人狼物語(瓜科国)


1079 【突発RP村】やがて、世界は闇に沈む【飛び入り歓迎】


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


灰色翼人 ランスは、司祭 ドワイト を能力(襲う)の対象に選びました。


歌い手 ナデージュ

[わたしはケープのポケットに小瓶を入れます。
試してみようとも思いましたが、2つという数はあまりにも少なく思えました。
ポケットの中で、カインさんから頂いた飴玉と小瓶とがぶつかりあいました。

それから、音楽盤を以前使っていたショールに包むと、わたしは自分の家を出ます。
酒場はわたしの家から見える程度の距離ですから、あまり時間をかけずに到着したでしょうか。

灰は未だに降り続いていて、世界はやっぱり真白くて。
このままこの灰が降り続けば、世界はやはり、終わるのでしょうか。
無の白に、染まりきってしまうのでしょうか。

その時わたしはどうしているのでしょう。
わたしもその白の一部に、混ざり溶けてしまうのでしょうか。
それは、なんだか酷く恐ろしい事のように思えました。]

( 20 ) 2013/03/08(金) 08:50:31

歌い手 ナデージュ

[そっと酒場の扉を開きます。
からんからん、と、音が響きます。

まだ、スーさんはそこにいたでしょうか。
もしスーさんが起きているようなら、わたしは笑いながら一度、頭を下げます。
それからカウンターの奥へ行き、マスターの眠る部屋へと向かいました。

寝台に横たわるマスターの胸元に、持って来た音楽盤をそっと置きます。
わたしの声が一番綺麗だった時の歌を、マスターには持っていて貰います。
わたしは歌で、マスターにたくさん救われてきたのですから。]

( 21 ) 2013/03/08(金) 08:50:40

歌い手 ナデージュ

[明日の朝、マスターはやっと、愛していた奥さまと一緒になる事ができます。
わたしにはそれが少し、羨ましかったです。
一応わたしだって女性なのですから、恋愛だとか、そういうのに憧れてはいます。

気付けば世界はこうなっていて、気付けば身体もこうなっているので、どうにもならないのですが。
それでも死する時、誰かに寄り添ってもらえたら、と。
そんな事を思うのは、贅沢でしょうか。

自嘲のような笑みを浮かべながら、マスターの部屋を出ます。
ぎぃ、ぎぃ、と、床板を軋ませながら、わたしはホールの方まで歩いて行きました。**]

( 22 ) 2013/03/08(金) 08:50:48

歌い手 ナデージュは、司祭 ドワイト を投票先に選びました。


【独】 司祭 ドワイト

/*
ナデージュさんが本当に可憐で素敵です。

( -11 ) 2013/03/08(金) 11:06:06

人造妖精 エステル

[セルマ>>8の足に追いつくには普通の歩幅では無理で。
やがて距離は開いて。暫し佇み。
と、と小走りでセルマに追いつく。
滲み出すものは言葉よりは雄弁だったろう。
エステルに伝わっているかはまでは確実ではなかったけれど。]

─教会に─

[死の灰は ふる ふる 。
いのちは消えて零れ落ちる。
そんな灰がふる中、 遠目に大きなものを背負った人が見えたように思えた。
大きな灰色を背負った人が。]

( 23 ) 2013/03/08(金) 11:59:24

人造妖精 エステル

[一時また立ち止まったからか、
セルマ>>11>>13>>19は先に行ってしまったろう。]

 …………。

[遠目からは定かではなく、
エステルも間も無く教会の中へと入るだろうけれど。]


   [ふわり]


[何処からか舞って来た灰色の羽が、
丁度、間、灰の積もる地面に落ちた。]

( 24 ) 2013/03/08(金) 12:03:18

人造妖精 エステル

[ぽたぽた、ぽた。
赤い血が、教会の扉の中に続いている。
零れ落ちたいのちの色。
世界から喪われてゆく色。

薄暗く陰鬱ささえ感じさせる教会の中、
欠けたステンドグラスから差し込む微かな陽光。
片翼の赤黒い羽の少年を抱えた司祭は、

 ───この世界でまだ神に祈りますか?

**]

( 25 ) 2013/03/08(金) 12:15:33

人造妖精 エステル、メモを貼った。 メモ

( A5 ) 2013/03/08(金) 12:19:18

手紙狂い パース

[立ち上がって見渡す。
どうやらここは、灰によって廃墟となった集落のようだ。降り積もるそれに耐えかねたのか、崩壊している建物もある。
斑のついた葉っぱがしっぽに絡んでたから、じゃらじゃら、と振って落とす。]

ここ……。
知っているかい、カイン?

[相手はまだうずくまっているだろうか。必要なら肩を貸す。

ふと、少し離れた場所が、不自然に盛り上がっていることに気付く。
何かの上に灰が積もっているのだろうか。
カインから離れて(肩を貸している場合、彼鹿をは地に捨てていくことになるだろうか)、その灰を払うために弓を手に取ろうとして―]

……あ。

[無い。海水の瓶も手元に無い。
仕方がないので矢筒から矢を取り出して、それで灰を払った。

出てきたものは、己のものと酷似した、キャスケットの成れの果て**]

( 26 ) 2013/03/08(金) 13:47:03

人造妖精 エステルは、研究者 トロイ を投票先に選びました。


人造妖精 エステルは、小説家 エラリー を能力(襲う)の対象に選びました。


司祭 ドワイトは、研究者 トロイ を投票先に選びました。


中毒 カイン

― 森の中、元ランス邸辺り ―

[>>2:169同行人の慰めに、されるがまま。
あまり大丈夫ではないが大丈夫の言葉の変わりに、こくこくと頷いておいた。]

……うん。

[パースの口で砕けた飴に、苦いような渋いような困ったような、複雑な表情を見せるのは、どう何を言えばいいのか思いつかなかったからである。]

( 27 ) 2013/03/08(金) 17:29:06

中毒 カイン

[暫く痛みにあえいだ後、パースに肩を貸してもらい、立ち上がる。
>>26すっかり老人の佇まいで、其処を見回した。]

知ってる。
ここは、ランスたちの……

[懐かしい記憶を辿れば、穏やかな木漏れ日の中の、小さな集落だった場所。

同行者に手を離されて、よろめきながらも何とか足は踏ん張った。
薬草の類をと懐に手をいれるも、癖が取り出したのは煙草の箱。
火をつけるでもなく、一本を咥える。]

( 28 ) 2013/03/08(金) 17:37:24

中毒 カインが「時間を進める」を選択しました。


中毒 カイン、メモを貼った。 メモ

( A6 ) 2013/03/08(金) 17:43:59

手紙狂い パース

[穴だらけのキャスケットを矢の先に引っかけ、くるくる回す。
振り向いてカインを見れば、苦笑を浮かべて首をかしげた。]

煙草中毒の鑑だねえ。
さあて、ランスらの住処ときたか。
まさか彼らが煙草を吸うとは思えないけど……材料のひとつでもあるかもねえ。
探してみるかい?

[家荒らしの提案だ。
しゃらり、しっぽをひと揺らし。]

所詮この世はすべからく生者のものだろう。
ならば老い先短い私らに、使われるが花ってやつだと思うけどねえ。

( 29 ) 2013/03/08(金) 19:58:30

【独】 がらくた屋さん スー

/*
がしゃーん、ぱりーん、をやればよかったと思いついても時既に遅し

脱出判定 修正値−1
3(10)

( -12 ) 2013/03/08(金) 20:05:12


情報 プロローグ 1日目 2日目 3日目 4日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □ フィルタ

生存者 (10)

毒舌家 セルマ
13回 残541pt 飴
歌い手 ナデージュ
8回 残546pt 飴
人造妖精 エステル
14回 残505pt 飴
中毒 カイン
11回 残568pt 飴
灰色翼人 ランス
14回 残490pt 飴
司祭 ドワイト
11回 残591pt 飴
小説家 エラリー
8回 残648pt 飴
研究者 トロイ
3回 残859pt 飴
手紙狂い パース
13回 残422pt 飴
がらくた屋さん スー
9回 残641pt 飴

犠牲者 (1)

受信中 ギュル (2d)

処刑者 (1)

占星術師 ヘロイーズ (3d)

突然死者 (0)

発言種別

通常発言
独り言
囁/鳴/念/婚/叫
死者のうめき
アクション
削除発言

一括操作




(0.109 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby *
使用画像については[瓜科国FAQ]をどうぞ。
■交流掲示板■
■人狼物語専用まとめwiki■