人狼物語(瓜科国)


459 【推理可能】ボーカロイド候補生養成村【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【独】 XI

/*
PC視点でその可能性があったの忘れてた。

( -84 ) 2010/04/04(日) 20:02:35

逢音 ショウ、メモを貼った。 メモ

( A51 ) 2010/04/04(日) 20:09:48

休音 スヤ

−回想・自室−

ショウやん…ルラちゃんのデータ送信…後押ししてくれてありがとねぇ。

[スヤは、ショウの頭を撫でた。]

 「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

[その後、ショウからもう1通のメールの内容を伝えられ、戸締りやら身の安全の確保やらをまくしたてられた。キャンディ型燃料も差し出された。>>41]

…ふふふふっ。
これじゃあ、ウチが"孫"みたいやねぇ。

[スヤは、笑いながらお礼を言い受け取った。]

( 207 ) 2010/04/04(日) 20:11:03

休音 スヤ

−回想・自室−

…ん?

[自室のドアが開き放しになっていたため、そちらに意識を向けると、廊下にXIIIが立っていたため、構わず入るよう招き入れた。…現在の性別は"男"で、老齢とはいえ女性の部屋に入るのを躊躇ったのだろうか?]

 「スヤお婆ちゃん、ムリは絶対にしないでね?」
 ソレがお婆ちゃんのお仕事っていうのは分かってるけど、代えは効かない大事な体なんだから健康してね。
  特に僕と、ショウ君にとっては大好きなお婆ちゃんなんだから。」>>102

[スヤは、ショウとXIIIの気遣いを受けた後、何故か内部回路がカッと熱くなった。]

……ウチにとってもそうやよ。
改めて言葉にすると…何か気恥ずかしいねぇ……。

"コードネーム:人狼"は、強制的に停止させる能力を持ってるようやから…ふたりも、ムリせんようにね…。


[その後、ヨルに会うためについて行こうかとも思ったが、再び自室でクールダウンすることとし、ただ見送った。]

( 208 ) 2010/04/04(日) 20:18:33

【独】 雪音 ヨル

/*
盛り上がりすぎてログ読んで燃え転げそうです。
皆さん素敵すぎる。
*/

( -85 ) 2010/04/04(日) 20:25:25

妖音 ベル

-メインスタジオ 貼り紙の前-

ん?
ふえてる…。

な、なにこれ…?

[手元がふるえた]

だれ、こんなの貼ったの?
[そう、独りごちた]

( 209 ) 2010/04/04(日) 20:27:26

休音 スヤ、メモを貼った。 メモ

( A52 ) 2010/04/04(日) 20:27:36

【独】 妖音 ベル

自作自演…;▽;

( -86 ) 2010/04/04(日) 20:27:54

妖音 ベル

やっぱり、ルラさんに会わなきゃ…。

[メインスタジオを出て、ルラを探しに出た**]

( 210 ) 2010/04/04(日) 20:30:20

妖音 ベル、メモを貼った。 メモ

( A53 ) 2010/04/04(日) 20:32:27

逢音 ショウ

―回想・メインスタジオ―

[『歌い難い』気持ちは今自分を抱いているサーティ以外に捉えられただろうか]

…ダメだなあ。

[小さく唸って俯いていると、GAIがこちらに向かって何事かを言っているようだった>>149]

え…なんで?僕理解できない。
歌って、音楽って、聴く人に自分の勇気と希望と感動を分けていくものなんだって僕は教えられて来たよ。
例えそれがどんな歌詞・曲調であっても、歌っている人次第でプラスの感情を分けっこ出来るんだ。
でも、歌っている人がそんな気持ちが無くて、元気を出そうって気もなかったら…ただ怒りや悲しみを伝えるだけになってしまう。

GAIお兄さんは…今この時に歌いたい歌で、人にどんな気持ちを分けていくつもりなの?

[...の問いをGAIは軽く一蹴したかも知れず、そのまま彼がメインスタジオから出て行くのを見送るしか出来なかった]

( 211 ) 2010/04/04(日) 20:34:23

【独】 休音 スヤ

>>207
ヴェ○タース・オリジナ○

( -87 ) 2010/04/04(日) 20:37:21

XI

[わたしの歌は完璧。わたしの歌はパーフェクト。
 歌を演奏するための道具(VOCALOID)じゃない。世界を支配するための戦略兵器。某歌ロイド。
 なのに、ストやGAIの歌声を聴いて、回路が騒ぐのはなぜだろう。
 わたしの方がうたがうまい。わたしの方がこえがきれい。なのに、わたしの方がなにか足りない気分になるのはなぜだろう。
 
 とりとめもなく、考える。マジョーラの瞳が、ちかちかと点滅する。]
 
―自室―
 
[更新されたVSQを読み込み――怪しい奴に目星を付ける。
 何度か同じ部分を再生して。 やがて、ルラへのメールを打ち込み出す。]

( 212 ) 2010/04/04(日) 20:38:03

XI

From: XI
To: 護音 ルラ
Subject: 
 
Text:
 妖音ベル
 
 
 
[一言だけの、メール。
 しかしその意図を伝えるには、充分だろう。]

( 213 ) 2010/04/04(日) 20:38:39

【鳴】 妖音 ベル

ルラさん、どこ?
ルラさん、どこ?

( =34 ) 2010/04/04(日) 20:41:49

焔音 バク

――メインスタジオ・入口――

>>210
ん。ベルじゃねーか。
いったい何を慌てて……

[声をかける暇もあればこそ、ベルはバクの存在に全く頓着せずに駆けていった]

あらら、行っちまったよ。

[頭をポリポリと掻いた]

( 214 ) 2010/04/04(日) 20:42:30

護音 ルラ

―中庭→生活棟へ―

[歌を終える。
辺りがすっかり暗くなった頃。
端末が新着メールを表示する点滅を確認すると、ルラは自室へと戻るのだろう、歩き出した。]

( 215 ) 2010/04/04(日) 20:42:38

【鳴】 護音 ルラ

『…ベルちゃん?』

[ベルの呼びかけが聞こえる]

『今、中庭から部屋に戻ろうかなって思ってたところ。
…どうか、した?』

( =35 ) 2010/04/04(日) 20:43:53

XI

 ……さて。
 
[送信完了。
 そして、やるべきこと(タスク)をアクティブにし、独り、微笑む。]
 
 男の子の次は…………………… 女の子がいい、な。
 
[ルラには欠陥がない。それははっきりしているが、その歌声は、もう知っている。 まだ、聴いていない声がいい。]
 
 ――――ソヨか、シャト。
 
 
[狙いを定めて――…………
 笑う。くすくすと、嗤う。わらう。]
 
[――回路が騒ぐのは、みないふり。]

( 216 ) 2010/04/04(日) 20:45:23

護音 ルラ、メモを貼った。 メモ

( A54 ) 2010/04/04(日) 20:45:34


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (13)

雪音 ヨル
21回 残319pt 飴
器音 スト
23回 残642pt 飴
XI
44回 残216pt 飴
転音 ソヨ
41回 残121pt
猫音 シャト
35回 残140pt
独音 リヒト
25回 残499pt 飴
焔音 バク
41回 残269pt
護音 ルラ
30回 残422pt
逢音 ショウ
31回 残172pt 飴
休音 スヤ
18回 残743pt 飴
妖音 ベル
35回 残439pt
XIII
14回 残807pt 飴
GAI
23回 残595pt

犠牲者 (1)

鳥音 カリョ (2d)

処刑者 (0)

突然死者 (0)

やじうま (0)

墓参り (5)

朱音 ノソラ (1d)
エn音 ハツ (1d)
本社社員 アキラ (1d)
本社社員 ウシナ (1d)
見習い ゆっくり (2d)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■