2010/06/29(火) 14:17:14

花屋 マーブノレ

<<黒ずきん マーシャ=ハル>>とか暇なら一緒に来ればいいよ。まぁ大抵なんかあっても俺が守ってあげれるし?

[ぐるりと見まわしてその人の所在を探す]

( 29 ) 2010/06/29(火) 14:36:25

医者の卵 トレイス

>>27 奇妙な姿で眠っていたかと思っていた男が起きて、声をかけられて〕

寝たのにまた寝ちゃう病? 聞いた事ないな。精神病なら何かありそうだけど、あいにくそっち系は得意じゃなくてね。
〔かしかし頭を掻きながら答えた〕

まぁ 食欲はあるみたいだし、ストレス感じないようにしてれば自然に治るんじゃないかな。

〔空中からクロワッサンのパンが山盛りになったバスケットが出て来てもさほど驚かない自分に、驚いてぽかんとしながら〕

 探索じゃなければ、何処へ行くの?〔>>28 答えを聞けば〕

 花ねえ。 そういえば、さっき花びら拾ったけど、これもあんたの?
 〔ポケットから花びらを一枚取り出した。〕

( 30 ) 2010/06/29(火) 14:36:57

花屋 マーブノレ

なんだ、マーシャはまだ寝てるのか。あーあー、お腹出して寝たら風邪ひくぞ。乙女なのに…。ちゃんと毛布掛けなさい。

[…が布団をかけ直してポンポンと叩いてあげたが、実際出てるのかどうかは周囲の人には遠目で見えない]

ま、起きて付いてきたくなったらおいで。

[軽く頭を撫でるとすたすた歩き去った]

( 31 ) 2010/06/29(火) 14:40:26

花屋 マーブノレ

>>30
お!それは!…ちょっと見して?

[マーシャのベットから離れ、トレイスから薄い紅茶色の花びらを受け取ると鼻を近づけて匂いをかいだ]

くんくんくん。うむ、これはジュリアだな。花束にも使ったはずだ。
花弁が落ちてたんなら、花もそばに落ちたかもしんねーなぁ。

あんたどっちから来たの?つかこれ何処で拾った?

[花びらをトレイスに返しながら尋ねた]

( 32 ) 2010/06/29(火) 14:48:06

医者の卵 トレイス

ん? やっぱりあんたのか?
〔花びらを受け取って〕

ん、どこでとかどこから言われても。 
ここにくる途中のどこか としかわかんないなあ。
空からひらひらって落ちて来た花びらだし。

なんか、手がかりにならなくてすまんね。
〔かしかしと頭を掻いて謝った〕

( 33 ) 2010/06/29(火) 14:54:04

花屋 マーブノレ

いやいや、しょうがねーよ。まっくらだしな、ここ。
んじゃあさ、どっちから来たかだけ教えてくれ。
そっち方面に行ってみるよ。

[トレイスに方角を指し示されればその方向にドアを作り、ぷらっと歩きだすと一瞬立ち止まり振りかえる]


あ。そうそう。俺の歩いた所の目印つけてくから、みんなも出かけるならまた迷子にならないように準備した方がいいと思うぜー。じゃ!

[小屋を出てドアを閉めると、鼻歌を歌いながら空中に腕を伸ばし、カラフルな紙の束を取り出すと小屋の壁にぺたりと張った]

ふーん、趣味もいいね。魔女さん。適当に花のシールでもって願ったらこれか。うははははは!


[小屋の壁に張られたステッカーは
【秋の麒麟草・花言葉は警戒・用心】

歩き去る男の背後で、ステッカーの薄い黄色い小さな花が笑ったように揺れた**]

( 34 ) 2010/06/29(火) 15:09:13

医者の卵 トレイス

ん、 方角でよければ、確かあっちだったかな。

〔扉の向こう、来たと思われる方向を指差した >>43(4)

 ああ ありがとね。 もうちょっとしてから追いかけるよ。
 俺も腹ごしらえしないと動けないやな

〔チョコクロワッサンに手を伸ばし、食べながらマーブノレを見送った*〕

( 35 ) 2010/06/29(火) 15:12:32

アウトロー ジーマ

[ゆっくりと目を覚ました。そして、寝る前のことを思い出す。
……酒盛り。肴やら酒が大量に湧いたのだった。見たところ、小屋にいる大人は全員飲んだか飲まされたかしたはずだ。
因みに...は場の雰囲気で飲まされた側になる。飲めなくもないが、あまり強い方でもなかったから。]

……で、ここはどこだ。

[以前いた小屋とは比べものにならないくらい、広くなって、装飾もすごくなっている建物にいる自分。把握するまで何分かかかっただろう。]

( 36 ) 2010/06/29(火) 16:09:03

アウトロー ジーマ

―昨日のこと。(>>177)―

いや、ねーよ。寧ろ、親とはぐれてさ迷っている子供を連想しないで幽霊を真っ先に思い浮かべるってどうよ。

[自分が正論のような事を言うのはすごく違和感を覚えた。]

……せめて、親子じゃなくて兄妹にしてくれ。
オレはまだ結婚もしてないし、ましてやそんなに老けてるとも思ってねぇ。

[……それとも、年齢を考えると妥当なのだろうか。
男の言葉も聞いてはいたが、暫し自分のことを考えて口は出さなかっただろう。]

―回想終了―

( 37 ) 2010/06/29(火) 16:13:57

アウトロー ジーマ

……そうか、大体の奴らは出払ってるのか。
確かに、何かを探すんならバラバラに散ったほうが効率は良いだろうな。

[トレイスやメリーズ、クゥは起きていたので、その辺りから話を聞きつつ、テーブルの上のパンに手を伸ばす。
会話の中で「森の番人」という単語を聞くと、不思議そうな顔をしただろうか。]

番人?……この森がどういうモノか知ってる奴らがいるってのか。そいつら、危険なヤツらなのか?

[暫し考える素振りを見せれば、パンを口に放り。]

( 38 ) 2010/06/29(火) 16:22:59

アウトロー ジーマ

……オレも外に出てくる。西、は確か結構人が行ってるんだったか?

[そっちの方面は行かなくてもいいよな、と呟くように言う。自分も行ったのでは分散する意味が無い。
何故か床に落ちていた4面ダイスを拾うと、よっ、と掛け声と共に床に転がした。]

………4(4)、だとどの方角だ?

( 39 ) 2010/06/29(火) 16:30:02

アウトロー ジーマ

……北、か。

[西じゃないならいいか?と、ダイスの出目に深く考えずに了承した。]

確か、北には誰か行ってたんだよな。追いつけるといいが。

[じゃぁな、とひらりと手を振り。小屋から出て行く。
それからは、ジッポーの火を頼りに北に進むだろう。**]

( 40 ) 2010/06/29(火) 16:33:51

【独】 アウトロー ジーマ

/*
前村でも現在地をまとめてたみたいだから、これ位はいいかなー、と。

さてさて。絡めるかな?てか、何があるんだろう。
パッションで決めちゃっていいものなのか。。。
サユラ何か見つけてくれると嬉しい。

前村も少し見てみるかー。方角で見つけられるものの明記があったらそれを使うのがいいかもだし。

( -3 ) 2010/06/29(火) 16:44:26

【独】 アウトロー ジーマ

/*
14人。ダミー抜いて13人。
だから、西に4人向かっても別段悪くはないんだけど。
ジーマ的にはジェリコもいるしね。

寧ろ、小屋に連れてきた張本人がその子を追わないとは……
とか思われてそうだね。薄情者めがー

( -4 ) 2010/06/29(火) 16:51:17

麦わら フー

んー。

[空気の肌触りは外なのか中なのかもわからないけど、小屋から出てきたなら外なのだろう]


小屋がなくちゃ外なのかもわかんない。
外にいるーて思えば、多少は清々しいね。

[まるで無秩序みたいだと思った]

( 41 ) 2010/06/29(火) 17:31:38

麦わら フー

[そして、ヒグラシやジェリコを…

表→先導していった
裏→見失った

+表+

( 42 ) 2010/06/29(火) 17:33:31

麦わら フー、ひたすらまっすぐ歩いていこう、と先へ進んでいく*

( A6 ) 2010/06/29(火) 17:35:09

麦わら フー、ひたすらまっすぐ歩いていこう、と先へ進んでいく*

( A7 ) 2010/06/29(火) 17:35:16

【独】 麦わら フー

微妙にからめてない、そして連投ミス

( -5 ) 2010/06/29(火) 17:39:27

わがまま娘 サユラ

― 小屋から北ルート ―

さてと、んー。

[うなりながら、何かを念じるようにして目を閉じて歩く。道は真っ直ぐ続いていて、尚且つ誰もいないからできる行為だった]

帰り道出ろ帰り道出ろ。

[いくら思っているモノが出てくると言われても、物事には限度があるのか、自分の想像力に限界があるのか]

何も出ないわね。

[常識で有りえない――そんな先入観を強く抱えているせいか、他の人のように自在に物を出す事も出来ず、無駄に歩く距離が伸びるばかり]

( 43 ) 2010/06/29(火) 17:53:09

わがまま娘 サユラ

第一、あの中に仕掛け人がいることは否定できないわ。
一体何が目的なのよ。

[苛立たしげに呟く。此処に来るまで自分が何をしていたのかということも良く思い出せないことも不快を増すだけの理由になっていた]

全員が目的? どう見てもバラバラなあの面子で?

[ありえない――と却下する]

私が目的――まさかね。

[こんなまどろっこしいことをして、他の人間を巻き込んでまで行う何かに自分が関わっているとは思えない]

――だとすると

[あの中の誰かが、あの中の誰かを、密かに……そんな仮説を立てていた]

( 44 ) 2010/06/29(火) 17:56:51

わがまま娘 サユラ

勝手にやるのは知ったことではないけれど……

[巻き込まれた自分達の運命やいかに――そう思うと、不安が過ぎった]

――出ろ。

[強く念じると、暫く先に小さな木箱が転がっていた。それを拾い上げ、中を開ければ]

へぇ、こういうものも出せるのね。

[中身を取り出して、服の中へと仕舞いこんだ。]

私以外にも、こういう物騒なものを手に入れる人もいるんでしょうね…。

[そう思うと、微かに身体が震えてしまった]

( 45 ) 2010/06/29(火) 17:59:52

旅人 ルシアス

=まっくら森→小屋=

[真っ暗な中、うっすらと小屋らしきものが見えた]

お、良かった。
これで誰か居ればいいのだけれど…

[そう言って、小屋をぐるりと回り、入口を探し当てる。
真っ暗なので、難儀した。
ノックを数回、失礼にならない程度してからドアを開けた]

えー…こんばんは、かな。
どなたかいらっしゃるか。

( 46 ) 2010/06/29(火) 18:00:34

旅人 ルシアス

[小屋の中に人が居れば]

申し訳無い。
私はルシアスと云う。
この暗さで迷ってしまってな。
少しここで霧が晴れるのを待ちたいのだが構わないだろうか。

[一応、丁寧に礼儀を忘れずに状況とを説明して、多少強引になったかも知れない。
中に入れて貰う。
もしかしたら、同じような境遇で、快く入れてくれたかも知れない]

すまない、ありがとう。

[小屋の中に酒盛りをした風を見れば気付かれないように嘆息しながらも、パンを見付ければ「私も貰っていいだろうか」と空腹を訴え掛ける腹に忠実にチョコクロワッサンを食べ始める]

( 47 ) 2010/06/29(火) 18:01:25

【独】 アウトロー ジーマ

/*
サユラさんが、物騒なもの持ってるような気がしますです!
こりゃ狩人かな?マーブノレもおそらくそんな感じがしている。

怒らせると、拳じゃないものが飛んできそうだ、ふたりとも。

( -6 ) 2010/06/29(火) 18:03:59

わがまま娘 サユラ

これ以上は止めて置く方が賢明かしら。

[懐中時計で時間を確かめると、道の脇にあった目立った樹木の枝を手にしたナイフで目印代わりに叩き斬った]

ここまで歩きましたっと。

[全く無意味の徒労に終わる気がしていたが、何もせず引き返すのも無駄足の気がして、何となく先程手に入れた刃物の切れ味を試してみた]

( 48 ) 2010/06/29(火) 18:04:20

旅人 ルシアス

ここは、なんなのだ?
森なのは判るのだが、真っ暗過ぎて何もみえやしない。

[その場に居た人々に尋ねるが、明確な答えが返って来るかは定かではない]

私もどうしてこの森に迷い込んだのか、判らないのだ。

[そう言って、カバンからノートを取り出し、現状を書き込んでゆく。
常に旅の記録を付けるのがルシアスの癖だった。
森の中を探索している人物達が帰って来れば、また自己紹介をしただろう**]

( 49 ) 2010/06/29(火) 18:05:32

わがまま娘 サユラ

あれは…明かり?
誰か近づいてきてる。

[...は来た道を一人引き返すと、その際ジーマによるジッポーの火(>>40)を見つけ、+丁+ 半:声を掛けた 丁:暗がりに隠れてやり過ごした]

( 50 ) 2010/06/29(火) 18:07:07

【念】 麦わら フー

[葉擦れの音、人々の息遣い。思えば、感じれば、さてなんと新鮮なことだろうか。

「長い夏休み」の中で、自分は上も下も解らなくなっていた。そんな時にふってわいた長い夢……しかもなんでも叶っちゃうのである。

せっかくなのだ、楽しみを見出だしたってよかろう。


自分のことを………と思いはしたが、ものは試し。誰かと誰かの因果を覗いてみるのはどうだろう?


てんでバラバラなメンバーには見えたが、「呼ばれた」なら何らかの繋がりがあるだろう。



楽しくはないだろうか?]

( !2 ) 2010/06/29(火) 18:08:44

わがまま娘 サユラ

誰か判らないし、やり過ごすのが賢明ね。

[...は道を外れて、森の茂みへと身を潜める。幸い、辺り一体は真っ暗闇で、それほど丁寧に身を隠さなくても大丈夫だろうと高を括る]

こういうことがあるから、安易に光を求めるのは怖いのよ。

[最初に目を閉じて歩く事で、いち早く闇夜に馴らしたままの目を細めながら、通り過ぎるジーマをやり過ごすべく見送った]

( 51 ) 2010/06/29(火) 18:09:37

わがまま娘 サユラ

[こちらに気付いたかどうかはわからないが、火が遠くなるまでやり過ごせば、改めてそのまま小屋へと戻っていった]

ふぅ…何しているのかしら、私。

[その問いに*答えるものはなく*]

( 52 ) 2010/06/29(火) 18:10:46

【念】 麦わら フー

[どうせ、もどったってちっとも面白くないのだから………


...は、愉しみに頬が歪みそうになるのを懸命に押さえ付けた]


なんでもできちゃうのか…
殺人犯とかがいないことを願うなー…

( !3 ) 2010/06/29(火) 18:11:36

【念】 麦わら フー

=しばらく後=


森の番人さん、森の番人さん、私を守っておくんなまーし。

ちょっとくらい、楽しみたいんだよー!

[呪文の如く呟くと、彼女の腕にしゃらあんと繊細な枝で編まれた腕輪が現れた。闇に微かにきらめいたのは葉っぱの一種だろうか]


……?


[森の番人からの制裁をかわすものだということに、...はまだ気づかないだろう]

( !4 ) 2010/06/29(火) 18:16:44

わがまま娘 サユラは、コミットボタンを「ポチっとな!」


【独】 わがまま娘 サユラ

/*
入り直す時に男キャラにしておけば良かったと猛烈後悔中です。

初役職げっと。血人狙いでしたが削られそうなので小悪魔にしましたが、ここきました。魚さんの吊りVerってことですね。

ガチ思考なら危険人物っぽく入手した武器(拳銃)を振り回すのが有りかな。一番は不在気味なのでしょうが、まあ面白くないですしね。
*/

( -7 ) 2010/06/29(火) 18:22:09

作家 ヒグラシ

[先を行く麦わらの少女に、なんとか追いついた。追いつきましたよ酔っ払いなのに。やたー!]


↑行動と思考がないまぜになってる。
まだ酔ってんだなぁ。

[>>23に、これは外したかとやや残念な顔を少女に向けた]

結論から言うと、NOだな。
私が創作のために見る夢は、いつだって私が神であり、自身が登場人物の一員であったことなんぞ一度も無い。
大体、こんなおっさんが出て来たところで、面白くも何もなかろう?
だから、私にとっては私がここにいること自体イレギュラーなのだよ。

だからだな、私は待っているのだ。
番人とやらが現れ、私を攫うその時を。
その時こそ、番人とやらと確実に接触が叶うはずだからな。
そうしたらこっちのものだ。何としても何もかも聞き出して、作品に活かさねば。

何故に私がここに来るに到ったのか。理由が有るか無いかすら分からぬが。
何も得ずにいるのは勿体なかろう?

( 53 ) 2010/06/29(火) 19:00:43

パジャマ ジェリコ

[>>21フーに声をかけられて、へにゃりと笑って、
フーの側に駆け寄っていった。
ヒグラシとはちょっと距離をあけて。]

…お酒くさいの、キライ。

[ポツリと呟いた。小屋に残ることを選ばなかったのも
それも理由の一つで。

>>23フーがヒグラシを問いただすのを目を丸くして。
二人の様子を息を止めて見守っていたが、
ヒグラシの答え>>53はなにやら難しくてよくわからなかったが、
フーが謝って話が終われば、小さく溜息をついた。]

( 54 ) 2010/06/29(火) 19:05:55

パジャマ ジェリコ

番人、が、みんなをここに呼び寄せたの?
この中に、いるの?小屋に集まった人たちの誰か?

[コテリと小首を傾げた。]

あ、待って。置いていかないで。

[先導して、真っ直ぐと歩きはじめたフーの後を
はぐれないように追いかけていく*]

( 55 ) 2010/06/29(火) 19:11:22

【赤】 パジャマ ジェリコ

わたしは呼び寄せてなんていないけれど?

…多分。

( *4 ) 2010/06/29(火) 19:12:29

【赤】 パジャマ ジェリコ

[>>*2の声が聞こえれば、]

あなたはだぁれ?何をいってるのか、よくわからないわ。

( *5 ) 2010/06/29(火) 19:13:55

曲芸師 テッド

ふぁー、良く寝た…。

[小屋が大きくなっていることに気付き、辺りを見回す]

なんだこりゃ! 一体どうなってるんだよ…。
そうえば、夢の中で誰かが言ってた気がするなぁ
「望めば物が出てくる」みたいなこと。

[自分の商売道具が出てくるように、強く念じてみる、ドサリと音がして]

おお!出てきた!
[出てきた袋の中に、商売道具のボールやナイフ、ピンやマッチなどを確認する]

( 56 ) 2010/06/29(火) 19:14:42

【赤】 パジャマ ジェリコ

>>*3
あなたは番人じゃないの?ふーん。
じゃあ、仲間じゃないんだ。

番人は番人よ。森を守るための番人。

( *6 ) 2010/06/29(火) 19:15:55

曲芸師 テッド

こんなことならメシも食い放題だったんだな。


…あれ?なんか人が足りないな。
みんなどこにいったんだろう。

( 57 ) 2010/06/29(火) 19:16:32

【赤】 パジャマ ジェリコ

あの人?あのローブのお姉さんのこと?

あの人も迷ってるの?
でも、元々森にいる人みたいな気がするけど。
あの人のあるべき場所なんて知らないわ。

でも、お仕事の邪魔する人はポイしちゃおう。

( *7 ) 2010/06/29(火) 19:17:51

【赤】 パジャマ ジェリコ

どうやって捕まえる?上とか下とかどういう意味?
捕まえたら檻にしまっておくのよ。
いっぱい集まったら追い出せるんじゃなかったっけ?

わたしの番人はそう言ってる。よくわからないけど。

( *8 ) 2010/06/29(火) 19:20:24

【独】 パジャマ ジェリコ

ガチでいうところの、
何か騙るか、潜伏するかって意味なのかな?<上下
いやま、でも、ランダ村ですし、適当でいいんじゃないかと。

ごめん、こんなんが村建てで狼で(*ノノ)

( -8 ) 2010/06/29(火) 19:21:15

【独】 パジャマ ジェリコ

まっくら森に呼び寄せられたのは、
森の意思だったり、本人の深層心理だったりするんじゃないかな?
番人は、なんか邪魔ーって追い出そうとするだけ、
それだけの存在のつもりですが…。
今後の流れでかわっていくのかな?(土器土器

( -9 ) 2010/06/29(火) 19:24:36

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
中発言マーク忘れてた(*ノノ)

明日落ちる人いるかなぁ。絆とんできませんように。

( -10 ) 2010/06/29(火) 19:25:38

【赤】 医者の卵 トレイス

ああ ごめん。俺、ちょっと混乱してたかな。

〔食事をしながら、声を『つなぐ』ことにも慣れてきた自分が怖いと思いながらも、ぐるぐる考えたあとで、言葉を紡ぐ。〕

 ……君は『番人』で、ここに迷った人達を捕まえて追い出したい。
 俺は、ここに迷った人たちを、もとの世界に返してあげたい。

 一度みんなを檻に入れて、そして追い出したら元の世界にみんな帰るよ。
 そのために、みんな捕まえる。 それでどう?

( *9 ) 2010/06/29(火) 19:30:13

アウトロー ジーマ

んー。思いの外歩くのが早いのか。それとも、まっすぐ進んでるつもりがはぐれたか?

[ジッポーの明かりを頼りに前に進む。
もちろん、相手が隠れていてすれ違ったことには気づいていない>>52
またしばらく歩けば、ぱきり、と枝を踏んだだろう。]

……

[目立った音を立てたものの、何も出てくる気配はない。この森には動物は愚か、虫すらもいないのだろうか。
……別に出てきて欲しいというわけではないが。
歩き通しで何も見えない退屈からか、一度止まり、煙草を一本口に咥えて。休憩するために、ドサっと腰をおろした。]

( 58 ) 2010/06/29(火) 19:34:08

【赤】 医者の卵 トレイス

……隠れるのは苦手なんだ。 
この風体だし、どうしても目立ってしまいそうだから、それなら表だって行動して、みんなを『檻』へ誘導してもいいかなと思ってた。

君はどうしたい? 
君がみんなを誘導してもいいし、二人とも姿を見せずにこっそり行動したいなら、それでもいいけど。

( *10 ) 2010/06/29(火) 19:35:08

曲芸師 テッド

[残っていたトレイスらに話を聞き]
みんなこんな森に出ていくとは、中々勇敢だなぁ…。

[とりあえず、昨日の残り物や食器が散らかしてあったので昨日の残りの酒をカップに入れ、マッチで火をつけてみる]

おお、ほんとに明かりになるんだな。すげー。

さあ、後は外に出てみるか…だけど。

( 59 ) 2010/06/29(火) 19:39:23

【削除】 曲芸師 テッド

3(4)

2010/06/29(火) 19:41:17

曲芸師 テッド

うーん…、出てみるか。>>41(4)に行こう。

( 60 ) 2010/06/29(火) 19:42:55

アウトロー ジーマ

しっかしまぁ。歩けど歩けど見える物は闇ばかり、ってか。
……戻ってもいいが、まだ早いか?もしかすると誰か先に行ってるかもしれねぇし。

[ジッポーでタバコに火をつけて。ふぅ、と紫煙を吐き出した。]

森の番人とやら。どういう姿をしている、とかは聞かなかったな、そういや。
マズったな。。。これじゃ、会ったとしても気づかねぇな。

[別段会いたいわけでもないはずだが、妙に気持ちが焦るというか、なんともいえない気分。
会わないといけないような、そうでもないような。
もう一度深く紫煙を吐き出した。どうも落ち着かない。**]

( 61 ) 2010/06/29(火) 19:45:09

麦わら フー

[>>53のヒグラシの長い語りを聞きおえれば、きょとんとした顔、まるで宇宙人でも見つめるかのような表情で]

んー。なるほど。
でも森の番人さんが出てきたところで、どんな作品にするつもりなの?
番人さんの目的をそのまま作品にしたら、それこそ意味不明な物語になっちゃいそうな気もするけど。

私ならね…
いないかもしれない誰かじゃなくて、
知ってる人に揺さぶりをかけてみるね。

[たとえば、と自分に近寄ってきたジェリコに、にーっと歯を見せて笑うと]

ジェリコちゃんは小屋のメンバーだと誰が好き?

[...とかね。と、ヒグラシににまぁと口角を上げて見せた。…人選を誤っただろうか、小さすぎる少女に対しては…]

( 62 ) 2010/06/29(火) 19:45:42

麦わら フー



ぉ。行き止まり。

[塀のように綿密に、自然の力なのだろうか、しっかりと編まれた垣根が顔を見せる。それは左右の林のおくにまで続いており]

ここまでみたい。



[そろそろ戻りたいな、足が痛くなってきたし。と思っていたというのは内緒。―それが具現化しただろうから]

( 63 ) 2010/06/29(火) 19:46:04

【独】 アウトロー ジーマ

/*
狂人アッピル。気づくか、って感じですがな。

まぁ、頃合いを見て戻ろうかなー。
24時間更新だし、まだ小屋の外に出てない人もいるからまだ外に入るつもり。
ちょこちょこ覗いとこう。

( -11 ) 2010/06/29(火) 19:49:35

麦わら フー、くるっと身を反転させて、もときた道を戻ろうとする。

( A8 ) 2010/06/29(火) 19:50:38

曲芸師 テッド

[出て行く前に、>>49の存在に気付き、自己紹介をする]
全体で10人以上いるのかな?

じゃあ行ってくるよー。

( 64 ) 2010/06/29(火) 19:52:35

曲芸師 テッド、東に向かった。

( A9 ) 2010/06/29(火) 19:54:30

麦わら フー

とりあえず、こっちが行き止まりってことがわかるようにしよう。

[何かあっただろうかとポシェットを探ると、金糸雀色の長いリボンが出てきた。こんなものいつの間に…と思えど、落ちたものを拾ったかのような自然な動きで、あたりの枝にリボンをつける。
 リボンをつける動きにあわせ、手首に巻かれた腕輪がしゃらしゃらと鳴る。]

( 65 ) 2010/06/29(火) 19:54:46

【独】 麦わら フー

フランに電波ログは、青だらけだなあw

( -12 ) 2010/06/29(火) 19:56:08

麦わら フー

さて、どうするか…
森の番人がいい人なのか悪いひとかにもよるよね。
悪いことしなきゃ怒りには触れないってのが物語の定石だけど。


[...はまっすぐ前だけを見て歩きながら、木々にリボンをつけていく。]

( 66 ) 2010/06/29(火) 19:59:26

曲芸師 テッド、コケた

( A10 ) 2010/06/29(火) 20:00:28

麦わら フー

……?

[誰かが近くで転んだ音がした。]

( 67 ) 2010/06/29(火) 20:01:22

曲芸師 テッド

うわ!
[派手にブッ転ぶ、持っていた火をのついた酒入りカップを木にぶつけてしまい、割れる]

やばい!山火事に…!

[しかし、考えとは裏腹に、火はブスブスと消えてしまった]

あれ…そういうものなのかな?それとも、このへんてこな世界だからか?

( 68 ) 2010/06/29(火) 20:03:12

作家 ヒグラシ

[>>53にふむ。と頷いた。]

そんな搦手を知っているとは。
お嬢ちゃん、あんたこそ番人だか何だかじゃないのかい?



と聞いても言う訳はないな。
お嬢ちゃんは、迷い人パーティの中では、誰が好きかね?

いや、むしろ誰が嫌いかね?

[来るとは思わない答えを待つこともなく、思ったよりも早くに突き当たった壁のごときものを眺め、68度振り返ると小屋へと戻る道を行くだろう]

( 69 ) 2010/06/29(火) 20:07:21

曲芸師 テッド、自分の水筒に入っている酒に火をつけ、辺りを見回した

( A11 ) 2010/06/29(火) 20:07:33

曲芸師 テッド

こっちには誰も居ないのかな…、結構人が出払ってた気がするんだけど…。

おーい!

( 70 ) 2010/06/29(火) 20:08:23

作家 ヒグラシ、パジャマ ジェリコが自分から距離をとっているのを見て、はぁっと息を吹き掛け…ようとしてやめた。

( A12 ) 2010/06/29(火) 20:10:02

麦わら フー

>>69
私が番人だったら?
[愉しそうに、前を向いたままで答える。ヒグラシが別方向を向いているのにも気づかずに。]

それってなんでも思いのままってことになるのかな?
むしろ、だったらいいのに―――。


[さて、と振り返った。ヒグラシの姿が見えない。]

ら?

( 71 ) 2010/06/29(火) 20:11:37

麦わら フー、曲芸師 テッドの声が聞こえた気がした。

( A13 ) 2010/06/29(火) 20:12:14

麦わら フー

…?
ヒグラシさーん。ジェリコちゃーん…?
どこ?

[おかしい、と。振り返ってぐるぐるその場で回ってみれば、先ほどまで自分がまきつけていたはずのリボンが見当たらない。急に場面が転換したかのようだ。]


どおいうこと?
そこに誰かいるのー?

[転んだ音はテッドのものだったろうか。>>70の呼びかけにこたえた]

( 72 ) 2010/06/29(火) 20:14:19

【独】 麦わら フー

Σ日暮さんごめん

( -13 ) 2010/06/29(火) 20:14:50

【独】 アウトロー ジーマ

/*
あれか……
無限ループって怖くね?フラグ。

それじゃ、こっちは歩き続ければマーブノレと鉢合せるのかなw
それとも、どこか東と西の地点が(ワープ的なもので)つながってるって感じかな。
なら、無限ループっt

( -14 ) 2010/06/29(火) 20:15:54

曲芸師 テッド

[>>72の声を聞いて]
そっちに誰にいるのかー!?

[声のした方向へ走る]

( 73 ) 2010/06/29(火) 20:16:56

麦わら フー

[>>73の声を聞けば、]

いるにはいるけど…

[二人はどうしただろう、特にジェリコを置いてけぼりにしてしまったのは心配だ。不安げに立ち尽くしたまま、あたりの様子を伺っている]

( 74 ) 2010/06/29(火) 20:24:06

作家 ヒグラシ

[進んだ方角は、小屋とはやや斜め方向。

振り返ると見えない二人に慌てるも、金雀色のリボンが揺れて誘うので、それにつられてフラフラと。]



おや?

[リボンの色が、目の前で色褪せ、溶けて消えた]

( 75 ) 2010/06/29(火) 20:31:07

曲芸師 テッド、麦わら フーを発見した

( A14 ) 2010/06/29(火) 20:31:22

曲芸師 テッド

やあやあ、1人は心細くてさ…

君も1人なのかい?

[しかしながら、様子を見ると誰かを探しているように見えた]

( 76 ) 2010/06/29(火) 20:34:01

麦わら フー

ぉお。
さっき小屋にいた人。

[テッドに向かって指をさすと、肩の力を抜いた。]

君もこっち側に来たの?
私は西に進んだんだけど――

( 77 ) 2010/06/29(火) 20:35:50

麦わら フー、頷いた。

( A15 ) 2010/06/29(火) 20:36:12

麦わら フー

さっきまで、他に二人一緒だったんだけどね。
突き当りまでいったら、はぐれちゃって。

目印をつけてきたはずなんだけどね。
[はらり、リボンが手のひらから垂れ下がって揺れた]

( 78 ) 2010/06/29(火) 20:37:05

【削除】 曲芸師 テッド

あれ?おかしいな、俺は東に進んだはずなんだけど。

一人だと心細いけど、誰かが居ると安心できるもんだなぁ…。

2010/06/29(火) 20:37:38

曲芸師 テッド

あれ?おかしいな、俺は東に進んだはずなんだけど。

一人だと心細いけど、誰かが居ると安心できるもんだなぁ…。
探しに行くなら手伝うよ
[ほっとして、笑顔をこぼしながら]

( 79 ) 2010/06/29(火) 20:38:28

麦わら フー

…。

おかしいねえ…
[すっとぼけた口調で言いながらも、これもこの森の魔法?なのだろうかと思いをめぐらせた。行き止まりかと思ったらワープするなんて…]

この森さあ、なんだか動いてないと不安なのね。
進んでは見たけどなにもわからなかったよ。

[テッドの申し出に頷くと、+表+へ歩を進めていく。

 表:小屋があった方向  裏:小屋とは逆の方向]

( 80 ) 2010/06/29(火) 20:43:22

曲芸師 テッド、女の子の前なのでいいところを見せたい

( A16 ) 2010/06/29(火) 20:45:52

【独】 麦わら フー

テッドかわいいなw

ところでまだフーの性格とか境遇を決めていない罠
現実ではニートか引きこもり っていう素案はあるんだけど…暗すぎる?
周りに合わせようとおもっていたけど1dだとまだ微妙だ

+裏+
表:学生ニートorスランプ中の学生 裏:学生引きこもりor病弱

( -15 ) 2010/06/29(火) 20:49:28

曲芸師 テッド

[いいところを見せたいが、怖いので決して前をあるくことはしない]

あはは…変な世界だねぇ…。

[おいらはとにかく、怖くて動きたくないだよー。と心で漏らしながら]
俺も、何故か小屋から出たんだよなあ…。
普段ならこんな行動的じゃないんだけど…。

( 81 ) 2010/06/29(火) 20:49:49

【独】 麦わら フー

引きこもりor病弱。

+裏+
表:ひきこもり 裏:病弱

( -16 ) 2010/06/29(火) 20:49:58

【独】 麦わら フー

現実世界では病弱で家にこもりきり。
外に出てみたいけれど、一歩が踏み出せない。

( -17 ) 2010/06/29(火) 20:50:49

【独】 アウトロー ジーマ

/*
ふむ、つまり。東は西へ、西は東へ。
まっくら森の歌の歌詞を踏襲した感じっぽい。
つまり今回の舞台は前回の森にあるものを使わない方向かな?

でも、流石に北と南をつなげちゃうと、何も見つけられませんでした、で終わっちゃいそうかな。
ある程度、どうとでも転べる方向を作るべき、なのかね。
まぁ、南東とかそういう方面に動くのかもしれないけれど。

( -18 ) 2010/06/29(火) 20:52:23

麦わら フー

[半歩後ろで聞こえるテッドの声は、かすかにだがひくついていただろうか。まるで苦笑いしている人が無理に喋っているみたいに。]

……はっはーん、恐いんだ。

[からかうように、ちらっと後ろを見た]
そうなの?
せっかく夢か現かの世界なんだし、動かなきゃ損だよ。

[遠くへぼんやり、小屋――でなく、"屋敷"のともし火が映る。あの二人は無事帰路に付いただろうか?と考えながら]

( 82 ) 2010/06/29(火) 20:54:39

パジャマ ジェリコ

[フーがしてきた質問>>62にきょとんとしたけど、
すぐににっこりと笑って、指をさして言った。]

フーちゃん!

[小屋のメンバーといっても、
全員を把握しているわけでないので、
選択肢はごくごく限られていたのだった。]

( 83 ) 2010/06/29(火) 20:55:14

パジャマ ジェリコ

[行き止まりだと、といってから、
木に何かを結びつけてるフーの背中を見つめていた。
しゃらしゃらと鳴る音が綺麗だな、と思った。

二人の会話を聞きながら、ふと木々の隙間に
何かいるような気配がして、気を取られている内に、

いつのまにか、一人ぼっちになっていた。]

フーちゃん?ヒグ…さん?

[名前を呼んでもかえることなく、人の気配もなく。
枕をぎゅぅっと抱きしめて、立ち尽くした。]

( 84 ) 2010/06/29(火) 20:56:04

【独】 アウトロー ジーマ

/*
ふぉぉぉ。。。
はぐれフラグ、ホラーゲームだったら超危険。
そういう趣旨じゃなくてよかったわぁ。

はてさて。何か見つけるべきかな。ちょっと迷う。
それよりも表が気になって仕方がない。どうなるの。

そういえば、今回は自分に力があるとか、そういうことはわからないのか。
前回は力を与える、って明言してたけれど。
つまり、力はいきなり発動してキョドる、って言うのが一番いいかな。。。

( -19 ) 2010/06/29(火) 20:59:48

曲芸師 テッド

べ、別においら…じゃなくて俺は怖いんじゃなくてその慎重なほうが身の安全がだなっ!

[自分が焦っていることに気付き、かっこつけるのを諦めて]

現実とは思えないけどさ…感触がリアルなんだよぅ…おいらが今まで見たどんな夢よりも。

( 85 ) 2010/06/29(火) 21:00:35

麦わら フー

[焦って取り繕うテッドを見ると>>85、きょとんとしたがすぐにごく小さく噴出した]

ふふ、たしかに慎重に越したことはないけどねー。
私もそう思う。出てくる人も知らない人ばかりだし…。
ちゃんと痛いしね。

[もう一度、自分のほっぺを軽くつねった。屋敷のドアまであと94mくらいあるか。]


さっきは、他の子たちと森の番人て人が私たちを集めたんじゃないか?って話をしてたの。

( 86 ) 2010/06/29(火) 21:08:45

【赤】 パジャマ ジェリコ

混乱、してたの?

[>>*9を最後まできいて、]

うん、そういうことでいいんじゃないかな?

( *11 ) 2010/06/29(火) 21:09:25

【赤】 パジャマ ジェリコ

>>*10
うーん、別に何もしなくても、
時がくれば自ずとチャンスは訪れると思うのよ。

わたしは特に何もする気はないわ。
あなたが何かしたいのなら止めない。
わたしが番人だってこと、黙ってくれていれば。

( *12 ) 2010/06/29(火) 21:11:32

【独】 アウトロー ジーマ

/*
なるほど、前村は歌詞に忠実だったんだ。
空をとぶ魚etc....

んー、んー、んー。。。。ちょっとまだ迷ってよう。

( -20 ) 2010/06/29(火) 21:12:15

【独】 パジャマ ジェリコ

だって、ばれたら色々と面倒くさそうだし。

[さっきのヒグラシやフーの会話を思い出した。]

( -21 ) 2010/06/29(火) 21:13:14

パジャマ ジェリコ

二人とも何処へいっちゃったんだろう?

かくれんぼ?

もぉーーいーーかぁーーい!

[大きな声で呼びかけてみたけれど、やっぱり返事はなく。]

( 87 ) 2010/06/29(火) 21:16:13

曲芸師 テッド

[>>86を聞き、深く考えたように]
森の番人かぁ…一体どういう人たちなのかな?


さっき、森を火だるまにしそうになっちまったんだけど、
そのせいで目をつけられてたりして…。
[ビクビクしているのを必死に隠そうとしながら]

( 88 ) 2010/06/29(火) 21:18:02

パジャマ ジェリコ

…戻ったら誰かいるかな?

[来た道を大人しく引き返すことにした。

…が、右も左もまっくらで何処から来たのかわからないのだった。
口をへの字にして、とりあえず一歩前へと。

素数が出れば、無事元山小屋の方へ→69]

( 89 ) 2010/06/29(火) 21:19:33

パジャマ ジェリコ、残念、山小屋とは別の方向へとずんずんと歩いていった。

( A17 ) 2010/06/29(火) 21:20:55

【独】 パジャマ ジェリコ

>>88 ラ神さま、こいつどうにかしないと!

( -22 ) 2010/06/29(火) 21:21:29

アウトロー ジーマ

[煙草を一本吸い終える。地面でもみ消し、ゆるりと辺りを見回した。]

引き返してくる様子もない、と。頑張るねぇ、先発は。

[すでに先発が帰ってる事を知らない...は、再度北の方へと足を向ける。しかし、そろそろ何か見えてきてもいいのではないのか。
そう思いつつも、見えるのは広がる暗闇ばかり。ジッポーの火を前に突き出し、一回廻ってみた。……特に何が見えるわけでもなかった。]

( 90 ) 2010/06/29(火) 21:22:10

【独】 アウトロー ジーマ

/*
ジェリコは一体どこへ向かってしまうのかー。

待て、次回。

だったら困る。それとも何か見つけるのかな。

( -23 ) 2010/06/29(火) 21:25:51

麦わら フー

>>88
それはそれは――危ないかもね?
[脅かすように、脅かすだけの目的でそう述べると、笑ってテッドを見た。]


さて、…戻ってきてしまったみたいなわけだが…
[6(10)分ほど歩いた後、屋敷にたどり着いただろうか。ドアを開けて中を確認すれば、ヒグラシもジェリコもいない。]


…んー…戻ってきていないみたい…。
ヒグラシさんはともかく、ジェリコちゃんは大丈夫かな…
[その場にいないからといって、いいようにいっている]

( 91 ) 2010/06/29(火) 21:28:51

【赤】 医者の卵 トレイス

>>*11 うん、混乱していた。 でも、ありがとう、君のおかげでだいぶ落ち着いた。

 それじゃあ、利害が一致したということで。二人で協力するとしよう。
〔声は少し嬉しそうに弾んでいたか〕

[>>*12を聞いて首をかしげ] そんなものなのかね。

では、チャンスが訪れる時までは、俺の動きたいように動くことにするが、君が番人だということは黙っていると約束するよ。

そうそう、俺の名前はトレイス。
だけどもしよかったら『サン』と呼んでよ。

( *13 ) 2010/06/29(火) 21:29:02

医者の卵 トレイス、気管にパンが詰まってけほっとむせた

( A18 ) 2010/06/29(火) 21:29:33

麦わら フー、腕を組んで、ふーむと考え込んでいる*

( A19 ) 2010/06/29(火) 21:35:04

曲芸師 テッド

>>91
じ、事故だから大丈夫だよきっと許してくれるさははは…!

2人が一緒に居るならまだしも…だけどなぁ。
ワープでもなんでもありみたいなこの森だから、とっくにはぐれてるのかも…。
[とりあえず、屋内に入りパンを喉に詰まらせているトレイスに目をやる]

大丈夫かい…?

( 92 ) 2010/06/29(火) 21:35:46

【削除】 アウトロー ジーマ

てーか、今、朝なのか昼なのか夜七日もわからねぇ。
気にする必要もねぇのかもしれねぇけど……どうも、狂うな、っと?

[と、その時だった。目の前すれすれを何か小さなものが横切り、少しのけぞった。]

……オレ、疲れてんのかな。

[目を凝らしてみると、確かにそれは一匹の魚だった。
川魚程度の大きさで、優雅に泳ぎ回っている。魚として別段おかしくはない。それが水の中で、闇の中を泳いでいなければ。]

2010/06/29(火) 21:38:51

【独】 アウトロー ジーマ

/*
誤字ー。。。。すみませぬ、ログ汚し。
ちょっと、前村みたいに歌詞に則ってみよう。

( -24 ) 2010/06/29(火) 21:39:31

アウトロー ジーマ

てーか、今、朝なのか昼なのか夜なのかもわからねぇ。
気にする必要もねぇのかもしれねぇけど……どうも、狂うな、っと!?

[と、その時だった。目の前すれすれを何か小さなものが横切り、少しのけぞった。]

……オレ、疲れてんのかな。

[目を凝らしてみると、確かにそれは一匹の魚だった。
川魚程度の大きさで、優雅に泳ぎ回っている。魚として別段おかしくはない。それが水の中で、闇の中を泳いでいなければ。]

( 93 ) 2010/06/29(火) 21:40:05

医者の卵 トレイス

げほげほ ごほ

〔喉につまったパンの欠片にむせていたが〕

>>92 ん、大丈夫。 
〔空中を掴んで水の入ったボトルを手にし、一口飲んだ。〕


……お帰り。 何か出口の手がかり見つかった? 
〔息を整えて、訊ねた。〕

( 94 ) 2010/06/29(火) 21:40:40

【赤】 パジャマ ジェリコ

どういたしまして?

[お礼を言われれば、不思議そうな声ながらもこたえて。]

うん、宜しくね。

トレイス…さん?
[そういえば、小屋で見かけた、だろうか?]
うん、わかった、サンって呼ぶ。

わたしはジェリコ。ジェリコだけど、
そうね、『ルナ』って呼んで。

…ちなみに今、一人で迷子になっちゃった。
ま、この森にいる自体、迷子になってるようなものだけど。

( *14 ) 2010/06/29(火) 21:40:43

わがまま娘 サユラ

おかしい。

[屋敷(元小屋)目指して戻っていった筈で、恐らく北へ進んだ距離以上には歩いている筈なのに、未だに辿り着かない]

全く、誰のどういう思惑なのかしら。

[外へ出た自分を屋敷に戻したくないのか、屋敷側に何か事情が出来たのか。それとも]

まっすぐな直線の道ですら、アテにならない仕掛けがあったか…

[いい加減、歩き疲れると道の真ん中で座り込んだ。適当に茂みを漁ると、ランチボックスが出てきた]

こう、危機感をもてないのはいいのか悪いのか…

[水筒から果汁入りの水を飲みつつ、クラブサンドを摘みながら一休み]

( 95 ) 2010/06/29(火) 21:45:43

牧童 クゥ

[いつの間にか二人が帰って来ていた。>>91>>92]

…窓覗いてても分かんなかったな。
暗いと結構不便だよねぇ…。
取りあえず、お帰りなさい。

[フーとテッドに手を振った。]

( 96 ) 2010/06/29(火) 21:48:42

曲芸師 テッド

>>94
まったく、なんにもさ。

おいらとしては、森の番人についての話を聞いて、謎が深まっただけって感じ。

( 97 ) 2010/06/29(火) 21:49:35

アウトロー ジーマ

[暫し、呆然としながら闇の中を泳ぎ回る一匹の魚を見つめていたが。魚は森の奥の暗闇へと進んでいき、小さくなっていく。]

……どうする?

[マーブノレだったら嬉しそうに追っかけそうな予感もする。ただ、帰り道が分からなくなるのは困る。
厄介なのは魚の泳いでいく方向が北から思い切り外れることだった。
少し迷ったものの、煙草を何本か地面に落とし、目印にして。]

待ちやがれ……ッ

[手がかりになるかもわからない魚を追いかける。
+丁+さて、魚へと追いついた(丁)のか、それとも見失った(半)のか。]

( 98 ) 2010/06/29(火) 21:49:50

曲芸師 テッド、牧童 クゥに向かって手をぶんぶか振った。

( A20 ) 2010/06/29(火) 21:50:07

【赤】 医者の卵 トレイス

ジェリコ……ルナだね。 よろしく、ルナ。

迷子かぁ。。 うまく抜け出して迎えに行けると良いんだけど。
行けなかったらごめんよ?

〔最後の所は苦笑いのような響きを残して、紡ぐ言葉はすぅっと消える〕

( *15 ) 2010/06/29(火) 21:50:34

牧童 クゥ、受け取っていたパン>>28をまったりと齧っている。

( A21 ) 2010/06/29(火) 21:50:36

曲芸師 テッド

おいらは疲れちゃったから、ちょっと休憩…。

( 99 ) 2010/06/29(火) 21:51:01

牧童 クゥ、曲芸師 テッドに負けじと手を振り返した。

( A22 ) 2010/06/29(火) 21:51:49

パジャマ ジェリコ

[まさに闇雲に歩きまわっていたら疲れてしまったので、
適当に木にもたれて一休みすることにした。]

…わたし、何してるんだっけ?

[出口を探してる?小屋を探してる?それとも…。]

…ママ。[小さな声で呟いた。]

( 100 ) 2010/06/29(火) 21:52:53

作家 ヒグラシ

[溶けて消えたリボンのあった場所を、呆然と見詰める]


な、ななな。
なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!!!!

[ふと気づくと、周りは薄暗い森の木々のみ。
吹いてもいない風に揺れて、ザワザワと枝葉のこすれる音が、より一層不安を掻き立てる]

( 101 ) 2010/06/29(火) 21:53:32

医者の卵 トレイス

>>97 なんにもないと聞いて〕 そうか、そうだよなぁ、すぐ見つかるようならみんなこんなに迷わないだろうし。

番人? そんなのがいるの? 
〔テッドにというより、一緒に帰ってきた人たち皆に向けた問いかけらしい。〕

( 102 ) 2010/06/29(火) 21:56:11

【赤】 パジャマ ジェリコ

お心遣い、ありがとう。

多分、大丈夫よ。多分。
ここはそういう森だから。

( *16 ) 2010/06/29(火) 21:57:30

作家 ヒグラシ

完全にはぐれた、かそれとも意図的に?
リボンの結ばれた位置からして、結んだのは麦わらのお嬢ちゃんだろうな。
もう一人、枕抱えたお嬢ちゃんは、麦わらの勝ち気なお嬢ちゃんと一緒なんだろうか。
だと、いいけど。


[手に持った、鬼火が緩く瞬くランプの光が、少し遠くからでも揺らめいて見えるだろう。
もし、パジャマの少女に頼る気持ちがあれば、彼女をランプ(を持つ酔っ払い)の元へ導くだろう。
拒絶の気持ちが強ければ、ランプ(とそれを持つ酔っ払い)は誘蛾灯の役目を果たすこともなく、あちらこちらとフラフラさ迷うだろう**]

( 103 ) 2010/06/29(火) 21:59:39

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
>>103 Σ!?…試されてる!?

( -25 ) 2010/06/29(火) 22:03:50

アウトロー ジーマ

[思ったより暗闇の中を泳ぐ魚のスピードは遅いのか。案外楽に追いついた。しかし、捕まえようとすると、するりと指の中を抜ける。触れるのに、水のような感じで。]

ちぃ、ちょこまかと…… ―― 止マレ。

[最後の紡いだ言葉は自分の声とは異質なものに聞こえた。
宙を泳ぐ魚に触れる左手。ぱちり、と魚と接触した部分と火花が散って。
魚は地面に落ちて飛び跳ねている。まるで普通の魚に戻ったかのように。]

な、なんだぁ……?

[自身の左手と魚を交互に見やり。。再び泳ぎだそうとする魚をもう一度左手で触れても、今度はさっきと同じようにするりと指の間を抜けていくのだった。そして、今度はすぐさま姿を見失っただろう。]

い、今のなんだよ、気持ち悪ぃ……

[今起きた出来事が、とてつもなく現実とかけ離れているような気がして。疲れているんだ、と思い込むことにする。
そのまま、踵を返し。今日はもうあの小屋に戻るつもりである。]

( 104 ) 2010/06/29(火) 22:06:16

牧童 クゥ

[パンを食べ終わると窓辺に戻り。]

森って、方向感覚奪われるよね…

[俯き加減にぽつりと呟く。]

…なんて。
これだけ大きい建物だから森からでも見えるよね。

――…そういえば、まだここに辿り着いてない迷い人さんも居たりするのかなぁ…?

[そういいながら、視線を窓の外に*戻した*]

( 105 ) 2010/06/29(火) 22:06:59

【独】 アウトロー ジーマ

/*
狂人CO。ふーいんきょーじんだからね。
同じ相手に一回きりらしいし、ってことも含めて。

直接過ぎたかな?……ま、まぁ、ゆるせ。

( -26 ) 2010/06/29(火) 22:08:04

麦わら フー

[>>94に対しては、何もないと首を振るだろう。]
なーんにも。
でも「いきどまりはある」ってことはわかりましたねー。
あと、……ワープしちゃったり?


聞こえた声…森の番人ていってたから。
その人がわたしたちを呼んだり、こう、魔法みたいな状況にしたのかと思ったんです。

[頬を掻きながら、窓の外を見やる。心配そうに**]

( 106 ) 2010/06/29(火) 22:11:10

【独】 アウトロー ジーマ

[どうも、この森に来てからいろいろおかしい。
いや、おかしいのは分かりきっているのだが。

自分の体もおかしくなってしまっているような気がする。
夢のなかでの出来事ならば、すべてがすべて納得出来る。ような気がする。]

どうなってんだ、一体。

[独りごちる。超能力だとか、そういう類なのだろうか。
……認めたくないもの。心霊能力とかそういうもの。
あぁ、やだやだ。と頭を横に振っただろう。]

( -27 ) 2010/06/29(火) 22:17:13

医者の卵 トレイス

>>106 行き止まりがあったの? 崖の下か何かかな。

ワープって。 ………道に迷って元に戻ったじゃなく?

〔頭をかしかし掻いて〕
 いや、まぁ 違うんだろうね、ここは現実では考えられないことが次々起こる場所なんだし。

 ……ここ、森の番人がいるのか。
その人が俺らを呼んだにしろ閉じ込めたにしろ、会って話を聞けるといいんだけどね。

〔うーんと考え込む。〕

( 107 ) 2010/06/29(火) 22:19:21

【赤】 医者の卵 トレイス

ん わかったよ、ルナ。 

( *17 ) 2010/06/29(火) 22:20:40

【独】 医者の卵 トレイス

*/そろそろサッカー観戦モードですね 分かります。

( -28 ) 2010/06/29(火) 22:23:31

アウトロー ジーマ

[少し気の抜けた表情で、来た道をもどっている、と思われる。というのも、さっき目印として落とした煙草が見つからない。これはきっと……]

迷った、な。

[深い溜息を付いた。こういう時は相手に認知してもらうために。煙草に火をつけ、口にくわえて。ジッポーの火は点けたまま歩く。
明かりと紫煙でどうにか……ならないだろうか。ともあれ、どこ歩いているかわからない。勘を頼りに小屋を探すしかないだろう。**]

( 108 ) 2010/06/29(火) 22:27:45

麦わら フー

>>107
いえ、なにやら垣根がずらーっと…
……西へ向かったはずなのに、東へ向かった彼と出会ったんです。一緒にいたはずのヒグラシさんとジェリコちゃんもいないし。

[テッドを指し示しながら説明し、「私がずんずん進んじゃったからかもしれないけど…」と2人とはぐれたことに眉を八の字に下げる]


こまったなぁ…?

[窓から身を乗り出して、ジェリコとヒグラシの帰宅を待つだろう。帰ってこなかったとすれば、とても夜更かしをして、明け方までうつらうつらしながら。結局はそのままの姿勢で眠ってしまうのかもしれない**]

( 109 ) 2010/06/29(火) 22:34:48

【独】 アウトロー ジーマ

/*
にゃーん。
絡みに行きたいけれど、行っていいものかすごく迷う。
あの時と違って方角がある程度固定してるし、相手方のRPも邪魔できないしなぁ、と。

( -29 ) 2010/06/29(火) 22:40:09

パジャマ ジェリコ

[枕を抱きしめて休んでいたら、しばらくうとうとしていたようで。]

いけない。戻らなきゃ。

[もしかしたら、二人が自分のことを探してくれているかもしれない。
よいしょっと立ち上がって、また歩き始める。

しばらくすれば、遠くに仄かな灯りがみえるだろうか。
表なら、ランプを持つ酔っぱらいの元へ。
裏なら、水面が光る湖へ。+裏+]

( 110 ) 2010/06/29(火) 22:40:54

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
ラ神め!

( -30 ) 2010/06/29(火) 22:42:59

医者の卵 トレイス

おやまあ 垣根が……
 それに、反対方向にいたはずの人達に会ったのか。 
〔うーん と何か唸っていたが〕


え? はぐれた人がいるの? それは大変。迎えに行かなくちゃ。

〔よっこいしょと立ち上がる〕

疲れているなら、みんなはここで休んでいたらいいよ。
俺はさっきまで留守番してたから元気もりもりだしね。

ついでに番人やらマント姿の影の人やらに会えるかもしれないし
〔その可能性は36%くらいらしいが〕

さて、行ってこよう。 〔小屋の外へ出ていった*〕

( 111 ) 2010/06/29(火) 22:43:18

【独】 アウトロー ジーマ

/*
お、ジェリコが動いた。
そしてある意味空気を読むコイントス。

……ヒグラシ、ジェリコ、サユラ、ジーマが道を外れて行方不明なのか。。。
こいつぁ、どうなるんだろ。

( -31 ) 2010/06/29(火) 22:44:12

花屋 マーブノレ

[時折目印に花のステッカーを木に貼り、南を目指してブラブラ歩いている]

あー、ヒカリゴケとなんだろ?あんなに発光するキノコは見た事ないなぁ!
なんだ、よく見ると色々生えてるなぁ。

[いつの間にか空中からランタンを取り出してあちこち照らして見ている]

結構歩いたなぁ。…ん?なんか光ってる?俺の花かもしれん!

花じゃなくても怪奇現象だったら儲けだ!やっほーぅ!!

[浮かれて走りだした]

( 112 ) 2010/06/29(火) 22:44:39

黒ずきん マーシャ=ハル

[ふと目が覚めると、すでに何名かが外に出て、成果のないまま戻ってきたところだった。黙ってベッドの上に座ったまま、その話を聞いていた]

ふうん…。森の番人、ワープ、垣根…。
なんとなく分かったような気がするだわさ…。
[と、独りごちた。多分、こちらに注意しないと聞き取れないくらいの小さな声で]

( 113 ) 2010/06/29(火) 22:45:41

わがまま娘 サユラ

つ、つかれた…

[悄然とした顔で屋敷の扉を開けると、よろよろと...が戻ってくる]

また真っ直ぐ北に向かって進んでいったらここに戻ってくるって一体どうなってるのよ?
こんな大きな屋敷見落としたとでもいうの?

[文句はあれど大声で怒鳴る気力はなく、ぶつぶつ言いながら奥へと向かう]

お湯と着替え! 無かったらブッコロス!

[命令しているのか、希望しているのか自分でも判らないテンションのまま奥へ向かうと、湯気が隙間から漏れている扉へと向かっていった**]

( 114 ) 2010/06/29(火) 22:50:39

パジャマ ジェリコ

[誰かがいるかも、と近づいてみたが、
光っていたのは湖面のようで。]

何が光っているのかしら?

[おそるおそる水面に手を伸ばしてみる。
手が触れれば波紋が広がる。]

綺麗…。

( 115 ) 2010/06/29(火) 22:50:54

【削除】 花屋 マーブノレ

[浮かれて走って行けば、遠くでぼんやり光っているのは+半+(裏:ジーマの煙草・表:滝)だった]

あれれー、俺の花でも怪奇現象でも…ない、か。

[がっかりと肩を落とした]

2010/06/29(火) 22:58:25

花屋 マーブノレ

[浮かれて走って行けば、遠くでぼんやり光っているのは+裏+(裏:ジーマの煙草・表:滝)だった]

あれれー、俺の花でも怪奇現象でも…ない、か。

[がっかりと肩を落とした]

( 116 ) 2010/06/29(火) 22:59:06

【独】 アウトロー ジーマ

/*
んー。どう動くかなぁ。
pt少ないから大きな動きができない。ソログだったしね。

もう少し見てていいかな?もしダメだったら湖方面へ行ってみるのもいいのかもなぁ。とか。
まぁ、いろいろ考えてみよう。

( -32 ) 2010/06/29(火) 23:00:50

【独】 アウトロー ジーマ

/*
マーブノレwww愛してるwww

北と南もつながったっていうことでいいのか。な?
デュマピックが必要だね。うん。

( -33 ) 2010/06/29(火) 23:01:59

アウトロー ジーマ、「……あ゛?」と、少々疲労のたまった表情で、いきなり聞こえた声>>116に反応しただろう。

( A23 ) 2010/06/29(火) 23:03:16

花屋 マーブノレ

>>108
やぁ奇遇だね…。はぁ。こんな所でなにしてるんだ?デート?

[また幽霊じゃなかった。と、がっかりしたまま生気のない声で片手をあげて挨拶。ツッコミがあってもそこは流して会話を続ける]

え?もしかして迷子なの?また迷ったのか?まぁ若者は迷うのが仕事みたいなもんだけどさぁ。…恋の悩み?

[余計なお世話である]

( 117 ) 2010/06/29(火) 23:03:39

アウトロー ジーマ

……ん。お前北へ向かってたのか?

[マーブノレのがっかりしている様子に、超常現象じゃなくて悪かったな、と困ったように頭をかいた。]

デートじゃねぇ、ってか、そういう方向でもねぇ。なんてーか……あー、もう。

[頭をガシガシと掻いて、ふと気になったことを聞いてみる。]

……なぁ、宙を泳ぐ魚、って普通じゃねぇよな、やっぱ。

( 118 ) 2010/06/29(火) 23:07:45

パジャマ ジェリコ

ふわぁ…。

[しばらく水をパシャパシャさせて遊んでいたけど、
なんだか急に眠くなったので、湖のほとりの草の上に
ゴロリと横になって、眠ることにした。]

あ…。

[欲しい物を願えば、現れるように、
会いたい人を願えば、その人へ続く道が現れるんじゃないかしら?

そう思いついたけれど、睡魔に負けて、その場で眠ることにした*]

( 119 ) 2010/06/29(火) 23:08:10

パジャマ ジェリコ、完全に眠りに落ちる前に<<家庭教師 メリーズ>>の顔を思い浮かべたかもしれない。

( A24 ) 2010/06/29(火) 23:08:56

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
ランダムじゃなく素直にヒグラシと合流すべきだったかもしれない。
でも、眠いからもう寝ていいですか?

( -34 ) 2010/06/29(火) 23:10:10

【独】 アウトロー ジーマ

[口に出してしまった後で。ぁ、と嫌な予感がした。]

……この話、こいつの前でしない方が良かった、のか?

[……どうなんだろう。。。相手の反応を伺う。]

( -35 ) 2010/06/29(火) 23:12:00

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
でも、xxセットで一番好きなキャラはヒグラシです。
すみません。

( -36 ) 2010/06/29(火) 23:12:23

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
サンが見つけてくれることを期待して寝ます。
なんて酷い。

( -37 ) 2010/06/29(火) 23:14:14

花屋 マーブノレ

>>118
[ジーマの宙を泳ぐ魚と言う言葉に眉根を寄せる]

…なんかそこらの草とか巻いて吸っちゃった?いかんよ、アルカロイド系は物によっちゃシャレにならんからなぁ。

吸っちゃったとか喰っちゃったんじゃなければ…。

怪奇現象?(目が☆きらり)

( 120 ) 2010/06/29(火) 23:15:20

花屋 マーブノレ、早速むはーむはー状態。どこどこ?!魚どこ!?

( A25 ) 2010/06/29(火) 23:16:15

家庭教師 メリーズ、唐突に目を覚ました

( A26 ) 2010/06/29(火) 23:19:27

アウトロー ジーマ

[しまった。と言ってから気づいたのだろう。
しかし、どうせ戻ったら言うことだったし、もしかすると何かの手がかりかもしれないし。]

拾い食いなんてするかよ、暗闇にくっきりと浮かんで泳ぐ魚を見たんだ。
……オレが疲れてるだけかもしれんがな。

[と言っても、そのむはーむはー状態になったらどこまで聞いているか不安だったが。。。とりあえず続ける。]

オレが歩いてきた方向に逃げてったよ。
捕り逃して、一旦戻ろうって思って。。。この様だ。

[はぁ、とため息をついた。さて、どこまで聞いてるだろうか。]

( 121 ) 2010/06/29(火) 23:21:14

家庭教師 メリーズ

はー、ようやくすっきりしたわぁ〜

[...は完全に復活している。頭痛は治っている。首のこりをほぐしがてら周囲を見回す。]


あらかた出払ってるみたいね…。私も散歩でもいくかな…。

( 122 ) 2010/06/29(火) 23:22:49

旅人 ルシアス

=小屋=

[小屋から出て行った人々に挨拶をしながら、帰って来た面子の話しを黙って聞いて居る。
基本、旅人と云うのは多くを語らないものだ。
ルシアスはそう思って居る。
だが、語らないだけで、会話はする]

…どうやら、異空間のようなところに閉じ込められてしまったような感覚ですね。
――森の番人、ですか。

(どうしたら、会えるのか…)

どちらにせよ森の番人の気紛れでしか会えないような気がしますが――

[ほぼ、絶望的だな、と云う本音を隠しては居るが判る者には判る言い方だっただろう]

( 123 ) 2010/06/29(火) 23:23:49

【独】 アウトロー ジーマ

/*
お。メリーズが動いた。

この時間帯でもあまり動かない……
サッカーだろうか。それとも、赤ログだろうか。

サフィラとはコアがあわなさそうで悲しい。まだ一日目だけれど。

( -38 ) 2010/06/29(火) 23:24:21

花屋 マーブノレ

よしわかった!じゃあ行くぞ!

[ジーマの腕を掴んでうきうき示された方向に歩き出す]

え?疲れた?戻りたい?


しらん!!!そこらの草でも食っとけ!!

[さっきと言ってる事が180度]

魚っ!超みてぇ!!

( 124 ) 2010/06/29(火) 23:25:12

黒ずきん マーシャ=ハル

>>123
もしくは、とっくに会ってるのかもなのだわさ…。

[ルシアスの言葉を補足するかのように]

( 125 ) 2010/06/29(火) 23:26:16

家庭教師 メリーズ

[扉を開けると、>>43(4)の方角へ行くことにした。]

( 126 ) 2010/06/29(火) 23:27:40

家庭教師 メリーズ、南に向かって歩いている。

( A27 ) 2010/06/29(火) 23:28:00

アウトロー ジーマ

………そうくると思った。でも草はいらんッ

[でも、いきなり走りだすワケではないようだったから内心ホッとした。
小屋までの道がわからない以上、今の頼りはこの男しかいない。マーブノレの気が済むまで付き合えば、必ず小屋へは戻れる。はず。]

わぁったわぁった、いくから腕を掴むな、暑苦しい。

[水が欲しいと自然に思い、手にコップ一杯の水が現れ、一気に飲み干す。
そして、マーブノレにあわせて動くだろう。疲れていても、恐らくマーブノレに付いていくことはできる。……全力疾走されされなければ、だが。]

( 127 ) 2010/06/29(火) 23:30:25

【独】 アウトロー ジーマ

/*
んー。マーシャはじんろうさんかな?
さて、メリーズが南に向かったということは、マーブノレと同じ方角。
つまりは、こっちと合流、なのかな。

んで、湖方面へ行くとなると、鉢合わせの方向に持っていくことはできる……かな?

( -39 ) 2010/06/29(火) 23:36:43

旅人 ルシアス

[垣根の話しにも黙して聞き役に徹し]

数人でグループになっててもはぐれてしまうのですか…
怖い森だ。

あまりひとりで出歩かない方がいいのではないでしょうか。

[トレイスが迎えに行く、と言うのには]

貴方まで迷っては意味が無いですよ。
一緒に行きましょうか?

[とは言ったものの、ワープが出来るなら必要もないかと考えて。
マーシャ=ハルに言われ]

確かに――
もう会っているのかも知れません。
まるで空気を掴むようなものですね…

( 128 ) 2010/06/29(火) 23:38:18

【独】 アウトロー ジーマ

……別に、オレが変になった、ってことは。言わなくていいよな。

[あれはたまたま起こったのかもしれないし、と思い込む。]

……魚もそうだが、あれは一体。。。

( -40 ) 2010/06/29(火) 23:42:11

花屋 マーブノレ

[うきうき無理やり肩を組んで歩きながら]

そう言えばジーマ>>118さっき変な事言ってたな?俺が向かったのは南だぜ?

なにあんた北に向かってたのか?す、すでに怪奇現象がここにっ!!

た、楽しみすぎる…っ。

[ふるふると感動にうち震えつつ、さらに歩き続けると…+丁+(半:ジェリコのいる湖・丁:光る魚が出入りしている洞窟)にたどり着いた]

( 129 ) 2010/06/29(火) 23:42:30

花屋 マーブノレ、ふぉーーーー!!ファンタスティック!!

( A28 ) 2010/06/29(火) 23:44:23

【独】 アウトロー ジーマ

/*
ほう、なるほどなるほど。。。洞窟についたね。
それじゃ、メリーズにジェリコをお願いしましょ。

しかし、マーブノレ楽しすぎるw

( -41 ) 2010/06/29(火) 23:45:19

家庭教師 メリーズ、なんか変な雄たけびが聞こえた

( A29 ) 2010/06/29(火) 23:46:22

アウトロー ジーマ

[もう、何を言っても離されそうにないからおとなしく肩を組む。]

え?南へ向かってたのか?
……いや、でもオレは確かに北へ……

[怪奇現象という言葉を聞き、う、と顔をしかめる。
残念ながら、認めたくはないがそう言ってしまったほうが納得出来るこの状況。]

な。これ、は。

[目の前の光景に思わず息を飲んだ。]

( 130 ) 2010/06/29(火) 23:47:25

花屋 マーブノレ

いっいかん、魚が逃げたらもったいない!しーっっっ、静かにしろよ。

[叫んだのは自分である。棚上げにもほどがある]

(小声で)ちょっと様子を観察するぞ。どういう生態なんだこりゃ…やっぱ妖怪か?

[ジーマを連れて木の陰に隠れると、顔だけ出してむはーむはー観察している。誰かが来るなら追いつく程度の時間はむはーむはーしているだろう]

( 131 ) 2010/06/29(火) 23:54:11

アウトロー ジーマ

[浮世離れしている光景。まさに神秘的、という言葉が似合うのだろうか。
さっき見たような魚が、淡い光を帯びて泳いでおり。洞窟の中もたくさんの淡い光によって照らされていただろう。]

[あ、あぁ、とマーブノレに頷いてから、ん?と首をかしげた。あれ、オレうるさかったっけ。]

妖怪、か。さっき触れた感じは、スルッて抜ける感じはしたけどな。奴らの表面がなめらかなだけなのかもしれない。

[小声で男に囁くように言うと、観察を続ける。]

( 132 ) 2010/06/29(火) 23:57:50

黒ずきん マーシャ=ハル

まあ、何て言うかね、悩んでも仕方ないだわさ。

[そう言って、ベッドから起き上がると、あぐらをかいた姿勢のまま空中をすーっと滑るように移動して、テーブルに着く]

どうやら、私たちは、鳥かごの鳥なんだわさ。

[テーブルの上には、いつの間にか山盛りのフルーツが。そこから、キウイフルーツと、マンゴを取り出しパクつく]

気に入らないけどね…。

( 133 ) 2010/06/29(火) 23:58:20

医者の卵 トレイス

〔小屋を出たところで、ルシアスの言葉>>128を聞いて振り向いた〕

ん? 貴方も一緒にいきますか? 

すでに番人に会っているかもしれないって? 
そういえば、番人とやらはどんな姿のどんな人なんだろう?

〔首を傾げながら歩き出す。ルシアスがついてくるなら拒みはしないだろう*〕

( 134 ) 2010/06/30(水) 00:00:56

花屋 マーブノレ

ななにぃ、お前あの魚に触ったのか。いーなぁー、どっちの手?こっち?触ってもいい?

[木の陰で肩を寄せ合い観察しながらジーマの手を羨ましそうに見つつ、右手がわきわき。手については多分断られるだろう]

あ…おい、なんか洞窟の中にでっかい光が動いてねーか?あれ、もしやボス魚じゃねーか?

[洞窟の広い入口をたまに横切る大きな光は、他の光とは違い虹色にゆらめき、洞窟の壁をキラキラと照らしていた]

なぁ…あれ滅茶苦茶綺麗なんですけど。美しすぎる…。

[その時洞窟の奥からmistyrose色の魚が森に泳ぎ出てきた。その魚が綺麗な声で歌を歌い出すと、小さな魚たちが声を合わせハーモニーが始まった]

( 135 ) 2010/06/30(水) 00:08:01

花屋 マーブノレ、わー…。なんだここはごくらくかー?(聞き惚れ中

( A30 ) 2010/06/30(水) 00:12:30

アウトロー ジーマ

ぉ、オレの手触っても仕方ねぇだろうが。

[そう言って、手を触らせることは拒んだだろう。
あの事も気がかりだったし、そもそも手を触らせろという要求自体がよく理解出来ない、一種の怖れ。]

ん?ボスって何言って……

[またも息を飲んだ。視線の先には先程とは比べものにならないくらい美しい光。そして聞こえる声に、最初困惑するものの。次第に音色に自然と耳を傾ける。]

……これは、本当に夢じゃないのか。

[瞳に映すは虹色の光。合奏を始める小さな光に釘つけになっていた。]

( 136 ) 2010/06/30(水) 00:19:12

黒ずきん マーシャ=ハル

さて…。腹ごしらえもできたし、ちょっと遊んでくるぞよ。

[ぱちんと右手を鳴らすと、足下に箒が現れる]

上から見てくるんだわさ。

[そう言って、箒にまたがって、宮殿の屋根の部分にぽっかり空いた窓から外に飛んで行った]

( 137 ) 2010/06/30(水) 00:20:35

【独】 アウトロー ジーマ

/*
メリーズこないのかなー。
もしくはジェリコのところへ行かないのかなー。

むさい男どもがログを占拠しちまいますぜ。(ぁ
そして何気にやばい発言pt。あと2〜3回くらいか、発言は。

( -42 ) 2010/06/30(水) 00:21:53

【独】 アウトロー ジーマ

/*
そして、これまたマーブノレが喜びそうな>>137
マーブノレ、この森であんたが一番輝いてるぜ!なーんて。

( -43 ) 2010/06/30(水) 00:23:34

花屋 マーブノレ

[主旋律を歌う魚の口からこぼれる歌声は七色のオーロラになり、他の魚たちの歌声は白く光りながら、七色のオーロラをらせん状に包みながら空に昇っていく。

洞窟の中にいた、虹色に光る大きな魚がその螺旋をくぐり、真っ暗な空へ泳ぎ登る。

魚たちの声は森へおいでと誘うように高く大きく響き渡り、迷子の人々も見えたり聞こえたりしたかも知れない]

空へ…帰って行くのか…?
なんなんだこれは…。夢なのか?夢みたいだ。

[ぼんやりしながらジーマのほっぺたをつねってみた]

( 138 ) 2010/06/30(水) 00:24:59

家庭教師 メリーズ

[...は>>137のマーシャが飛んでいくのが見えた]

あれ?


おーーーーーーーーーい(ぶんぶん


[手を振ってみた。聞こえているかどうかはわからない]

( 139 ) 2010/06/30(水) 00:26:14

アウトロー ジーマ、「……いてぇ。」と、ぼんやりした声で呟くように言葉を吐いた。

( A31 ) 2010/06/30(水) 00:27:59

アウトロー ジーマ

夢、じゃねぇ。なら……なんだ?

[それとも、説明しようとすることが野暮なのか?と、目の前の光景を目の当たりにして、すっかり心を奪われて。]

てか、あんなの、夢でも見たことねぇよ。

( 140 ) 2010/06/30(水) 00:31:12

黒ずきん マーシャ=ハル

>>139
[下で呼ぶ声が聞こえた。ふと下を見ると、人の姿が]

なんじゃ…。下りてみるか…?

[箒が急降下を始める。すぅっと、メリーズの脇に下りて、浮いた状態のまま近づく]

なんじゃ、お主か?呼んだだわさ?

( 141 ) 2010/06/30(水) 00:31:34

花屋 マーブノレアウトロー ジーマのほっぺたをもう一回つねってみた

( A32 ) 2010/06/30(水) 00:34:35 飴

【独】 アウトロー ジーマ

/*
飴ちゃんありがとー!
これだけあればもう十分だなッ

( -44 ) 2010/06/30(水) 00:36:36

アウトロー ジーマ、「……いてぇ。よ。」さっきよりは、正気に戻ったようだが。やはりまだぼんやりと。

( A33 ) 2010/06/30(水) 00:37:48

旅人 ルシアス

[小屋を出たトレイスが振り返ったところで声を掛けられる。

奇数なら行く
偶数なら行かない

1(2)]

ああ、私は――

[少しの逡巡。
番人に会って居るかも知れないと言われれば自分では無い事だけは確かだと確信して。
上から見て来ると云うマーシャ=ハルには賢いな、と感想を漏らした]

( 142 ) 2010/06/30(水) 00:40:24

旅人 ルシアス

トレイス、私も同行させて貰おう。
誰が戻って来ていないのか、判っているのか?

[何人が外に出て、何人が戻って居ないのか。
そこが掴めていなければ捜索の意味が無いと思い声を掛け、真っ暗なので足元に注意しながら辺りを見渡しながら人を探した**]

( 143 ) 2010/06/30(水) 00:43:07

アウトロー ジーマ

[頭の後ろらへんを掻いて、んー、と唸っただろう。]

夢でもなんでも。見ちまった、しな。
こいつぁ、今日眠れるかわからねぇ。

[自身を落ち着かせるように、煙草を火を点けずに口にくわえる。]

……なんてーか、感動、って簡単な言葉でしか言い表せねぇのが悔しいな。

[まだ、視線は魚たちが昇っていった空に釘つけである。]

( 144 ) 2010/06/30(水) 00:44:08

家庭教師 メリーズ

>>141 マーシャ

あ、ごめん。
飛んでいくのが見えたから、つい習性で手を振ってみただけなんだよね…

[...はバツが悪そうな顔をした]

これからどこかいくの?
よかったら後ろ乗せてくれないかな。
高い位置からここを見てみたいんだけど。

( 145 ) 2010/06/30(水) 00:44:09

黒ずきん マーシャ=ハル

さよか…。
[くすっと笑って]

まあ、上から見てみようかと思ってな…。
後ろに…?あまりお奨めはせんぞよ。
どうしてもっていうなら、止めはせんが…。
[箒に乗った場所を少し前にずらし、一人乗れるスペースをつくってみる]

乗るだわさ?

( 146 ) 2010/06/30(水) 00:47:30

【独】 アウトロー ジーマ

……いや、それだけじゃない。
きっと、親と一緒に花火とか、そういうモンを見るときのような。
そんな感じの感情かもしれない。

[……そんな風に錯覚してしまった、自分が悔しい。
よりによって、あのマーブノレであるし。だが、肩を組みつつ見ていた間は。不快とも思わなかった。]

……あぁ、畜生。気持ちが昂ぶってきやがった。

( -45 ) 2010/06/30(水) 00:47:45

家庭教師 メリーズ、黒ずきん マーシャ=ハルに、お礼を言って後ろに乗り込んだ(むぎゅ

( A34 ) 2010/06/30(水) 00:49:24

アウトロー ジーマ花屋 マーブノレに、「いや、なんでオレばっかりつねられてるんだ。」と、仕返しのほっぺたつねり。

( A35 ) 2010/06/30(水) 00:50:54 飴

花屋 マーブノレ

はぁ、もったいねぇな。こんな素晴らしい怪奇現象を俺達しか見てないなんて…。

いや、空を見上げれば見えるだろうからどっかで誰かも見てるかも知れんな。…見てるといいなぁ。美しい物は全ての人に分かたれるべきだよ。

[ふぅ、と溜息をつくと、いつの間にか出ていたテーブルセットの椅子にどさっと身を投げる。煙草をくわえたジーマも気が付けば座るだろか]

もう俺ここから離れられるか解らん。兎に角、休もうぜ。

[コーヒーポットから自分の分を注ぐと、また空を見上げる。ふと、歌声のオーロラがひと欠片テーブルにひらひらと舞い落ちて来るのが見えた]

あ、なんか落ちてきた。あれ、これ。俺の花だ…。

[テーブルの上で一瞬ゆらりと揺れて消えると、ひと欠片の光は紫色に光る一輪のリナリア(姫金魚草)が残されていた]

( 147 ) 2010/06/30(水) 00:51:31

黒ずきん マーシャ=ハル

しっかりつかまっているんだわさ。
[一気に急上昇して、上空を目指す]

あ、あとな、途中で落ちても、驚くんじゃないだわさ。
[真っ暗な森を上に上に向かって飛んでいく]

( 148 ) 2010/06/30(水) 00:52:26

花屋 マーブノレ、「いてぇ。。。」なんだよ、俺そんなに強くつねってないぞ。ほっぺたさすさす。

( A36 ) 2010/06/30(水) 00:53:43

黒ずきん マーシャ=ハル

[とにかく暗い森。上昇しても、全く景色が変わらない。上がるうちに、どちらが上でどちらが下かさえ分からなくなってきそうだ]

なんだかな…。
[と、漏らす]

しかし、私は、何故、こう、こういうことが慣れているのか…。自分でもわからんのだわさ。
[一人ごちる。メリーズの耳にはとどかないかも知れない]

しっかりつかまっておれよ。
[箒の柄をしっかりと握った。ぎゅ]

( 149 ) 2010/06/30(水) 00:56:02

医者の卵 トレイス

[>>143 ルシアスが同行すると申し出たので]

うん、一緒にいこう。二人の方が見つけやすいだろうしね。

ええと 誰がいなかったかな? 〔>>109 を思い出して〕

確か、ヒグラシさんと言う人と、ジェリコさんという人?

あと誰かいたっけな。 〔そんな事をいいながら+丁+ 丁:ジェリコのいる湖の方へ 半:マーブノレやジーマの方へ足を進める。〕

( 150 ) 2010/06/30(水) 00:58:18

家庭教師 メリーズ

[不安定さに思わずマーシャ=ハルにしがみつきながら]


ゆ、揺れるわね、意外と…

高ーいっ!

うわぁ、すごいすごい!

[年甲斐もなくはしゃいでいる]

( 151 ) 2010/06/30(水) 00:58:36

家庭教師 メリーズ

>>149


え、なぁに?

なんか言った?…ぇ



きゃあああああ!!!


[風が耳元を走る走る。猛スピードにしがみついた]

( 152 ) 2010/06/30(水) 01:00:59

王女 サフィラ

 ―花の寝台―
[目覚めは唐突に訪れます。
そう、たしかにわたくしは、小屋にたどり着いて、
幾ばくかの方と言葉を交わしたはずでした。]

  ぁ………
  ここは……、

[小屋の暖かさも灯火も遠く、
目覚めればまた1人花に埋もれておりました。

同じなのです、また泣きながら目が覚めたこと]

( 153 ) 2010/06/30(水) 01:02:21

アウトロー ジーマ

……確かにな。これを口で伝えようったって無理だ。
やっぱり、一緒に見て感動を分かち合いたいもんだよなぁ。。

[男の言葉に、素直に共感の意を示しただろう。
マーブノレが椅子に座るのを見て、なぜここにテーブルが、と思ったものの。さっきの光景に比べれば、まったく疑問に思わなかった。感覚が麻痺しているんだろうか。]

……わかるぜ、その気持ち。ああ、なんか喉が乾いちまった。

[ふぅ、と深い息をつくと。...は水を一口、口に含んだ。]

は?お前の花、って。

[マーブノレが元々花を持っていたことを知らなかったため、簡単な言葉の意味が汲み取れなかったのだろう。
男の手のひらに収まる花びらをちらと見て、かすかに頷く。]

……その花びらが、さっきの現象の原因でした、ってか。
そんなお伽話っぽいのも悪くはねぇな。

[確信は勿論ない。が、そんな感じで納得したほうが、収まりがいいような気がして。
もう一口水を口に含み、息をついた。]

( 154 ) 2010/06/30(水) 01:02:31

アウトロー ジーマ、花屋 マーブノレに「あぁ、いや、わりぃ。」と、素直に謝った。手加減難しいな。。。

( A37 ) 2010/06/30(水) 01:05:57

王女 サフィラ

[小屋で王女と言われた気もしましたが、よくわかりません。自分自身が何者であるか正しく把握している者など、この世界において本当に存在するのでしょうか。

花の香りに埋もれて、
わたくしはじっと自分の両手を見つめました。]

 わたくしは、どうしてまた……
 1人きりなのでしょう。

[思うのは目覚めた場所の不思議よりも、そんなことなのです。おかしなことだと思うのですが、わたくしはこの闇の森の不思議を既に受け入れておりました。
指先の触れた花が、また 赤く紅く 染まってゆきます]

( 155 ) 2010/06/30(水) 01:06:13

黒ずきん マーシャ=ハル

[急上昇して、高い、高い木々をようやく飛び越し、森全体を眺めることができるかどうか…といったところで、ものすごい、衝撃を受けた。何かに衝突したかのような衝撃]

ぎゃう!

[そのまま、真っ逆さまに二人は落ちていく。


そして、元小屋だった宮殿に向かって落下。ステンドグラスをぶち破って、部屋の中心に流れ落ちた]

あたー。
[しばらく衝撃で動けなかったが、ガラスの破片等の山の中から姿を現す]

お主、大丈夫か?ま、生きてはおるじゃろうな。
[メリーズに声をかけてみる]

( 156 ) 2010/06/30(水) 01:06:56

作家 ヒグラシ

迷子なう。


とでも言わねば気が休まらん。
どこだよここは。

[歩き疲れて、ふと持つランプを掲げた先には

1:小屋
2:湖
3:洞窟
4:さっきの行き止まり
56:森の中

4(6)

]

( 157 ) 2010/06/30(水) 01:07:26

家庭教師 メリーズ

[浮遊感、高揚、すべてがないまぜになる。ふと、地平線と思わしき場所に目をやるが、うっそうとした黒い森があるだけなのに気付いた。確かに上がってきた感触はあるのに、なぜ視界が変わらないのか]


暗いから、目が錯覚にとらわれやすいのかな…。

( 158 ) 2010/06/30(水) 01:08:06

アウトロー ジーマ

……んぁ?

[女性の悲鳴>>152が聞こえたような気がして。空を見上げる。]

なんか、上から聞こえたようn………

[暗い空だが、目が良ければ何か影が横切るのくらいは見えただろう。]

次から次へと、なぁ。今度はなんだ?
なんか、あっちの方に落ちたみてぇだけど。

[さっきの見てたか?とマーブノレに確認しつつ。マーブノレの反応を待っただろう。まぁ、さっきの光景に比べればちっぽけなことにも思えたが……
ともあれ、マーブノレと行動を共にするだろう。**]

( 159 ) 2010/06/30(水) 01:11:11

家庭教師 メリーズ

>>156
[唐突に衝撃を受け、がくん、と支えきれなかった首がマーシャの後頭部に当たる。痛いという暇もなかった]


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!


[悲鳴も上げられず、瓦礫となった宮殿の中から這い出そうとすると、マーシャの声が聞こえた]

あたたた・・・なんとか生きてる・・・。

( 160 ) 2010/06/30(水) 01:12:18

王女 サフィラ

[赤の広がる光景を見つめていると、
どうしても悲しくなってしまうのです。

わたくしは溢れるものを止められず、
やはりその場に留まったまま、しばし泣いておりました。

嗚咽と風の音――森の囁き声だけが、
静寂の空間に響いて……その刹那、どこかで、何かが砕けるような音が聞こえた気がしたのです]

( 161 ) 2010/06/30(水) 01:13:23

【独】 アウトロー ジーマ

/*
マーブノレ楽しかったッス。
ありがとうー ノシ

という発言をメモでしようかと思ったけど、さすがにこれはやめといた。こっちでお礼を。

マーブノレ、中の人どなただろう。すごく描写が綺麗でした。感動。

( -46 ) 2010/06/30(水) 01:16:06

家庭教師 メリーズ

誰も巻き添えくってないでしょうね?


[キョロキョロしたが、瓦礫の中に他に人はいなさそうだ]

( 162 ) 2010/06/30(水) 01:16:36

黒ずきん マーシャ=ハル

さよか。生きているなら…よかったのか、悪かったのか…。

しかし、予想通りすぎて笑ってしまうぞよ。

[メリーズに手を差し伸べて立ち上がらせる]

なんとしても、ここからは出られないというわけだわさ。
どうあがてもダメなんじゃろな。

箒、ちょっと、ここ片付けておくんだわさ。

[そう言うと、箒が勝手に瓦礫を片付け始める]

さて、どうするかねぇ…?

( 163 ) 2010/06/30(水) 01:16:59

花屋 マーブノレ

俺の花が原因…?

ははは、そんな素晴らしい事があるんだろうかなぁ?
ん?女の声なんかしたか?どこだ?

[しばし耳をすませた後、ジーマに花束を持って落ちてきた事、それを探している事を話しながら、空中から小さな小指の先ほどの花差し付きのピンを取り出し、紫に光るリナリアの花を生けるとジーマに差し出した]

あんたにやるよ。あの光景が見れたのもあんたが魚の事を教えてくれたおかげだからな。記念だ。

たまに水を替えてやれば暫く持つ。胸にでも挿しとけよ。

…また迷子になっても光で目印になるしな。

[ジーマが受け取れば一つ頷きコーヒーを口に運ぶ。そして]

そうそう、一つ思い出したんだが、俺の名前は【マーブル】だったみたいだ。

[軽く微笑むとしばらく休んでいるだろう**]

( 164 ) 2010/06/30(水) 01:18:58

家庭教師 メリーズ

[箒が勝手に掃除をするのを見てびっくり]

便利ねー。
ルンバ以上の性能よね。


…って、そっちはどーでもよく、空からここの脱出は不可、か…。

上がダメなら下ってわけにもいかないしね…

( 165 ) 2010/06/30(水) 01:22:14

家庭教師 メリーズ

ちょっと待て。

掃除しなくても、念じれば片付くんじゃないの?

( 166 ) 2010/06/30(水) 01:23:58

黒ずきん マーシャ=ハル

ルンバ?なんじゃ、それは?

それはいいとして、まあ、上下左右全部ダメじゃろな。

[そう言って、箒が片付けていったテーブルについて、またフルーツ盛りに手を出す]

あとは、どこまで足掻くか。もしくは賑やかすか…ってとこじゃろうなぁ…。
[今度はぶどうに手を出す。やたらとのんびりした言い方で言う]

( 167 ) 2010/06/30(水) 01:26:30

黒ずきん マーシャ=ハル

>>166
まあ、お好きなように。どちらも、大した違いはないぞよ。この環境ならな。

( 168 ) 2010/06/30(水) 01:29:25

家庭教師 メリーズ

なにをのんきな…。


まぁ、いいや。
出払った人たちも帰ってくるだろうし、後で森の様子聞いてみてから、かな。

[自分もフルーツに手をのばす]

( 169 ) 2010/06/30(水) 01:29:50

家庭教師 メリーズ、一心不乱に食べている**

( A38 ) 2010/06/30(水) 01:31:17

作家 ヒグラシ

[掲げた先にあるのは、先ほどの行き止まり。
単にぐるぐる回っていただけなのかと、徒労感に襲われて、その場に座り込んでしまう]

うーん、どうしたものか。
自分の方向音痴が情けないやら、それとも番人の罠なのか。

[どうみても言いがかりなことを呟いていたら、麦わらの少女が枝に括りつけた金糸雀色のリボンが1本だけ残っていたのを、見つけた。
ふらりと揺れたそれは、勝手に解けて、くるりと丸まると、金糸雀になった。
金糸雀は、ピーと小さく啼くと、飛んで行ってしまった]

お、おい待て。

[一瞬呆然と見ていたが、淡く光る金糸雀が目印のように何処かに向かって飛んでいくので、慌ててそのあとを付いて行った。
導かれ、表なら小屋、裏なら湖に辿りつくだろう。**

+表+
]

( 170 ) 2010/06/30(水) 01:35:03

王女 サフィラ

[それは遠く、幻だったのでしょうか。
わたくしは花の中、森の空を見上げます。

深く暗い、その色を見つめていると、
震える心が吸い込まれてしまいそうでした。**]

( 171 ) 2010/06/30(水) 01:36:08

黒ずきん マーシャ=ハル

まあ、あとは、番人さんとやらの趣味嗜好に合わせるしかないかものぉ…。

[フルーツを食べながら、そう呟いた**]

( 172 ) 2010/06/30(水) 01:36:25

【独】 花屋 マーブノレ

俺は小屋には帰んないよ!

( -47 ) 2010/06/30(水) 01:44:52

医者の卵 トレイス

〔たどり着いた先は湖の前〕 うわぁ 湖もあるのか、ここ。
〔しばらくその美しさに見とれていたが〕

アレ、だれか寝てる? 〔眠っているジェリコを見つけた。〕

もしもーし? パジャマに枕って…… すごい寝相だねぇ

〔感心しながらジェリコを揺り起こしながら、他にも誰か居るだろうかと辺りを伺った。〕

( 173 ) 2010/06/30(水) 01:47:29

医者の卵 トレイス

やれやれ。

〔どうしたものかと、同行していたルシアスを見上げた*〕

( 174 ) 2010/06/30(水) 01:52:06

【赤】 医者の卵 トレイス

さてと。

あのマントの人物の影は何処だろうね?

〔ルナだと知らないジェリコを起こしながら、辺りにライザの影を探していた**〕

( *18 ) 2010/06/30(水) 02:01:31

わがまま娘 サユラ

はぁ…

[...は牛乳を飲みながら、浴室から出ると]

また、広くなってる…。

[小屋から屋敷、屋敷から宮殿へと変化した建物にあきれ返ったような声を漏らした。フルーツを食べているマーシャ(>>172)とメリーズ(>>169)に]

これは誰の仕業?

[瓦礫を掃除する箒のことを聞いて、大きくため息。]

もうこれ夢でいいわ。さめてさめて。とっとと覚めて。

[無論、その言葉が届く事も無く彼女の目の前に変化は*起こらなかった*]

( 175 ) 2010/06/30(水) 02:53:26

パジャマ ジェリコ

だめ!後7(20)分!

[トレイスに揺り起こされても、またきびきびとした寝言で
抵抗していたが、すぐに目を覚まして辺りを見回すだろう。]

…あなた達、だぁれ?

[トレイスの顔をじっとみた。
小屋にたどりついた時に自己紹介していた人だろうか?
ルシアスもついてきていただろうか?
明らかに知らない大人に、不安な気持ちになる。
寝起きでなければ、その場を逃げ出していたかもしれない。]

( 176 ) 2010/06/30(水) 05:32:32

パジャマ ジェリコ

[それでも既に宮殿となったらしい山小屋から来たといえば、
少しは警戒心が解けるだろうか。]

わたしはジェリコ。
フーちゃんとヒグさんと一緒にいたんだけど、
気が付いたらはぐれてしまっていて、ここに辿りついて、
なんだか眠くなってしまって…寝ていたのね?

[簡単に自己紹介と状況説明をしながら、
トレイスの手を借りて、その場を立ち上がるだろう。]

( 177 ) 2010/06/30(水) 05:35:05

パジャマ ジェリコ

何度寝ても、夢から覚めないのね…**

( 178 ) 2010/06/30(水) 05:35:53

【独】 パジャマ ジェリコ

/*
>>170 ヒグさんとはすれ違う運命なんだわ、きっとw

( -48 ) 2010/06/30(水) 05:41:30


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (14)

星読み ライザ
1回 残969pt 飴
牧童 クゥ
5回 残846pt 飴
医者の卵 トレイス
15回 残404pt 飴
作家 ヒグラシ
10回 残540pt 飴
麦わら フー
23回 残182pt 飴
曲芸師 テッド
16回 残514pt 飴
家庭教師 メリーズ
17回 残489pt 飴
黒ずきん マーシャ=ハル
15回 残455pt 飴
花屋 マーブノレ
17回 残424pt
パジャマ ジェリコ
16回 残457pt 飴
アウトロー ジーマ
22回 残140pt
わがまま娘 サユラ
11回 残545pt 飴
旅人 ルシアス
7回 残705pt 飴
王女 サフィラ
4回 残852pt 飴

犠牲者 (0)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.179 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■